ループ7回目。 エンドレスエイト (えんどれすえいと)とは【ピクシブ百科事典】

ループ7回目の悪役令嬢 は、元敵国で自由気ままな花嫁…

ループ7回目

ループ7回目の悪役令嬢 は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する あらすじ 「リーシェ・イルムガルド・ヴェルツナー! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 実はリーシェにとって、この婚約破棄は7回目。 ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻っているのだ。 普通なら心が折れる所だが、リーシェのメンタルは強靭だった。 過去6度の人生、忙しくも充実していたけれど、今回くらいは長生きしたい。 出来ればのんびりゴロゴロ生活もしたい……! 7回目のやりなおしに至って、そんな斜め上の目標を掲げたリーシェ。 なのに今回の人生では、過去の人生で自分を殺した、軍国の皇太子に嫁ぐことになってしまう。 ……いいでしょう。 元敵国だろうとなんだろうと構いません。 7度目の人生、この城でごろごろを満喫してみせます!! ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する 作者: 雨川.

次の

条件判断でループ処理を行う

ループ7回目

よほどのオリジナリティを加えないと厳しいのだけど、残念ながらほとんど何もない。 ただ 「死にたくても死ねない人間たち」というテーマは個人的に好きで、全編に漂う「閉塞感」はセルビアという国へのなにかしらの想いも含め、感じるものはある映画。 簡単にいうとこんな話(ネタバレなし) 街中のベンチで目を覚ます記憶喪失の男。 そこから白い仮面を被った四人の男たちに追われ、殺される。 そして、ベンチでまた目を覚ます。 同じ時間を何度もループしながら「俺は誰だ」を探っていく映画。 ネタバレあらすじ 男が街のベンチで飛び起きる。 「俺はここで何をしてるんだ?」自分の名前も覚えていない。 記憶喪失。 突然、狙撃され肩を撃たれる。 白い仮面の四人の男たちに囲まれ射殺される。 ベンチで目を覚ます。 さきほどと同じ時間軸。 周りの人たちの動きも毎回同じ。 「夢だったのか。 」しかし状況は変わっていない。 「なぜ俺はここにいる?」途中で何度か夢をみる。 家族が惨殺され、残った少年に何者かが銃を突き付けている映像。 覚えてはいないが、必ず見る夢だ。 三回目のループ時、柱に頭を打ち付け、病院に運ばれる。 医者たちはどうやら自分のことを調べているらしい。 刑事もいて「お前は誰だ」と聞いてくる。 自分が発見されたときの持ち物は、携帯電話とマッチだけだと言う。 また、血液の中になにかの物質が混じっていたと。 四回目のループ。 ベンチの下から石をみつける。 石は街の敷石だった。 やがて石のあった場所をみつけ、そこに「541」と書いたメモをみつける。 どこかの闇医者と会う。 なにか関係があったことは思い出す。 教えてくれと頼むが、逃げられる。 医者をつかまえて吐かせたのは「知らない番号から電話があり、君の記憶を消せと頼まれた」という。 どうやら、この闇医者に何者かが自分の記憶を消すように依頼したらしい。 六回目のループ時、地下室で白い仮面の男をひとりつかまえる。 記憶が戻ってきた。 自分は白い仮面の男たちの仲間だ。 夢で見た少年を撃たなかったことで仲間に責められた自分は、殺し屋という立場が嫌になり、自分で自分の記憶を消し、自分で自分の殺しを依頼したのだった。 仲間たちに「俺は君らの五人目だ」と告げる男。 自分で頭を撃つ。 ループ七回目。 ベンチからすべての道に行くパターンを確かめた。 あとは「ベンチに座ったまま逃げずにいる」選択だけだ。 そこに白い仮面の男たちが着て「忘れ物ですよ」と銃を渡そうとする。 が、うちのひとりが男を撃ち殺す。 ベンチ…が映るが、男はいない。 「俺はどこだ。 もうここでは目覚めない。 」とのナレーション。 つまりこういう映画(語りポイント) セルビアといえば、あの「セルビアンフィルム」の国なので、なにかあるのでは?を期待して観ましたが、期待したものは何もなかったです。 そして、結局は不条理系の夢オチのまま終わるので、 普通に見たらまったく面白くありません。 何十年も前から、何百回も使われてきたタイム・ループ系の設定。 よほどのオリジナリティを加えないと厳しいです。 殺し屋が、ルーティンワークとして人を殺し続けることに嫌気がさし、自分で記憶を消し、自分で自分の殺害を依頼していた、というネタなので、 つまり「犯人は自分だった」というところに意外性を託したのでしょうが、それも「メメント」で既に使われていますしね。 「死んだらタイムループする」という設定の弱点は、主人公のピンチに対してまったく緊張感がなくなる点。 どうせ生き返ることがわかっているからです。 最後まで見たら、それは 「むしろ死ねないことが問題で、そこが言いたいところ!」だとはわかるのですがね。 そこに行くまでに飽きてしまう。 ただ、言いたいことはわかるし、テーマとして訴えたい部分に「なにか」は感じました。 逆のパターンとしてありがちな「ストーリーは意外性たっぷりでドキドキハラハラ面白かったのだけどテーマ的な中身はなにもない」タイプの映画よりは個人的に好感が持てるのです。 結局「なにか言いたいから。 なにか伝えたいから」モノを作るわけなので。 そのイキは感じました。 「死にたくても死ねない」 「どの道を行っても、結果は同じになる」 「残された道は、その場にとどまることだけ」 世の中がどうであろうと、現状に不満を持っていようと、だからといってその場から逃げて別の道を選んだところで…結局、行く末にさほどの違いは生じない。 そんなアキラメの心境。 世界の中で、決して恵まれているとはいえないセルビアという国、そこで生きる人たち。 なにかしらの閉塞感や人生観を強く匂わせる設定ではあり、大きな「なにか」の前で、どうすることもできない小さな人間の悲哀。 小さな国から、世界に向けて「なにかを訴えたい」時に、映画という媒体がメッセンジャーとして機能するなら。 思惑が成就したかどうかはさておき。 映画が面白いかどうかはさておき。 映画が持つ可能性という部分で、応援したくなるものはありました。 kyojikamui.

