バトオペ 2 ゼフィランサス。 インフォメーション

【バトオペ2】最新

バトオペ 2 ゼフィランサス

GPシリーズのために、せっせとンを何ヶ月も貯めてきました。 そして念願だったGPシリーズを手に入れたわけですが…• GP01より高機動型Lv3の方が強くない? GP01Lv1と同じ550コストの高機動型Lv3の下格で、GP02サイサリスに4000ダメージ入ります。 GP01は荒ぶる下格なので、いくらダメージが入っているのかわかりませんが、よろけ兵装のクールタイムや爆風の有無、ミリ削りしやすい副兵装の有無で高機動型Lv3の方が強いように思います。 高コスト帯はを主兵装にしている機体が多いですが、高機動型Lv3は耐ビームが26とGP01より6高いです。 機体HPはカスタムパーツ込みで2500ほど高いです。 攻撃面でも防御面でも、高機動型Lv3がGP01Lv1に負けているところはないのでは? 図体が大きいところくらいしか不利が見当たりません。 まあそれが大きなウィークポイントではあるんですけど。 高機動型とGP01のそれぞれの強み 高機動型• が豊富で手数が多い• HPが高い• 装甲が厚い• 専用ロケットランチャーのクールタイムが短い• 格闘が一段でカットされづらい• 追撃下格が入る GP01• 緊急回避Lv2 圧倒的じゃないか、高機動型は。 終わりに 同コストなら高レベル機体より低レベル機体の方が強いという風潮がありますが、高機動型には当てはまらないように思います。 長い間待ち望んでいたGPシリーズですが、残念ですね。 GPシリーズがイマイチだったことで、バトオペ2への熱が急速に冷めてきました。 seikatsuhogo.

次の

【ガンダム】GP01ゼフィランサスより高機動型ゲルググLv3の方が強くない?【バトルオペレーション2】

バトオペ 2 ゼフィランサス

栽培環境・日当たり・置き場 日当たりもしくは明るい半日陰で育てます。 水はけのよい土壌を好むので、粘土質の土壌であれば、パーライトや有機質の堆肥などを加えて改良します。 半耐寒性の種には、冬に盛り土やマルチングを施して防寒します。 水やり 土の表面がよく乾いたら、たっぷりと水やりします。 カラカラになる土壌を嫌うので、夏に雨の降らない日が続くときは、庭植えであっても水やりをします。 特に生育期は水切れに注意しましょう。 肥料 元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ、10月ごろにカリ分の多い化成肥料を株の周囲に施します。 病気と害虫 特に問題になる病害虫はありません。 用土(鉢植え) 水はけと通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。 例えば赤玉土小粒6、腐葉土3、軽石1などの配合土とします。 植えつけ、 植え替え 3月中旬から4月下旬に球根を植えつけます。 密植するときれいなので、庭植えであれば、3~5cm間隔で植え、覆土を約5cmします。 鉢植えであれば、5号鉢に7球程度、球根の上部が土に隠れる程度に浅く植えつけます。 4~5年は植えっぱなしにできますが、球根が混み合いすぎると咲きにくくなります。 落葉しないので、掘り上げるタイミングを逸することが多いですが、葉をつけたまま株分けの要領で球根を分け、植え直します。 ふやし方 春に分球でふやします。 こぼれダネでもふえます。 主な作業 古葉摘み:春に新葉が出ますが、常緑であるため、年々葉が茂ってきます。 冬の間に、傷んだ古い葉を取り除き、葉が混み合わないようにしましょう。 特徴 ゼフィランサスは、白い花を咲かせるタマスダレ(Zephyranthes candida)とピンク色の花のサフランモドキ(Z. grandiflora)が最もよく親しまれています。 特にタマスダレは耐寒性もあり丈夫で、放任でよくふえます。

