了解する 敬語。 「了解」はNG?「わかりました」を正しい敬語で伝える方法

「了解しました」の意味と正しい使い方、「承知しました」との違い

了解する 敬語

了解しましたは敬語になるのでしょうか? 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なのか、それとも失礼にあたる言葉なのでしょうか? ビジネスの場面での敬語(丁寧語、尊敬語、謙譲語)の正しい使い方にについて確認していきましょう。 よく、相手の要求に対して「了解しました」という言葉を使ってはいませんか? 特にビジネスの場面で、電話やメールでの返事で了解しましたという言葉を使う人は多いと思います。 しかし実は、了解しましたという言葉を間違って使っている人が結構多いのです! ここでは了解しましたという言葉について見ていきたいと思います。 了解しましたは敬語なの?• 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なの?• 了解しましたは失礼にあたる?• まとめ• 丁寧語• 尊敬語• 謙譲語 の3つに分類されますよね。 了解しましたという言葉は、その中でも丁寧語に分類されます。 しかし、 丁寧な言葉だからと言って、目上の人や取引先のお客様などに使用すると失礼に当たると感じる人もいるので注意が必要です。 例えば、まだまだ人間関係ができていない年上の人や年齢が大きく離れている年上の人などが、年下の人から「了解しました」と言われると、違和感を感じてしまうという人もいます。 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なの? 了解しましたという言葉、頻繁に使っている人もいるのではないでしょうか。 特に了解しましたという言葉は敬語に当たるため、ついつい目上の人や先輩などにも何か頼まれたときや、伝えられた時に「了解しました」という返答をしている人も多いと思います。 しかしこの敬語の使い方、注意が必要です! 相手によっては「了解しました!」という返事を使い分けた方がいいでしょう。 了解しましたという言葉は確かに敬語ではあります。 しかし• 「承知しました」• 「かしこまりました」 という言葉があります。 もしも了解しましたという言葉を今まで使用していたのであれば、こちらの「承知しました」「かしこまりました」という敬語に直すようにしましょう! 目上の人との関係や性格で臨機応変に 目上の人との関係や性格で臨機応変に対応するというのも方法の1つです。 目上の人でも親しい間柄の人の場合には、逆に承知しましたなどという言葉は堅苦しく感じてしまうので、了解しましたという言葉を利用してもいいでしょう。 了解しましたは失礼にあたる? 了解しましたという言葉は、相手の言葉の内容を理解したという意味合いがあります。 つまり、了解しましたという言葉の中には、• 相手を尊敬する• 相手を立てる という意味合いは含まれていません。 その為、たとえ敬語だとしても目上の人や上司、先輩に使用すると失礼と感じてしまう相手もいるので注意が必要です。 目上の人が目下の人へ丁寧な言い方をする言葉としてはOK! 目上の人が目下の人へ、または上司が部下に丁寧な言い方をする言葉としては了解しましたという言葉を使用しても大丈夫です。 さらに、気心の知れた先輩などへの返答の場合にも了解しましたという言葉でも問題はないでしょう。 ただ、もう少し丁寧に言いたいという場合には、 「了解いたしました」という言葉を使うともっといいと思いますよ。 まとめ ビジネスの場面や、普段の生活でついつい使ってしまいがちな「了解しました」という言葉。 もちろん気心の知れた相手に丁寧に言う言葉としては間違えではありませんが、会社での上司や先輩、取引先やお客様に対して使用するのは間違いです。 その理由は、了解という言葉には相手を敬う言葉が一切含まれていないからです。 敬語というのはただ単に丁寧に言えばいいというものではありません。 たとえ丁寧でも「了解しました」のように使う相手によっては失礼にあたると感じてしまう言葉もあるという事を忘れないでくださいね。 敬語をきちんと使い分けてこそ、常識のある社会人といえるのではないでしょうか。

