メギド 72 twitter。 先輩ソロモン王、優しすぎます…!『メギド72』愛爆発の「勝算がある」初心者向けアドバイスが集まった【アンケート】

メギド72攻略wiki

メギド 72 twitter

絶望を希望に変えるスマートフォンRPG『メギド72』は、戦略の幅が広い特許取得のバトルシステムと、史実のソロモン王が従えたという72柱の悪魔らをモチーフにした個性豊かなメギドたちが醍醐味。 リリースから1周年が過ぎ、リアルイベントやTVCM放送など、ゲーム内に留まらない広がりを見せています。 本作を知る人が増えた一方で、興味を持ったものの、「ストーリーが重そう」「バトルが難しそう」といったプレイするのにハードルを感じている人もいるのではないでしょうか。 今回のアンケートは1人3個選択できる10個の選択と自由回答を用意。 回答数は308で男女比は41. 9%、女性54. 2%、その他3. 9%で、年齢層は20代(60. 7%)が最多数、2位は30代(25%)、3位は19歳まで(10. 7%)、4位は40代(3. 3%)、5位は50代(0. 3%)でした。 男性メギドと女性メギド共に魅力的なのもあって、男女比がおよそ半分という結果となりました。 それではさっそく、優しい先輩ソロモン王のアドバイスを見ていきましょう!熱いコメントもいただきましたので、そちらもご紹介していきます。 5% 本作は登場するメギドが多い分、育成が捗りやすいようにストーリークエスト以外でも必要な素材が手に入りやすくなっています。 イベントクエスト、曜日クエスト、メギドの塔探索…など充実している中でも手軽で嬉しいのがゴルドショップ。 攻略チケットやSTドリンクに加え、各種育成素材(贈り物)がランダムにラインナップされます。 通常は6時間ごとに更新されるのですが、5000ゴルド支払うことですぐに更新して育成素材(贈り物)を補充可能。 3% メギドの育成素材にはストーリーやイベントクエストだけでなく、様々なメギドと戦える「メギドクエスト」でしか入手できないものも多くあります。 こちらは月~土曜日ごとに開催され、戦えるメギドが決まっていますが、平日に「呼び鈴」を使用すると、1日1回1時間だけ、開催していないメギドクエストにチャレンジできます。 「呼び鈴」以外で開放するとなると魔宝石を消費するしかありません。 しかし、日曜日には全曜日のクエストが開放されるので、攻略チケットやSTドリンクを溜め込んで素材のドロップ率が2倍になるボーナスタイムに集中的に攻略すると育成が捗ります。 0% 本作は大変個性的かつ、独特な感性を持ったメギドが多数登場。 ストーリーだけでは推しメギドの活躍が見足りないという人のために、各メギドのサイドストーリーがしっかり準備されています。 曜日クエストやイベントクエストなどで入手できる「記憶の欠片」を使ってどんどんストーリーを開放しましょう。 先輩ソロモン王のコメント ・「キャラごとのストーリーも充実しているので、ぜひともお気に入りのキャラを見つけてほしいですね!」 ・「ストーリーを進めていくうちに引き込まれて、メギドストーリーを読んでいくうちにお気に入りのキャラが出てくるかも知れません。 私はその口でした 笑 」 ・「メギド毎に用意されているサイドストーリーが面白く、メギドに対してとても愛着がわきます。 5% 本作は痒いところに手が届く親切設計。 バトルのオートモード、演出スキップだけでなく、攻略チケットを使うことでバトルを省略して経験値とリザルトアイテムを獲得できる、などなど。 中でも本当に助かるのが、メギドごとに必要な育成素材が「どのクエストでドロップするのか」を教えてくれることです。 「このメギドはいまこれが足りないのか」とひと目でわかるので、育成に取り組むモチベーションが自然と湧いてきます。 2% 本作では、悪魔をモチーフにしたメギドが住むメギドラルと、天使をモチーフにしたハルマニアの直接対決「ハルマゲドン」が迫る中、追放されて人間(ヴィータ)が住む世界にやってきたメギドと一緒に世界救済の旅を続けるソロモン王の活躍が描かれます。 ほぼ毎回、考えられる限り最悪な窮地に陥るソロモン王ですが、お決まりのセリフ「勝算はある!」からBGMもガラッと変わって事態を好転させるという、ハラハラドキドキかつカタルシスが味わえる王道的なストーリーが多くのプレイヤーに支持されています。 先輩ソロモン王のコメント ・「『メギド72』の魅力の一つはメインストーリーやキャラストーリーだと思っています! 読み応えのあるメインストーリー群はもちろん、 悪魔であるメギドたちが、人間であるヴィータのモブキャラクターと色々な関係を築いたり 異世界の文化に心動かされたりと キャラクターの在り方や変化を美しくも時には残酷に表現しているのが 『メギド72』らしさだと思います」 ・「ひとりひとりが、ゲームにおけるただのユニットではなく、ひとりの人間のように描かれているため、非常に親身に感じることができる。 親近感が湧く。 そのうえ、実は人間ではなく悪魔である、と認識させられる個性や本来メギド体などのギャップにより、キャラクターの魅力にどっっぷり浸ることができる」 ・「2章までは詰まっても公式の攻略サイトがわかりやすく打開策を解説してくれるので心配はいりません。 また、メギドはシナリオに力が入っている作品ですので是非スキップなしでじっくり本編を読むことをお勧めします」 ・「メインストーリー3章までは世界観説明が中心なので冗長に思えるかもしれません。 それを耐えて進め5章を終えた頃、あの冗長に思えたシナリオを読み返そうかなって気持ちになります。 私がそうでした」 ・「三章を超えたあたりで物語が加速していくので、できればそのあたりまではやってみてほしい」 ・「容赦のなさと救いのなさにかけては天下一品のストーリー!」 もっと教えて!先輩ソロモン王! 《乃木章》.

