バケモノ の 子 監督。 バケモノの子 細田 守:文庫

バケモノの子を全話無料でフル視聴できる動画配信サイトはこちら👍

バケモノ の 子 監督

批評家と一般は単純平均 映画『バケモノの子』あらすじや概要 でフリー転身後の4作目です。 身内が誰もいなくなった時、心の闇を制御する自信がありますか?人間世界に居場所がなくなった少年がバケモノの子として修行し、師弟や親子の絆が問われていくファンタジー映画です! 『バケモノの子』ネタバレあらすじ この先は ネタバレありのあらすじです。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 9歳の少年の蓮(れん。 声:宮崎あおい)は両親が離婚し、一緒に暮らしてた母も交通事故で亡くなります。 引き取り先の親戚から逃げ出した蓮は渋谷の街で、獣人のバケモノの熊徹(くまてつ。 声:役所広司)に出会い見失うが、探すうちに渋天街に迷いこみます。 渋天街とはバケモノの世界で、宗師(そうし。 声:津川雅彦)が長老を引退して神に転生する予定です。 後継者候補の熊徹は弟子を取ることを条件にされたがバケモノの中には見つからず、渋天街へ追ってきた蓮を見こみ、9歳の「九太」と名付けて弟子とします。 バケモノの子として修行? (ネタバレあらすじ) バケモノの子として修行することになった九太は、熊徹の乱暴な教え方に反発します。 またバケモノ界では、人間は心に闇を宿すと恐れられ、もう1人の後継者候補の猪王山(いおうぜん。 声:山路和弘)も反対するが、宗師は何かと熊徹に理解を示して認めます。 熊徹は「 胸の中の剣が大事」と指導するが、抽象的すぎて九太は理解できず、武術の腕も上がらず悩みます。 猪王山の長男の一郎彦(いちろうひこ。 声:黒木華、青年期:宮野真守)と二郎丸(じろうまる。 声:大野百花、青年期:山口勝平)も最初は冷ややかです。 九太は、多々良(たたら。 声:大泉洋)と百秋坊(ひゃくしゅうぼう。 声:リリー・フランキー)にも育てられながら、熊徹の動きをまねて武術の腕を磨いていきます。 「独りで強くなった」熊徹は一度は猪王山に負けるが、九太と共に自分も成長していきます。 人との交流と心の闇!宗師決定戦は? (ネタバレあらすじ) 8年後、17歳の九太(声:染谷将太)は熊徹に反発しながらも家族らしくなり、二郎丸とも仲良しですが、一郎彦は敵視してます。 九太は人間界へ行き来し、メルヴィルの文学『白鯨』を読みたくて、楓(かえで。 声:広瀬すず)に勉強を習い、役所で父の居場所も知り再会します。 九太は、熊徹に人間世界の本を追求されバケモノの渋天街を出るが、人間の父にも反発してしまい、自分の心に闇があると知ります。 九太がバケモノ世界へ戻ると、宗師後継者を決める闘技会中です。 熊徹は猪王山に負ける寸前、九太の声で復活し逆転勝利します。 その時、一郎彦が念力で熊徹の背後から刀で刺します。 一郎彦は猪王山が拾い育てた「人間」で、その境遇から心に闇を宿します。 九太も念力で反撃するが、母似の小動物チコ(声:諸星すみれ)のおかげで心の闇から理性を戻します。 一郎彦は人間界へ逃げます。 バケモノの渋天街も影響を受け、新宗師となった重傷の 熊徹は、旧宗師から「神へ転生の権利」を得て、炎の刀の付喪神(つくも神)に転生して、九太は胸に取りこみます。 巨大なくじらになった一郎彦は楓の説得も聞かず、ジャンプしながら攻撃するが、九太が倒して赤いひものお守りを付けてやります。 目覚めた一郎彦は暴走の記憶を失い、前宗師は宗師を続けることになり、九太は人間界で父親と暮らすことになります。 ネタバレ感想『バケモノの子』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 「独りで強くなった」天才肌の熊徹(くまてつ)は、他人に教える方法がわかりません。 人間の蓮(れん)こと九太も同じように孤独なので、居場所を見つけるために工夫して武術の腕を上げていきます。 そんな 雑な師弟関係ですが「絆」はしっかり育ちます。 熊徹の抽象的な指導「胸の中の剣が大事だ」は重要な伏線で、最後に「熊徹こそが胸の中の剣に転生する」ことにより、九太を心の闇から救い、バケモノ界も人間界も平和にします。 この犠牲はズルい演出で、涙腺崩壊に誘導されます。 語り部の多々良と百秋坊は、不完全な父親「熊徹」を補完する「親」であり、九太が「2人のおかげで成長できた」と礼を言うシーンも好きです。 弟子に教えた熊徹が成長した点も良かったです。 声の俳優女優には賛否あるようですが、私は違和感なかったです。 全体的に 前半は好みの展開でワクワクしたけど、後半に失速を感じます。 特に8年経っても宗師の引継ぎがない理由は不明です。 熊徹が人間の弟子を取ることに反対した猪王山が、人間の一郎彦を長男にしてて、心の闇を見抜けなかった展開も残念すぎます。 しかし猪王山よりも宗師の無能さが目立ちます。 一郎彦の闇に気づかなかっただけでなく、念力で熊徹を刺した時も阻止できず、人間界での戦いも熊徹と九太にまかせっきりです。 宗師に選ばれたからには武術に長けてるはずなのですが。 楓(かえで)の存在は、九太こと蓮の人間界での案内人で、壁ドンされても恋愛感情は感じなかったです。 『』『』でも描いた 「恋愛未満の関係」を細田守監督は好きなのかもしれません。 楓が足手まといだった、最後の決戦時は、念力戦を期待したのに抽象的な最後です。 アクションは 熊徹と九太の修行や、宗師決定戦での熊徹と猪王山の戦いの方が楽しめました。 熊徹を結果的に殺した一郎彦が罪に問われないのは、ゆるすぎる結末だと感じます。 後半を作り直すと傑作になる可能性もありますね!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『バケモノの子』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

