外壁 塗装 ヘーベルハウス。 【ロングライフプログラム編】ヘーベルハウスの外壁塗装は、旭化成リフォームに頼むべきか? │ 外壁塗装パートナーズ

【ヘーベルハウスで家を建てた人必見】外壁塗装業者の選び方とは?

外壁 塗装 ヘーベルハウス

旭化成ヘーベルハウス宅の外壁塗装をお考えの方へ 旭化成ヘーベルハウスは重鉄・システムラーメン構造に外壁材はALCコンクリートを採用しております。 外壁塗装は通常塗装やセラミック塗装や多彩模様塗装で仕上げられております。 外壁ALCの場合はジョイント部やサッシ廻りはシーリングを施されており、シーリング劣化が進行すれば漏水リスクが非常に高くなってくるので定期的なシーリング工事は非常に重要です。 外壁塗装に関しても塗膜が劣化し、ALC材に水がしみこむ状態になるひび割れが発生しやすくなるので外壁塗装が費用です。 屋上が陸屋根の場合は塩ビシート防水が劣化すると漏水リスクが非常に高くなるので15年~20年おきの防水工事が必要となってまいります。 こんな状況になったら外壁塗装が必要です 旭化成ヘーベルALC板に塗装された塗膜が剥がれ撥水効果が損なわれております。 日当たりに悪い北側や湿気の多いお風呂場付近は藻やコケが発生しやすいです。 カラーベスト屋根は劣化が進行すると割れが発生したりする場合もございます。 セメント瓦屋根も経年劣化するので屋根塗装は必要です。 陸屋根塩ビシート防水は劣化して膨れたり、剥がれたり、破断したりすると漏水リスクは非常に高くなります。 基礎巾木も劣化でひび割れが発生したりする場もございます。 塩ビ鋼板シャッターBOXは劣化が進行すると塩ビ被膜が剥がれ、そのまま放置すると鋼板は錆びてまいります。 日当たりの良く、雨が当たりやすい玄関扉は劣化で色褪せてしまいます。 旭化成ヘーベルハウスで外壁塗装をするメリット 旭化成ヘーベルハウスが自社で設計施工しているので、構造もしっかりと把握し、オリジナルの部材(外壁材や屋根材や設備等)や部品を在庫しているので新築時と同等のメンテンナンスが期待できる。 定期的な点検をしてくれて保証等のアフターフォローがしっかりとしている。 旭化成ヘーベルハウスで外壁塗装をするデメリット やはりたくさんのお客様から聞く声ですが「リフォーム費用が高くてビックリした!」ということです。 アイセイ堂が提案する見積金額の2倍以上の場合もございます。 さらに他社で施工した場合は保証できないと言われるようですが、外壁塗装は構造を変える工事ではないので地震等で建物に不具合がでるものではありません。 あくまでも外壁塗装の保証項目は「塗膜剥離」、「塗膜膨れ」、「急激な変退色」のどれも構造には関係のないものばかりです。 アイセイ堂で外壁塗装をするメリット 「外壁塗装金額が半額に!!」 旭化成ヘーベルハウスの外壁塗装や防水工事の施工実績が豊富にあるのでお客様にあったプランをお値打ちにご提案いたします。 ハウスメーカーが提案する外壁塗装のプランは1~2パターンのケースが多いですが、アイセイ堂ではお客様の建物に適した塗料を選択し、シリコン塗料・ふっ素塗料・無機塗料・多彩模様塗料・光触媒塗料・遮熱塗料・防水塗料等の豊富なプランをご提案いたします。 保証期間も塗料の種類によって異なりますが5~10年の保証書を発行し、塗装トラブルが発生しやすい塗装後1~2年の間に定期点検も実施しております。 また、保証期間が満了した後でも気になることがありましたら現地確認した上でしっかりと対応いたしますのでアフターフォローも万全です。 アイセイ堂で外壁塗装をするデメリット 弊社の外壁塗装職人には限りがございますので、繁忙期には外壁塗装開始時期をお待たせする場合がございます。 アイセイ堂は名古屋本社なので愛知・岐阜・三重の東海3県(一部エリアでは対応不可あり)のみの対応となっております。 旭化成ヘーベルハウスの外壁塗装はここを注意! 旭化成ヘーベル外壁や屋根を高圧洗浄機で洗い汚れを落とします。 1回目の外壁塗装時は既設シーリングの上から新しいシーリングを盛っていく増し打ち工法が一般的です。 外壁の凹凸に合わせてノンブリードタイプポリウレタンシーリングを施工していきます。 旭化成ヘーベル板が割れている場合はシーリングで補修いたします。 2回目の外壁塗装時はシーリングの厚みを確保する為に既設シーリング撤去した上シーリングを充填する撤去打替え工法が一般的です。 既設シーリングを撤去した上で新しいノンブリードタイプポリウレタンシーリングを充填いたします。 旭化成ヘーベル板ジョイント部のシーリング撤去はカッター等を使用し、切って除去します。 撤去後に新たなシーリングを充填し、ヘラで押さえて仕上げていきます。 外壁塗装多彩模様仕上げての下塗りはローラーで塗装行います。 外壁は多彩模様仕上げで塗装するので耐久性も抜群です。 多彩模様仕上げは単色仕上げ塗装とは違い深みと風合いが感じられます。 多彩模様仕上げの上塗りは吹付塗装になります。 多彩模様仕上げは塗膜表面に顔料塗装ではなく、特殊素材なので色退色やチョーキングが発生しにくいです。 カラーベスト屋根は遮熱塗料で塗装するのがおススメです。 屋上の塩ビシート防水は既設防水の上から重ね張り工法で実施するのが一般的です。 塩ビシート防水が剥がれないようにシートをしっかりと溶着し、必要に応じて金物で固定します。 塩ビシート防水は15年~20年おきに定期的メンテナンスをすることが漏水リスクを減らします。 基礎巾木はひび割れが発生する場合もあるので透湿性があり、防水性能がある特殊塗材で塗装を行います。 平滑な玄関扉には装飾用硬質塩ビタックシートを張り付けることによって新築時同様の玄関扉に生まれ変わります。 装飾用硬質塩ビタックシートは無地色以外に木目調もありますので、玄関扉のイメージを大きく変えることもできます。

