ホーリー エンド。 DMRP12 S1/S12 天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー(スーパーレア)|デュエルマスターズ通販・販売|ガッチャJP

天命龍装 ホーリーエンドの平均価格は2,473円|ヤフオク!等の天命龍装 ホーリーエンドのオークション売買情報は27件が掲載されています

ホーリー エンド

その後カードを1枚引く。 ナウ・オア・ネバー SR 水文明 5 呪文 S・トリガー コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体手札からバトルゾーンに出してもよい。 その後、そのクリーチャーを手札に戻す。 クリーチャー面はでするで、呪文面はでコスト7以下の非進化クリーチャーを手札からて、手札に戻す能力を持つ。 呪文面はcipを持ったクリーチャーを手軽に使い回すのに役立つ能力。 「このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時」の能力を持ったクリーチャーを踏み倒すのも良い。 他のカード、デッキとの組み合わせ [ ] 普通に、、などのパワー能力を使うだけでも強力だが、せっかくならば相性のいいカードと組みたい。 この自体がの面を持つので、メインデッキをドラゴンで固めるデッキビルディングと相性が良い。 そちらの呪文でこちらを3ターン目に唱えることができることを考えると、5というのは構築によっては軽すぎるとも言える。 cipの大量のだけをやって、ターンの終わりにマナを削るを被ることなく、だけ使える。 俗に言うである。 フルスペック状態のの2枚分の増加量。 さらに1枚の手札消費で済むのでを2枚消費するより手札に優しい。 、 自分も含め、味方にを与えるため、が無効化される(後者は確定ではないが)。 これらを踏み倒すのも良し、これらがバトルゾーンにいる状態でクリーチャー(後者は)を踏み倒すのも良し。 のがある時のみ、を無効化できる。 cipは呪文の解決中に割り込めないため、のない状態で出しても、cipを解決する前にバウンスされる点には注意。 この呪文を唱えた時に《タイガー・レジェンド》を出して戻した後、cipで1回でもに勝てれば、もう一度バトルゾーンに《タイガー・レジェンド》を出すことができる。 今度はバトルゾーンを離れない。 呪文面と相性が良い。 あらかじめ《スペルサイクリカ》で唱えたい呪文(ここではとする)を墓地に用意しておく。 《ナウ・オア・ネバー》を唱えて《スペルサイクリカ》を出して戻す。 《スペルサイクリカ》の能力で《ナウ・オア・ネバー》を墓地からもう一度唱えて、《スペルサイクリカ》を出して戻す。 《ナウ・オア・ネバー》が手札に戻る。 《スペルサイクリカ》の能力で墓地にある《英知と追撃の宝剣》を唱える。 こうすれば、事実上5コストで自分の 手札を一切減らさずに、墓地の《英知と追撃の宝剣》を枚唱えながら回収できる。 呪文面は、、に次ぐを持った踏み倒しカードとして活躍できる。 クリーチャー面も、、、このカードの呪文面で出せるため、のような役割もこなせる。 であるため、当然採用が検討できる。 、も入るため、大いに活躍が期待できる。 呪文側で《ガチロボ》のを5マナの時点で使える。 次のターンには手札に戻された《ガチロボ》を1マナチャージすれば召喚でき2度目のcipも狙える。 さらにクリーチャー側が《ガチロボ》での「コスト7クリーチャー」枠として役割がある。 も《ガチロボ》の大量展開と噛み合っている。 S・トリガー付きなのでシールドでこれ本体かが捲れさえすればどんなに早いターンでもカウンターできる。 7軸ゆえに採用クリーチャーすべてが呪文側のコスト圏内だが《ガチロボ》以外では強力なcipを持ったクリーチャーは少ない。 一応《ガチロボ》ではコスト7進化は踏み倒せるがこちらはコスト7進化は踏み倒せないので注意。 面ができる7コストのドラゴンなので、で出せて元になる上に、いざという時にはをすることに貢献する。 呪文面と相性が良い。 呪文面でを出して戻す。 でに落ちた呪文面を唱える。 墓地から唱えた呪文面でを出して戻す。 GR召喚してマナを6枚アンタップ。 こうすれば、事実上5マナでが空になるまですることができる。 また、5マナ使って6枚マナをアンタップするため、アンタップマナの生成にも使える。 超GRの残りがとという状況を作れば、が許す限りすることができ、事実上相手に全を浴びせることができ、事実上無限にができる。 最後に増えたGRクリーチャーと、によるを活かしてで安全に勝つのが吉。 [ ] 《ナウ・オア・ネバー》と、、を使えばループができる。 (>) その他 [ ]• 元々このようなクリーチャーを出し入れできるカードはで悪用されがちという事は既にや、が証明しており、実際前評判通り無限ループに活用される事となった。 元になったドラゴンはだが、同じドラゴンが由来のリメイクカードにはが存在する。 種族も全く同じ。 アニメ「デュエル・マスターズ!! 」36話ではが戦で使用。 クリーチャー面でとをタップし、その後も2体でした。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus. 《ナウ・オア・ネバー》でをバトルゾーンに出しました。 《ナウ・オア・ネバー》の効果でを手札に戻すのと、の「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の効果を解決するのはどちらが先ですか? A. 《ナウ・オア・ネバー》の一連の効果処理を解決するのが先です。 が手札に戻った後で「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の効果を解決します。

