エタノール エチル アルコール 違い。 エタノール

アルコール,エタノール,エチルアルコール,酒精の違いは?

エタノール エチル アルコール 違い

エタノール(エチルアルコール)とは 一般的にはアルコールと呼ばれていますが、国際化学命名法ではエチルアルコールと呼ばれる、無色透明で揮発性の液体です。 飲用や医薬品用の多くはサトウキビなどからアルコール発酵法で作られますが、工業用の多くはエチレンから有機合成法で作られたものか、エタノールにメタノールやイソプロパノールを配合した変性アルコールです。 化粧品に使用されるエタノールも変性アルコールであることがほとんどですが、メタノールは使用せず、イソプロパノールを配合しているものが多いです。 これら変性アルコールも「エタノール」として表示することが可能です。 エタノール(エチルアルコール)の特徴 エタノールは、正式には無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールに分類されますが、これは純度の違いによるもので、• 無水エタノール:濃度99. エタノール:濃度95. 消毒用エタノール:濃度76. 化粧品に配合される場合は、精製水を加えて必要な濃度に調整して化粧品や香水の溶剤などに用いたり、ベタつきを軽減させて爽快な使い心地にしたり、香りが立ちやすくなるので基剤として用いることが多いです。 エタノール(エチルアルコール)の安全性 皮膚刺激性について ウサギに4時間ばく露した試験 OECD TG 404 において、適用1および24時間後の紅斑の平均スコアが1. 0、その他の時点では紅斑及び浮腫の平均スコアは全て0. 0であり、「刺激性なし」の評価SIDS 2005 に基づき、区分外とした。 アルコールアレルギーだからエタノールで刺激を感じるのではないかという不安のある方も少なくないと思いますが、刺激の感じる人の多くの場合は、アルコールアレルギーではなく以下の2つのケースがほとんどとされています。 エタノール濃度の高い化粧品を使っている• 眼刺激性について ウサギを用いた2つのDraize試験 OECD TG 405 において、中等度の刺激性と評価されている SIDS 2005。 このうち、1つの試験では、所見として角膜混濁、虹彩炎、結膜発赤、結膜浮腫がみられ、第1日の平均スコアが角膜混濁で1以上、結膜発赤で2以上であり、かつほとんどの所見が7日以内に回復した ECETOC TR 48 2 1998 ことから、区分2Bに分類した。 アレルギー性について ヒトでは、アルコールに対するアレルギー反応による接触皮膚炎等の症例報告がある DFGOT vol. 12 vol. 12 1999 との記述があるが、「ヒトでは他の一級または二級アルコールとの交叉反応性がみられる場合があること、動物試験で有意の皮膚感作性はみられないことにより、エタノールに皮膚感作性ありとする十分なデータがない」 SIDS 2005 、DFGOT vol. 12 vol. 12 1999 の記述に基づきデータ不足のため分類できないとした。

次の

エタノール

エタノール エチル アルコール 違い

エタノールは異名を持つアルコールの一種でお酒 メチルアルコール、イソプロピルアルコール、そしてエチルアルコールなどの物質を総じてアルコールと呼びます。 ミクロの世界で言うと、中心となっている炭素原子の数によって種類が異なってきます。 おや?エタノールは?と思いますよね。 エタノールの異名 エチルアルコールがエタノールなのです。 つまり、別名です。 またの名をエチルハイドレート、酒精とも言います。 「アルコールさんとこのエタノール君ったらエチルアルコールという通り名を持っていて、一部ではエチルハイドレートって呼ばれているみたいなのよ」 「あらやだ、こっちでは酒精(しゅせい)って聞いたわよ」 ということです。 そうです。 世界に広く知れ渡っているお酒の「アルコール」が「エタノール」なのです。 スポンサードリンク エタノールはアルコール 化学の世界で初めてエタノールがアルコールだと認められたことから、一般で「アルコール」と言えば「エタノール」のことを指すようになりました。 映画か何かで消毒薬代わりに強めのお酒を使うのも、このためです。 酔っぱらってしまう以外に、人体には悪影響のない物質なのです。 お酒に似せてはいるけれどもアルコールの入っていない飲料を「ノンアルコール」と言いますよね。 化粧品やウェットティッシュで表記されている「ノンアルコール」や「アルコールフリー」も同じことなのです。 と言っても、 市販されている消毒用エタノールは飲めるのかと聞かれれば、いいえと即答しましょう。 こちらには飲み込んでしまったら内臓などを傷付けてしまう刺激物のような添加剤が含まれているので安全ではないのです。 用法をきちんと守りましょう。 ちなみに、先程上げた化粧品とウェットティッシュですが、「ノンアルコール」と書かれていても、体質によっては安心できません。 フェノキシエタノールという成分に注意して下さい。 名前から察せられるように、アルコールの仲間ではあるのですが性質としては全くの別物なので、アルコールとは違った扱いを受けています。 体質や肌の状態によってはヒリヒリとした痛みなどを発生させる刺激物となってしまいます。 まとめ 確かにアルコールとエタノールは同じものと言えます。 しかし、細かい所をつつけば、アルコールは必ずしもエタノールだけを指すとは限らなくなってきます。 あくまでも「アルコールさんとこのエタノール君」の扱いで、他にも兄弟のような仲間がいるのです。 そのため、場合によっては「アルコールはエタノール」、または「アルコールがエタノール」という言い方は間違いになってしまうので注意しましょう。 一言付け加えるなら「アルコールの一種は(が)エタノール」ですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

エタノールはアルコール? 違いはない?

エタノール エチル アルコール 違い

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の