次の

へーベルハウス【外壁塗装前に知っておきたいポイント】お役立ち情報

外壁 塗装 ヘーベルハウス

白だと思っていたけど、実際は? ヘーベルハウスの外壁色といえば「白」という印象が強いですが、実際に施工事例を眺めて見ても白い外壁が人気ですよね。 具体的には 「石白」という外壁色を採用している方が多いです。 その名の通り、白い石を積んだようなデザインの外壁で、太陽の光に映えると非常に洗練された雰囲気を漂わせてくれます。 同じく、白系の「輝白」や「深岩」も人気のお色。 輝くような「真っ白」か、それともちょっと深みのある深岩かで悩む方が多いようです。 さらに、目地にも「K目地」「G目地」「PJ目地」…といろいろあり、定番はサイコロ状の「K目地」。 遠目から見て「のっぺりしている」ように見えていたへーべルハウスの外壁ですが、実は目地(柄)があったんですね。 個人のブログで紹介しているオーナーさんもいますが、同じ外壁色でも目地によって雰囲気がずいぶんと違うことがわかります。 ちなみに、 一番高級なのは横長な目地が特徴的なPJ目地。 「ホワイト(白系)」• 「ベージ(茶系)」• 「アッシュ(黒系というより灰色?)」 ですが、それぞれ細かく分かれていて色味が違うのです。 「グレインホワイト」「マーブルホワイト」そして「ダイナホワイト」・・・とそれこそ色々あって、フィーリングで好き・嫌いがわかれそうな感じです。 (全部で22色あります) よく、「外壁の色は小さな写真で見るだけではなく、 実物を見たりシミュレーションサイトを使ったりして大きな面積のものを見たほうが良い」と言われますが、全くその通り。 「たまたま通りがかった家の外壁色がステキだったので、そこの家の人に色の種類を聞いちゃいました」 というへーべリアンさんがいましたが、そのくらい勇気と執念がないと100%納得のいくマイホームは建てられないのかもしれません。 ロックな雰囲気!こんな色も人気です どこにでもあるような白い外壁はつまらない!という方には、「玄武」という外壁色がオススメです。 「ヘーベルハウスといえば白い外壁」という先入観を良い意味で覆す外壁色となっていますね。 玄武というのは火山岩の一つである「玄武岩」に由来するということで、その強くてたくましい性質と、災害に強いヘーベルハウスのイメージをリンクさせて命名された外壁色とのことです。 新色情報もお見逃しなく もう一色、ヘーベルハウスの新色情報として見逃せないのは「ブリックバーミリオン」でしょう。 モノトーンなイメージのあるヘーベルハウスとしてはちょっと意外性もある、赤レンガ色。 ヨーロッパの街並みを思わせるその色は、 植物の緑とも相性が良いんです。 なんともいえない温かみのある色でもあり、ともすれば「無機質で冷たい」という第一印象を持たれやすいヘーベルハウスの外観にやさしさと深みを与えてくれます。 目地のデザインによっても印象が全く違っていて、例えばGタイプならどっしりとした重厚感が魅力。 また、ヘーベル50周年を記念して販売されたメテオブルーも人気の一色。 「メテオ」とは「流星」という意味だそうで、鉄隕石をイメージしたカラーだそうです。 意外にも、ヘーベルハウスでは初の青系の外壁色。 「夜空のきらめき」を思わせる、ロマンチックな外壁色。 しかも人気の北欧デザインを連想させるカラーですし、ヘーベルハウスの定番カラーとして定着するのではないでしょうか。 ただ、あまりに個性的な外壁色は悪目立ちしてしまう可能性もあります。 色選びでは、 周囲の景観とのバランスも考慮することが大事ですね。 あこがれ色にイメチェン!塗り替えで注意すべきポイント もし、今の外壁色があまり好みではなく(もしくはその色に飽きてしまって)「人気の色に塗り替えたい」という場合はどうすれば良いのでしょうか。 大きくわければ• へーベルハウス系列のリフォーム会社に依頼して再塗装する• こちらの業者さんのようにヘーベルハウスの外壁の特徴を知り尽くしているところなら安心してお任せできるでしょう。 「ハウスメーカーよりも実際に現場で施工を行い多数のメーカーを手掛けてきた施工会社だからこそわかるポイントもある」とのことで、「現場・現物」で勝負している地元密着系業者ならではのプライドを感じさせます。 