愛子 さま。 「愛子さまに旧宮家の婿を」安倍政権が推進する仰天プラン

美智子さま、愛子さまの合格発表でチクリ 「あら東大は諦めたの?」

愛子 さま

学年でトップの成績 「愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5。 常に学年でトップクラスの成績だそうです。 特に国語がお好きで、放っておいてもご自分で本を読み、読めない漢字は漢和辞典を引いて勉強されています。 ややもすると、午前0時を回っても本を読んでいることがあって、皇太子殿下が苦笑しながら早く寝るよう促すこともあるとおっしゃっていました」 こう語るのは、皇太子家に近い元皇族だ。 ここ最近、愛子内親王の勉学の才能が、周囲を驚かすほど目覚ましく花開いているという。 元皇族が続ける。 「漢字のテストは毎回ほぼ100点です。 何度か満点をとれなかったことがあるのですが、読めなかった漢字、書けなかった漢字をそれぞれノートに100回書くことを、自らに課しているようです。 また英語の実力も相当なもので、皇太子殿下が『愛子は私よりきれいな英語を話す』とおっしゃっていました。 科目の中では算数があまりお好きではないらしく、教えるのがお上手な雅子さまが、つきっきりで指導することもあるそうです。 ただ、好きではないだけで苦手ではなく、成績は5の評価。 何でもできて、本当に優秀でいらっしゃいます」 一時、不登校問題などもあって、学校にうまくなじめていないのではと心配されていた愛子内親王だが、最近では同級生の間で〝浮く〟こともなくなったという。 愛子内親王と同じ学年に息子を通わせる父兄が明かす。 「低学年の頃、愛子さまの周囲には、皇室とお近づきになりたいと思っている父兄の子どもしかいませんでした。 ところが、今は多くのお友だちができて、楽しく快活に過ごされているようです。 また、先頃の初等科の運動会では、愛子さまは自分たち6年生の前に座っている1年生に声をかけたり、一緒にリレーを応援したりと、面倒をよく見ておられました。 雰囲気もずいぶんと変わりましたね。 運動会の日は髪を後ろで束ねていたのですが、両頬に髪の一部が垂れるようにして縛ってありました。 『ああ、オシャレする年頃になられたのだな』とほほえましく拝見していました。 以前の運動会は警備の数も半端ではなく、どこかピリピリしていたのですが、今年はとても穏やかな運動会でした」.