次の

「了解しました」の意味と正しい使い方、「承知しました」との違い

了解する 敬語

「把握する」の敬語表現についてご説明します。 そもそも「把握する」という言葉の意味は「しっかりと掴むこと」「物事をしっかり理解すること」です。 特に日常会話やビジネスシーンで使われる「把握する」は、後者の「しっかり理解すること」としてよく使われています。 「把握する」は「理解する」「わかる」という意味と同義です。 これらを敬語表現すると、「了解する」「承知する」という表現ができます。 「了解する」や「承知する」はへりくだった敬語の謙譲語ですが、これを尊敬語で表現すると「ご理解なさる」になります。 これら3つの言葉は同じ意味になりますが、適切な使い方をしないと、相手を敬ったつもりでも、逆に失礼に値することになってしまいますので十分に気をつけて下さい。 適切な使い分けをするためには、敬語の種類についてしっかり理解しましょう。 まずは敬語の種類を理解しよう! 「把握する」の適切な使い方をご説明する前に、まずは敬語の種類について理解を深めましょう。 敬語の種類を理解することによって、適切な表現ができるようになります。 目上の人に対して使われている敬意を表す「尊敬語」、自分をへりくだることで間接的に相手を立てる「謙譲語」、文章の語尾に「です・ます」をつける「丁寧語」の3つを理解しましょう。 「尊敬語」と「謙譲語」の違いは? 「尊敬語」と「謙譲語」について詳しくご説明します。 どちらも相手を立てた表現ですが、ニュアンスがかなり異なります。 「尊敬語」というのは、立てるべき相手・高めるべき相手に敬意を表する敬語の表現方法です。 たとえば、上司やお客さま、先生など、自分より身分や地位が上の人 =目上の人 に対して使われます。 逆の言い方をすると、自分と同等、もしくは下の人に向けて使うのは不自然です。 一方、「謙譲語」というのは、自分を下に下げることによって、相手が自然と立てられているへりくだった敬語表現になります。 この「謙譲語」の特徴として、目上の人に対してでも、目下の人に対してでも、どちらに用いても不自然ではありません。 以上のように、「尊敬語」は目上の人に対して使われるのに対し、「謙譲語」は目下の人でも目上の人でもどちらにも用いることができるのが大きな特徴です。 どちらも自分を下にしてへりくだった表現方法ではありますが、シーンや相手によって使われ方が違います。 「弟が来た」を謙譲語で表現すると「弟が参った」、「バスが来た」も「バスが参りました」になります。 それでは、「把握する」の敬語表現の方法についてご説明します。 前述したように、「把握する」は「理解する」「物事がわかる」という意味です。 これらを敬語で表すと、「了解しました いたしました 」「承知しました いたしました 」「かしこまりました」などと表現できます。 意味合いはどれも同じですが、相手によって適切に使い分けなくてはなりません。 上手に使い分けるポイント! それでは、「把握する」の敬語表現を上手に使い分けるポイントについてご説明します。 まず、相手が自分より目上かどうかに着目して下さい。 目上の方に対しては「承知しました いたしました 」、目下 もしくは同等 に対しては「了解しました いたしました 」を使います。 目上の方には「承知しました」 社長や上司、お客さまや取引先など、あなたより目上の方に対して「把握する」=「わかりました」「理解しました」という意味の敬語を使いたい場合、「承知しました いたしました 」を用います。 「承知」の「承」は「うけたまわる」という意味を含んでおり、「承る うけたまわる 」とは「位が上の人から命令などを受け入れる」という意味です。 なので、この「承」の字が入っている「承知」は目上の方に対して使う敬語だと覚えておきましょう。 「了解しました」は目下 もしくは同等 部下や同僚などの目下 同等 の人に対して「把握する」=「わかった」「理解した」を敬語で表現する場合は「了解しました」を使います。 「了解」は「事情を理解すること、のみこむこと」という意味ですので、「了解しました」はシンプルに「その事情、わかったよ」という意味になります。 この「了解しました」を上司などの目上の方に使ってしまうと、失礼に値しますので使い分けにご注意下さい。 上司に対して「了解いたしました」と言い換えたとしても不適切になります。 「いたしました」と入っているので、一見すると丁寧なように感じますが、「了解」には「聞き入れること」「受け入れること」という意味が含まれており、ニュアンスとしては若干の上から目線の感じを受けますので、目上の方に対して使わないようにして下さい。 「把握する」を敬語表現するときの例文 これまでにも説明してきたように、「把握する」は「理解する」「わかる」などの意味を持ちますので、ビジネスシーンにおいてもよく使われています。 「この内容について把握することができました」「~の件について把握しておいてください」など、相手に対する返事やお願いする場合など、さまざまなシーンに登場します。 それでは「把握する」の敬語表現として、実際に色々なシーンを想定して例文をご紹介します。 上司などの目上の方には「承知」 上司などの目上の方に何か頼まれた際など「~について把握する」=「~についてわかる」=「~の件、承知しました いたしました 」に言い換えます。 たとえば、上司から「取引先に納品期限について再確認しておいて」と頼まれた場合、「承知しました」を使います。 前述したように、上司に対して「了解」は失礼に当たりますので、上司に向かってする返事は「承知しました いたしました 」をきちんと用いましょう。 