一方で、他業者が行った再塗装でなにか不具合があった場合は家そのものの長期保証を受けられなくなるかもしれないというリスクをはらんでいます。 こちらの記事でもまとめてますが、目先の「安さ」を優先するか、はたまた長期保証という「安心」に重きをおくかはじっくり時間をかけて検討する必要がありそうです。 世の中的に人気なのはどんな外壁色なの? ちなみに、世の中全般としてはどんな外壁色が人気なのでしょうか。 こちらのリフォームサイトのランキングサイトに傾向がまとめられていますが、人気No1は、やはりホワイト系。 (ブロークンホワイト) ちょっとクリーム色っぽい白に、ダークなブラウン系の屋根を合わせるのが人気だそうです。 続く2位は「ニュートラルホワイト」、第3位は「クールホワイト」という外壁色ですから、全体的に「白い外壁」が人気であることがわかります。 それも、 クールな白よりもちょっと温かみのあるやわらかい白が人気ですね。 ちょっとベージュっぽいテイストも入っているので、汚れが目立ちにくいというメリットもあるかと思います。 こういった白系の外壁に、ブラウン、ブラック、グレーといったダークな屋根色を合わせるのが定番。 外壁色や屋根色、その組み合わせで迷ったら、こんな情報も参考にしてみてはいかがでしょうか。 施工実例に見る!ポップで清潔感のある外壁デザイン ヘーベルハウスといえば、最近はアウトドアリビングを推しているのも印象的ですよね。 その名の通り、外にリビングを設けるわけですから、外壁が内装のような役割を果たすことになります。 室内と外(アウトドアリビング)のつながりも意識しなければいけないので、外壁選びは難易度が高いはず。 外壁と室内のクロスを全く違った印象のものにするのも良いですが、個人的には、ヘーベルハウスの公式インスタグラムで見つけたこんな外壁が気に入りました。 定番&人気の白い外壁ですが、目地の正方形がポップな雰囲気を演出。 長方形だとちょっと野暮ったさが出るかなと感じるのですが、この正方形がイマドキっぽくて若いセンスを感じさせます。 お部屋全体のレイアウトを見ると、リビングダイニング、小上がりの畳スペース、そして段差なく大きな窓でつながるアウトドアリビング・・・と、かなり贅沢な間取りなんですね。 風や光の通りが良い、昔ながらの平屋住宅のメリットがうまく生かされているなと感じます。 普通に広いお宅なのですが、 内装のクロスも白なので、室内~アウトドアリビングの視覚的なつながりもスムーズ。 全体的に光が映えて実際よりもさらに広く感じられる設計になっています。 高齢の方にとっても、小さなお子さんにとっても住みやすそう!二世帯住宅を考える上でも参考になる実例です。 外壁色に迷ったら。 参考にしたいデザイン集 服なら「なんかちょっと違ったな」と思えば何度でも着替えることができますが、家の外壁となるとそうはいきません。 一度の施工で100万円オーダーの金額が発生してしまいますので、外壁色選びに迷うのは当然のことです。 外壁色で迷ったら、こんなサイトを参考にしてみるのもオススメですよ。 しろくろ、真っ白、あったかい暖色、クールな寒色、凹凸デザイン・・・等々、豊富な実例がコレクションされていて、イメージを膨らませるには非常に参考になります。 同じ「しろくろ」でも「やさしいシロクロ」や「ポイント白で重すぎ防止」など多彩なバリエーション。 それぞれ費用も明記されているので、 「こういう外壁色ならこのくらいの金額か」と目安をつけやすいのではないでしょうか。 「Case0089」ではへーベルハウスの実例も紹介されています。 Before画像では、白ベースでちょっと薄汚れてしまったような印象すら受けてしまいますが、ちょっとベージュ(というよりイエローでしょうか?)っぽい外壁色にすることで建物全体に温かみを感じる仕上がりになっていますね。 この色なら、経年劣化もあまり気にならないのではないかと感じます。 外壁の汚れや劣化が気になる方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 オプションで付けられるコーディングについて紹介しています。

