メガ テスター。 メガーの測定原理を図解付きで教えてください。

絶縁抵抗(メガチェック)の測定方法【対アースと線間抵抗】

メガ テスター

モータが壊れたのか?故障したのか?どうしたらその原因を見つけることが出来るのか? マグネットで駆動しているモータならマグネットのサーマルがトリップしているかどうかで判断ができます。 ショートしていればマグネットが焼けたりやブレーカートリップしたりします。 欠相している場合はまわりませんが、壊れているかどうかの判断はできません。 インバータがつながっている時はインバータ側で異常を検知しモータに対して電源を送らないで、インバータ異常を表示します。 以上だけでは原因の追究はできません、せめてモータに対してどのような状態なのかを判断しなければいけません。 その為簡単なテストをすれば、おおよその原因が発見できます。 ここでは、テスターと 絶縁抵抗計でのチェック方法を学びます。 モーター内部配線やコイルが正常か? まずモーターに行っている配線を他の回路から外します。 TH3側のU3、V3、W3を外します それからモーター側の相間抵抗と絶縁抵抗を計測してみます。 相間抵抗の計測と判断 相間抵抗は U3-V3-W3 と3端子あるとしたら、U3-V3間、V3-W3間、U3-W3間の抵抗を測ります。 U3、V3、W3がL端子側となります。 モーターボディとはアース端子、E端子です。 絶縁抵抗計とは 絶縁抵抗計 メガー は、アースと機器や屋内配線間の絶縁抵抗を測る測定器です。 絶縁抵抗とは、電気回路における絶縁性(電気の流れにくさ)の事を言います。 絶縁抵抗の値が大きいほど、電流の漏れが少なく、よく絶縁できていることを意味します。 配線工事の不備や経年劣化により、絶縁状態が悪くなると、漏電や感電の恐れがあります。

