ギガゴリwifi クーポン。 大学生の一人暮らしはWiFiが必需品。2,000円台で使える格安ポケットWiFi

3日制限なしのポケットWiFi、データSIMまとめ。WiMAXよりこっちの方が使いやすい!?

ギガゴリwifi クーポン

FUJI WiFiクーポンコードとは FUJI WiFiではWiFi端末がセットとなった「ルータープラン」と自分で用意したスマホやWiFi端末に差し込む「SIMプラン」の2つがあります。 クーポンにより【初期費用が無料】と【契約中ずっと500円割引】になります。 FUJI WiFiクーポンコード利用で割引となるルータープラン ルータープランでは端末が貸出となります。 FUJI WiFiクーポンコード利用で割引となるSIMプラン SIMのみプランはSIMのみが提供されます。 自分のスマホやSIMフリーのWi-Fiルーターに差し込みして使います。 ルーターの貸出がありませんので、ルータープランよりも更に月額料金が安くなります。 プラン 基本料金 割引料金 200GBプラン 3480円 2980円 100GBプラン 2980円 2480円 50GBプラン 2480円 1980円 20GBプラン 1980円 1480円 データ容量無制限 いつでも快適利用 下り最大150. 0Mbps 上り最大50. 0Mbps 月ごとの通信制限や「1日3GB」「3日で10GB」使用すると制限がかかる 「ヘビーユーザー規制」はございません。 ギガ使い放題で、いつでも快適にご利用いただけます。 単月契約も可能となります。 ソフトバンク・au・ドコモ トリプルキャリア対応 FUJI Wifiのクラウドプランは、ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリアに対応しているため、利用できるエリアが非常に広く、快適に通信可能です。 スマートフォンやパソコンの料金を徹底的に抑えることが可能です。 国内だけでなく 海外どこでも1台でOK 今までは海外に行くたびにモバイルWiFiを契約するのが通例でしたが、FUJI Wifiのクラウドプランはそのままお持ちいただくだけで海外利用も可能です。

次の

FUJIwifiのメリット・デメリットと在庫状況など。FUJIwi

ギガゴリwifi クーポン

注意2020年6月追記:ギガゴリWiFiは 新規お申込み受付を停止とアナウンスしており、現在でも再開の目処は立っていないようです。 急ぎの方は他のクラウドSIMサービスのまとめ記事にて取扱状況を確認してください。 それが「ギガゴリWiFi」です。 ネーミングについては ギガがたくさん使えてお得で後ろにゴリラがいるのでそのまんまですね。 なんかキムタクみたいです。 最近ではやなどのLTE回線を使った大容量データが使えるポケットWiFiが人気になってきているのでそれに対応してのサービス展開でしょう。 ギガゴリWiFiの料金プラン ギガゴリWiFiは3つのプランが用意されており、無制限で使い放題のプランは現在準備中となっています。 とにかく20ギガ、30ギガのデータ容量で足りる方はポケットWiFi端末も無料で使えると考えれば最安値となります。 とにかく、スマホのパケットプランで高い料金を払っている方にはすごくおすすめできますね。 バッテリーは意外に長持ちする、コスパが良いなどの高評価がも多いですが、一部では不満もあるようですが、トータルでみるとW06よりは良い印象です。 端末機種名 FS030W Speed Wi-Fi NEXT W06 下り通信速度 150Mbps 1. 確かに短期間に多くの通信データの利用をさせないための対策なのでこの制限がないのはギガゴリWiFiの利点ですね。 WiFiサービス業者別 直近の制限 1日2GBまで 3日10GBまで ギガゴリWiFi なし 同じようなたくさんのデータ通信ができるWiFiサービスと比較しても直近のデータ通信容量に制限を設けていないのは精神的にも余裕があると思います。 ギガゴリWiFiの契約期間について ギガゴリWiFiは1年間の自動更新での契約となるので1年間使ったあとに解約金不要で解除を行うことができます。 ただし無料で解約できる期間が設定されているので注意が必要です。 契約期間 解約金 初月〜12ヶ月 18,000円 13ヶ月目の更新月 無料 14〜24ヶ月 8,000円 25ヶ月目の更新月 無料 26ヶ月〜 8,000円 これはよくある契約期間と解約金の設定なので利用するなら頭の片隅においておきましょう。 とにかく1年後に解約する場合は13ヶ月目が無料となりますが、契約期間についていつでもマイページでチェックすることができます。 ギガゴリWiFiのメリットとデメリット ギガゴリWiFiのサービス概要をひととおり説明しましたが、ここでデメリットとメリットをまとめてみました。 ギガゴリWiFiのデメリット• 端末は返却が必要• 3年目から料金が高くなる• 支払い方法は現在はクレジットカードのみ デメリットは2年契約で利用するなら良いですが、続けて継続して利用するなら3年目にどのプランであっても毎月500円値上げしてしまいます。 また契約して利用できるFS030Wの端末は返却が必須となるので、解約後に再利用というわけにはいきません。 もしも端末の再利用も検討しているといことなら、NEXTモバイルは端末も2年使えば自分のものになるのでおすすめできます。 👉する また支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替の支払いは準備中となっていますが、もしも開始されたとしても 初期手数の2万円が発生するので正直期待できません。 もしも口座振替の支払いで利用したいなら他の手数料がかからないNEXTモバイル(20、30GBプランのみ対象)をおすすめします。 ギガゴリWiFiのメリット• 2年間の料金は激安• 契約期間が1年で短くて良い 逆に考えるとこのデメリットはメリットにもなり、短期で利用できる安いWiFiを探しているという方にはギガゴリWiFiが1番おすすめできます。 単身赴任の方や学生の方などある程度の期間だけの利用を考えているならコストパフォーマンスは非常に良いので前向きに検討する価値はあります。 👉する ギガゴリWiFiとライバル他社を比較 ギガゴリWiFiは今回LTE回線を使い放題で利用できるWiFiプランが各社から増えたことから開始された新たなサービスです。 現時点で有名所となるライバル業者と比較してみました。 どんなときもWiFiとの比較 ギガゴリWiFi どんなときもWiFi 初期費用 3,000円 プラン月額 20GB: 2,350円 (3年目〜2,850円) 30GB: 2,650円 (3年目〜3,100円) 50GB超え: 3,050円 (3年目〜3,500円) 使い放題: 3,480円 (3年目〜3,980円) 直近3日の制限 なし 最大下り速度 150Mbps 契約期間 1年 2年 同時接続台数 15台 5台 海外通信 不可能 可能 今話題のと比較してみるとギガゴリWiFiは50GB超えの使い放題がなくなってしまったと考えると使い放題ならどんなときもWiFiがおすすめです。 そして30GBまでのパケットデータ容量の利用範囲ならギガゴリWiFiのほうが安くなりますね。 ただし、どんなときもWiFiは同時接続ができる台数が5台と少ないので、家族や兄弟などとシェアして使うなら同時接続が15台のFS030Wが利用できるギガゴリWiFiの方が接続できる端末数に余裕がありますね。 NEXTモバイルとの比較 ギガゴリWiFi NEXTモバイル 初期費用 3,000円 プラン月額 20GB:2,350円 (3年目〜2,850円) 30GB:2,650円 (2年目〜3,100円) 50GB超え:3,050円 (2年目〜3,500円) 20GB:2,400円 30GB:2,700円 使い放題:3,100円 直近3日の制限 なし 最大下り速度 150Mbps 契約期間 1年 2年 同時接続台数 15台 解約時端末返却 返却必要 返却不要 海外通信 不可能 またNEXTモバイルと比較してみるとギガゴリWiFiは完全に意識した料金プランになっています。