次の

【リフォーム】信頼できる外壁塗装業者を見抜くポイント【ヘーベルハウス】

外壁 塗装 ヘーベルハウス

白だと思っていたけど、実際は? ヘーベルハウスの外壁色といえば「白」という印象が強いですが、実際に施工事例を眺めて見ても白い外壁が人気ですよね。 具体的には 「石白」という外壁色を採用している方が多いです。 その名の通り、白い石を積んだようなデザインの外壁で、太陽の光に映えると非常に洗練された雰囲気を漂わせてくれます。 同じく、白系の「輝白」や「深岩」も人気のお色。 輝くような「真っ白」か、それともちょっと深みのある深岩かで悩む方が多いようです。 さらに、目地にも「K目地」「G目地」「PJ目地」…といろいろあり、定番はサイコロ状の「K目地」。 遠目から見て「のっぺりしている」ように見えていたへーべルハウスの外壁ですが、実は目地(柄)があったんですね。 個人のブログで紹介しているオーナーさんもいますが、同じ外壁色でも目地によって雰囲気がずいぶんと違うことがわかります。 ちなみに、 一番高級なのは横長な目地が特徴的なPJ目地。 「ホワイト(白系)」• 「ベージ(茶系)」• 「アッシュ(黒系というより灰色?)」 ですが、それぞれ細かく分かれていて色味が違うのです。 「グレインホワイト」「マーブルホワイト」そして「ダイナホワイト」・・・とそれこそ色々あって、フィーリングで好き・嫌いがわかれそうな感じです。 (全部で22色あります) よく、「外壁の色は小さな写真で見るだけではなく、 実物を見たりシミュレーションサイトを使ったりして大きな面積のものを見たほうが良い」と言われますが、全くその通り。 「たまたま通りがかった家の外壁色がステキだったので、そこの家の人に色の種類を聞いちゃいました」 というへーべリアンさんがいましたが、そのくらい勇気と執念がないと100%納得のいくマイホームは建てられないのかもしれません。 ロックな雰囲気!こんな色も人気です どこにでもあるような白い外壁はつまらない!という方には、「玄武」という外壁色がオススメです。 「ヘーベルハウスといえば白い外壁」という先入観を良い意味で覆す外壁色となっていますね。 玄武というのは火山岩の一つである「玄武岩」に由来するということで、その強くてたくましい性質と、災害に強いヘーベルハウスのイメージをリンクさせて命名された外壁色とのことです。 新色情報もお見逃しなく もう一色、ヘーベルハウスの新色情報として見逃せないのは「ブリックバーミリオン」でしょう。 モノトーンなイメージのあるヘーベルハウスとしてはちょっと意外性もある、赤レンガ色。 ヨーロッパの街並みを思わせるその色は、 植物の緑とも相性が良いんです。 なんともいえない温かみのある色でもあり、ともすれば「無機質で冷たい」という第一印象を持たれやすいヘーベルハウスの外観にやさしさと深みを与えてくれます。 目地のデザインによっても印象が全く違っていて、例えばGタイプならどっしりとした重厚感が魅力。 また、ヘーベル50周年を記念して販売されたメテオブルーも人気の一色。 「メテオ」とは「流星」という意味だそうで、鉄隕石をイメージしたカラーだそうです。 意外にも、ヘーベルハウスでは初の青系の外壁色。 「夜空のきらめき」を思わせる、ロマンチックな外壁色。 しかも人気の北欧デザインを連想させるカラーですし、ヘーベルハウスの定番カラーとして定着するのではないでしょうか。 ただ、あまりに個性的な外壁色は悪目立ちしてしまう可能性もあります。 色選びでは、 周囲の景観とのバランスも考慮することが大事ですね。 あこがれ色にイメチェン!塗り替えで注意すべきポイント もし、今の外壁色があまり好みではなく(もしくはその色に飽きてしまって)「人気の色に塗り替えたい」という場合はどうすれば良いのでしょうか。 大きくわければ• へーベルハウス系列のリフォーム会社に依頼して再塗装する• こちらの業者さんのようにヘーベルハウスの外壁の特徴を知り尽くしているところなら安心してお任せできるでしょう。 「ハウスメーカーよりも実際に現場で施工を行い多数のメーカーを手掛けてきた施工会社だからこそわかるポイントもある」とのことで、「現場・現物」で勝負している地元密着系業者ならではのプライドを感じさせます。 