ふきのとう。 ふきのとう

春の山菜「ふきのとう」|採れる場所・時期・食べ頃について解説

ふきのとう

まず、ふきのとうの毒性についてですが、これはペタシテニンという有毒物質によるものです。 少量だけ食べる分には、特に問題のない有毒物質ですが、大量に食べてしまうと体に悪影響が出てくる恐れがありますので注意が必要です。 ペタシテニンという有毒物質は、肝毒性が強い成分で、食べ過ぎることで肝癌や肝中心静脈血栓症といった病気を引き起こす恐れがあります。 ただし、よほど大量に食べなければ、こういった症状を起こすリスクは低いと考えられます。 大量に食べて何か体に異常を感じた場合には、早急に病院を受診するようにしてください。 それから、中にはフキノトウだと思い込んで採取した山菜が、別のものだったというケースもあります。 例えばハシリドコロと言われる山菜の若芽を食べてしまった場合、有毒のアルカロイドを含んでおり、危険なこともあります。 これは誤食により、痙攣や嘔吐、昏睡といった危険な症状を起こす恐れがあるので要注意です。 山菜を採取する時には、必ずしっかりとした知識のある方と一緒に行くことが大切ですね。 ふきのとうのアレルギー ふきのとうの危険性については、もう1つ気になる症状があります。 それは、ふきのとうのアレルギーです。 ふきのとうで起こるアレルギーは稀ですが、実際にふきのとうでアレルギーを発症したという例はありますので、症状を感じた場合には、食べるのを控えましょう。 症状としては、喉のイガイガ感やじんましん、腹痛などが主です。 ですが、中には息苦しくなるなど、アナフィラキシーショックが起こるようなケースもあるため、アレルギーは油断禁物です。 それから、ふきのとうのアレルギーで怖いのは、よくあるお料理の「天ぷら」にした場合、症状が出るまでに時間がかかるという点です。 天ぷらは吸収されるまでに時間がかかるため、何時間も経過してからアレルギー症状が出てくることもあります。 そのため、原因がふきのとうであるということに気付きにくいのが困ったところですね。 ふきのとうのアレルギーは、雄花の花粉により引き起こされることが分かっています。 アレルギーが不安な方は、できるだけ花は食べず、苞の部分のみを食べるようにしてみましょう。 ただし、苞の部分にも花粉が付いている可能性もありますので、絶対に安全とは言い切れません。 ふきのとうのアレルギーがあると診断されている方は、食べない方が安心ですね。 ですが、実はそういうわけではないのです。 ふきのとうはカリウムを豊富に含んでおり、高血圧の原因になるナトリウムを排泄するのに役立ってくれることで知られています。 そのため、適度に食べる分には、体に嬉しい効果が期待できる食べ物と考えることができるのです。 ふきのとうの毒性が気になるのであれば、下処理をきちんと行うことです。 ふきのとうに含まれる毒は、茹でこぼすことにより、ほとんどが無くなってしまうと言われています。 あく抜きの処理をきちんと行えば、安心して食べられる食材になりますので、毒性にそこまで過敏になる必要はありません。 また、どんな野菜でも食べ過ぎれば体に良くない影響をもたらすこともあります。 ふきのとうも、1度に大量に食べるようなことをしないようにしましょう。 それから、アレルギーに関しては体質による問題ですので、「こうすれば大丈夫」ということが言えません。 少しだけ食べてみて、何か異常が起こった場合には、病院でアレルギーの検査を受け、医師の指示に従うことが大切ですね。 まとめ ふきのとうは毒性やアレルギーの危険性もある山菜ですが、古くから多くの日本人に親しまれてきたものでもあります。 そのため、そこまで神経質になる必要はないと言えます。 山菜が美味しい季節に、少しだけきちんと調理して食べる分には、大きな問題にはなりにくいと考えることができるでしょう。

次の

ふきのとう(蕗の薹)

