ラテ と カプチーノ の 違い。 ドルチェグスト「カプチーノ」と「ラテ マキアート」カプセルの違いや味を比較|どっちが美味しい?

ドルチェグスト「カプチーノ」と「ラテ マキアート」カプセルの違いや味を比較|どっちが美味しい?

ラテ と カプチーノ の 違い

カプチーノとラテ、あなたはどちらが好きですか? そもそも両者の違いをはっきりと説明できますか? これだけコーヒー文化が定着した現在、いまさら聞けないその違いについて紹介していきましょう。 その違いは、ミルクにある 普段何気なく頼んでいるカプチーノとラテ、この2つはとても似ているんです。 実はこの2つを分けているのは「ミルク」です。 ミルクを蒸気で温め泡立てたものが「カプチーノ」であり、ミルクを蒸気で温めそのままエスプレッソに注ぎ入れたものが「カフェラテ」になります。 2つともコーヒーは日本で一般的なドリップコーヒーではなく、エスプレッソを使用します。 エスプレッソとは専用の器具で気圧をかけて抽出したコーヒーのことで、よく飲まれるドリップ式のコーヒーよりも苦いので、エスプレッソ用の小さいカップで飲みます。 さらに、エスプレッソはカフェインの含有量が少なく、旨味が凝縮しており、表面に綿密な泡が浮いているのも特徴です。 よく、カプチーノとラテを一緒だと思っている人も多いのですが、ミルクを入れるのは同じでも、そのミルクにフォームミルク(蒸気で泡立てたミルクのことです)を使うかどうかが違うのです。 雑学!その名前の由来は? カフェでのカプチーノ、ラテの作り方からみてみましょう。 カプチーノは、エスプレッソ:温めたミルク:フォームミルク(蒸気で泡立てたミルク)が1:1:1となり、ほとんど等分となっています。 一方、ラテはその割合が明確に決まっていないところが多く、日本にあるカフェでは「カプチーノ」と「ラテ」を混同しているカフェもまだまだ多いようです。 また、カプチーノの語源には様々な説がありますが、キリスト教のカプチン修道士会からきている説が有力です。 このカプチン修道会の帽子や服が茶色で、カプチーノと色が似ており、そしてこの帽子も服も山のように盛り上がっている形態をしていて、これがカプチーノがフォームミルクで盛り上がっているのに似ているといわれています。 一方、ラテではエスプレッソの表面に泡が浮いているのが特徴で、「ラテアート」というように、ラテの表面の泡で色々な絵をかくことができます。 カプチーノではラテアートはできません。 カプチーノとラテの味、楽しみ方の違いは? 作り方は違っても材料は同じなので、エスプレッソとミルクの分量を同じにしたら味も一緒になるかと思うかもしれませんが、実は全く違います。 まず、カプチーノは泡を楽しみます。 また、泡が多いだけであってミルクはそこまで多くないので大人のビターを楽しみたい方には最適です。 一方、ラテはミルクの割合が多いのが特徴です。 そのため、エスプレッソのビターさが柔らかく、マイルドになります。 しかし、エスプレッソの風味は損ねません。 カプチーノとラテは全く風味や味わいが異なる飲み物です。 その違いがわかったら、ビターなほうがいいときはカプチーノを、マイルドなほうがいいならばラテをオーダーするなど、その時の気分でいろいろ飲んでみてくださいね。

次の

コーヒーのラテとオレとモカの違いは?

