豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件。 愛知豊明母子4人殺人放火事件の真相は?不可解な謎を新たに見つけてしまった

愛知豊明母子4人放火殺人未解決事件の真相や犯人は?父親加藤博人は詐欺で逮捕【仰天ニュース】

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

Index• 愛知豊明母子4人殺人放火事件の概要 2004(平成16)年9月9日未明に、愛知県豊明市の民家から火が出ます。 消防隊などが駆け付け火を消し止めましたが、焼け跡からこの家に住む当時38歳の母親と15歳の長男、13歳の長女に9歳の次男の遺体が発見されました。 この家の45歳の主人は仕事のため不在で、被害には遭いませんでした。 その後の調べで4人の遺体には損傷の痕跡が見つかり、これはただの火災ではなく 母子は殺害されたのちに室内に灯油が撒かれ、火をつけられたことが判明。 愛知県警はすぐに殺人放火事件に切り替えて、特別捜査本部を設置しました。 警察は必死の捜査をおこなっていますが、火が放たれたことにより犯人の侵入経路などがわからず、捜査は難航。 被疑者は未だ逮捕されていません。 当時の現場の状況 被害に遭った母子は男女の性別によって殺害方法が異なっていました。 母親と長女の女性はともに刃物で刺されていて、母親は背中を中心に顔や頬など十数カ所、長女はろっ骨が折れるほど上半身を何度も刺されていました。 いずれも執拗に刺されたことによる出血性及び外傷性ショック死とみられています。 長男と次男の男性には刺し傷はなく、鈍器で撲殺された形跡がありました。 バールのようなので一撃され、いずれも頭部の損傷が確認されていて、急性クモ膜下出血や脳挫傷が死因となっています。 4人の被害者の遺体には、すべて抵抗した痕跡がなく、寝ている間に襲われた可能性がありました。 それぞれの遺体の肺からは微量のすすが検出されていて、これは放火された後も4人に息があったことを示しています。 おそらく犯人は一家4人を襲った後、すぐに大量の灯油を撒き、火をつけたと考えられています。 事件当時、玄関や勝手口のほか、1階のすべての窓は施錠されていて、唯一2階の長男の部屋の窓が網戸であったため、そこからの侵入が疑われました。 しかし、2階にのぼるための梯子をかけた跡など 犯人が侵入した形跡が何も見つかりませんでした。 この家では父親が頻繁に仕事で帰宅が遅くなるため、車庫内の指定の場所に勝手口のカギを置いておく習慣があり、この日もこの場所にカギが置いてあったそうです。 被害者宅では番犬として犬を飼っていて、普段はよく吠えますが事件発生時には犬が吠える声を近隣の人を始め、誰も聞いていません。 火災時は首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れていて無事だったそうです。 現場周辺は、住宅街でしたが街灯は少なく夜は比較的暗い場所となっています。 この家にあった貴金属や通帳、カード類などは残されていました。 灯油が撒かれた箇所は遺体周辺ほか広範囲に及びましたが、この家ではもともと灯油が無かったため犯人が持ち込んだと考えられました。 また、被害者宅周辺からは犯人の血液反応が出ておらず、殺害時に返り血を浴びた犯人が来ていた服も一緒に焼却した可能性があります。