次の

絶縁抵抗計(メガ)の使い方

メガ テスター

テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い テスタは数V程度 という点です。 昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。 日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から ・初級講習用指導書(電気機器編)3・13・5 抵抗の測定(2)絶縁抵抗測定 には、回路例の図が載っています。 メーカーのHIOKIが出している日置技報 の、 ・高電圧絶縁抵抗計 3455 ・ディジタルメグオームハイテスタ 3454 (それぞれpdfファイル)あたりも参考になるかと。 絶縁不良のときに大電流が流れないよう、電流を一定値で制限する(電圧を下げる)ような回路も、実際の絶縁抵抗計では使われています。 Q 電気製品の絶縁抵抗計の使い方を教えて下さい。 A ベストアンサー 「黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。 」 近くにア-スが無い、とのこと。 その回路を分電盤で一括して計ってもよいと思います。 コンセントに電気製品はつないだままにしておく。 計る電気製品のスイッチを入れる。 (電気が入った状態にする。 実際 はブレ-カは切りなので電気は流れませんが) 普通の片切スイッチだとよいのですが両切ちかマグネットがかんでい る場合は注意が必要です。 スイッチが切れているとその先は縁が切れ ているので計れないからです。 単純に普通のスイッチと仮定して。 延長コ-ドなどで別回路から近くま で引っ張ってくる。 コンセントのニュ-トラル側をア-スとして使 う。 同じ事ですが。 それで悪ければ電気製品単体で計っていくわけです。 だんだんどこが悪いのか絞る(特定していくのです) 以上、ご参考まで。 「黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。 」 近くにア-スが無い、とのこと。 その回路を分電盤で一括して計ってもよいと思います。 コンセントに電気製品はつないだままにしておく。 計る電気製品のスイッチを入れる。 (電気が入った状態にする。 実際 はブレ-カは切りなので電気は流れませんが) 普通の片切スイッチだとよいのですが両切ちかマグネットがかんでい る場合は注意が必要です。 スイッチが切れているとその先は縁が切れ ているので... A ベストアンサー 1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器 通称メガー で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。 その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。 ・100V電路 : 125V ・200V電路 : 250V ・400V電路 : 500V これは、昔 といっても、私の会社も3年前まではそうでしたが は低圧回路は500Vメガーで、高圧回路は1000Vメガーで測定していました。 したがって、回路によっていちいち測定電圧を変える為、測定器は4レンジ 125V,250V,500V,1000V のものを使用しています。 1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器 通称メガー で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。 その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。 ・100V電路 : 125V ・... A ベストアンサー 一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧 一般家庭近くでは6,600v で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。 電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。 もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。 まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。 この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。 また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度 を超えた場合のみ働きますから。 ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。 つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。 一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧 一般家庭近くでは6,600v で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。 電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。 もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。 まず漏電の状態を考えてみますと... 低圧絶縁抵抗測定に於いては接地相(B種接地)を利用して接地が効いていることを確認すると良いです。 Q 気になったのでどなたか教えてください。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ 必ず接地されているそうですね。 で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって いるとの事ですが、ここで疑問です。 家電製品などによくアース線というものが付いています。 (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず 中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が 蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは ないのですか? また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? (危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです) 赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。 (添付画像参照) よろしくお願い致します。 気になったのでどなたか教えてください。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ 必ず接地されているそうですね。 で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって いるとの事ですが、ここで疑問です。 家電製品などによくアース線というものが付いています。 (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない ように接地するものだという事ですが... A ベストアンサー >家電製品などによくアース線というものが付いています。