次の

【バトオペ2】強化されたガンダム試作1号機の評価について解説

バトオペ 2 ゼフィランサス

こんにちは しまうまです。 でもやるからには勝ちたい。 なら 機体性能を重視すれば勝率は断然あがります。 今回はシンプルに 勝てる機体を紹介していきます。 POINT• お勧めコストも表記しています。 その前に6月25日の新機体について 2020年6月25日に零式が登場しています。 550コストスタートの汎用機ですね。 しかし最近は百式に見間違えて困りますね…。 よく見たら本家の方がイケメンなんですけど…。 旋回速度はトップクラスの性能です。 ただ移動速度やスラスピが高コスト機としては大分マイルドな性能です..。 集束3. 5秒:ヒート率25%の0. 5秒間隔で連射が可能な専用BR持ちの機体です。 完全にアレックスBRの性能を超えた事で更にアレックスの居場所が無くなて来た印象を受けます..。 最大一気に6連射が可能で、少しディレイをかければ上記の画像の様に北斗七星も作る事が可能だとか…。 (画像は6個の星ですが…) また下格闘がゼフィランサスを彷彿させる様な高補正の2段格闘の持ち主で、発生スピードは普通ですが2段目以降に途中キャンセルが出来るのが強み。 ちなみに百式の様な蹴りモーションでは無いです…。 あと…ぶっちゃけ零式よりもハイゴックの強化に関心持っている人の方が多そう…。 緊急回避&マニューバ&ステルス等.. 豊富で優秀なスキルを沢山持っています。 また機体HPはトップクラスの性能。 追加されたマニューバーと強化されたバルカンによる蓄積よろけを狙ったブースト射撃の突撃が強いです。 強判定&強連撃持ちの接近戦の火力の高さはもちろん、支援機に対しチクチクさす軽装BRが強力です。 でも今まで頼りない強襲機しか周りにいなかった事で強い機体と認識されていましたが、そこまで高いスペックを誇る機体では無いです。 これからはアッガイの強化や新機体の登場で徐々に陰に隠れてくると思います。 リーチが長くて広範囲な格闘が強力。 あり得ない距離から格闘を当てる事が可能です。 更に強よろけのロッドや強連撃&補正160%の下格闘にステルスや緊急回避&マニューバーなどなど.. スキルの内容も優秀です。 この機体を使う上で鞭のヒット判定と距離感は事前に把握してく事をお勧めします。 ステージは廃墟ステージの様なステルス性能が生きるステージがお勧めです。 敵チームのステルス妨害や妨害スキルも強み。 兵装は対空砲弾がお勧めです。 近距離戦も大事ですがステルスを駆使して中距離からチクチク支援機に嫌がらせをするのが楽しい.. 強い機体です。 またアンチステルスのスキルにより廃墟都市で猛威を振るうアッグガイの対策にも役立ちます。 ステージは選びますが300コストでは最強格の強襲機です。 また支援機だけではなく強襲キラーとしても機能します。 格闘をブンブン振り回すだけの雑な運用は止めましょう。 ただスピードや機動力は低コスの中でも下位の性能です。 天敵である汎用機のイフリートをはじめ、対策が進み最近は使い手をみない..。 でもポテンシャルは高い機体なので、味方の編成状況によっては選択肢に十分入ります。 高い装甲値と高い火力が魅力。 格闘兵装は二刀流のビームサーベルがお薦めです。 使いやすいって結構大事…。 強化された事で一気に強機体へ。 強連撃による格闘火力も高くて接近戦から射撃戦までこなせるステージを選ばないオールラウンダーな強襲機です。 玄人向けの機体ですが、編成に迷ったらこの機体で良いかもしれません。 EXAM発動したら超攻撃的な性能になります。 装甲面が強化された事で生存率が高くなっていますが、それでも紙装甲なのは相変わらず。 使う人が使えば強い玄人向けの機体です。 隠れ強機体です。 全体的にスペック値が高いのが特徴です。 強連撃による接近戦からゲルビーによる遠距離攻撃まで、遠近共にダメージが取れる優秀な強襲機です。 また下格闘の斬りこみ角度が敵のシールドに被りにくいのも案外優秀。 ただヒットボックス大きくて被弾しやすい点がネック。 被弾でゲルビーの集束も解除されます。 でも汎用のゲルググ系と違ってマニューバーがあるので、高速移動を心掛けていれば然程気になりません。 高い火力とトップクラスの機動力が強みの強襲機です。 射撃が得意な強襲機のイメージが強いですが接近戦こそ強い機体です。 強連撃とミサランを組み込んだコンボが非常に強力で近距離から遠距離まで対応出来るオールラウンダーな機体。 ただ機体HPの少なさと射撃兵装に対する耐久面に難あり。 撃たれ強い耐久力と一撃の火力の高さが魅力の機体。 空にいる事で強い汎用機と直接対決を避ける事が出き、高台の支援機をローリスクでプレッシャーを与えられるのが強いです。 弱体化を受けた事で以前ほどお手軽さは無くなりましたが、むしろ今くらいが丁度良いかも…。 今後更に需要が増えそう…。 機体HPも同コスト強襲の中ではトップクラスの性能です。 接近する事が困難な戦況でも支援機にプレッシャーを与えられる点が魅力です。 また強制噴射のスキルが追加された事でトリッキーな運用が可能になりました。 射撃だけではなく強連撃による格闘も積極的に使っていきましょう。 