次の

愛知豊明母子4人放火殺人未解決事件の真相や犯人は?父親加藤博人は詐欺で逮捕【仰天ニュース】

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

概要 [ ] 未解決事件が存在することはが的に裁かれるのを不当に免れることになり、との苦しみが続き、また、犯罪を犯した者をによって裁き、を償わせるという刑事法の目的を達成することができない。 また犯人によるの恐れもあり、社会への重大な不利益となる。 また、を責務とする捜査当局()にしても、犯人を取り逃がすことでを迎えてしまう場合もままあるため、警察の信用も損ねることになる。 広義では捜査当局によってある程度犯人を特定され、されている場合があるものの、国外へしている場合も多いため刑事裁判が開けない事件も未解決事件として扱われる場合がある。 またなど事件の全容を知る人物が身柄拘束前に死亡してしまったり、身柄拘束をしてもが始まる前に死亡し、事件の全貌を解明できなくなったりした場合も未解決事件として扱われる場合がある(など)。 のように、民間の調査機関やの手で真相が捜査され、真犯人を特定したと主張して警察へもその捜査の要請がなされているケースも、社会的に真犯人の特定とされない場合は未解決事件と認識されてしまう事がある。 一部には人間のによる事件ではなく、に過ぎないものが未解決事件として扱われることもある。 また、公訴時効が過ぎた未解決事件について、自ら犯人を名乗り出る者もいる。 一度は犯人と特定されたが裁判やでとなり、となって真犯人が逮捕されていない事件も未解決事件として扱われる。 冤罪事件の場合、被疑者がや再審無罪になった時には長い年月が経っており、公訴時効を迎えている、が集められなくなるなどの理由で未解決事件となりやすい。 未解決事件に対する取り組み [ ] 日本 [ ] 警視庁の取り組み [ ] ではにを導入し、未解決事件の情報提供の増加に力を入れている。 また、これまでにもや、などが行われている例はあったが、進展のない未解決事件の多くは新しく発生した事件にを割り振るなどの理由で、警視庁内のが事件からほどなくして閉鎖されることも少なくなかった。 そこで、11月には警視庁捜査一課内に未解決の殺人事件などを専門に扱う特別捜査チーム「」を作り、捜査に当たっている。 過去の捜査を再し、などで被疑者を目指す。 なお、捜査が現在も継続している事件はこのチームでは扱わないとしている。 8月、は未解決事件の捜査専従班を警視庁と各道府県警察に設置する方針を決めた。 凶悪事件のの廃止・延長に伴い、未解決事件の捜査体制強化のため、地方833人の増員を来年度のに盛り込んだ。 内訳は専従捜査員329人、見当たり捜査員(指名手配被疑者の顔を覚え見分ける)34人、対策350人、専門の刑事調査官()・補助者120人。 公訴時効廃止までの動き [ ] に・などにあたる罪のの期間は15年から25年に改正されたが、(宙の会)や(あすの会)などが公訴時効停止・廃止を訴えるなど殺人事件被害者の遺族らによる公訴時効見直しの声が高まった。 一方で改正による、時効の延長・廃止の時効進行中の事件に対する適用が、近代刑法の原則およびで規定されているに違反する可能性が指摘されている。 (ポエナの会)などは、この見地から公訴時効の廃止を要望するも、過去の事件に対し、遡及して適用することには反対している。 、殺人罪・強盗殺人罪など公訴時効廃止や故意に死に至らしめた罪の公訴時効延長などが盛り込まれたが成立し、即日施行された。 施行時に公訴時効を迎えていない過去の未解決事件にも適用される。 一方で施行前に時効を迎えた事件に遡っての適用はされない。 アメリカ合衆国 [ ] 受刑者らが未解決事件についての情報を知っていることが多いことから、アメリカのでは未解決事件の短い記述や犠牲者の顔写真などが印刷されたトランプのカードを頒布している。 オランダ [ ] の警察当局は、研修のために訪れたアメリカの刑務所で、未解決事件の短い記述や犠牲者の顔写真などが印刷されたカードで遊ぶ服役者の姿を見て、カレンダーを発案。 毎週1件の未解決事件を取り上げたカレンダーを製作して刑務所で受刑者らに配布している。 主な未解決事件リスト [ ] ここでは、を迎えた事件についても取り上げる。 ただし、がを特定しているものの、被疑者が逃亡しているために裁判が進行できない事件や、捜査が長期化しないまま被疑者が逮捕されたものの、疑惑として注目されるまで社会的に注目度が低かった事件、近代法制における警察捜査が全くない国の事件は除く。 また、被疑者が もしくは されている事件、ある人物がとなっている についてはそれぞれの該当記事を参照のこと。 更に未解決のについては「」「」も参照されたい。 