申し出 類語。 「申し出」の敬語表現・申し出の使い方と例文・別の敬語表現例

ビジネスにおける申し出の使い方と類義語 例文を交えての解説

申し出 類語

提案する行為 の意• 申しこみ• 申出で• 申しで• 提案される何か(例えば計画または仮説) の意• 申出で• 申しで (提案や入札など)提案した何か の意• 申出で• 申しで• 言葉による申し出 の意• 申出で• 申しで• 言葉による依頼 の意• 申しこみ• 言入れ• 申出で• 言い入れ• お願いごと• 申しいれ• 提案される考え の意• 提案する行為 の意• 申しこみ• 申出で• 申しで• 言葉による申し出 の意• 申出で• 申しで• 言葉による依頼 の意• 申しこみ• 言入れ• 申出で• 言い入れ• お願いごと• 申しいれ• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「申し出」に関連した英語例文の一覧と使い方

申し出 類語

「申し出」の意味の1つ目とは要望を意味する敬語表現です。 「申し出」はここで紹介するような要望が含まれない場合もありますが「お申し出」という表現の中に要望を示すニュアンスが含まれていることも少なくありません。 「お申し出」という表現は幅広く使われる表現になりますので使い分けを意識する必要があります。 例えば「必要な部数をお申し出ください」と言われれば部数の要望を伝える形になりますし「使用する用紙の型番をお申し出ください」と言われればその型番の要望を伝える形になります。 これらは「部数の申し出」「型番の申し出」と表現することもでき、「申し出」という言葉は様々な活用形において要望を示すことになります。 「申し出」は要望を伝えるだけではなく、要望のニュアンスが含まれない何かを伝える場合にも使われる敬語表現です。 そのため、「申し出」という言葉が使われる場合にはどのような要素が含まれる「申し出」なのかを見ていく必要があります。 例えば「名前を申し出る」という表現は相手に対して名前を伝えるニュアンスを示しますし、「出生日の申し出」という表現については生まれた日を伝える旨を意味しています。 このように「申し出」という言葉においては要望のニュアンスなのか伝達のニュアンスなのかを見極めつつ使う必要があります。 まず「申す」という言葉が「言う」の謙譲語に当たり、「出」という言葉を付けた内容になっていますので、「申し出」という言葉は謙譲語になるのです。 「申し上げる内容」を意味するのが「申し出」という表現になります。 「申し出」という言葉については、自分が申し出ることに対して使います。 相手に対して「件数の希望について申し出をお願いします」とは言いません。 「申す」が「言う」の謙譲語であることと、自分自身が相手に向けて言う内容を指していることを認識しておけば、謙譲語であるという認識を誤らずに済むでしょう。 「お申し出」については相手方がこちらに発信するものになります。 「お申し出をいただきました内容につきましては」という使い方をする表現であるため、相手の言ったことに敬意を表す表現であるため尊敬語になります。 こういった例は珍しいのできちんとそうなる理由を覚えておく必要があります。 例えば「お申し出差し上げる」といった、こちらが発信する内容について「お」を付けた表現は謙譲語にあたるのですが、「お申し出」の場合はそのような使い方はせず、相手の行為に対してのみ使う表現であるため尊敬語にあたります。 通常「お」と付ける場合、元が謙譲語であれば、謙譲語をさらに丁寧にした表現に該当するのですが「お申し出」については「申し出」を尊敬語表現にした言い回しになるので注意しましょう。 特殊な例になりますので、ここだけはしっかり押さえておくようにしましょう。 「ご所望」は要望を表す表現であり、「ご要望」よりも丁寧な言い回しです。 より丁寧な表現が必要なシーンでは「ご所望」という言葉を使うことでビジネス感が強い言い回しが叶うことでしょう。 「申し出」との使い分けをしていきたい表現です。 「申し出」とその類語を使いこなそう! 「申し出」「お申し出」「申し出る」の敬語の分類は非常に特殊な例であり注意が必要ですし、その類語についてはバリエーション豊富なため、使い方をマスターするには覚えることが多いかもしれませんが、これらを使いこなすことでビジネスでの表現力は飛躍的に向上することでしょう。 ここで紹介した表現を一つ漏らさず覚えて自分のものにして、ビジネスのシーンで飛躍するきっかけにしてもらえたらすごくうれしいです!•

