境界 性 パーソナリティ 障害。 境界性パーソナリティ障害の心理療法

境界性パーソナリティ障害の特徴と対処法(男性編)

境界 性 パーソナリティ 障害

もくじ• 反応しない 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者に一番有効なのは 反応しないという事です。 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者はとにかく相手を動揺させるような事を口にして相手のメンタルを揺さぶろうとしてきますが、いちいち反応する必要はありません。 反応しなければ「無視するんだね」と脅されますが、これは見捨てられ不安に基づいて一時的・短絡的に言っているだけです。 たとえ「反応しなければ浮気する」と脅されても、境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者である彼女 嫁 は、彼氏 夫 をマインドコントロールして対人操作をしたいからこの様な言動を行っているだけです。 反応せざるを得ない雰囲気を作り、反応を求め、追い詰め、脅してくると思いますが、大真面目に受け取って事を荒立てるべきではありません。 まぁ中には本気で言ってる事もあるだろうが、それほど波風が立ってない時にこの様な事を言われたらそこまで気にする必要はありません。 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者にとってこの様な脅しは挨拶のようなものです。 返事を遅らす・減らす いきなり境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者からの恫喝に反応しないと言っても、やはり無理はあります。 そこで有効なのが、ラインやメールなどの 返事を遅らすという方法です。 これは一緒に住んでない場合に限られますが、例えば「仕事中に彼女 嫁 が反応を求めて脅してくる。 仕事に手が付けられない」と言った場合にも有効です。 いきなり減らす事は難しいので、ほんの少しずつでも返事を遅らしていく事で効果が徐々に出てきます。 返事を遅らせる方法 実行する際には、最初に宣言しておく方法と、何も言わずに実行していく方法があると思います。 これは状況や相手にもよると思うので各自が判断して下さい。 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者の対処法として「 対応できる事と、対応できない事を予め伝えて線引きする事が重要」だと言われていますが、これは脅迫されてマインドコントロール・対人操作されているボダ被害者にとって現実的な対処法ではないと思います。 最初から「返事を減らす宣言」をすると、見捨てられ不安が湧き出して浮気を追求される事となり、鬱陶しい事態になるので「先に伝えておく」という行為にはそれなりのリスクが伴います。 また、予め「返事を減らす宣言」をする事によって境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者の反発を招き、たちの悪い妨害行為に遭う可能性が極めて高くなると思います。 予め「返事を減らす宣言」をしないで実行していく場合は、境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者としても返事を減らしている事に気付かない場合もあるし、何かと理由を付けてしっかりと説明していけば、ボダ患者本人としても徐々にそれが受け入れられる様になってきます。 返事を遅らせる・減らす事によるメリット 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者への返事を遅らせたり、減らす事によって次のようなメリットが得られます。 距離を置き、やり取りが減るのでボダ被害が多少は減る。 寝ている時に携帯スマホの電話やライン・メールに反応する必要がなくなり、叩き起こされる事が無くなり、ぐっすり眠れるようになる。 境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者本人としても執着する必要が少しは無くなり、距離の取り方が多少はわかるようになる。 「破壊神」と呼ばれる境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者からの被害は想像を絶するものであり、これらの被害をまともに受けていると一瞬で自分の生命や財産、その他の資産を失います。 これらをできる範囲内で実践し、境界性パーソナリティ障害者と距離を置く事である程度の被害を防止し、「生活の質」の向上が期待できると思います。 最初は無理をしなくとも良いので、境界性パーソナリティ障害 境界性人格障害 者とやり取りを減らし、できるだけ共依存関係をフェードアウト、被害を減らしていきましょう。 なおえもん ご訪問ありがとうございます。 奥さんがどの様な状態か存じませんが、結婚相手がパーソナリティー障害の場合の離婚は難しい様です。 まず離婚を成立させるには正当な理由や奥さんの同意が必要となります。 一番該当しそうな法定離婚事由「配偶者が回復の見込みがない強度の精神病にかかっている場合」にも人格障害は当てはまらないと判断されるのでそれだけで離婚の理由にはならないそうです。 奥さんに離婚を同意してもらえないのならば、離婚協議や離婚調停に移行する事になります。 なかなか面倒ですよね。 お子さんはいらっしゃるのか、奥さんは彼女がいるという事実を知っているかという事にも左右されてくるかと思いますね。 また良ければお返事下さい。 なおえもん お疲れさまです。 息子さんは母子 親子 共依存に陥っているようで散々な様子ですね。 境界性人格障害は、周りの人間に影響されやすく、特定の人物とベッタリくっついて攻撃してくる事がよくありますね。 まぁ片方の意見だけを聞いた上での話なので、どの様な状態なのかはわかりませんが、そもそも彼女を見つけた理由というのはなんでしょうか? やはり奥さんからの攻撃的な態度などに耐えきれなかったという典型的なパターンでしょうか? もしそうならば、彼女ができるのは仕方のない事ですよね。 今まで奥さんとはどの様な関係だったんでしょうか? 夫婦間でも共依存に陥っているというのは当たり前の事ですが、やはり「嫌いだけど離れられない」という状態で、常に対立して させられて たんでしょうか? 前述した通り、人格障害者というだけでは簡単に離婚はできず協議をしながらの離婚になる様ですね。 専門家は「奥さんからこの様な事をされてきた」という被害記録や証拠の積み重ねが必要だと言ってましたので証拠の積み重ねもできたらやっておいた方がよろしいかもしれませんね。 まぁそれがなくとも離婚できなくはないでしょうが、奥さんは自分の非を認めず、骨を折らされる事になるでしょうね。 家の所有権は協議でどうなるかという所だと思うので、都道府県ごとにある弁護士会に電話予約して、30分5000円 1時間かかっても5000円で済むらしい で相談し、アドバイスを受けながら離婚の準備をしていくという筋道を立てるしかないかもしれませんね。 話し合いをうまくやれば家はそのままで追い出せるかもしれません。 奥さんが境界性人格障害という前提で言えば、境界性人格障害というのは、僻みの塊で、すぐに恨んで裁判を起こす様な性格を持っているので正面衝突は避けられないかもしれませんね。 激昂して話し合いなど成り立たないでしょうしね。