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) > >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは >ないのですか? まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。 漏れてはいけないものです。 火事や感電の原因になりますから。 静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、 普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。 但し機器を壊したり、 火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、 それを防止するのに対策することはあります。 機器から電荷を逃がすというより、 どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。 導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。 電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。 これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に 何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを 防止する為です。 次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、 これは全く別のものです。 アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。 しかし目的が違います。 アース線は家電製品の表面や筐体などに、 故障や不良により、 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、 それを逃がす為の線です。 こうしてあれば、 内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、 とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。 人間が触れてもアース線と人体とでは、 圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、 人間には電流はほとんど流れません。 これで人間を守ろうというのです。 ちなみにこれは3線式に限りません。 2線式でも同じです。 >また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 >次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? まともに動かないと思います。 確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、 大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。 また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、 これは漏電になります。 漏電遮断器が動作すると思います。 >家電製品などによくアース線というものが付いています。 >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) > >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは >ないのですか? まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。 漏れてはいけ... A ベストアンサー もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 有効電力がPowerから、P となった後 単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。 A ベストアンサー 通常はメガーとよばれており、測定は無電圧の状態でメガーのLINEに機器の電源側を、EARTHに機器のケース(筐体)を接続して、中央にあるボタンを押すと針が指示します。 その値お読みます。 測定前に測定ボタンを押してLINEとEARTHのリード線を短絡して、指示値が0に成ることを事前にチェックしておく、0を指示しない場合は内蔵の電池を替える、それでも駄目なら、故障です。 古いメガーは手回しのものもあります。 電子機器はもっと低い電圧で測定します。 Q 高圧受電してます(80KVAほど)漏電があったときに、回路切り分けて探すのですが、保安協会さんの年1回の停電での絶縁抵抗検査などのときに、ブレーカー切った状態で、コンセントがささったままのパソコンに500Vがかかっているのだと思うのですが、大丈夫なのでしょうか? 子ブレーカーを切ったとしても、その回路を調べるのにコンセント抜かなくても大丈夫なのかどうかと思っています。 できれば、125Vで測った方が良いのかと思います。 で、親回路が生きていても、子ブレーカー切って、2次側を検電器で充電してないこと確認して、125V掛けたら、自分たちでも、コンセント回路の絶縁抵抗を計れると思っています。 間違っていますでしょうか? 逆に、電動工具の絶縁抵抗を測るのに125Vでは不足なのでしょうか? A ベストアンサー その程度では問題ありません。 500Vの電圧と言っても、地面に対して500Vを掛けて漏電を調べるわけで、パソコンは100Vの電源のラインに、地面に対して500Vの電圧がかかっても壊れない設計になっています。 もし、100Vの電源の入力に500Vをかけたら間違いなく壊れるのですが、メガーと言われる絶縁測定の計器はその場合には自動的に低い電圧しか出ない設計になっていますから、壊れることはありません。 絶縁を測定するのには、正しい知識と方法が無いと危険です。 正しく測定するならば125Vでも測定できますが、間違えると事故や破壊の原因になります。 メガーと呼ばれる絶縁測定の計器ならば、比較的間違いが起きにくい設計になっているのですが。 なお、メガーと呼ばれる絶縁測定の計器には100Vや250Vや1000Vなど、使用目的に合わせた試験電圧の物が用意されています。 これは、非直線性と言って、たとえば100Vならば電気は漏れないけれど1000Vならば漏れる、という場合もある事と、逆に100Vの電圧をかけても問題ないけれど1000Vの電圧をかけると破壊されたり劣化したりする物があったりするからです。 家庭の100Vのラインに接続されている機器でしたら、100Vのラインにメガーと呼ばれる絶縁測定の計器で500Vを掛けても全く問題ありません。 その程度では問題ありません。 500Vの電圧と言っても、地面に対して500Vを掛けて漏電を調べるわけで、パソコンは100Vの電源のラインに、地面に対して500Vの電圧がかかっても壊れない設計になっています。 もし、100Vの電源の入力に500Vをかけたら間違いなく壊れるのですが、メガーと言われる絶縁測定の計器はその場合には自動的に低い電圧しか出ない設計になっていますから、壊れることはありません。 絶縁を測定するのには、正しい知識と方法が無いと危険です。 正しく測定するな...