次の

【C言語入門】for文の使い方(break、continue文でループ制御)

ループ7回目

ウラ面もまた、鑑賞のキーポイントを散りばめていて、緊張感のある仕上がりになっている。 いいジャケットだと思う。 ところで、タイトルが『〈〈〈〈〈 タイム・ループ 〉〉〉〉〉』となっているが、これは『ループ/《《 時に囚われた男 》》(2016年度 ハンガリー)』と、よく似ている。 どこかに元ネタがあるのかも知れない。 【感 想】 「宗教的なアクション・スリラー」 タイム・パラドックスを扱ったSF映画のような邦題が付いているが、原題から推してキリスト教がモチーフになっている。 セルビア人は、大半が正教会の教徒らしいから、劇中のアイテムやストーリーには、何らかの隠喩があるとみて間違いないだろう。 主人公が白いマスクを着けた男たちに追い駆け回されて7回も殺されるストーリーから、謝肉祭かと思った。 復活祭までの1週間に行われる祭事だ。 仮面をつけて着飾り、踊る様子がニュース等で紹介されている。 いわゆるカーニバルとかマルティグラってやつ。 キリストの復活を祝うお祭りに繋がるので、本作品のラストの説明にもなる。 でも、何となくしっくり来ない。 1回目:主人公は死んでいるではないかとミスリードしつつ、状況説明。 所持品は携帯電話とマッチだけ。 いきなり白いマスク姿男(以下、マスク男)たちに撃ち殺される。 2回目:同じ時、同じ姿で再び目覚める。 今度は通行人を犠牲にして逃げる。 笑 スリ被害の女性を人質にされて、行き止りで撃たれる。 3回目:三度、目覚めて自分の顔を覚えていないことに固執する。 よそ見をして街灯にぶつかって気絶。 病院で目が覚める。 (目覚めた患者を見て逃げ出すナースなんている?) 鏡で自分の顔を見てうっとり。 でも、病院の待合室で撃たれる。 4回目:また同じ場所で目覚めて地団駄を踏む。 ベンチに貼り付けられた石を発見。 改修工事中のビルに逃げ込み、都合良く怪しげな博士と出会う。 博士は電話で「記憶を消せ」と命じられたと言う。 石は敷石のことらしいと気づく。 が、撃たれて道端で死ぬ。 (グズグズしてないで、とっとと逃げろよ) 5回目:今度は敷石の下から数字の書かれたメモ紙をゲット。 地下道に逃げ込むが、ここにもマスク男たちが現れる。 何とか逃げ延びた主人公は草原の丘に迷い込む。 そして、マスクを焼いた焚き火の跡を見つける。 けれど、そこまで。 追って来たマスク男たちに撃たれる。 6回目:さすがにうんざりした主人公は意を決して、マスク男たちが現れた道を敢えて選ぶ。 初めて攻勢に出る。 けれど、またもや追い詰められる。 そして、何があったのか全部思い出す。 主人公は、自分の頭を撃ち抜く。 7回目:主人公は何もしないことにする。 すぐにマスク男たちに囲まれるが、自分が彼らの仲間だったことに気づいて貰うことが出来た。 でも、撃たれる。 8回目:ベンチに主人公の姿はなかった。 (で、どこに行ったんだ?) 英題の『INCARNATION』は、キリスト教用語で、化身とか受肉を意味する。 では、主人公はイエスになぞらえられているのか? 三位一体か? 宗教に疎い私には、納得できる解釈が得られなかった。 そのせいか、面白いのか、つまらないのか、さっぱり判らなくなってしまった。 苦笑 凝ったアングルやカメラワークは観ていて楽しかったし、サラウンドなら銃声の迫力を堪能できたかも知れない。 同じ事象を別の角度からみせる工夫も面白い。 映像面では、満足度の高い作品だった。 出来れば、誰か有識者に観て貰って解説して貰いたいので、オススメ!(そんな推薦の仕方でいいのか?).

次の