次の

【全17社】現在申し込み可能な完全無制限WiFi(クラウドSIM) 在庫状況まとめ

ギガゴリwifi クーポン

引越し時にお世話になったモバイルWiFiルーター。 外出時はもちろん、自宅の固定回線代わりに大活躍。 長期間は利用するつもりがなかったのでレンタルにしました。 借りたのはWiMAXのモバイルWiFiルーター。 通信速度は問題ありませんでしたが、固定回線代わりとして使うには「3日間で10GB」の通信制限に気を使わなければなりません。 ある日突然のOSアップデートで、大量のデータを消費することがあります。 今は、 LTE回線が制限なしに利用できるレンタルプランもあります。 固定回線代わりにモバイルWiFiルーターを利用するなら、この無制限プランは最適です。 レンタルなら月単位での契約が可能です。 2年契約をすれば、さらにお得な料金で使えます。 「レンタルは割高」なイメージがありますが、モバイルWiFiルーターはそうでもありません。 むしろレンタルの方が安いぐらい。 レンタルといえども、利用する回線はキャリア回線そのもの。 安定した高速通信が見込めます。 どちらも月間利用量は無制限ですが、 3日間で10GBを超えると 速度制限がかかります。 端末代金は別途必要です。 ここから紹介するのは「モバイルWi-Fiルーター」のレンタルです。 格安SIMのMVNO回線ではなく、高速かつ繋がりやすいキャリア回線。 月間100GB以上のデータ量が利用できます。 以下、契約期間(縛り)の有り無し別で紹介します。 契約期間・縛りなしポケットWiFiのレンタル 月単位契約、100GBまたは無制限に利用できるレンタルプラン。 端末込みです。 12ヶ月目まで:18,000円• 13〜24ヶ月目:12,000円• ソフトバンク回線専用「Pocket WiFi」• SIMロックフリー「FS030W」• 5時間 連続待受時間:約850時間 バッテリー:2400mAh 602HWはSoftbankから法人向けに提供されています。 端末単体でAmazonサイトからも購入できます。 4GHz 同時接続数:5台 連続通信時間:最大13時間 バッテリー: 3,500mAh ドコモ、au、Softbankの回線に対応。 端末単体でAmazonサイトからも購入できます。 WiMAX・モバイルWiFiルーターのレンタル WiMAX回線のレンタルプランは別記事で紹介しています。 モバイルWiFiのレンタル会社 レンタル会社別のまとめ ギガゴリWiFi 月額料金• 25Gプラン:2,480円• 50Gプラン:2,980円• 100Gクラウドプラン:3,480円• 快適クラウドプラン:3,980円 3,6,12ヶ月分まとめて支払うと料金がお得になります。 めっちゃWi-Fi 契約事務手数料:2,980円 端末新規登録料:4,980円 契約期間なし レンタル端末:FS030W,601HW,602HW,他 端末込みプラン:月額 4,480円 割引クーポン利用で3,680円に割引 利用期間12ヶ月毎時に、12ヶ月目の月額利用料金が返金されます。 まとめ スマホ決済「 〇〇 pay」のように、「 〇〇 WiFi」と名のつくモバイルWiFi・レンタルサービスが増えてきました。 これらのサービスを提供するのは、設立間もない、資本金を公表していない会社が多いです。 会社の規模や実情がまったく把握できません。 会社の規模が小さければ、その分、十分なサポートは期待できません。 昨今、無制限通信プランの障害も増えています。 月額料金の返金、契約解除料の免除などの対応が求められています。 少しでもリスクを減らしたい、迅速な対応を期待する場合は、レンタルで実績のある「 」、運営する会社または親会社の規模が大きい「 」あたりを選ぶのが無難かもしれません。

次の