バケモノの子声優がひどいと酷評の嵐!細田監督が声優を使わない理由”上手すぎる”本業声優の光る演技に注目!

バケモノ の 子 監督

C 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS 本日7月27日、アニメーション映画『バケモノの子』が金曜ロードShow!で放送されます。 ここでは、この『バケモノの子』がなぜそのような内容になっているのかを解説するとともに、細田監督が制作に当たって参考にした作品など、さらに面白く観られるポイントを紹介します。 まだ観たことがないという方は、鑑賞後に読むことをオススメします。 「自分に男の子が生まれて、現代において子供は誰が育てて行くのだろう、どうやって大きくなるのだろうと考えた。 本当の父親だけでなく、いろいろな形の父親や師匠が世の中にはたくさんいて、そういう関わりが1人の子供を育てて行くのではないか。 もっと平たく言えば、現代では威厳のある父親が1人で子供を育てていくというのは難しい、だけど「男親(父親)がダメ人間でも、彼とその子供を支えてくれる友達がいれば良いのかもしれない」という新たな家族像を提示しているというわけです。 父の知らないところ(世界)で誰かと出会い、人生に必要なことを学んでいく……これも普遍的に、現実で起こりうることでしょう。 『バケモノの子』は現実ではあり得ないことが起こるファンタジー作品でありながら、現実に当てはまる新たな家族や師匠のあり方を寓話的に提示しているとも言えます。 C 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS 2:参考にしたのはジャッキー映画だった! 本作『バケモノの子』は参考にした、またはオマージュを捧げている作品がかなり多くなっています。 最もわかりやすいのは、ジャッキー・チェンが主演を務めたカンフー映画『スネーキーモンキー 蛇拳』でしょう。 『バケモノの子』と『スネーキーモンキー 蛇拳』には、弟子(主人公)がひとりぼっちであったり、師匠がダメ人間であったり、師匠と弟子が一緒にご飯をがっついて食べるといった共通点がたくさんあります。 中でも九太が地面に書かれた熊徹の足取りを真似するというシーンは、ほぼそのまま『スネーキーモンキー 蛇拳』にもあったりもするのです。 つまり、『スネーキーモンキー 蛇拳』を表面的にマネしただけということではなく、主人公が成長する過程でしっかり修行をするというカンフー映画そのものへのリスペクトを捧げているのでしょう。 また、そうした作品を知らない子供や世代の方にも、この『バケモノの子』でその魅力を知ってほしい、という意図が細田監督にはあったのです。 C 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS 3:他にもこんな作品からの影響も! 『バケモノの子』から連想される映画は、『スネーキーモンキー 蛇拳』だけではありません。 黒澤明監督からの影響もたっぷりとあり、熊徹は『七人の侍』の菊千代という粗暴なキャラ(彼を演じていた三船敏郎)にそっくりで、多々良や百秋坊も『七人の侍』に出演していた多々良純と千秋実がモデルになっているようです。 九太という適当な名前をつけるくだりも『用心棒』からの引用ですね。 さらには、エンドクレジットでは「山月記」で有名な中島敦の作品「悟浄出世」が参考文献として挙げられています。 「悟浄出世」は、誰もが知る「西遊記」をベースとした作品のうちの一編で、孫悟空ではなく沙悟浄が主人公になっています。 