「ご承知おきください」は不適切 「把握する」という意味の敬語で「承知する」と言い換えることができると説明してきましたが、実は「ご承知おきください」を上司に向かって使うのは不適切になります。 「ご承知おきください」とは、「あらかじめ~について知っておいてください」という意味です。 これはニュアンスとしては「はじめから理解しておいてね」「ちゃんと納得しておいてよ」という若干の命令のような形になってしまいます。 なので、この「ご承知おきください」は上司などの目上の方に対しては不適切になります。 目上の方に「把握する」=「理解しておいてほしい」という意味の敬語表現をしたいなら、「ご理解くださいますようお願いいたします」や「お含みおきくださいますようお願いいたします」などと表現しましょう。 お客さまには「承知」 お客さまなどの失礼があってはいけない相手に対しても、目上の方と同様に「把握する」=「承知しました」を用います。 また、「~の件について把握するようお願いします」を敬語表現したい場合、上述したように目上の方 =お客さま に対しては「ご承知おきください」は使いません。 「~の件について把握するよう」=「~について知っておいてほしい」ということですので、「お含みおきくださいますよう」や「ご理解下さいますよう」などの敬語で表現します。 部下などの目下の人には「了解」 上司やお客さまなどの目上の方、失礼があってはならない相手に対しては「承知」という言葉を使いますが、部下や同僚などの目下もしくは同等の人に対しては「了解」を使います。 たとえば、「変更内容について把握する」を同僚などに言いたい場合、「変更内容を理解した」=「変更点について了解しました」に言い換えることができます。 また、「~の件について把握するようお願いします」というお願いしたいことを敬語で表すなら、「~の件について把握する」=「知っておいてください」=「ご了承ください」と謙譲語での表現をします。 メールでの使い方 メールでの「把握する」の使われ方は、「わかりました」という返事や、文末の「〜についてわかってほしい」という意味でよく用いられており、「承知しました」「かしこまりました」や「ご了承ください」「ご理解ください」などがあります。 特に文末の「〜についてわかっておいてほしい」というお願いごとをする場合は、「お願いいたします」をつけて、「あらかじめご了承くださいますよう何卒お願いいたします」「ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします」とへりくだった表現をします。 「把握する」の別の敬語表現方法は? 「把握する」の敬語表現は、「把握する」=「理解する」「わかった」=「了解しました」「承知しました」と説明してきましたが、その他にも、同じような意味をもつ敬語の表現として、「わかった」と同じ意味の「かしこまりました」や「ご理解ください」「ご容赦ください」という表現もあります。 「かしこまりました」は「承知しました」よりも丁寧! この「かしこまりました」は「わかりました」を謙譲語にした敬語表現になります。 「承知しました」も謙譲語なので、どちらも同じような意味でへりくだった表現になりますが、「かしこまりました」のほうがより丁寧です。 その他に「承りました」も同じ意味で使われます。 これも「わかりました」の意味ですが、口頭での会話で普段はあまり耳にしません。 この「承りました」はどちらかというと、よくビジネスメールで使われています。 丁寧さの順番としては、「承知しました<承りました<かしこまりました」の順で丁寧さが増していくので、ぜひ覚えておいて下さい。 「ご容赦ください」は謝罪の気持ちも入ってる! 「ご容赦ください」も「ご理解ください」「ご了承ください」という同じような意味で使われていますが、厳密に言うと意味が少し異なります。 「ご理解ください」も「ご了承ください」も「〜について知っておいてください」「わかってください」という意味になりますが、「ご容赦ください」には謝罪の意も含まれています。 「ごめんだけど〜について理解してね」という意味合いになります。 たとえば、きちんとお金を入金したのに請求書が届くことがあります。 これは請求書が発行された時点では入金の確認が取れてない状態で、発行後に入金があった場合によく起きます。 請求書の最後の文面には「本状と行き違いの際は、ご容赦ください」と記載されてあります。 これは「入金したのにこの書状が手元に届いてしまった場合は許してね」という意味を表しています。 このように、「ご容赦」は謝罪の意味も含まれた敬語表現になります。 「把握する」は相手によって上手に使い分けよう! いかがでしたでしょうか。 「把握する」の言葉自体に、色んな意味が含まれています。 「わかる」「理解する」という意味として使われる「把握する」は、「承知しました」「了解しました」「ご理解ください」や「かしこまりました」「承りました」など返事をする際にも用いられます。 そして、この敬語での表現は、相手によって使い分けなければなりません。 目上の方には「承知しました」、目下 もしくは同等 の人には「了解しました」を用いて、きちんと使い分けをしましょう。 また、メールにおいては「ご承知おきください」ではなく、「お含みおきください」や「ご了承ください」と表現しましょう。 適切な言葉を選ばないと失礼に値します。 相手に不快な思いをさせることになってしまいますので、「目上の人」「目下 同等 の人」でしっかり使い分けができるようにしておきましょう。

