肋骨 ストレッチ。 【肋骨が出てる方必見】肋骨をきれいにする3つのエクササイズ!

肋骨矯正の効果・セルフ整体のやり方。肋骨の歪みで痛み不調が起きる!│中野「内臓整体×骨格矯正」専門|肩こり腰痛はもりもと整体

肋骨 ストレッチ

胸郭の構造とは? まず簡単に胸郭の構造について復習をしましょう。 胸郭は胸骨・肋骨・胸椎によって構成されており、樽状の形をしています。 胸骨は胸骨柄と胸骨体、剣状突起で構成され、胸椎と肋骨はそれぞれ12個ずつあります。 肋骨:左右合わせると24個 胸郭の前側にある胸骨と肋骨は肋軟骨でつながっており、この部分を胸肋関節 きょうろく関節 といいます。 後側は肋骨と胸椎が小さな靱帯などでつながっており、この部分を肋椎関節 ろくつい関節 といいます。 胸郭の詳しい構造については、以前こちらでイラストを用いてご紹介しています。 ご興味がある方はご覧ください。 胸郭の動き方とは? 胸郭の動きは肋骨や胸椎などが動くことで行われます。 みなさんもご存知だと思いますが、息を吸うと胸郭は広がり、息を吐くと閉じます。 胸郭はただ広がっているように感じますが、胸郭の動きは前と横で違います。 胸郭を前から見たときの動きをバケットハンドルモーション、横から見たときの動きをポンプハンドルモーションといいます。 簡単にご説明します。 バケットハンドルモーションとは? 胸郭の動きで有名なのがバケットハンドルモーションです。 バケットハンドルモーションは胸郭を前から見たときの動きで、息を吸うと胸郭は広がり吐くと胸郭は縮みます。 なぜバケットハンドルかというと、胸郭の動きがバケツを逆さにした時の取っ手の動きと似ているからです。 ポンプハンドルモーションとは ? ポンプハンドルーションは胸郭を横から見た時の状態です。 息を吸うと上に向かって胸郭が広がり、息を吐くと下に向かって閉じてきます。 これは井戸水の水くみと同じです。 取っ手を上げた時が息を吸った時、取っ手を上げた時が息を入った時になります。 このようにポンプハンドルーションは上下にしか動きません。 肋骨の動きとは? 次に肋骨の動きです。 肋骨は上側や下側に向かってねじれながら動きます。 これをそれぞれ上方回旋、下方回旋といいます。 胸を張るときに肋骨は上に向かって上方回旋し、丸めると下に向かって下方回旋します。 では体幹がねじれたときには 肋骨はどのように動くのでしょうか。 座った状態でカラダを左右にねじった状態を想像してください。 このとき左右の肋骨もねじれるよう動きます。 たとえば右側にカラダをねじると右の肋骨は後方回旋、左側の肋骨は前方回旋します。 逆に左側にねじると右の肋骨は前方回旋し、左の肋骨は後方回旋します。 このようにカラダをねじる側の肋骨は後方回旋し、反対側の肋骨前方回旋します。 実際に肋骨の動きを感じてみましょう。 まず両手を胸の横から前に向かってあてます。 胸郭に手をおいたまま、カラダを右側へねじってみてください。 すると右側の手は上にあがって、左側の手は下にさがると思います。 これは右側の肋骨が後方回旋、左側の肋骨が前方回旋が起こっているということです。 ではカラダを左右に傾けると胸郭はどのような動きをするのでしょうか。 まず座った状態でカラダを右側に傾けた状態を想像してください。 右側の胸郭は狭くなり、左側の胸郭は広がります。 これはイメージしやすいですね。 肋骨も同じ状態となっており、右側の肋骨と肋骨の間は圧縮されるように狭くなり、左側の肋骨と肋骨の間は広がります。 ポイントは傾けた側の胸郭と肋骨は狭くなり、反対側は広がります。 このように体幹を動かすと胸郭も一緒に動きます。 最初にご紹介しましたが、肋骨はカラダの前側で胸骨と胸肋関節としてつながっており、後側では胸椎と肋椎関節としてつながっています。 要するに胸郭が動くということは、胸肋関節や肋椎関節、肋骨すべてが動かないといけません。 ではどうすれば胸郭は動きやすくなるのでしょうか。 胸郭を動きやすくする方法とは? 胸郭を動きやすく、柔らかくする方法は色々ありますが、今回はダイナミックに全体的に動かす方法をご紹介します。 胸郭を拡張する方法とは? まず胸郭を拡張する方法です。 これはシンプルに胸を張るような動作を行いましょう。 立った状態でバンザイをしたり、座った状態で胸を張るだけでもかまいません。 このように床に手をつき胸を張るようにしてもいいでしょう。 ポイントは胸を張るのと同時に左右の肩甲骨を背骨によせるように意識します。 肩甲骨をよせることで、さらに胸郭は広がりやすくなります。 胸郭を閉じる方法とは? 胸郭を閉じる方法として、猫背のようにカラダを丸めましょう。 ポイントは肩甲骨を背骨から遠ざけるようにします。 分かりづらければ腕組みをすると肩甲骨が遠ざかるように動くので、腕組みをした状態でカラダを丸めてください。 胸郭をねじる方法とは? 最後に胸郭をねじる方法です。 これは左右の肋骨がねじれる動作なので、必ず行った方がいいストレッチ方法です。 方法として座った状態でも、寝た状態でもどちらでも行なえます。 まず座った状態からご紹介します。 椅子に背筋を伸ばした状態で座ります。 ポイントとしてしっかりと胸を張り、腰も伸びていることです。 ねじる側の手を頭の後ろに回し、カラダをねじるようにストレッチを行います。 手を頭の後ろに回すことで、肩甲骨は背骨に近づき胸も張りやすくなります。 次に寝た状態でのストレッチ方法です。 座った状態と同様にカラダをねじりますが、足も反対側にねじることがポイントです。 このようにダイナミックにカラダを動かすことで胸郭はストレッチされます。 是非、試してみてください! まとめ 胸郭が固くなると呼吸がしづらくなったり、体幹の動きが悪くなります。 胸郭は高齢者になればなるほど固くなるため、毎日動かしておくことが重要です。 胸郭のストレッチ方法は色々ありますが、今回はダイナミックに動かす方法をご紹介しました。 胸郭が固くならないように、みなさんも日頃からカラダを伸ばしたり・ねじったりして柔らかくしておきましょうね!.