その主人公が自身のアイデンティティに悩んだり、賢者たちに教えを乞うために旅に出るといったことが『バケモノの子』と一致していました。 こうして過去の作品にあった魅力を、現代の作品に取り入れて蘇らせようとしているということも、細田監督作品の素敵なところです。 C 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS 4:『白鯨』が意味しているものとは? 劇中ではハーマン・メルヴィルによる「白鯨」も引用されています。 一郎彦は「自分が人間なのか」「バケモノなのか」という矛盾に耐えられずに暴走し、九太もまた「人間の世界で生きるべきか」と迷っていたのですから。 「白鯨」が引用された理由も、そこにあるのではないでしょうか。 C 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS 5:細田守監督の集大成的な作品だった! プロデューサーを務めた川村元気は、『バケモノの子』で細田守監督に「全部やってもらう」ことを目指していたそうです(事実、細田監督が今回はキャラクターデザインの他、脚本までもを手がけています)。 その結果というべきか、『バケモノの子』は家族の物語になっていること、思春期の男女が惹かれ合うこと、異なる2つの事象(世界)の間で主人公の感情が揺れ動くなど、これまでの細田監督作の特徴がほぼ全てが盛り込まれている、集大成的な内容になっていると言ってもいいでしょう。 「ジャケット詐欺」と言われてしまうほどにホラー的で、子供も観る映画とは思えないほどのグロテスクな描写もあるので気軽にはオススメできませんが、細田監督の作家性の一側面を知るという目的で、一度は観てみて欲しいです。 カンフー・パンダ そのタイトル通り、パンダがカンフーをする3DCGアニメです。 何よりダイナミックかつスピーディなカンフーアクションの数々は、実写作品とはまた違う感動があるはずです。 『バケモノの子』と特に似ているのは、敵キャラの設定です。 一郎彦と同様に師匠と崇めていた人物への不信感が悪に堕ちるきっかけになっており、その境遇が同じく拾われた子どもであった主人公との対比にもなっているのですから。 おまえうまそうだな 同名の絵本を原作としたアニメ映画です。 肉食の恐竜の主人公は草食の恐竜の母親に育てられていたのですが、やがて自身のアイデンティティに悩み、群れから離れて行きます。 その主人公は大人になってから、今度は草食の恐竜の子供にお父さんだと勘違いされてしまい、子育てを余儀無くされるのです。 子供向けの映画ではありますが大人も学べることも多い、隠れた名作と言えるでしょう。 チャッピー パッと見では『ロボコップ』に似たSFアクション映画ですが、劇中のロボットが生まれたばかりの子供で、彼を誘拐したギャングの男女がそのロボットにいろいろと教え込むことになるという、意外な子育て要素が楽しい作品です。 本当の親(ロボットの開発者)がその親代わりのギャングのところに度々やってきて、「そんなことしちゃだめだ!」と真面目に教育しようとする様はほとんどコメディのようでした。 そのギャングたちは私利私欲のためにロボットを利用していたのですが、やがて親としての愛情が出てくるため、『バケモノの子』の熊徹と同様の「ダメダメな親なんだけど憎めない」という感情が湧き出てくることでしょう。 『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマン様が最低な悪役を演じていることも見逃せませんよ。 参考図書:細田守とスタジオ地図の仕事 文:ヒナタカ 関連記事 ・ ・.