一方で、他業者が行った再塗装でなにか不具合があった場合は家そのものの長期保証を受けられなくなるかもしれないというリスクをはらんでいます。 こちらの記事でもまとめてますが、目先の「安さ」を優先するか、はたまた長期保証という「安心」に重きをおくかはじっくり時間をかけて検討する必要がありそうです。 世の中的に人気なのはどんな外壁色なの? ちなみに、世の中全般としてはどんな外壁色が人気なのでしょうか。 こちらのリフォームサイトのランキングサイトに傾向がまとめられていますが、人気No1は、やはりホワイト系。 (ブロークンホワイト) ちょっとクリーム色っぽい白に、ダークなブラウン系の屋根を合わせるのが人気だそうです。 続く2位は「ニュートラルホワイト」、第3位は「クールホワイト」という外壁色ですから、全体的に「白い外壁」が人気であることがわかります。 それも、 クールな白よりもちょっと温かみのあるやわらかい白が人気ですね。 ちょっとベージュっぽいテイストも入っているので、汚れが目立ちにくいというメリットもあるかと思います。 こういった白系の外壁に、ブラウン、ブラック、グレーといったダークな屋根色を合わせるのが定番。 外壁色や屋根色、その組み合わせで迷ったら、こんな情報も参考にしてみてはいかがでしょうか。 施工実例に見る!ポップで清潔感のある外壁デザイン ヘーベルハウスといえば、最近はアウトドアリビングを推しているのも印象的ですよね。 その名の通り、外にリビングを設けるわけですから、外壁が内装のような役割を果たすことになります。 室内と外(アウトドアリビング)のつながりも意識しなければいけないので、外壁選びは難易度が高いはず。 外壁と室内のクロスを全く違った印象のものにするのも良いですが、個人的には、ヘーベルハウスの公式インスタグラムで見つけたこんな外壁が気に入りました。 定番&人気の白い外壁ですが、目地の正方形がポップな雰囲気を演出。 長方形だとちょっと野暮ったさが出るかなと感じるのですが、この正方形がイマドキっぽくて若いセンスを感じさせます。 お部屋全体のレイアウトを見ると、リビングダイニング、小上がりの畳スペース、そして段差なく大きな窓でつながるアウトドアリビング・・・と、かなり贅沢な間取りなんですね。 風や光の通りが良い、昔ながらの平屋住宅のメリットがうまく生かされているなと感じます。 普通に広いお宅なのですが、 内装のクロスも白なので、室内~アウトドアリビングの視覚的なつながりもスムーズ。 全体的に光が映えて実際よりもさらに広く感じられる設計になっています。 高齢の方にとっても、小さなお子さんにとっても住みやすそう!二世帯住宅を考える上でも参考になる実例です。 外壁色に迷ったら。 参考にしたいデザイン集 服なら「なんかちょっと違ったな」と思えば何度でも着替えることができますが、家の外壁となるとそうはいきません。 一度の施工で100万円オーダーの金額が発生してしまいますので、外壁色選びに迷うのは当然のことです。 外壁色で迷ったら、こんなサイトを参考にしてみるのもオススメですよ。 しろくろ、真っ白、あったかい暖色、クールな寒色、凹凸デザイン・・・等々、豊富な実例がコレクションされていて、イメージを膨らませるには非常に参考になります。 同じ「しろくろ」でも「やさしいシロクロ」や「ポイント白で重すぎ防止」など多彩なバリエーション。 それぞれ費用も明記されているので、 「こういう外壁色ならこのくらいの金額か」と目安をつけやすいのではないでしょうか。 「Case0089」ではへーベルハウスの実例も紹介されています。 Before画像では、白ベースでちょっと薄汚れてしまったような印象すら受けてしまいますが、ちょっとベージュ(というよりイエローでしょうか?)っぽい外壁色にすることで建物全体に温かみを感じる仕上がりになっていますね。 この色なら、経年劣化もあまり気にならないのではないかと感じます。 外壁の汚れや劣化が気になる方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 オプションで付けられるコーディングについて紹介しています。

次の