ご査証ください 意味。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

「ご査収ください」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いも解説|ferret

ご査証ください 意味

ご査証の正しい意味とは? 「ご査証ください」「ご査証のほどよろしくお願い致します」…という言葉は、社会人経験のある人なら目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 でも、この「ご査証」の本当の意味をあなたは知っていますか? ご査証の意味は「調べて証明する」 ご査証という言葉に含まれるそれぞれの漢字の意味から追ってみると、 「査」=よくみて明らかにする・調べる、「証」=確実な根拠に基づいたうえで事実を明らかにすることを指します。 つまり査証とは、 「よく調べて、確実な根拠をもって証明する」という意味になります。 ご査証の読み方は「ごさしょう」 口頭で伝えることが少ない言葉なので、声に出して読んだことがある人は意外と少ないかもしれません。 ご査証の読み方は「ごさしょう」です。 電話応対の際、ていねいな人は電話口で言うこともある言葉です。 そのため、電話を受ける時に正しい読み方を知っていれば、声(音)で聴いただけでも言葉の意味を想像できます。 「ご査収」と「ご査証」の違い ご査収は「収めて確認する」の意味 ご査証とご査収は、一文字違いで音感も似ているために、混同されやすい言葉です。 ご査証が「調べて証明する」という意味であるのに対し、 ご査収は 「収めてよく確認する」という意味があります。 ご査証に比べて汎用性が高く、「ご査収の程、よろしくお願い致します。 」というように、メールや書類によく使用されています。 ご査収は、メールや文書内に記載した事項について、「よく確認してください」という意味で使われているため、ご査証よりも使用頻度が高く使いやすい言葉です。 「ご査収」の使い方は以下の記事も参考にしてください。 「ご査証ください」の正しい使い方 「確認する」ことを相手に促す「ご査収」に比べて、相手に「証明する」という行動を促す「ご査証」は、使い方が「ご査収」よりも難しいものです。 では、「ご査証」をビジネスシーンで使用するには、どのような場面・タイミングで用いるのが適切なのでしょうか。 クレーム関連のメールや書類で使用 「よく調べて、はっきりと証明してください」という意味合いで使用されるご査証という言葉は、 相手にクレームをいれる際によく使われます。 商品を購入したら欠陥があったため、商品について「よく調べて、商品の状態について証明してください」という使い方が適切です。 また、取引先からの領収書や見積もりの金額が間違っていて、その間違いを指摘して修正を求める際にも使われます。 つまり、 書類上のミスを指摘する用途で使用することも「ご査証」の適切な使い方に含まれるのです。 文末で相手への注意喚起を促す ご査証を正しく使うには、「ご査証のほど、よろしくお願い致します。 」「ご査証ください。 」などの文章を文末にいれることが大切です。 ビジネス文書の締めの文に適していて、文頭や文中で用いられることはあまりありません。 文末でご査証を使用することによって、相手に「ちゃんと調べて、事実を証明しなくては」という注意喚起を促すことができます。 ご査証を使用する時の注意点 ご査証は、比較的気軽に使用できるご査収に比べて、いくつか気を付けなければならないことがあります。 目上の人に使うと失礼にあたることも 一社員が上司や役職のついた人に対して「ご査証ください」と使用することは、常識的な試用方法とは言えません。 自分よりも上の立場の人に対して、「よく調べて、ちゃんと証明してください!」と申し立てていることになるからです。 ご査証という言葉はていねいに見える・聞こえるために気軽に使いがちですが、 特に社内で自分よりも上の立場の人間には使用しないように心がけましょう。 書類を「きちんと確認してほしい」だけなら、ご査証は使わない あなたが提出した書類について、「よく見て、確認してほしい」だけなら、ご査証という言葉は使わないようにしましょう。 確認してほしいことが目的ならば、「ご査収」を使用する方が適しています。 メールや書類などで「ご査収」と混同して「ご査証」を多用している人もまれにいますが、先輩や取引先の人間が間違って使用しているのを見て、使用方法を間違っているのかもしれません。 自分自身が送信・送付しているメールや書類を見返して、ご査収とご査証を取り違えていないかよく確認しましょう。 まとめ ご査収と混同されやすいご査証という言葉は、使用する際に、紹介してきたようないくつかの注意が必要です。 ご査証という言葉が持つ本当の意味を知らずに使用していた人は、本記事を読むことで正しい意味・使い方・注意点を知ることで、対外的な書類のやりとりが適切に行えるようになるでしょう。