次の

ホーリーエンドの平均価格は2,473円|ヤフオク!等のホーリーエンドのオークション売買情報は27件が掲載されています

ホーリー エンド

その後、カードを1枚引く。 その後、そのクリーチャーを手札に戻す。 《クリーチャー面の強い点》 ・『ドラゴンズ・サイン』と『ヘブンズ・ゲート』に両対応している ・種族が非常に優秀 ・全タップ 《クリーチャー面の弱い点》 ・カードを引く効果が強制 《呪文面の強い点》 ・S・トリガーが付いている ・効果対象範囲が広い ・手札から出せる 《呪文面の弱い点》 ・出した直後に戻すので、この呪文1枚だけでは盤面が増えない 《解説・使い方》 クリーチャー面は全タップという強力な効果こそあれど、 とりあえず出しておけば というタイプのカードではないと思われます。 ブロッカーのケアができる詰め要員といったところでしょうか。 文明とコスト違いで『メテオライト・リュウセイ』がいるので詰め要員としては向かい風か。 このカードの本領は呪文面です。 「文明指定なし」で「コスト7以下」の「非進化」クリーチャーを手札から出せる。 問答無用で強すぎますね。 このタイプの効果は『インフェルノ・サイン』や『モンテスケール・サイン』がありますが どちらも闇文明で、踏み倒すにも墓地肥やしが必要でした。 しかし、このカードは水文明で尚且つ墓地肥やしの必要がなく、 デッキの構築自由度が今までの比ではありません。 肝心の使い方ですが、cip効果やpig効果が強いクリーチャーなら大概OKなので 以前同様、筆者が思いついた例を紹介します。 前提条件:墓地にエンジェルコマンドもしくはドラゴンがいる 1. ナウ・オア・ネバーを唱える 2. サイクリカを出して戻す この処理の後、ナウ・オア・ネバーが墓地へ 3. サイクリカの効果処理で墓地のナウ・オア・ネバーを唱える 4. ウルフェウスを出して戻す この処理の後、ナウ・オア・ネバーが手札へ 5. ウルフェウスの効果処理で手札のナウ・オア・ネバーを唱える 6. 2に戻る このループ単体では何も起こりません。 ただ呪文を唱えて2種類のクリーチャーを出し入れしているだけです。 また、このループは自分がループ手順外のクリーチャーを出す等してループをやめない限り、 自分の効果処理が止まらないので相手の踏み倒しメタなどの効果を無視してループできます。 そのあとは増やしたマナで『シャコガイル』をどうぞ。 『魚籠びっくん』も 『マチュー・スチュアート』も4コストなので5マナのナウ・オア・ネバーにきれいにつながります。 いかがだったでしょうか。 S・トリガーが付いていることで、コンボデッキの弱点だった速攻にもあらがえるコンボデッキが作れそうですね。 「トリガーでインフェルノサイン引いたけど墓地に何もいねーよ」っていう悲しみは無さそうです。 あと最後に一言 こういう悪いこと出来そうなカードってわくわくするね!.

次の

ホーリーエンドの平均価格は2,473円|ヤフオク!等のホーリーエンドのオークション売買情報は27件が掲載されています

ホーリー エンド

その後、カードを1枚引く。 その後、そのクリーチャーを手札に戻す。 《クリーチャー面の強い点》 ・『ドラゴンズ・サイン』と『ヘブンズ・ゲート』に両対応している ・種族が非常に優秀 ・全タップ 《クリーチャー面の弱い点》 ・カードを引く効果が強制 《呪文面の強い点》 ・S・トリガーが付いている ・効果対象範囲が広い ・手札から出せる 《呪文面の弱い点》 ・出した直後に戻すので、この呪文1枚だけでは盤面が増えない 《解説・使い方》 クリーチャー面は全タップという強力な効果こそあれど、 とりあえず出しておけば というタイプのカードではないと思われます。 ブロッカーのケアができる詰め要員といったところでしょうか。 文明とコスト違いで『メテオライト・リュウセイ』がいるので詰め要員としては向かい風か。 このカードの本領は呪文面です。 「文明指定なし」で「コスト7以下」の「非進化」クリーチャーを手札から出せる。 問答無用で強すぎますね。 このタイプの効果は『インフェルノ・サイン』や『モンテスケール・サイン』がありますが どちらも闇文明で、踏み倒すにも墓地肥やしが必要でした。 しかし、このカードは水文明で尚且つ墓地肥やしの必要がなく、 デッキの構築自由度が今までの比ではありません。 肝心の使い方ですが、cip効果やpig効果が強いクリーチャーなら大概OKなので 以前同様、筆者が思いついた例を紹介します。 前提条件:墓地にエンジェルコマンドもしくはドラゴンがいる 1. ナウ・オア・ネバーを唱える 2. サイクリカを出して戻す この処理の後、ナウ・オア・ネバーが墓地へ 3. サイクリカの効果処理で墓地のナウ・オア・ネバーを唱える 4. ウルフェウスを出して戻す この処理の後、ナウ・オア・ネバーが手札へ 5. ウルフェウスの効果処理で手札のナウ・オア・ネバーを唱える 6. 2に戻る このループ単体では何も起こりません。 ただ呪文を唱えて2種類のクリーチャーを出し入れしているだけです。 また、このループは自分がループ手順外のクリーチャーを出す等してループをやめない限り、 自分の効果処理が止まらないので相手の踏み倒しメタなどの効果を無視してループできます。 そのあとは増やしたマナで『シャコガイル』をどうぞ。 『魚籠びっくん』も 『マチュー・スチュアート』も4コストなので5マナのナウ・オア・ネバーにきれいにつながります。 いかがだったでしょうか。 S・トリガーが付いていることで、コンボデッキの弱点だった速攻にもあらがえるコンボデッキが作れそうですね。 「トリガーでインフェルノサイン引いたけど墓地に何もいねーよ」っていう悲しみは無さそうです。 あと最後に一言 こういう悪いこと出来そうなカードってわくわくするね!.

次の