次の

腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰痛改善教室 第37回】

肋骨 ストレッチ

ウエストにきれいなくびれを作るには ダイエット 筋トレ 代謝 骨盤 カロリー 糖質 など 注目されるキーワードがたくさんあります。 女性としては、ただ痩せるだけではなくきれいななくびれがほしいところですね。 そこで、最近注目され始めたのが、、、、なんと 肋骨!! 脂肪は多すぎると肥満でスタイルが崩れ、筋肉が多ければ代謝がアップして痩せやすい体になります。 脂肪と筋肉がダイエットやプロポーション作りに大切なのは分かりますが、カロリーを消費しない骨がダイエットに関係するのでしょうか?? 教えてくださったのは 福岡でパーソナルトレーナーをしている 田村幸助さん。 年間2000回のトレーニング指導をしており第一線で活躍されているトレーナーさんです。 肋骨エクササイズの効果 近年では、美しいボディラインを作るには肋骨を重要視するスポーツトレーナーさんも珍しくありません。 肋骨の広がり次第ではウエストの幅が違って来るので、同じ体重であっても寸胴に見えてしまいます。 画像で見ても分かるように、肋骨の幅が狭い人はウエストがキレイにくびれて見えるのに対し、肋骨の幅が広い人は上半身全体が寸胴に見えます。 肋骨を意識してトレーニングすることで、 お腹周りの脂肪燃焼効果もアップして・ お尻を最大限引き締めることに繋がってきます。 お尻なんて肋骨から離れているのに、引き締めれることができるなんて意外です。 風船を膨らませる ここからは、自宅で簡単にできる肋骨エクササイズのやり方を紹介していきます。 肋骨を引き締めるには 息を吐くことが重要になってきます。 「風船を膨らますこともできないと、効果が出にくい」とされているそうで、1種のバロメーターと考えてください。 実は肋骨エクササイズの1つ目は 「ただ風船を膨らませるだけ」なんです。 たくさん息を吐くことでグーっと肋骨が締まるので、息を吐く力をつけることができます。 ただ膨らませるだけでなくポイントがあります。 どんなに苦しくてもしっかりと息を吐ききることが重要になります。 四つん這いで 四つん這いで行うエクササイズです。 *肋骨は体の内側にしまい込むように意識します。 これを5回行います。 肋骨の位置はキープしたまま長~く息を吐くこと。 回数を重ねるごとに、さらに肋骨を内側にしまい込むように意識します。 画像で見ればこんな感じです。 息を吸い込めば背中はこんなにも盛り上がり、猫が威嚇している時に似ていますね(笑) 肋骨締め+腹筋 一石二鳥のエクササイズですがすごくキツイです。 (手は太ももを這わせるように前に伸ばします。 *上体は肩甲骨が浮く程度でキープし、上体を起こしてるときはキツイですが呼吸は止めないように!! 手で抑えている(肋骨の下の)部分を締める感じです。 自然とみぞおちの辺りに力が入るのを感じると思います。 できるだけ肋骨を締めた状態をキープ。 このエクササイズを継続することで、 身体のシルエットに変化が見られ、脂肪燃焼効果もアップします。 やってみたら分かりますがかなりしんどいです!! 腹筋もキツイですが肋骨がこる感じがします(笑) ココまで読まれて、肋骨を締めるエクササイズができそうであれば、ぜひ挑戦されてください!! きっと美しいスタイルとくびれを手に入れられることでしょう。 「家でここまでするのは面倒!!けど、くびれは欲しいに決まっている。 」 まとめ 肋骨を締めるエクササイズを紹介しました。 最近の投稿• 最近のコメント• に redstar より• アーカイブ• カテゴリー• 161• メタ情報•