次の

スーパープリンセス愛子さま 万能すぎると学習院でファン急増

愛子 さま

(C)JMPA 4月19日に予定されていた秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」。 政府は14日に閣議で延期を決定した。 新たな開催時期は、早くても秋以降になる見込みだという。 さらに、皇位継承策についての議論も先送りになるという。 菅官房長官は14日の記者会見で、皇位継承の議論は一連の儀式を終えてから始めるか問われ「基本的にはそういう形だ」と認めた。 立皇嗣の礼の延期が閣議決定された翌日の4月15日、産経新聞が《皇位継承で『旧宮家復帰』聴取 政府が有識者ヒアリングで》と報じた。 内閣官房の職員が、旧宮家男子の皇籍復帰に関する考えを有識者らに尋ねているというのだ。 旧宮家とは、1947年に皇籍を離脱した11宮家のこと。 現在の皇室には悠仁さまお一人しかいない、20代以下の「未婚の男系男子」だが、旧宮家には7人ほどいるといわれている。 そのため、女性・女系天皇に反対する一部の保守派は「旧宮家の皇籍復帰」を求めている。 驚くべきは、政府が検討しているという旧宮家男子の「皇籍復帰の方法」だ。 産経新聞の報道によれば、「現存する宮家に養子に入る」「皇籍取得」のほかに「旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚」という方法についても有識者に考えを聞いたというのだ。 「是が非でも男系による継承を維持しようとする現在の政権の思惑が見え隠れしています。 現在、内親王は愛子さまと、眞子さまと佳子さまのお三方だけ。 しかし眞子さまは小室圭さんとの婚約が内定しています。 つまり旧宮家の未婚の男子と結婚する可能性があるのは、愛子さまと佳子さまだけです。 「そもそも『旧宮家男子の皇籍復帰』は一度、完全否定されているのです」 そう語るのは、皇室ジャーナリスト。 さらに有識者会議は、現在の皇室と旧宮家の共通の祖先は約600年もさかのぼり、極めて遠い血筋であるため《これらの方々を広く国民が皇族として受け入れることができるか懸念される》と指摘していた。 「一般人として暮らしてきた旧宮家の男性が急に皇籍復帰しても、国民は納得しないでしょう。 しかし、愛子さまと旧宮家の男性が結婚すれば、そのお子さまは『男系』ということになります。 『男系』に固執する安倍政権は、そのように考えたのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト) はたして「内親王と旧宮家の男子との結婚」は、安定的な皇位継承につながるのだろうか。 象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんは、次のように指摘する。 上皇陛下と美智子さまの結婚、天皇陛下と雅子さまの結婚、それらは『恋愛結婚』でした。 だからこそ世間の風潮と合い、国民から支持されたのだと思います。 ところが『旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚』という案は、本人たちの意思とは関係なく、家を守るためだけに結婚させられたという印象を与えかねません。 前時代的なやり方だと見られてしまうのではないでしょうか」 雅子さまが外交官としての夢半ばにして皇室に嫁がれたのは、ひとえに天皇陛下の一途なご求愛があったからだった。 「雅子さまが一人の母親として願われているのは、愛子さまにも、結婚相手は自分の気持ちで決めてほしいということでしょう。 しかし、皇族は政治的な言動を禁じられています。 政府が検討する皇位継承策について、天皇陛下や雅子さまがご意見を表明することはできないのです。 しかし、これを封印してしまったのはほかでもない、翌年政権の座についた安倍首相だった。 「女性自身」2020年5月5日号 掲載.

次の

愛子さまと悠仁さま、入学報道で「明暗」くっきり

愛子 さま

学年でトップの成績 「愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5。 常に学年でトップクラスの成績だそうです。 特に国語がお好きで、放っておいてもご自分で本を読み、読めない漢字は漢和辞典を引いて勉強されています。 ややもすると、午前0時を回っても本を読んでいることがあって、皇太子殿下が苦笑しながら早く寝るよう促すこともあるとおっしゃっていました」 こう語るのは、皇太子家に近い元皇族だ。 ここ最近、愛子内親王の勉学の才能が、周囲を驚かすほど目覚ましく花開いているという。 元皇族が続ける。 「漢字のテストは毎回ほぼ100点です。 何度か満点をとれなかったことがあるのですが、読めなかった漢字、書けなかった漢字をそれぞれノートに100回書くことを、自らに課しているようです。 また英語の実力も相当なもので、皇太子殿下が『愛子は私よりきれいな英語を話す』とおっしゃっていました。 科目の中では算数があまりお好きではないらしく、教えるのがお上手な雅子さまが、つきっきりで指導することもあるそうです。 ただ、好きではないだけで苦手ではなく、成績は5の評価。 何でもできて、本当に優秀でいらっしゃいます」 一時、不登校問題などもあって、学校にうまくなじめていないのではと心配されていた愛子内親王だが、最近では同級生の間で〝浮く〟こともなくなったという。 愛子内親王と同じ学年に息子を通わせる父兄が明かす。 「低学年の頃、愛子さまの周囲には、皇室とお近づきになりたいと思っている父兄の子どもしかいませんでした。 ところが、今は多くのお友だちができて、楽しく快活に過ごされているようです。 また、先頃の初等科の運動会では、愛子さまは自分たち6年生の前に座っている1年生に声をかけたり、一緒にリレーを応援したりと、面倒をよく見ておられました。 雰囲気もずいぶんと変わりましたね。 運動会の日は髪を後ろで束ねていたのですが、両頬に髪の一部が垂れるようにして縛ってありました。 『ああ、オシャレする年頃になられたのだな』とほほえましく拝見していました。 以前の運動会は警備の数も半端ではなく、どこかピリピリしていたのですが、今年はとても穏やかな運動会でした」.

次の