次の

バケモノの子 細田 守:文庫

バケモノ の 子 監督

Sponsored Link バケモノの子の鯨の正体は一郎彦? バケモノの子の鯨の正体は、 闇に飲まれてしまった一郎彦でした。 一郎彦は、赤ちゃんのときに、 「渋天街」の長・宗師の次期候補の一人である 猪王山に拾われて以来、 ずっと「渋天街」で生き続けてきました。 それからは猪王山を尊敬し、 父親のようになりたいと思っていました。 けれど、大きくなればなるほど 自分が父親に似ていない、 大きな鼻や牙が出てこない。 と思うようになりました。 大きくなってからの一郎彦が、 顔をマフラーのようなもので隠しているのも 父親のように立派な牙ができないのを 隠しているといわれています。 そんなときに、 尊敬していた父親である猪王山が 次期宗師をめぐる熊徹との戦いに 破れてしまいます。 熊徹と九太を見下していた一郎彦は その結果に不服で、 念動力を使い、 猪王山の剣で、熊徹を刺して消えてしまいます。 自分はバケモノの子に産まれたかったのに、 人間であることや、猪王山の敗北も重なり、 闇に飲まれて、鯨に変身したのでした。 Sponsored Link バケモノの子の鯨と小説『白鯨』の関係は? 『白鯨』の小説は、 大きくなった九太が、図書館で見つけ、 人間界で勉学に励むきっかけとなった小説です。 『白鯨』の内容を簡単に説明します。 船乗りの イシュメールは、 捕鯨船ピークォード号に乗り込みました。 そこで片脚を失った 船長エイハブに出会ったのです。 エイハブ船長の片脚は、 巨大なマッコウクジラ 「モビー・ディック」に 奪われてしまっていました。 そこで、エイハブ船長は、 自分の片脚を奪ったモビー・ディックを恨み、 復讐をしかけます。 最後には、 エイハブ船長は戦いののち、 モビー・ディックと海底に沈んでしまいます。 この小説のエイハブ船長も 最後には復讐と闇に飲まれてしまったんではないでしょうか。 エイハブ船長の復讐劇と 一郎彦の闇が似通っていますね。 バケモノの子の中での白鯨は、 「自分を映す鏡で、人間の心の闇の象徴」であり、 まさに、一郎彦は 鯨に変身したことによって、 人間の闇に飲まれてしまったことを表しているのです。 楓も作中で、 「人間の闇そのもの」と表現しています。 人間の闇、、 考えると奥が深いですよね。 誰しもが持っているものだと思うので、 一郎彦みたいになってもおかしくないかもしれません。 バケモノの子で鯨に変身した一郎彦が『白鯨』の文字を読めた理由 九太は最初に白鯨の小説を見つけたとき、 漢字が読めませんでしたよね? 渋天街では、文字をあまり習うことは 習慣化されていないようです。 なので、九太は文字の勉強をすることにしたのですが、 一郎彦が小説を見つけたときには文字が読めていました。 このことを疑問に思っている方も 多いと思います。 調べてみると、こんな理由がありました。 一郎彦の父親の猪王山は、 時期宗師候補だったことから 渋天街の中でも、身分の高いほうで 優等生だったからだといわれています。 渋天街でも、 優等生は、きちんと勉学に励んでるんですね。 宗師を目指しているのであれば、 当然なのかもしれません。 熊徹は… 勉強をする性格ではありませんね 笑.

次の