ビート テック 株式 会社。 システムエンジニア

ビートテック株式会社

ビート テック 株式 会社

常に考えているのは 「その仕事ってエンジニアの ためになるの?」 「いい会社=エンジニアが育つ会社」を理念に「100年後の子供たちのために」をビジョンとして、会社を永続させていく事が社会貢献だと考え経営しています。 そして、「その仕事ってエンジニアのためになるの?」を常に考え、エンジニアの成長を経営の最重要課題としています。 いろいろな価値観を持った人が集まり、自由に意見を言い合うことができる組織とイベントやサークル活動など、組織に依存しない横の繋がりからくるアイデアやイノベーション、やる気を尊重する自由な風土を大切にしています。 この理念や考えに共感してくれる人を一人でも増やしていきたいです。 夢は日本から世界に技術を発信できる会社になることです。 そういう会社って今の日本には少なくなってきたと思います。 SONYやHONDAなど技術で世界のTOPになった日本企業が目標です。 会社立ち上げからこれまで苦労の連続でしたが、良い仲間とひたむきに熱い思いで乗り切ってきました。 これから先、私たちと関わる多くの人を幸せにし、エンジニアを成長させ続けられる会社を目指していきます。 代表取締役社長 社名 ビートテック株式会社 所在地 本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル6F 大阪支店 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-4 千代田ビル西館4F TEL 本社:03-6685-2512 大阪支店:06-7670-0155 FAX 本社:03-6685-2513 大阪支店:06-7670-0156 創業 2015年 平成27年 1月 代表者 代表取締役社長 冨田 正治 資本金 3000万円(資本準備金1000万円) 事業内容 Webシステム・スマホアプリ企画/設計/開発/運用/保守 情報システム開発・保守運用 サーバー・ネットワーク構築/運用/保守 システムエンジニアリングサービス エンジニアアウトソーシングサービス 受託システム開発 許認可 労働者派遣事業 派13-307904 有料職業紹介事業 13-ユ-309679 プライバシーマーク 第21004488 マージン率.

次の

こんな思いで会社設立しました

ビート テック 株式 会社

主な対応工事 立体駐車場設備工事は立体駐車場を作る機械器具設置工事です。 近年、大型店舗だけではなく小規模店舗、集合住宅、一般家庭などで立体駐車場のニーズが増えています。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

低位株、ボロ株の上昇ラッシュ!ビート(9399)Nuts(7612)ジェイテック(2479)

ビート テック 株式 会社

ビート社は、香港に事業本部を構え、シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国及びカナダに子会社を有する企業です。 同社は所有する知的財産権及びブロックチェーン技術に基づくアプリケーションの開発、ウェルネス・サービスの提供、ヘルスケア・ウェアラブル端末のデザイン及び製造、知的財産権のライセンシングの事業を行っています。 また子会社のGINSMS(トロント・ベンチャー証券取引所に上場、TSXV:GOK)を通じてモバイル・メッセージング・サービス並びにソフトウェア製品及びサービスを提供しています。 しかしながら、新事業にかかる技術的困難さから新事業の開発に関して当初の予定に比べて遅延が見込まれていること、また、新事業開発をリードしてきた同社CEOレン氏が健康上の理由で同社の役員及び取締役を同社の次回定時株主総会日をもって退任する予定であるところ、レン氏に代わり新事業の開発を推し進める体制を整える必要があります。 一方、2018年には当社は、ビート社がこれまでシンガポールやマレーシアで築いてきたブロックチェーン技術にかかるネットワークや知識と、当社グループが有するブロックチェーンに関する技術そして同技術を利用した商業化のノウハウには、親和性及び技術的相互補完性があると判断し、ビート社と協業についての協議をしていた経緯があったところ、前述のビート社の状況から、本年の春頃から改めて協業の検討を開始していました。 そして、今般、当社からビート社に資本参加するとともに、当社の子会社OKfinc LTD. (本社:マレーシア・ラブアン、CEO:松田 元)が持分の97. BHD. (本社:マレーシア・ジョホール州、CEO:松田 元、以下「OBC」)の有するブロックチェーン技術を生かし、ビート社から新事業に関する開発の一部を受託する予定です。 当社が受託を検討している開発の内容は、ビート社の子会社のGINSNS Inc. が展開するメッセンジャー機能上のデータを暗号化してブロックチェーンに載せ秘匿性を高めることや、ビート社の子会社のActivate Interactive Pte. Ltd. が行う健康医療情報の収集提供サービス上の健康情報をブロックチェーン化し医療機関等で共有できるようにすること等ですが、具体的な業務委託の範囲・委託料等に関しては、今後ビート社と協議・合意する予定です。 また、ビート社CEOレン氏が健康上の理由により同社の役員及び取締役を辞任する意向であることから、当社の代表取締役社長である松田 元が、2019年10月11日付でビート社の暫定最高技術責任者CTOに就任し、また、ビート社の定時株主総会での承認を条件として、2019年11月29日付でビート社の取締役会長兼最高経営責任者に就任する予定です。 添付リリース.

次の