次の

境界性パーソナリティ障害チェック

境界 性 パーソナリティ 障害

境界性パーソナリティ障害のチェックシートです。 過去1年くらいであてはまるものにチェックをいれてください。 境界性パーソナリティ障害の可能性があるかどうかがわかります。 大切な人と親密な関係を続けることが困難である。 はい いいえ 2. 大切な人に見捨てられるのではないかと不安になって相手にしがみついたり、困らせたりしたことがある。 はい いいえ 3. 相手を時には理想的だと思ったり、時には幻滅したりと落差が激しい。 はい いいえ 4. 衝動的に悪いことや良くないことをする。 はい いいえ 5. 突然怒りを爆発させたり、突然落ち込んだりする。 気分が両極端である。 はい いいえ 6. 自分の思い通りにならないと激しい怒りを覚える。 はい いいえ 7. 自分に起こっていることをリアルに感じないことがある。 はい いいえ 8. 何をしていても虚しい気持ちになる。 はい いいえ 9. 被害妄想にかられることが多い。 はい いいえ 10. 酒に依存したり、薬物を乱用したりする。 はい いいえ 11. 自分の手首に傷をつけるなどの自傷行為をしたり、自殺企んだりしたことがある。 はい いいえ 結果表示.

次の

境界性パーソナリティ障害を正しく理解する7つのポイント~原因と治療

境界 性 パーソナリティ 障害

わたしはかつて、 境界性パーソナリティ障害 (別名:境界性人格障害 またはBPD、ボーダー) という精神障害を抱えていました。 現在は「寛解」といって、 症状が穏やかな状態になっています。 というか、全盛期に比べたら ほぼ何も症状が出ていません。 寛解したわたしが あの病気のことを一言で表すなら、 「境界性パーソナリティ障害とは 『愛されたい病』である」 と表現します。 * * * わたしと 「境界性パーソナリティ障害」 との関係を簡単に説明すると、 高校生の頃に心療内科で、 まず最初の「疑い」をかけられました。 (境界性パーソナリティ障害の 疑いがある、という診断です) 正式にこの精神障害の 診断を受けたのは、 それから15年くらい後、 31歳になる年です。 ただ、自分の体を自分で傷つける 「自傷行為」をしていたのが 10歳からなので、 おそらくその年から 発症していたと考えられます。 なのでわたしは、 境界性パーソナリティ障害の 病歴を話すときは 「25年くらい境界性 パーソナリティ障害でした」 と説明します。 (34歳くらいでだいたい寛解してたので、 厳密に言えば24年でしょうかね) * * * わたしは「死にたい」とか 「消えたい」とか 「復讐したい」とか さまざまな感情を抱えて 病気の時期を過ごしていました。 しかし過ぎ去ってみれば、 すべての感情の裏にあったのは 「愛されたい」 「不安にならない愛情が欲しい」 だったんじゃないかな、と思います。 境界性パーソナリティ障害の 特徴として、 ・他人に見捨てられる不安が常にある ・他人をコントロールしようとする ・抑えられない強い怒りが出てくる (感情の浮き沈みが激しい) ・これまで大好きだったものが 突然大嫌いになったりする ・自分を殺したいと思うくらい 自分に対して怒りや嫌悪がわいてくる ・自分を痛めつける行為に依存する (自傷、過剰な飲酒・薬・性行為など) ・いつも虚しく、生きづらさを感じる などが挙げられるかと思うのですが、 これおそらく全部 「自分は愛されていないと感じる」 「自分には人に愛されるような 価値がないように感じる」 からだと思うんですよね。 自分が無理やり動かさないと 誰にも愛してもらえないと 思っているから、 他人をコントロールしようとする。 愛されたいのに、 愛されるような人格の 自分ではないと思っているから、 それが許せなくて自分を殺そうとする。 生まれ変わったら、がんばらなくても 愛される人間になれるかもしれないから。 なんだかわからないけどいつも死にたい、 なんだかわからないけど自分を傷つける、 なんだかわからないけど浮き沈みが激しい、 では、おそらく9割くらいの確率で 快方へ向かわないと思うからです。 (9割は適当に言いましたが、 個人的には10割くらいの気持ちです) さて、これを読んでいるあなたが BPD当事者なのかそれを支える パートナーなのかはわかりませんが、 「本当は、いったい誰に愛されたいのか」 「自分はどんな形の愛を求めているのか」 「どうしてそれが欲しいと思うのか」 というのを考えるのは、 ひとつのヒントになるかもしれません。 わたしは、インターネット上で 境界性パーソナリティ障害を 完全に寛解した人を 自分以外に見たことがありません。 なのでこのブログでは、時々少しずつ 「寛解へ向かうためのヒント」を 書いていければと思っています。 ごきげんよう、さようなら。 すべての罹患者さんに当てはまらない 可能性もありますので、ご注意ください。 まずお見積もりをお出しします。

次の