レギュラ トリー サイエンス 学会。 レギュラトリーサイエンスとは?

レギュラトリーサイエンスとは?

レギュラ トリー サイエンス 学会

今後10年程度を見通して取り組むべき研究開発の重点目標と推進施策を定める「」(平成27年3月31日農林水産技術会議決定)が策定されたことから、本研究基本計画に基づき、行政施策・措置の検討・判断に利用できる科学的知見を得るための研究(レギュラトリーサイエンスに属する研究)を更に充実・強化するため、新たなを策定しました(平成27年6月19日公表)。 レギュラトリーサイエンスには、 ア 行政施策・措置の検討・判断に利用できる科学的知見を得るための研究(Regulatory Research)、 イ 科学的知見に基づいて施策を決定する行政(Regulatory Affairs)の両方が含まれます。 (アメリカ医薬品科学者会議の資料を改編) 行政施策・措置の検討・判断のために必要としている研究に対する研究者及び研究機関の理解を深めるため、レギュラトリーサイエンス研究推進計画では、農林水産省が必要とするレギュラトリーサイエンスに属する研究をにまとめています。 本別表は、国内外の情勢変化等に対応していくため、科学論文等により研究の実施状況を把握し、少なくとも1年ごとに見直しを行っています。 現在掲載している別表は、平成31年4月1日に公表したものです。 別表に掲載している研究課題に関する情報(研究実績に関する情報(論文、海外の情報)、現場に導入する観点からの意見等)、別表に位置づけることがふさわしい新規課題の提案がありましたら、から情報等をお寄せください。 2 食品安全、動物衛生、植物防疫等の分野において、適切なリスク管理措置等を講じるため、法令・基準・規則等の行政施策・措置の決定に必要な科学的知見を得るため、「」 (注) を実施しています。 農林水産技術会議事務局の委託プロジェクト研究(戦略的プロジェクト研究推進事業)で実施している食品安全及び動物衛生の課題について、令和2年度以降、「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」のうち「課題解決型プロジェクト研究」に組み替えて実施します。 また、「安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業」は、令和2年度以降、「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」のうち「短期課題解決型研究」に組み替えて実施します。 (注)及びの後継事業•

次の

10月1日にエキスパート研修会専門コース「統計ガイドライン(補遺):ICHE9(R1)のインパクト―Estimandが臨床試験(治験)の計画と実施に及ぼす影響」 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団|薬事日報ウェブサイト