ラテ と カプチーノ の 違い

マキアートの正式名称は 「カフェ・マキアート」と言います。 本来は、エスプレッソに少量のミルクを入れたメニューのことを指します。 エスプレッソにフォームミルクを入れるという点はカプチーノと同じ。 ただ、それよりもミルクの量が少ないのがマキアートと覚えておくと良いでしょう。 お店により比率は多少違うこともありますが「エスプレッソ3:ミルク1」が基本で、通常のコーヒーカップより小さめで出されるのが本来の形です。 マキアートは、スタバのキャラメルマキアートでメジャーになりました。 そのため、他のお店での注文でスタバをイメージしてしまうと「いつものではない」となる人も出てくるかも知れません。 また、マキアートという名前にはおしゃれなイメージを感じますが、その意味は、おしゃれとはかけ離れてます。 ナント! 「シミがついた」というものです。 コーヒーにシミなんて不思議に思われる方も多いでしょう。 これは、少量のミルクが表面に浮いている状態をシミがついたように見えるということでマキアートという名前ができたわけですね。 そのシミを洗練された模様にして提供してくれるカフェが多いため、お洒落なイメージが定着したのです。 そうすると、お気づきの方もいると思いますが、スタバのキャラメルマキアートは本来のマキアートとは別物に見えます。 確かに、ミルクにバニラシロップを入れ、最後にキャラメルソースがかかったホイップをトッピングするスタバのメニューは本来のカフェ・マキアートとは違います。 しかし、甘さを加えたとはいえ、エスプレッソとミルクは使っています。 また、キャラメルソースをシミと見立てているため、あれはあれでマキアートと分類されているようです。 エスプレッソの苦味を感じる「カフェ・マキアート」• スイーツ感覚が強く出てる「キャラメルマキアート」 どちらも特徴をつかんでいるので、マキアートと呼んで良いのだと思います。 お店でマキアートをオーダーする時には、苦さと甘さのどちらを優先するか考えると、選び方がおのずと決まって来ることでしょう。 ところで、そんなおしゃれマキアートを、自宅でも作れたら、うれしくありませんか? 最近では、自分で作ったカフェラテやカプチーノ、カフェモカまで楽しむ人も増えてきています。 そこで、続いては、美味しいマキアートの作り方をご紹介しましょう。 マキアートの作り方は意外にシンプルだった? マキアートは、以下の流れで完成します。 50~100mlの肉厚なカップを用意する• カップにエスプレッソ1杯分を注ぐ• そこにフォームミルクを少し注ぐ スチーム機能つきのエスプレッソマシンがあれば、誰もができるシンプルな手順ですね。 また、スチーム機能がなかったとしても、カプチーノミキサーがあればフォームミルクが簡単に作れますから安心してください。 カプチーノミキサーは、100均にあるものから、メーカー品まで種類は豊富です。 入手もしやすいので、エスプレッソメニューを普段から楽しむ人なら持ってると便利な器具ですよ。 あと、マキアートの特徴でもある表面のシミは「2種類」あるって知ってましたか?• 茶色の表面にミルクのシミ• 白色の表面にエスプレッソのシミ ん?何が違うの?と思われたかも知れませんね。 一つ目は、 エスプレッソにフォームミルクを注ぐマキアートの作り方。 この方法は、茶色に白いシミができます。 二つ目は、 フォームミルクにエスプレッソを注ぐマキアートの作り方。 この方法は、白色に茶色のシミができます。 エスプレッソとミルクを注ぐ順番は反対ですが、シミがついている特徴があるため、どちらもマキアートなのです。 マキアートは「エスプレッソ3:ミルク1」で作るのが基本。 そして、少量のミルクを注ぐからこそ、模様が表面にでき上がるというわけです。 マキアートの作り方、意外とシンプルだったと思いませんか? ところで、マキアートと並んでメニューにあがるのが、ラテやカプチーノですが、いったい何が違うのかって気になりますよね。 そこで、続いてはマキアートとラテ、マキアートとカプチーノの違いについて説明をしていきましょう。 マキアートはラテやカプチーノとは違うの?• マキアート• カプチーノ 3つの違いを一言でいうなら エスプレッソとミルクの量があげられます。 マキアートの比率は「ミルク1:エスプレッソ2」です。 ラテ・・・・・・「ミルク8:エスプレッソ2」• カプチーノ・・・「ミルク7:エスプレッソ3」 これは、カンタンですね^^ ラテの場合、ミルクとエスプレッソの量が店により違いますが、カプチーノより使われるエスプレッソの量が少ないことに変わりはありません。 また、マキアートも、お店によりミルクとエスプレッソの比率が違う場合があります。 それでも、マキアートの基本は「エスプレッソに少量のミルクをシミのように浮かべた」コーヒーなのです。 どのメニューも、エスプレッソとミルクを使っている点は同じです。 その中で、エスプレッソの苦みを感じる順番は 「マキアート>カプチーノ>ラテ」と覚えてくださいね。 他にもまだ違いはありますが、とりあえず上記のように覚えておくので十分でしょう。 ところで、「マキアートでラテアートは出来ないの?」という質問をよくいただくことがあります。 そこで、最後に、マキアートで作るラテアートについてお伝えして終わりにしたいと思います。 マキアートでラテアートはできるの? マキアートの場合は、その特徴でもある「シミ」を使いラテアートを楽しみます。 カップに浮かぶシミは、1つでも複数でもかまいません。 もし、小さなハートをいくつも描きたければ、注ぐときにエスプレッソのクレマとフォームミルクの特徴を上手く使いシミを点々とたらし簡単な模様にするのもいいです。 その反対に、中央に大きなシミを1つ作りラテアートを楽しむのもいいでしょう。 カフェラテのような派手な自由画とはならないかもしれませんが、洗練されたおしゃれな模様になることは間違いありません。 自然にできたシミを見て、インスピレーションでササっとつまようじなどで描くのもいいですね。 慣れてくれば難しい模様もチャレンジできるとは思います。 ただ、まずはカンタンな模様から始め、マキアートのシミをおしゃれなラテアートに変えてみてくださいね。 シンプル・イズ・ベストという言葉もありますからね~ カンタンな模様だったとしても、胸を張って自慢しちゃって良いと思いますよ。 では、マキアートについてたくさんお伝えしましたので、最後におさらいをしましょう。

次の

カプチーノとは?カフェオレやラテとの違いや定義・コーヒーの作り方も

ラテ と カプチーノ の 違い

コーヒー好きの方はご存知かもしれませんが、カフェでよく見かける 「カフェ・オレ」と 「カフェ・ラテ」この2つ実は全然違う飲み物なんです。 正式には「カフェ・オ・レ」 「レ」はフランス語で牛乳と言う意味。 カフェ・オレの場合、コーヒーの粉にお湯を注いで抽出する ドリップコーヒーを使用。 また、 コーヒーとミルクの割合が5:5になるようにします。 ドリップコーヒーを使用しているのでさっぱりとしていながらも、 ほんのりとした苦味とミルクの甘みを感じられるコーヒーです。 正式には「カフェ・コン・ラッテ」 「ラッテ」はイタリア語で牛乳と言う意味。 カフェ・ラテはイタリアが発祥なので専用のマシンで一気に抽出する エスプレッソを使用。 また、 コーヒーとミルクの割合が2:8になるようにします。 ミルクが多すぎない?と思うかもしれませんが、エスプレッソは高圧力で抽出し、 コーヒーの旨味がぎゅっと凝縮されているので、ミルクをたっぷり入れることで ちょうどいいバランスで美味しく飲むことができます。 カフェ・ラテと比べて少し苦みが強く、 ふわふわした口当たりが特徴です。 つぎに カフェ・モカはエスプレッソとミルクに チョコソースを追加したものです。 お店によってホイップクリームがトッピングされていることも! チョコレートやクリームの甘味でコーヒーの苦味が苦手な人でも 飲みやすく、見た目も少し豪華になるのがカフェ・モカの魅力です。 もちろん、コーヒーの種類は他にもたくさんあります。

次の