次の

よろしくご査収くださいの意味とは?ご精査との違いや使い方・例文13選も

ご査証ください 意味

このライフレシピのもくじ 【】• よく、メールなどで「よろしくご査収ください」という言葉が入っていることがあります。 ご査収の読み方は「ごさしゅう」となりますが、基本的にはメールでの締めの文章でよく見る表現です。 しかし、ご査収、というのは一般的には聞き慣れない言葉ですよね。 そこで、ここでは「ご査収」の意味と基本的な使い方、例文や間違った使い方について紹介していきます。 「査収」の意味 そもそも「査収」とはいったい何でしょうか?国語辞典で調べてみると、 金品・書類などを調べて受け取ること とあります。 「査」は検査の「査」であり、「収」は回収の「収」だと思うとよさそうですね。 そして、「ご査収」とは、それに尊敬語の接頭語の「御(お・ご)」をつけている言葉になります。 「査収」メールでの使い方&例文 メールで使う場合 多くの人が迷っているのが、「ご査収」をメールで使う時です。 ご査収、という時点で丁寧な言い方なので、基本的には よろしくご査収ください。 くらいで十分です。 ちなみに、ご査収という名詞によろしくがつくのは違和感があるという人もいると思いますが、これはよく使われる言い回しなので、このまま使って問題ありません。 よろしく、を使いたくない場合は ご査収くださいませ。 などがよく使われます。 これらをやや古めかしい、と思う方は ご査収のほど、よろしくお願いします。 などの言い方でもいいでしょう。 例文 ・添付ファイルにて、今回のプロジェクトの前提情報をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ・契約書をお送りいたしました。 専門的な内容も多く、やや複雑ではございますが、ご査収のほど、よろしくお願いたします。 添付ファイルの確認に使うのはNG!間違った使い方 「ご査収」を知ってしまうと、つい色んな場面で使いがちです。 そこで、間違いがちな使われ方も紹介します。 調べるものがないもの たとえば、添付ファイルなどがない場合に「よろしくご査収ください」などと言われても「えっ、何をよく調べればいいの?」となってしまいます。 日程などを送っている場合は「ご確認ください」くらいで十分です。 よく調べなくてもいい時 ご査収とは、よく調べて受け取る、という意味があるので、すでにちゃんと見てもらっているようなものには使われません。 たとえば、すでに送ってある契約書の最終版などを送る場合にも「ご確認ください」で十分です。 丁寧すぎる ご査収という表現がやや古い印象を受けるせいか、丁寧すぎる言い方になってしまう場合もあります。 ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 特にメールでは、ここまで丁寧な言い回しにすると、逆に違和感を与えてしまうかもしれません。 使ったほうがいいか? しかし、そもそもご査収という言葉は、メールなどで使ったほうがいいのでしょうか? この点については色々な意見があると思いますが、個人的には、そんなに使う必要がない言葉だと考えています。 というのも、「ご査収」という言葉自体、よく理解していない人が多いからです。 相手に伝わらない可能性がある言葉をメールで使うのは、リスクがあります。 添付ファイルをよくチェックしてほしかったら「ファイルを添付いたしましたので、内容をよくご確認の上、お返事いただけると幸いです」くらいで意味は伝わります。 また、昨今では、メールでの言い回しはどんどんとシンプルになっています。 昔の手紙のマナーとは違い、大量のやり取りをするわけですので、すぐに用件を確認できるほうが大事です。 使ってはいけないというわけではありませんが、積極的に使うほどではない単語だと思っておいてよいでしょう。 特にビジネスメールに慣れていない方などにとっては、難しい表現かもしれませんが、いまだに使われる表現ですので、覚えておいて損はないでしょう。 image by.