ふきのとう

暖かい地域(九州や西日本):2月• 寒い地域(東日本):2~3月• 極寒の地域(山の上や北海道):4~5月 その地域に桜が開花する1~2ヶ月前と考えておけば、収穫時期はおおよそ間違いないはず。 ただ、ふきのとうは日当たりの良さによる僅かな気温差でも収穫時期がずれる、繊細な山菜です。 同じ場所で収穫するにしても、毎年同じ収穫時期に採取できる可能性は低いといえるでしょう。 ふきのとうの生息地はどこ? ふきのとうは日本全国を生息地とする山菜で、水気が多く風の通りが良いところに生えやすいです。 基本的には 自然豊かな場所にある河原や田んぼ付近、山の斜面などが生息地ですが、中には「庭に生えていた」なんて話もあります。 さすがに都会のど真ん中でふきのとうを発見するのは難しいですが、自然豊かな場所であれば、種さえ飛んでいればどこでも根付く山菜といえるでしょう。 ふきのとうはタンポポと同じく種を飛ばす繁殖方法なので、1つ発見すれば近隣が生息地となり、たくさん見つけられる可能性が高いです。 収穫方法も簡単で、ふきのとうの根っこをひねって引っ張るだけですが、根っこは毒性が強いので、収穫する際に切り落としておきましょう。 自然のものを採取する以外にプランターでも育てて収穫もできるので、毎年食べたい人は栽培にチャレンジするのもおすすめです。 スポンサーリンク スーパーでの販売時期や値段は? 身近な山菜といえるふきのとう、購入の必要性が低いためスーパーで見かける機会は少ないですが、販売時期になると地元食材を扱うスーパーや八百屋、道の駅で購入できます。 ふきのとうの 販売時期は地域の収穫時期と一致しており、早くて2月終わり頃から。 値段は6つで300~500円とふり幅が大きく、関東ではふきのとうは高級食材扱いされているので、500円より高い値段で販売されることもあります。 しかし販売時期の終盤になるにつれ値段が下がる傾向にあるので、安く購入したい方は旬の終わりを狙ってスーパーに向かいましょう。 スーパーでふきのとうを購入した場合、1パック6つ入りとすれば1~2人分にしかなりません。 日常的にスーパーで購入するのはもったいないですが、季節の山菜を一度味わう程度ならスーパーでの購入もありですね! まとめ ふきのとうの収穫時期は温暖な地域・寒冷な地域のよって、約3か月も差があります。 自分でふきのとうを採取したい方は寒さも落ち着いてきた春先に、散歩がてら河原付近を探してみましょう。

次の

合唱団ふきのとう

ふきのとう

ふきのとう(蕗の薹) - 食材事典 ふきのとう(蕗の薹) 雪解けを待たずに顔を出す春の使者。 一番早くでてくる山菜です。 独特の香りとほろ苦さが春の息吹を感じさせます。 「春の皿には苦味を盛れ」と言います。 冬の間にたまった脂肪を流し、味覚を刺激して気分を引き締めて一年の活動をスタートさせます。 冬眠から目覚めた熊は最初にフキノトウを食べるとか??? のページも合わせてごらんください。 品 種 キク科フキ属の多年草。 日本原産の山菜・野菜です。 詳細はのページをごらんください。 フキノトウはフキの花のつぼみで、まだ葉が出る前にフキノトウだけが独立して地上に出てきます。 寒さに耐えるように、ツボミを何重にも苞(ほう)が取り巻いています。 採らずにいるとあっという間に茎が伸びで花が咲きます。 遅れて、地下茎でつながっている葉が出てきます。 特産地と旬 全国の山野に自生しています。 日陰気味で湿気の多い所を好むようです。 旬は場所によって違いますが、関東近辺の平地では2月から3月。 山地では3月から4月です。 食べ方 てんぷらは低めの温度で揚げるのがコツで、揚げているうちにツボミが開くと苦味がとれます。 また、せん切りにして味噌汁の実にしたり、煮浸し、油いためなどにします。 味噌大さじ2、ミリン大さじ1、酒大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜて鍋で加熱し、 冷ましてからみじん切りにしたフキノトウと混ぜる。 手間がかかりますが、みじん切りにしたフキノトウをすり鉢ですって使うと上品な味に仕上がります。 苦さを楽しむ山菜ですが、下記のような物を選ぶと苦味が少ないようです。 ・ 暖かい南の産地の物。 ・ あまり成長していない小さなツボミ。 ・ 採れたてのもの。 どうしても苦味を抑えたい場合はゆでてから水にさらしてアク抜きをしますが、同時に香りも失われます。 また、油で炒めると苦味はかなり少なくなります。 制作日:2002年4月14日 上田 泰久.

次の