レギュラ トリー サイエンス 学会

2018. 会見には菊地理事長や中野壮陛専務理事、新見裕一常務理事、林茂事務局長らが出席し、3年前の設立30周年時に立案した『中期経営計画』の達成状況などを発表した。 新事務所で各種事業を充実、強化 会見で菊池理事長は「当センターは3年前に設立30周年を迎えたが、その時に5年間の中期経営計画を策定した。 今年度は中期経営計画の3年目の折り返し地点にあたる。 中期経営計画ではこれまでの事業を継承しながら、かつ時代の要請に応じ、日本の医療機器の振興をより高めるため、新しい事業にも取り組んでいる」と中期経営計画を着実に推進していることを明かした。 事務所を移転したことにふれては「中期経営計画を実現するため、職員間のコミュニケーション向上や、業務の効率化、お客さまとの相談・打ち合わせスペース拡充を目的に、事務所移転を計画し、7月9日に新事務所に移転した。 物件探しに苦労したが、前事務所と同じ本郷の地に新事務所を構えることができ安堵している」と述べ、新事務所移転を機にさらなる発展を祈念した。 新しい事業については「就活生向け医療機器産業の情報サイト『医機なび』を6月に開設した。 医療機器産業を基幹産業の1つにしよう、という政府の方向もあり、優秀な人材を集めるため、就活生向けに医療機器産業全体の魅力を正確に伝えていく。 これは1企業ではできないことなので、業界企業からは好評を得ている。 また、日本医療研究開発機構(AMED)の『若手研究者向け医療機器事業化サポート機関』として当センターが採択(7月13日付け)された。 医療機器を開発してもなかなか上市できない現状や、産業側に市場を熟知した開発者が育っていないなどの課題もあることから、開発から上市までの知識やノウハウの習得を目的に、若手研究者の人材育成を行っていく」と説明した。 国際交流活動では米国のAdvaMedやAAMIの主催のカンファレンスに研究員を派遣し、情報収集と交流を図ってきた。 一方、認証事業ではやさしく、ていねいな対応による短期間での認証取得をめざし、無料面談・企業訪問や、無料説明会を実施した。 認証実績は平成 28年度が41件、平成29年度が43件となる」と説明した。 助成金は1件あたり50万円で、平成29年度に採択した4件は8月下旬に公開する予定だ」と語った。 また、新設の医療機器・社会経済研究会に関しては「今後ますます重要な役割を担う医療機器やICT技術について、社会経済面からの実証実験を推進するため、研究者間の交流の場として、医療機器・社会経済研究会を設置した。 特に若手研究者が医療機器について学び、医療機器に関する実証実験を行うことを支援している。 同研究会は2か月に1回開催しており、1回あたり約20名が参加している」とした。 公募型リサーチペーパーと医療機器・社会経済研究会の活動は車の両輪で、相乗効果により若手研究者の育成が強化されることで、政策提言活動も充実してくることが期待される。 「医療機器産業における初任者研修や開発人材育成、コーディネータ養成、中小医療機関向け医療安全人材育成のための研修事業などを実施していく」とし、平成31年の1月に東京で『医療機器の開発実務者育成セミナー』、同2月に東京と大阪で『医療機器品質管理監督システム(QMS)入門講座』を開講すると予告した。 今後は医療機器団体の協力を得ながら長期的に発展させていきたい」と説いた。 若手研究者を育て開発支援 一方、AMEDの『若手研究者向け医療機器事業化サポート機関』に採択されたことについては「AMEDが採用する5名ほどの若手研究者の医療機器の開発をサポートしていく。 NEWS カテゴリー• 129• 167• 4 NEWS タグ•

次の

新作人気 TRUSCO/トラスコ中山 【代引不可】M3型中量棚 1500X921XH1200 4段 連結 ネオグレー M3

レギュラ トリー サイエンス 学会

今後10年程度を見通して取り組むべき研究開発の重点目標と推進施策を定める「」(平成27年3月31日農林水産技術会議決定)が策定されたことから、本研究基本計画に基づき、行政施策・措置の検討・判断に利用できる科学的知見を得るための研究(レギュラトリーサイエンスに属する研究)を更に充実・強化するため、新たなを策定しました(平成27年6月19日公表)。 レギュラトリーサイエンスには、 ア 行政施策・措置の検討・判断に利用できる科学的知見を得るための研究(Regulatory Research)、 イ 科学的知見に基づいて施策を決定する行政(Regulatory Affairs)の両方が含まれます。 (アメリカ医薬品科学者会議の資料を改編) 行政施策・措置の検討・判断のために必要としている研究に対する研究者及び研究機関の理解を深めるため、レギュラトリーサイエンス研究推進計画では、農林水産省が必要とするレギュラトリーサイエンスに属する研究をにまとめています。 本別表は、国内外の情勢変化等に対応していくため、科学論文等により研究の実施状況を把握し、少なくとも1年ごとに見直しを行っています。 現在掲載している別表は、平成31年4月1日に公表したものです。 別表に掲載している研究課題に関する情報(研究実績に関する情報(論文、海外の情報)、現場に導入する観点からの意見等)、別表に位置づけることがふさわしい新規課題の提案がありましたら、から情報等をお寄せください。 2 食品安全、動物衛生、植物防疫等の分野において、適切なリスク管理措置等を講じるため、法令・基準・規則等の行政施策・措置の決定に必要な科学的知見を得るため、「」 (注) を実施しています。 農林水産技術会議事務局の委託プロジェクト研究(戦略的プロジェクト研究推進事業)で実施している食品安全及び動物衛生の課題について、令和2年度以降、「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」のうち「課題解決型プロジェクト研究」に組み替えて実施します。 また、「安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業」は、令和2年度以降、「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」のうち「短期課題解決型研究」に組み替えて実施します。 (注)及びの後継事業•

次の