次の

「ご査収ください」という表現の正しい意味や使い方

ご査証ください 意味

ご査証という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、意味をきちんとご存じでしょうか。 普段の生活の中では使うことはないと思います。 しかし、ビジネスシーンではよく見るという方は多いと思います。 しかし、その言葉は正しく使われているのでしょうか。 「ご査収」とは違うの?と少し混乱した方もいるでしょう。 また入国審査のときにも査証という言葉を使いますよね。 これは同じ意味で使われているのでしょうか。 それとも全く別の意味で使われているのでしょうか。 何となく意味は分かるけど、ちゃんと調べて意味を把握してる人は少ないのではないでしょうか。 間違って使っていると知らないうちに相手に失礼なことをしている可能性があります。 意味をきちんと理解した上で正しく使っていきましょう。 ご査証とは ビジネス文書で「ご確認」はよく使うと思います。 「ご査証」と「ご確認」は別の言葉だと認識しましょう。 「ご査収」と「ご確認」では似たようなニュアンスが含まれます。 「査収」はよく調べて受け取ることなので「ご確認」と近い意味合いがあります。 しかし「ご確認」よりも自ら進んでよく調べるという入念さが含まれています。 「ご査証」に関して言えば、「ご査収」や「ご確認」と意味合いが違ってきます。 よく調べた上でその証明をしなくてはいけません。 「ご確認」「ご査収」だけでは済まないのです。 こうしたことを踏まえると、ビジネスシーンでは割と厳しい状況のときに使われると予想されます。 「ご査証ください」と言われたら、相手側を安心させる為に補償のようなものを用意しないといけませんね。 「ご査証」なんで言葉よっぽとのことがないと使わないし、意味を知る必要もないんじゃないかと思われたかもしれません。 しかし、正しい意味を知らないと誤解が生じます。 ビジネスシーンに置いては命取りにもなります。 逆に正しく使えば「ご査証なんて言葉よく知ってるなぁ」と尊敬されます。 「ご査証」の意味をちゃんと知らないと、自分が何気なく目にしているからこういう意味だろうと勝手に推測して使ってしまう恐れがあります。 「ご査収」がいい例だったと思います。 自分が使わなくても相手側が「ご査収」の意味で「ご査証」を使用してくる場合もあります。 そのときに自分自身が意味をちゃんと知っていれば相手に確認することができます。 日本語は奥が深く、細かいニュアンスで使い分けるので言葉の数は多い方だと思います。 その分似たような意味の言葉が多く存在し、使うのに混乱が生じます。 しかし、意味をちゃんと知っていれば文章に奥行きが出ます。 そして相手により丁寧さが伝わると思います。 日本語を英語に翻訳すると言葉が直接的で単純なので驚くことがあるのではないでしょうか。 失礼にならないか心配になりますよね。 それだけ日本語は表現が豊かなのです。 「ご査証」「ご査収」に限りませんが、まだ意味をよく知らない単語があるはずです。 知らないままにしておくより意味を知ることで、その表現に触れたときに相手の気持ちの細かい部分や気遣いまで知ることが出来るでしょう。 ただ一つ気を付けたいのは、正しい意味を知った上で正しい使い方をするということです。 「ご査証」は間違って使われていることが多い単語です。 送る側も受け取った側も「ご査収」の意味で理解してるのがほとんどでしょう。 しかし、本当の意味で「ご査証」を使っている人もいるので、意味は正しく理解しましょう。 無理して難しい言葉を使う必要はありませんが、難しい言葉に触れたときは意味を調べる癖をつけると良いでしょう。

次の