次の

先輩ソロモン王、優しすぎます…!『メギド72』愛爆発の「勝算がある」初心者向けアドバイスが集まった【アンケート】

メギド 72 twitter

絶望を希望に変えるスマートフォンRPG『メギド72』は、戦略の幅が広い特許取得のバトルシステムと、史実のソロモン王が従えたという72柱の悪魔らをモチーフにした個性豊かなメギドたちが醍醐味。 リリースから1周年が過ぎ、リアルイベントやTVCM放送など、ゲーム内に留まらない広がりを見せています。 本作を知る人が増えた一方で、興味を持ったものの、「ストーリーが重そう」「バトルが難しそう」といったプレイするのにハードルを感じている人もいるのではないでしょうか。 今回のアンケートは1人3個選択できる10個の選択と自由回答を用意。 回答数は308で男女比は41. 9%、女性54. 2%、その他3. 9%で、年齢層は20代(60. 7%)が最多数、2位は30代(25%)、3位は19歳まで(10. 7%)、4位は40代(3. 3%)、5位は50代(0. 3%)でした。 男性メギドと女性メギド共に魅力的なのもあって、男女比がおよそ半分という結果となりました。 それではさっそく、優しい先輩ソロモン王のアドバイスを見ていきましょう!熱いコメントもいただきましたので、そちらもご紹介していきます。 5% 本作は登場するメギドが多い分、育成が捗りやすいようにストーリークエスト以外でも必要な素材が手に入りやすくなっています。 イベントクエスト、曜日クエスト、メギドの塔探索…など充実している中でも手軽で嬉しいのがゴルドショップ。 攻略チケットやSTドリンクに加え、各種育成素材(贈り物)がランダムにラインナップされます。 通常は6時間ごとに更新されるのですが、5000ゴルド支払うことですぐに更新して育成素材(贈り物)を補充可能。 3% メギドの育成素材にはストーリーやイベントクエストだけでなく、様々なメギドと戦える「メギドクエスト」でしか入手できないものも多くあります。 こちらは月~土曜日ごとに開催され、戦えるメギドが決まっていますが、平日に「呼び鈴」を使用すると、1日1回1時間だけ、開催していないメギドクエストにチャレンジできます。 「呼び鈴」以外で開放するとなると魔宝石を消費するしかありません。 しかし、日曜日には全曜日のクエストが開放されるので、攻略チケットやSTドリンクを溜め込んで素材のドロップ率が2倍になるボーナスタイムに集中的に攻略すると育成が捗ります。 0% 本作は大変個性的かつ、独特な感性を持ったメギドが多数登場。 ストーリーだけでは推しメギドの活躍が見足りないという人のために、各メギドのサイドストーリーがしっかり準備されています。 曜日クエストやイベントクエストなどで入手できる「記憶の欠片」を使ってどんどんストーリーを開放しましょう。 先輩ソロモン王のコメント ・「キャラごとのストーリーも充実しているので、ぜひともお気に入りのキャラを見つけてほしいですね!」 ・「ストーリーを進めていくうちに引き込まれて、メギドストーリーを読んでいくうちにお気に入りのキャラが出てくるかも知れません。 私はその口でした 笑 」 ・「メギド毎に用意されているサイドストーリーが面白く、メギドに対してとても愛着がわきます。 5% 本作は痒いところに手が届く親切設計。 バトルのオートモード、演出スキップだけでなく、攻略チケットを使うことでバトルを省略して経験値とリザルトアイテムを獲得できる、などなど。 中でも本当に助かるのが、メギドごとに必要な育成素材が「どのクエストでドロップするのか」を教えてくれることです。 「このメギドはいまこれが足りないのか」とひと目でわかるので、育成に取り組むモチベーションが自然と湧いてきます。 2% 本作では、悪魔をモチーフにしたメギドが住むメギドラルと、天使をモチーフにしたハルマニアの直接対決「ハルマゲドン」が迫る中、追放されて人間(ヴィータ)が住む世界にやってきたメギドと一緒に世界救済の旅を続けるソロモン王の活躍が描かれます。 ほぼ毎回、考えられる限り最悪な窮地に陥るソロモン王ですが、お決まりのセリフ「勝算はある!」からBGMもガラッと変わって事態を好転させるという、ハラハラドキドキかつカタルシスが味わえる王道的なストーリーが多くのプレイヤーに支持されています。 先輩ソロモン王のコメント ・「『メギド72』の魅力の一つはメインストーリーやキャラストーリーだと思っています! 読み応えのあるメインストーリー群はもちろん、 悪魔であるメギドたちが、人間であるヴィータのモブキャラクターと色々な関係を築いたり 異世界の文化に心動かされたりと キャラクターの在り方や変化を美しくも時には残酷に表現しているのが 『メギド72』らしさだと思います」 ・「ひとりひとりが、ゲームにおけるただのユニットではなく、ひとりの人間のように描かれているため、非常に親身に感じることができる。 親近感が湧く。 そのうえ、実は人間ではなく悪魔である、と認識させられる個性や本来メギド体などのギャップにより、キャラクターの魅力にどっっぷり浸ることができる」 ・「2章までは詰まっても公式の攻略サイトがわかりやすく打開策を解説してくれるので心配はいりません。 また、メギドはシナリオに力が入っている作品ですので是非スキップなしでじっくり本編を読むことをお勧めします」 ・「メインストーリー3章までは世界観説明が中心なので冗長に思えるかもしれません。 それを耐えて進め5章を終えた頃、あの冗長に思えたシナリオを読み返そうかなって気持ちになります。 私がそうでした」 ・「三章を超えたあたりで物語が加速していくので、できればそのあたりまではやってみてほしい」 ・「容赦のなさと救いのなさにかけては天下一品のストーリー!」 もっと教えて!先輩ソロモン王! 《乃木章》.

