源泉所得税 延滞税 計算。 税務調査の延滞税とは?計算方法と具体例・シュミレーション

源泉所得税の納付遅れに伴う罰則【不納付加算税と延滞税】

源泉所得税 延滞税 計算

Contents• スポンサードリンク 1.まずは不納付加算税 納付が遅れると、 不納付加算税 という罰金的な税を支払わなければならなくなります。 ちなみに、 不納付加算税は損金不算入ですので、支払った金額は損金(=費用)にすることができません。 お金を支払ったのに費用にできないという悲惨な展開となります。 なお、納期を過ぎた場合であっても、税務調査等で指摘される前に 自主的に源泉所得税を納付した場合には、 10%ではなく5%の不納付加算税となります。 「忘れてた・・・orz」 という場合には、急いで納付するようにしましょう。 ちなみに、 不納付加算税の金額が5千円未満の場合には不納付加算税が免除されます。 納付額が5万円未満(自主的に納付する場合は10万円未満)の場合はとりあえず一安心ですね。 もちろん、 延滞税も罰金的な性格を有しますので、損金不算入です。 延滞税の税率は、 納付日の翌日から2ヶ月以内 年7. 3% 上記以外 年14. 6% となりますが、2ヶ月以内の場合は、「特例基準割合+1%」、それ以外の場合は「特例基準割合+7. 3%」とのいずれか低い税率が適用されます。 ここでいう特例基準割合とは、各年の前々年の10月から前年の9月までの短期貸出約定平均金利の合計を12で割った割合に1%を加算した割合を言います。 これにより計算した割合は、それぞれ年2. 8%、年9. 1%(平成28年度)となりますので、こちらの税率が適用されることになります。 8% 上記以外 年9. 1% そこまで高くない金利ですが、損金不算入ですしなるべく支払わないで済むようにしたいですね。 ちなみに、延滞税の金額が1千円未満の場合は延滞税が免除されます。 8%、それ以外が9. 1% ・延滞税が1千円未満の場合は免除 3.ずっと滞納している場合 源泉所得税をしばらく支払っていないような場合、毎月の納付すべき金額に対して、 不納付加算税や延滞税が課せられます。 したがって、 各月の納付額が不納付加算税・延滞税の免税点以下の場合には、不納付加算税・延滞税は課せられません。 ちょっと安心ですね。 その代わり、各月ごとに納付書を作成する必要がありますので、ご注意下さい。 また、年末調整による還付金額がある場合でもそれはそれで、別途納付書を作りますので、ネットすることはできません。 納期の特例を使っている場合は、納付が年2回ですので楽なのですが、 金額が多くなりますので、不納付加算税・延滞税が免除されるケースは少ないでしょう。 そういった点ではちょっと不利ですね。 まぁ、延滞しなければ良いだけの話ですが・・・ 参考)延滞税の勘定科目.

次の

期限内申告の延滞税はどのように計算されるのか?

源泉所得税 延滞税 計算

42% 端数処理の関係で計算結果に1円程度の誤差が発生することがあります。 源泉徴収される対象• 原稿料、講演料など(ただし懸賞応募作品の入選者などへの支払は5万以下はしなくてもよい• 弁護士、公認会計士、司法書士等へ払う報酬• 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬• プロ野球選手、プロサッカー選手、プロテニスの選手,モデルや外交員等に支払う報酬• 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬• 宴会等で接待を行うコンパニオンやホステムへ支払う報酬• プロ野球選手の契約金など、役務の提供契約をすることにより一時に支払う契約金• また個別相談は一切対応しません。

次の

延滞税はいくら以上から付くのですか?

源泉所得税 延滞税 計算

延滞税が発生する場合は、税務署から自宅に「延滞税のお知らせ」が届きます。 それにしたがって、延滞税の納付を行います。 「延滞税のお知らせ」が届かない場合は延滞税が発生しなかったということです。 自分で延滞税の計算して納付するわけではありません。 税務署の通知で納付を行います。 振替納税では延滞税はかからない 3月15日までに「預貯金口座振替依頼書」を税務署に提出することによって、納付すべき金額が自動的に口座引き落としが行われます。 口座振替日は4月の下旬となっており、納付期限から1ヶ月程度遅れます。 しかし、 振替納税では延滞税は一切かかりません。 そのため、一ヶ月程度の延滞をしたい場合は振替納税をおすすめしています。 口座引落がてきないと延滞税が発生する 口座振替日に預金口座の残高が納付金額に足りていないと、振替納税はできません。 自分で納付を行う必要があります。 振替納税ができなかったものについては延滞税が発生してしまいます。 そのため、口座振替日には預金残高が足りているか必ず確認するようにしましょう。 贈与税は振替納税できない 振替納税できる税金は所得税と消費税のみです。 贈与税の振替納税はありません。 1,000円未満だと延滞税はかからない 延滞税は国税の中でも附帯税一つに含まれます。 附帯税の計算には以下のようなルールがあります。 第九章 雑則 (国税の確定金額の端数計算等) 第百十九条 4 附帯税の確定金額に百円未満の端数があるとき、又はその全額が千円未満(加算税に係るものについては、五千円未満)であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てる。 出典 e-Gov 国税通則法 このように計算の結果が 1,000円未満になった場合は延滞税はかかりません。 延滞税が1,000以上の時、100円未満は切り捨てる 計算した結果が1,000円以上になった時、100円未満の端数については切り捨てをします。 例えば、計算した結果12,345円となった場合、延滞税は12,300円となります。 メモ 延滞している納税額をAとする。 004345205A A<230,138. 73 Aが230,138円未満なら延滞税は1,000未満となる。 第九章 雑則 (納税管理人) 3 附帯税の額を計算する場合において、その計算の基礎となる税額に一万円未満の端数があるとき、又はその税額の全額が一万円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てる。 出典 e-Gov 国税通則法 このように、計算にあたって延滞している納税額は1万円未満切り捨てというルールがある。 そのため、延滞している納税額が239,999円なら計算のもとになる数字(A)が230,000円となる。 2ヶ月延滞する場合、延滞している税額が24万円未満なら延滞税はかからない。

次の