最近の高コスト強襲機は必須.. ?になりつつある緊急回避を持って無いので、マニューバーだけでは生存能力も乏しく、無茶は出来にくい機体です。 また妖刀システム発動時は更に攻撃的な性能へ強化されます。 下格闘補正250%のスパークナックルが非常に強力。 強連撃を持った2つの格闘兵装から繰り出す継続コンボは支援機ならほぼワンコン、汎用にも刺さります。 ただ最近はヘイトが異常に高くて戦いずらいと感じている人も多いかもしれません。 それだけ野放しにしているとヤバイのがこの機体。 PSによりますが、汎用1機では止められない場合もあり。 2機で確実に止めるくらいの方が良いと思います。 歩き射撃が可能な即強よろけ兵装はこの機体唯一の強み。 ストカスの存在で地味に隠れていましたが、強化される前から隠れ強機体として活躍されている機体だと思います。 とはいえステルスLV2への強化はこの機体の強さを更に底上げし、以前よりもステルスを意識した立ち回りが強くなりました。 無人都市や廃墟都市の様に遮蔽物が多いステージでは特に活躍しやすいのでお勧めですね。 ただ耐格闘補正が低いので一度捕まると地獄を見ます…。 強化された事で耐久面や火力が強化し高コストでは強い機体の部類に入ります。 マイクロミサイルによる突撃射撃がこの機体最大の強み。 ミサイルが以前の性能に戻れば最強格の機体に返り咲き?現状でも使う人が使えば普通に強い玄人向けの強機体。 強化された事でレーティングでの選択肢に入る機体になっています。 遠距離スロットの増加により射撃補正や機体HPの強化が行い易くなった事とBR自体の性能の強化で射撃での火力が出しやすくなっています。 ステージや敵編成に左右されない安定した戦果を挙げやすい機体となっています。 未だに弱い機体だと思われている可能性もありますが、いずれ誤解は解けるでしょう。 百式の強みにあたる2種類のよろけ兵装と発生の早い下格闘で妨害する汎用機をバタバタ寝かせながら活路を開き支援機に接近していくインファイトを強いられる機体です。 バズ汎の様な使いやすい部類の強襲機ではありますが、コレをやっていれば勝てる様なお手軽さがないので、むしろ玄人向けの機体です。 主兵装は個人的にバズがお勧め。 ですが戦い方はむしろガンガン前に出ていくインファイト機体です。 蓄積よろけが取りやすい点が強み。 ただブースト射撃が出来る訳では無いのでスピードを活かした攻撃が出来なく、耐久面に不安がある機体でもあります。 ギャプランの下位互換機の様な評価が多いですが、蓄積よろけに特化している機体なのでギャプランと違ってミサイサに対し相性の良い強襲機です。 シールドが優秀で強襲機の中ではタフな機体です。 ビーム耐性を強化する人が多い最高コスト戦では高性能のバルカンは更に活かせる性能になってきています。 遠~近両方に対応出来るオールラウンドに活躍出来る点も魅力。 ただクセが強い機体なのでプレイヤーを選ぶ機体。 また最近の最高コスト強襲機は緊急回避を持っている機体が増えている中この機体は持っていません。 硬さは環境に適していますが一度捕まると一気に撃墜される事もしばしば…最近は蓄積よろけのバーゲンセールの環境では、シールドも余り意味をなさなくなり厳しくなってきています。 スキル内容もマニュから緊急回避などなど.. チート級に豊富です。 同時に耐久性をカバーするスキルの恩恵も合わさってスペック以上の硬さがあります。 また2種類の射撃兵装も優秀。 変形スキルも持っているので高台の支援機に対して対応も出来る他、ピンチから離脱する事もかのうなので耐久力と合わさって生存能力がかなり高めの強襲機。 現状最高コスト最強の強襲機はこの機体でしょう..。 弱点をあえて挙げるならミサイサが狩りにくい….。 どちらかと言うと初心者よりの紹介です。 強い強襲機の共通点として・・・ 最低でも6個以上欲しい• マニューバーがある• 緊急回避があれば尚良し• 遠近両対応:安定したダメージが取れる• ワンコンで墜とし切る様な 高い火力持ちなら尚良し• よろけを取る手段がある• 即よろけ兵装があるなら尚良し• 即よろけ兵装が2種以上あれば尚良し• 耐久力がある。 強襲機:お勧めのカスタムパーツ マニューバーアーマーを駆使する上で スラスター量の強化は必須です。 攻めにも守り(逃げ)にもマニューバーは使えます。 また 耐格闘補正の強化は自分の経験上お勧めです。 汎用機が編成の大半を占める環境下では、強襲機は非常に撃たれ弱い機体です。 (撃たれ弱すぎる…)ダメージソースになり易い格闘の耐性を強化する事で生存能力は高まります。 格闘補正の火力強化はスロット数程の恩恵が無いので優先度は低いです。 元々格闘補正値が高い事と支援機に対してはさほど結果は変わりません。 初心者にはお勧め出来ない属性です。 どの機体が支援機なのか区別できる経験と情報量が無くては強襲機はまず務まりません。 最近では支援機の様な見た目の汎用機の登場も多く紛らわしいです。 また不利を強いられる汎用機が多い戦況では、常に劣勢状況にいる強襲機の運用は非常に難しいです。 強襲機が本当に編成に必要なのかと疑問を抱く時もあります.. 続いて2ページ目は汎用機の紹介です.

次の