次の

【メギド72】スイパラコラボメニューが狂気

メギド 72 twitter

更新履歴 []• ホワイトとグレーの線引きは困難 [] 説明のためにあえて単純化させていただくと、すべてのコメントは明確に問題のある「ブラック」、 まったく問題のない「ホワイト」、どちらとも言えない「グレー」の3種に属していることになります。 もし、これが「ブラックなのか、グレーの範疇なのか」という話であれば、において決を採るのが当wikiでのルールとなります。 しかしながら「ホワイトかグレーか」という話の場合では、その線引きは個人による感覚の差が非常に大きいものです。 たとえばですが、当wikiでは(にもありますように)ゲームの改善希望点に関する話題を禁止はしておりません。 よって「性能面でこうであったならば」といったコメント自体は本来は問題ないものです。 ただ、それを読んだ方によっては「自分の好きなキャラクターに対してネガティブな発言である」と捉えてしまう場合もあります。 どこからそう感じるかはwikiを利用される人の数だけあり、厳密な線引きというのはおそらく不可能です。 また、こうした「ホワイトなのか、グレーなのか」という話の場合、 ホワイトの範疇が人によって違うために、お互いが正義(これがホワイトである)をふりかざして意見を衝突させてしまいます。 どちらにも悪意がないにもかかわらず、です。 また自身に正義があると考えてしまうことで、注意や警告の言葉も、若干強い調子になってしまう場合もあります。 これを避けるには、 お互いがお互いの立場を少しずつ許容するということが重要かと思います。 「この程度は問題ない」と考えていた方は「これで嫌だと感じる人もいるので以後は表現にもっと気をつけよう」と、 「これは問題がある」と考えていた方は「過剰に反応しすぎていた・悪意が背景にあるものではないかもしれない」と、 互いに少しずつ認識をあらためていただければ幸いです。 無論だからといって、なにかしらの問題のある投稿を推奨するものでは まったくありません。 その投稿が明らかに多くの人の感情を害していると思われる場合、 あるいは投稿自体はグレーであっても、返信等の流れによって、木・枝全体がブラックなものに変わってしまっているような場合には 迷わずをご利用ください。 議論の前提に注意する [] もう一点は、とくに編成・性能などの具体的な議論の際に注意していただきたいのですが、 その議論の前提についてなるべく意識していただければ幸いです。 また直接の選択肢にはありませんが、配布中心であったり、特定のキャラを活躍させるためであったり、 あるいはフェイタルブレードするためであったりと、他にも様々な前提があります。 しかし通常コメント欄で議論が行われる場合、こうした前提のすれ違いがたまに見受けられます。 たとえば「ロマン運用を目的としたもの」と「実用的運用を目的としたもの」で話がすれ違っている、といったケースです。 この場合、前提がずれているために建設的な議論への発展が難しいです。 こうした問題を避けるため、コメントの際には 相手の話の前提をなるべく推測するようお願いいたします。

次の