次の

《肋骨下筋ストレッチ方法》肋骨のインナーマッスルをほぐして浅い呼吸を深く

肋骨 ストレッチ

・肋骨が固いと背骨やその周囲の筋肉が固くなり、腰痛の原因となる ・呼吸が浅くなり、脳や全身の血行不良から痛みが出やすくなる ・肋骨をストレッチすることで解消することができる 肋骨は第1肋骨から第12肋骨まで左右12対24本あり、心臓や肺など大事な胸部の臓器を囲うように守る役割があります。 また肋骨と肋骨の間には肋間筋という筋肉があり、横隔膜とともに肋骨を広げたり狭めたりして、肺を動かして呼吸運動をおこなっています。 肋骨は前側は胸骨に、後ろでは脊椎(胸椎)につながっています。 腰痛の方は肋骨が固い? 筆者のを訪ねてこられる腰痛患者さんの半分くらいに、肋骨が固いケースが見受けられます。 肋骨が固くなると、なぜ腰痛が起こるのか? 肋骨は背骨につながっていますので、肋骨が固くなると背骨(胸椎)が固くなります。 背骨はブロック状の椎骨が繋がった構造をしています。 背骨が動く時、例えば身体を前に曲げたり後ろに反らしたりする時は、一つひとつの椎骨が少しずつ曲がったり反ったりして、全体として大きな動きが生まれます。 しかし、肋骨が固くなると、胸椎部分の動きが悪くなってしまいます。 その状態で動こうとすると、他の部分、つまり腰(腰椎)や首(頸椎)がその動きを補うため、そこに大きな負担がかかります。 また脊柱起立筋など背骨の周囲の筋肉も肋骨に付着しているものが多く、それらの筋肉も固くなってしまいます。 背骨やその周囲の筋肉が固くなると、背中から腰にかけて血行が悪くなり、疲労が回復しづらくなったり、老廃物がたまって発痛物質という痛みの原因となる物質が増えてしまったりします。 それだけでも腰に痛みがおこりますし、さらに腰や背中の筋肉にトリガーポイントが生じたりすると、そこから強い痛みがおこってしまいます。 トリガーポイントについて詳しくは以下のページをご覧ください。 呼吸が浅くなると、脳や全身の血行が悪くなる また、肋骨が固くなると浅い呼吸になってしまいます。 呼吸が浅いと十分に酸素がとりこめず、自律神経の働きも悪くなるため、全身的に血行が悪くなりやすくなります。 それにより脳にも、痛みを感じやすくなってしまったり、意欲が減退したり、落ち込みやすくなったり、といった影響があらわれてしまいます。 このようなことから、肋骨が固いために腰痛がおこり、治りにくくなってしまうのです。 痛みと脳について詳しくは以下のページをご覧ください。 肋骨や背骨をゆるめるストレッチ 肋骨や背骨をゆるめる方法はたくさんあります。 もっとも簡単なのは深呼吸です。 仰向けに寝てリラックスした状態で、ゆっくり大きく深呼吸を繰り返すだけでも効果があります。 息を吸うときに胸や肋骨を大きくふくらませ、吐く時にしっかり吐ききる、ということをゆっくり大きく繰り返します。 また、ヨガでおこなう猫のポーズ、またはキャットドッグというエクササイズも効果的です。 上のイラストのように、手と膝をついた四つ這いの姿勢から、息を吸うときは背中を反らし、吐く時はおへそを覗き込むようにしながら背中を突き上げるように丸める、ということを繰り返します。 5~10回ほどを日々続けてみてください。 このトレーニングをおこなうことで痛みが出たり、または痛みのためにこのトレーニング自体ができないようでしたらやめてください。 また、拙著「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」が、全国書店にて3月20日から発売となっています。 こちらでも肋骨をゆるめる方法を多数ご紹介しておりますので、お読みいただけると幸いです。 以下の記事でも様々な腰痛・坐骨神経痛改善エクササイズをご紹介しております。 ぜひお読みください。 文・指導/川口陽海 厚生労働大臣認定鍼灸師。 腰痛トレーニング研究所代表。 治療家として20年以上活動、のべ1万人以上を治療。 自身が椎間板へルニアと診断され18年以上腰痛坐骨神経痛に苦しんだが、様々な治療、トレーニング、心理療法などを研究し、独自の治療メソッドを確立し完治する。 現在新宿区四谷にて腰痛・坐骨神経痛を専門に治療にあたっている。 著書に「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(発行:アスコム)」がある。 【腰痛トレーニング研究所/さくら治療院】 東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301 TEL:03-6457-8616.

次の