北陸 新幹線 時刻 表 上り。 新幹線の「上り(のぼり)」と「下り(くだり)」ってどういう意味ですか?使い方は?

北陸新幹線かがやき上り線、停車駅&発着時刻表(定期列車)

北陸 新幹線 時刻 表 上り

北陸新幹線は東京駅から金沢駅まで最短2時間28分で結ぶ新幹線です。 1997年に東京駅から長野駅までの部分開通から18年後の2015年に金沢駅まで開通しました。 開通を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。 更に京都・大阪間も繋がっていく予定の北陸新幹線。 今後も楽しみですね。 北陸新幹線の時刻表 北陸新幹線の種類はかがやき、はくたか、あさま、つるぎがあります。 かがやきは東京駅から金沢駅までを最速で結んでいます。 はくたかも東京駅から金沢駅までを結ぶ新幹線です。 かがやきが止まらない駅で下車する場合ははくたかを利用しましょう。 あさまは東京駅から長野駅までの新幹線です。 基本的には各駅停車です。 つるぎは富山駅から金沢駅を結んでおり、金沢駅で大阪・名古屋方面の特急に接続します。 下り東京駅発の中で金沢駅に1番早く着くのはかがやき6時16分です。 金沢駅には8時46分に着きます。 長野駅からなら、はくたか6時11分発で金沢駅着は7時38分です。 富山駅からなら、つるぎ6時12分発で金沢駅着6時35分着になります。 上りで、東京駅に一番早く着くのは長野発あさま6時02分で東京には7時40分着です。 金沢発は6時発のかがやきで東京駅8時32分着です。 一方、下りの終電は富山発つるぎ23時33分で金沢着23時56分です。 東京駅発では20時12分発はくたか20時12分発金沢駅着23時21分着です。 長野駅までなら東京駅あさま22時08分発長野駅着23時53分着があります。 上りの終電は金沢駅発21時かがやきで東京駅着23時32分着になります。 富山駅までなら金沢駅23時37分発つるぎで富山駅23時59分着になります。 北陸新幹線を利用することで日帰りでも十分に行くことができるようになりました。 北陸新幹線の料金 北陸新幹線はかがやきが全席指定席になっています。 かがやき、はくたか、あさま、つるぎとも全部同料金です。 通常期の場合(片道) 東京駅から指定席の場合、長野駅まで8200円、富山駅まで12730円、金沢駅まで14120円、自由席の場合は長野駅まで7680円、富山駅まで12210円、金沢駅まで13600円となっています。 指定席は閑散期が200円引き、繁忙期には200円増しになっています。 (自由席は通年同額)また、グリーン席では18750円、最上級グランクラスでは26970円で、金沢に行くことができます。 えきねっとでは限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を購入できます。 対象の新幹線、席数、区間には制限がありますが、利用したい新幹線、区間であればお得に利用できます。 普通車指定席で10パーセント割引だったり、期間限定の「お先にトクだ値」対象なら、50%割引の場合もあります。 座席数に限りがあるほか、利用条件が通常きっぷとは異なるので条件を確認した上で、利用できるなら、お得に乗車することができます。 北陸新幹線を予約や空席状況 北陸新幹線を急に利用することになった場合、空席を手軽に調べることができる便利なサイトがJRサイバーステーションです。 (www. cyberstation. パソコン以外のスマホでも検索できるので出先でも空席状況や運行状況なども確認できます。 利用時間は6時30分から22時30分までです。 また、予約をしたい場合にはえきねっとでネットを使って予約ができます。 (www. eki-net. チケットの受け取りはえきネット表示のある券売機で受け取りができます。 その他にも指定席の他に、自由席、グリーン、グランクラスの運賃を確認できたり、予約変更を切符受け取りの前なら何度でも変更できたり、新幹線や特急列車の割引切符「えきねっとトクだ値」を申し込むこともできます。 また、指定席は窓口で乗車日1カ月前の午前10時から発売されますが、えきねっとでは1週間早く申し込むこともできます。 夏休みなどの混雑が事前に予想される時にはこの事前受付サービスが手軽で安心なサービスです。 スポンサーリンク 北陸新幹線の駅一覧 北陸新幹線の停車駅は現時点で金沢駅から東京駅までの18駅となっています。 駅一覧は以下の通りです。 東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅 車両によって、停車する駅、一部停車する駅、通過する駅があります。 2015年に開通した長野駅から金沢駅間には長野県1駅(飯山駅)新潟県2駅(上越妙高駅、糸魚川駅)富山県3駅(黒部宇奈月駅、富山駅、新高岡駅)石川県1駅(金沢駅)が新設されました。 富山駅には新幹線のホームが併設され、新高岡駅は新幹線開業に伴い、新しく作られた駅です。 金沢駅は、東口が新幹線側となっており、「もてなしドーム」がお出迎えします。 「雨の多い金沢で駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」をコンセプトにしたドームです。 新幹線開通に伴い、停車駅もそれぞれの状況に合わせて変化し、利用客を迎えているんですね。 北陸新幹線のルートや路線図 今は金沢駅間までのルートが完成されていますが、今後もルートが拡大され、金沢駅から敦賀駅をつなぐルートは平成34年度の完成、開業を目指して工事中です。 また、敦賀駅から、京都、大阪までをつなぐ計画も進んでいます。 平成28年には与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおいて、「小浜・京都ルート」で京都駅・新大阪駅を結ぶことが決定され、福井県小浜付近を経由するルートになることが決定しました。 また、京都、新大阪間のルートは北回りと南回りのルートが検討されてきましたが、平成29年に南回りルートに決定されました。 地震大国の日本。 太平洋側では東海地震などの発生が懸念されています。 もし東海地方で大きな地震があった場合に東海道新幹線の運航が停止してしまうので、東海道新幹線の代替補完機能を確保するためにも北陸新幹線のルートでの大阪までの全面開通が必要になってきます。 詳しい路線図や北陸新幹線の座席などはJR東日本のサイトから見ることができます。 jreast. html) スポンサーリンク.