次の

「了解いたしました」はビジネス上では失礼?「了解」の意味と使い方

了解する 敬語

ビジネスシーンにおいては、敬語の使い方ひとつで個人の能力が評価される場合が少なくありません。 なぜなら、ビジネスにおいてコミュニケーションする相手は上司や取引先、顧客などさまざまな立場の相手がおり、それぞれの相手にふさわしい敬語を使い分けることで、自分と相手の立場を明確にし、その中でスムーズに取引をしていかなければならないからです。 日本語にはたくさんの「敬語」がありますが、同じ意味合いの敬語であっても微妙なニュアンスの違いで使い方が変わるものがあります。 「了解」と「了承」もその一つです。 どちらも「伝えられた内容を理解しました。 」という意思を伝える、似たような意味合いの敬語ですが、それぞれの意味をちゃんと理解して、状況と伝える相手によって使い分けないと、ビジネスにおいて自身の評価を下げてしまうでしょう。 敬語における「了解」と「了承」の意味の違い そもそも「了解」と「了承」は同じような意味合いで使われていますが、語句としては明確に違います。 違う文字が使われている訳ですから、その語句の持つ意味合いも違うはずです。 では、「了解」と「了承」にはそれぞれどのような意味の違いがあるのでしょうか。 まずは辞書を引いて、それぞれの言葉の意味を調べてみましょう。 理解すること。 のみこむこと。 文化を生の表現とみて,その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 承知すること。 「相手の-を得る」 「よろしく御-下さい」 辞書から引用した上記の内容からは、「了解」と「了承」の明確な意味の違いは見えてきません。 どちらも「事情を理解し納得する」という意味合いを持った同じ用途の敬語に思えます。 しかし、使われている文字は明らかに違いますので、このような場合は構成する文字を一文字ずつに分けて、それぞれの文字の意味をさらに辞書を引いてひも解いてみましょう。 「了解」と「了承」のいずれの語句にも含まれる【了】という字にはどんな意味があるのでしょうか。 【 了 】[音] リョウ さとる。 「 了解 ・了簡(りようけん) ・了悟 ・了察 ・了承 ・了得 」 〔「諒」の書き換え字としても用いられる〕 「了解」と「了承」の語句に共通して含まれる「了」という字には、元々「悟る」という意味が含まれています。 つまり「分かった」「理解した」ということを"了"の字で示しているわけです。 そうなると、「了解」と「了承」の意味の違いを決定付けるポイントは「解」という字と「承」という字の違いにあると言えます。 【 解 】 [音] カイ ・ゲ わかる。 さとる。 「 解脱(げだつ) ・理解 ・了解 」 【 承 】 [音] ショウ うけいれる。 ひきうける。 「 承引 ・承諾 ・承知 ・承認 ・承服 ・拝承 ・了承 」 文字の意味を見てみると「了解」という語句では「悟る」という意味合いの文字が二つ重ねられているのに対して、「了承」という語句では「悟る」という意味合いの文字に「引き受ける」という意味合いの文字が付いているのです。 ですから「了解」と「了承」は敬語として、どちらも「事情を理解し納得しました」という意味がありますが、「了承」の方が「 事情を理解した上で、それを引き受ける」というニュアンスが若干含まれることになります。 敬語での「了解」と「了承」それぞれの使い方と使い分け 使い分けのポイントは、伝えられた内容を理解した上で相手や自分自身がどういう行動を取るかによって変わってきます。 上司や同僚、取引先などから伝えられた内容について、その内容が例えば業務の指示であったり、スケジュールの確認であったりと、自分自身に何らかの行動を促す指示であった場合は、主体となる自分自身が「内容を理解した」ことだけを伝えればよいので「了解」を使います。 それとは別に、伝えられた内容を自分自身が「理解した」という事実が、他方面に影響を及ぼすような場合、つまり、内容を理解して「引き受けた」ということを相手に示す必要がある場合において「了承」という敬語を使用します。 「了解」と「了承」の例文 「了解」と「了承」の敬語としての使い分けを、実際にビジネスシーンで使われる例文を用いて説明しましょう。 「先ほどご連絡した件、なにとぞご了承のほどよろしくお願いいたします。 」 「先ほどご連絡いただいた件、了解いたしました。 」 「お見積りの件、了解いたしました。 」 「お見積りの件、ご了承いただきありがとうございます。 」 「先般の人事の件、ご了承いただけますでしょうか」 「恐縮ですが、先日の人事のお話については了解いたしかねます。 」 具体的な使い分けについてイメージ出来たでしょうか。 それぞれの例文が対になるようになっていますが、いたずらに例文を提示しているわけではありません。 この対になっているところが使い分けのポイントになります。 了解は自分から伝える、了承は相手から伝えられる言葉.

次の