次の

漏電なのか調べる場合

メガ テスター

絶縁抵抗計の使い方 絶縁抵抗計は、電気工事士である以上、 必要不可欠な測定器であることは、みなさんご存知だと思います。 電気工事業者として、開業する際にも、備付の義務がありますから、 電気工事業者で、絶縁抵抗計を所持していないものは、皆無だと思います。 電気工事業者であるからには、 電力会社への送電申請を行うと思いますが、 その際にも、絶縁抵抗値の記入欄がありますし、 そこには、現地で測定した数値を記入しなくてはなりません。 この書類は、電力会社にて保管され、 対象建物で、電気的トラブルが発生した際に、 経済産業省へ事故報告書とともに、提出されるものですから、 測定もせず、いい加減な数値を記入することは、 公文書虚偽記載などの罪に問われることも覚悟しなくてはならない、 大切なものです。 ちょっと脅しのような感じになってしまいましたが、 事実ですから、みなさんも肝に銘じて、しっかりと測定を行い、 自分が行った電気工事に間違いがないことを確認するようにしてください。 この絶縁抵抗計の使い方の記事掲載に関しましては、 閲覧者様からのご意見により、掲載させていただきました。 絶縁抵抗計とは 電気工事で使う絶縁抵抗計にも、 アナログのものとデジタルのものがあり、 さらに、測定レンジによって、使用するものが変ってきます。 最近では、測定レンジを広範囲に設定できるものもあり、 昔のように、レンジに合わせて、何種類も揃える必要もなくなりました。 デジタル絶縁抵抗計 アナログ絶縁抵抗計 デジタルとアナログの絶縁抵抗計を紹介しましたが、 勿論、ほんの一例ですから、他のメーカーからも、 いろいろなものが販売されてるので、 みなさんの業務に見合ったものをチョイスすればいいと思います。 そんな中でも、私はデジタル絶縁抵抗計をおすすめしておきます。 なんと言っても、数値の確認が容易ですし、 まず見間違うことがありませんし、 アナログのものに比べて、測定レンジが多いですから、 広い範囲に対応できるからです。 これは、あくまで私感ですから、参考程度にしてください。 ちなみに私は、十年以上前に購入したアナログ式のものを今でも使っています。 壊れたら、買い換えようと思っているんですが、 これがそう簡単に壊れないもので、 今でも、十分正確に測定することが出来ているので、 あえて、買い換える必要もありませんから、 今でも、使用しているんです。 まあ、使用頻度の問題もありますが、 相対的に、一度買ってしまえば、 そんなに頻繁に買い換えるものでもありませんので、 新規に購入する場合や、買換えの際には、慎重に選ぶようにしてください。 購入後、長く付き合うことになるものですからね^^ 私が使っているものと、ほぼ同等品だと思います。 久しぶりに、新しい絶縁抵抗計をネットで調べてみましたが、 私が購入した当時と同じような製品が今でも販売されていることに、 少し驚きを感じています。 この時代ですから、もう同じようなものは無いと思っていましたから、 ある意味新鮮な感じがしました^^ 絶縁抵抗計の測定とは 絶縁抵抗計(メガ)を使用するのは、 一般的に、新築建物の竣工前に行う電気の検査の際が多いと思います。 そのほかには、既存の建物の改修工事やリフォームなどの際、 そして、工場などで新たに電気設備を増設したときなどでしょう。 さらに言えば、漏電などで、 すでに電気が遮断されているときなどの検査に使用したり、 改修後の確認などに用いることもあるでしょう。 仮に、不良箇所があり、絶縁不良の状態であれば、 数値は『 0』 を示すものです。 このほかに、『1』 など、他の数値を示す場合もありますが、 その多くは、接続されている機器に関連したものがほとんどであり、 配線自体の問題というのは、少ないものだと考えられます。 しかし、まったく問題ないと言い切れるものではないので、 数値が悪い場合は、接続されている機器を全て切り離して、 正確な数値を測定することが大切です。 それでも数値が戻らない場合は、配線に問題があるか、 建築段階で、ケーブルを傷つけてる可能性も考えられ、 そのような場合には、改修作業が必要になります。 絶縁抵抗計の測定方法 絶縁抵抗の測定とは、どういうものなのかを理解いただいたところで、 絶縁抵抗計を使っての測定方法を紹介したいと思います。 絶縁抵抗の測定には、しっかりと接地されたアース端子が必要となります。 基本的には、分電盤などに取り付けられているアース端子を用いるものです。 この写真は、以前私が施工させていただいたお宅の分電盤ですが、 アース端子台の右端に接地極からの接地線と屋内に送ってるラインが確認できると思います。 絶縁抵抗の測定準備として、絶縁抵抗計のアース線側をアース端子に接続します。 これで、絶縁抵抗の測定準備は完了です。 これには、接地極が規定値の接地抵抗が得られてる必要があります。 それでは、測定の手順を紹介しておきましょう。 主幹ブレーカーを 『 OFF』 にする。 全ての分岐ブレーカーを 『 ON』 にする。 主幹ブレーカー二次側の3線にリード線の指針を接触させ測定する。 もし、数値が悪いときには、 悪い数値の相にリード指針を接触させた状態で、 分岐ブレーカーを順番に 『 OFF』 にしていきます。 この測定を行っている途中で数値が戻ったら、その回路が不良だということですから、 その回路に接続されている機器を全て切り離して、もう一度測定してください。 それでもダメだったら、次は、結線部分で、端末機器(配線器具)などに繋がっているものを 一本ずつ、切り離していきます。 これで、不良箇所を特定することが出来ますので、 その不良箇所を改修して、最後にもう一度絶縁抵抗の測定を行ってください。 これで、絶縁抵抗計での測定は、終了です。 測定準備段階で、分電盤や配電盤などに接地端子が無い場合や、 接地線も存在しないようなものも、たまに見かけますが、 このような際には、『』で紹介しているように 柱上トランスB種接地を利用する方法もあります。 利用方法は、主幹ブレーカーの中性極(一般的に白)に 絶縁抵抗計のアースラインを接続して測定します。 その後は、通常の測定方法と同じです。 今紹介した方法は、あくまで緊急避難的な方法ですから、 通常は、先に紹介した、正規の方法で絶縁抵抗の測定を行ってください。 絶縁抵抗の測定がいかに大切かご理解いただけたでしょうか? みなさんには、しっかりと測定を行い、完璧な状態で、 お客様にお引渡しできるようにしていただきたいと思いますので、 手を抜くことなく、最後までしっかりとした電気工事を行ってください。 さて、最後に私から、絶縁抵抗計選びのヒントを紹介しておきましょう。 絶縁抵抗計を選ぶ際には、デジタルのほうがおすすめだと最初に書きましたが、 そのほかに、アース側ラインは、ワニ口クリップのものが良いと思います。 また、リード側は、手元スイッチ付のものを選ぶと、測定がスムーズに行えますよ^^ それと、誤ってリード指針に触れても、「 イタッ!」 (><#) なんてこともなくなりますからね^^ みなさんも一度や二度は、経験があると思いますが、 あれって、けっこう痛いんですよね(><#) 以上雑知識でした。 テスタ、絶縁抵抗計、接地抵抗計や そのほかの電気工事に必要な工具などをお探しの方は、こちらをご覧ください。

次の