次の

北陸新幹線の時刻表や料金・路線図など

北陸 新幹線 時刻 表 上り

今回は前回の続きで、上越新幹線上りダイヤへの影響確認です。 下りダイヤに比べて、上りダイヤはやや影響範囲が大きいのですが、それだけに今までの記事でそこそこ書いてきてしまっています。 なので、今回はこの記事を参照、みたいな内容が多くなってしまいます。 ここまで書いていざ内容を考えてみた時に、今回新しく出てくるのはとても地味な1か所だけだと気がついたのですが、とりあえず初めて行ってしまいましょう。 まずは朝上り東京着7〜8時台。 この時間帯は北陸新幹線の影響というより、上越新幹線を増発したために発生したもので、むしろ東京着8時00分の「あさま602号」が4分繰り下がるようになっています。 あとは『上越新幹線 スピードアップ後の朝上りダイヤ案を手直しする』という記事に書いたとおり、「とき300号」をスピートアップによって新潟発6時02分、東京着7時56分とし、空いた東京着8時12分着で「たにがわ」を増発します。 高崎始発の「たにがわ」がおよそ10分間隔に3本連続して設定されることになりますが、こんなもんでしょうか。 続いては『妄想ダイヤの保留箇所を確定させる 〜その1〜』で書いた話。 東京着14時12分の「あさま」を削減したために、本庄早稲田・熊谷の停車列車減を補う必要が出てくるわけです。 一度書いた話の振り返りになりますが、東京着13時00分の「たにがわ410号」を1時間繰り下げて東京着14時00分とし、東京着13時12分の「あさま614号」を本庄早稲田に追加停車させ、ほぼ1時間ごとに各駅停車タイプを設定することになります。 これをやると上毛高原駅の停車列車間隔が悪くなるので、これも前記事で書いたように東京着12時28分の「とき316号」を東京着12時44分に設定変更したうえで上毛高原駅に停車させ、逆に東京着13時28分の「とき318号」を上毛高原駅通過に改めます。 実はここに地味な1か所があります。 東京着12時44分で、しかもこの「とき316号」は熊谷に停車するわけですから、東京着12時40分 2020年 令和2年 3月14日改正ダイヤでは36分着だが、規格ダイヤの都合で4分繰り下げ の「はくたか558号」に引っかかる、というわけです。 とはいえ、「はくたか558号」のスジは変更できません。 熊谷で「とき316号」を追い抜く、という策もないわけではないですが、ここは「はくたか558号」を高崎通過にしてスジに余裕を生み出す形にします。 スジが雁行するので、片方が高崎通過してもいいわけです。 なお1時間前の「はくたか556号」を代わりに高崎停車に変更。 結局、上越新幹線への影響ではなく、上越新幹線に影響を与えたことによる北陸新幹線への影響という形です。 どんでん返しもいいところですね。 あとは「たにがわ412号」のスジが「あさま」に建て替えられたことを補うための「とき330号」上毛高原停車化が影響点になるわけで、これ以降については上越新幹線上りスジへの影響は出ないことになります。 夜間上りの「かがやき」増発スジの東京着22時32分はもともと空き枠で、また「はくたか576号」のスジを変更したことによって東京着22時12分の枠が空いたといってもこれを使って…というようなものもないですからね。