次の

「お申し出」の意味と使い方・類語・例文・敬語表現・ビジネス

申し出 類語

「申し出」の意味と類似表現との意味の違い 「申し出」の意味は「希望や意見を申告すること」 「申し出(もうしで)」の意味は、「希望や意見などを相手に申告すること」または「そういった内容」です。 そのため、日常会話の中でなんとなく口にするのではなく、伝えようという意思のもと相手に伝えています。 「申し出」と「申し入れ」との違い 「申し入れ(もうしいれ)」の意味は、「希望や意見などを相手に伝えること」または「そういった内容」と「申し出」と同じです。 どちらもかしこまっている表現ですが、2つの言葉には以下のように対象となる相手に違いがあります。 「申す」の説明• 基本的な使い方はどの場面でも同じと覚えておくといいでしょう。 「申し出」は自分に対しても使える 「申し出」は自分よりも立場が上の人に使うという定義はありますが、とくに謙譲語・丁寧語ではありません。 そのため、何か要望などを申告する時は自分に対して使うこともできます。 「申し出」の敬語表現 「申し出」の敬語表現は「お申し出」 「申し出」を敬語表現にする場合は、尊敬を表す接頭語の『お』を付け加え「お申し出」とします。 この表現であれば、「何なりとお申し出ください」や「先方からのお申し出ですが」など、立場が上の人に対して使っても失礼にはなりません。 「お申し出」は自分には使わない 「お申し出」は相手への尊敬を表す接頭語がついているため尊敬語にあたります。 自分自身に使うと不自然なため、基本的に自分に対して使うことはありません。 「お申し出」の言い換え表現 「お申し出」には、以下のようにいくつか言い換え表現があります。 「お申し出」よりもかしこまった表現ではないので、使うシーンや申告したい内容にあわせて使い分けるといいでしょう。 ご要望(ごようぼう) 例)「先方から新商品を購入したいとご要望(お申し出)がありました」• ご提案(ごていあん) 例)「今朝、取引先から予算見直しのご提案(お申し出)をいただきました」• ご依頼(ごいらい) 例)「お客様より宿泊先変更のご依頼(お申し出)がありました」• ご忠告(ごちゅうこく) 例)「近隣の方々より、我が社の騒音についてご忠告(お申し出)がありました」 「お申し出」の例文• 「取引先からお申し出がありました」• 「何かご要望があれば何なりとお申し出くださいませ」• ほとんどの場合、「結婚の申し出」という意味で使われます。 使うシーンは他の類語に比べてだいぶ限定されますが、「申し出」にも同じ意味があるので類語と言えます。 「申し出」の英語表現 要求を意味する「申し出」なら「request」 日本語の「申し出」の意味をすべて網羅している英語表現は今のところありません。 そのため、申し出をしたい内容にあわせて使い分ける必要があります。 名詞としても動詞としても使えます。 注意したい点は、日本語の「プロポーズ」と違い使うシーンは結婚の申し出に限定されていません。 proposal :【名】結婚の申し出、プロポーズ、提案、計画 まとめ 「申し出」は、上司や取引先など自分よりも立場が上の人に対して使う言葉です。 自分の意思に基づいて要望や意見を伝えるときに使いますが、自分以外に対して使う場合は失礼がないよう「お申し出」と尊敬語の形をとる必要があります。 「申し出」はとてもかしこまっている表現なので、相手との関係性次第ではかしこまり過ぎない言い換え表現や類語など使うといいでしょう。

次の