次の

JR東日本、5月28日以降の新幹線は約6割運転の臨時ダイヤ。指定席は2週間おきに発売

北陸 新幹線 時刻 表 上り

今回からは今までの逆で、北陸新幹線延伸区間の下り朝ダイヤを妄想していきます。 この時間帯は前回までと逆で、一に東京、二に金沢・富山への通勤輸送という発想になっていきます。 敦賀駅の始発列車が6時発として、現行の始発「サンダーバード1号」は大阪6時30分発で敦賀7時57分着ですので、少なくとも7時台までは敦賀駅の連絡は考慮せずに進むことになります。 最も、毎週月曜日には「ビジネスサンダーバード」があり、これが敦賀7時27分着というスジもあるのですけどね。 以前「北陸新幹線 敦賀延伸後の東京駅再先着列車を考える」という記事内で、現行の「かがやき502号」をそのまま敦賀発に延伸する案と、敦賀6時0分発の「かがやき」を設定するかの2案を検討しましたが、今回は前者の案を採りたいと思います。 福井から東京への最先着時間が9分遅くなるのが残念な点ではあるものの、北陸新幹線全体での利便性向上効果を考えればこちらの案の方がいいと、筆者は思うのですが、そこは考え方ひとつでしょう。 まず敦賀発6時台は、6時0分発の富山行き「つるぎ700号」からということになります。 ここで、今までの妄想では書いてこなかった号数が出てきましたが、この列車に関しては号数がぶれることはないだろうと踏んだわけです。 ちなみに、上越・北陸新幹線の上り列車は一の位「0」から始まるのに、「はくたか」だけは「はくたか552号」から始まっているのが筆者の中でささやかな疑問だったりします。 それはともかく、その後6時25分発の「かがやき502号」というわけです。 ここで現行の北陸本線下りダイヤの金沢駅到着時間を見てみます。 「サンダーバード1号」の前に福井発の特急「ダイナスター」が3本、敦賀発の「おはようエクスプレス」が1本設定されています。 その到着時間は「ダイナスター1号」が6時47分、「ダイナスター3号」が7時37分、「おはようエクスプレス」が8時9分、「ダイナスター5号」が8時32分になっています。 これら列車は北陸新幹線接続の意味合いもあるのですが、金沢・富山方面への通勤新幹線としての時刻設定のヒントにもなりうる存在です。 敦賀6時0分発の「つるぎ700号」の金沢到着時間は6時54分になり、「ダイナスター1号」の代替になりうる存在になっています。 そもそも、「ダイナスター」は「かがやき」への接続を第一に考慮したダイヤ設定になっているわけですから、当たり前といえば当たり前でしょう。 となると、敦賀を次に発車するであろう「かがやき504号」は、東京着10時20分から逆算すれば敦賀7時13分発で、「かがやき502号」の48分後。 となれば、次の「つるぎ702号」も、敦賀6時46分発で金沢7時40分着、富山8時4分着というスジが引けます。 次の「かがやき504号」は敦賀8時13分発になり、「サンダーバード1号」からの接続列車を兼ねることになります。 となれば「つるぎ704号」は、「ダイナスター5号」の代替スジになり、敦賀7時46分発で金沢8時40分着、富山9時4分着というスジに落ち着きます。 ではこの間の「おはようエクスプレス」はどうするのか。 金沢8時23分発の「はくたか556号」を敦賀発にすればちょうどぴったりでしょう。 長野で「かがやき506号」を待避するこのスジ、3分繰り上がるとなれば敦賀発は7時31分。 どこかで見たことある発車時間のような…、.

次の