19世紀 [ ]• 〜 - ()• - (イギリス)• (明治4年) - 暗殺事件• 〜 - も参照 (イギリス)• - () 20世紀 [ ] 1901年(明治34年)-1940年(昭和15年) [ ]• - ()(イギリス)• - ()(イギリス)• 〜 - ()• - ()(アメリカ合衆国)• 1922年 - ()• - エヴリン・フォスター事件(イギリス)• 1931年 - ()(イギリス)• 1931年 - ()(イギリス)• 1931年 - ()(イギリス)• - (アメリカ合衆国)• - ()()• 1935年〜8月 - (アメリカ合衆国)• - () 1941年(昭和16年)-1950年(昭和25年) [ ]• - ()()• - (イギリス)• 1946年 -• 1946年〜 - ()()• 1946年 -• - (アメリカ合衆国)• 1948年 - ()• 1949年 -• 1949年 - 1951年(昭和26年)-1960年(昭和35年) [ ]• 1951年 -• - ()• 1959年 - ()• 1959年 -• 1959年 - (上空)• - () 1961年(昭和36年)-1970年(昭和45年) [ ]• 〜 -• 1962年〜 -• 1963年 - (アメリカ合衆国)• 〜 - ()• 1965年 - ()• 1966年 - ()• 1966年〜 - ()(アメリカ合衆国)• 1967年 -• - (・付近)• 〜 - (イギリス)• 1968年 〜 -• 1968年 -• 1968年 -• 1968年〜 - (アメリカ合衆国)• 1969年 -• 1970年 - 1971年(昭和46年)-1980年(昭和55年) [ ]• 1971年 - ()• 1971年 -• - (上空)• 1972年 -• 1972年 -• 1973年 -• 1973年7月1日 -• 〜 - ()• 1974年 -• 1974年 - (イギリス)• 〜 - ()(アメリカ合衆国)• 1975年 -• 1975年〜 -• 〜 - ()(アメリカ合衆国)• 〜 -• - 殺害事件• 1978年10月~1992年 - (アメリカ合衆国)• 1979年〜 -• - 1981年(昭和56年)-1990年(平成2年) [ ]• 〜 -• 〜 - (アメリカ合衆国)• 1982年 - (アメリカ合衆国)• 〜 - (アメリカ合衆国)• 1983年 - ()• 1984年〜 - ()• 1984年 -• 1984年 - 殺害事件• 1985年〜 -• 1985年 -• 1986年 -• - ()• 1987年 - (アメリカ合衆国)• 1987年 - 母親遺骨盗難事件• 1988年 - イギリス• 1988年 -• 1990年 -• 1990年 - 暗殺事件• 1990年 -• 1990年〜 - 1991年(平成3年)-2000年(平成12年) [ ]• - (韓国)• 1991年 - (韓国)• 1991年 -• 1991年 -• 1991年 -• 1992年 -• - 遺骨盗難事件• 1993年 -• 1993年〜 -• 1993年 -• 1993年 -• 1993年 -• 1994年 - ()• 1994年 -• 1994年 - (アメリカ合衆国)• 1994年 -• 1994年 -• 1994年 -• なお、は継続され、発見・に行き着き次第解決に繋がらせることとなった。 1995年 -• 1995年 -• 1995年 -• 1996年 - 殺害事件(アメリカ合衆国)• 1996年 -• 1996年 -• 1996年 - (アメリカ合衆国)• 1997年 - 殺害事件(アメリカ合衆国)• 1997年 -• 1997年 -• 1997年 -• 1997年 -• 1998年9月2日 -• 1999年 -• 1999年 -• 1999年 -• 1999年 -• - 高島市営住宅放火殺人事件• 2000年 -• 2000年 - 放火事件• 2000年 -• 2000年 -• 2000年 -• 2000年 -• 2000年 - 21世紀 [ ] 2001年(平成13年)-2010年(平成22年) [ ]• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2002年 -• 2002年 -• 2002年 -• 2002年 -• 2002年 - 夫人遺骨盗難事件• 2003年 -• 2003年 -• 2003年 -• 2003年 -• 2003年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2005年 -• 2006年 -• 2006年 -• 2006年 -• 2006年 -• 2007年 -• 2007年 -• 2007年〜 - ()• 2007年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2008年 -• 2008年 -• 2008年 -• 2008年 -• - 金属バット襲撃事件• 2009年 -• 2009年 -• 2009年 -• 2009年 -• 2009年 - ()()• 2009年 -• 2009年 -• 2010年 -• 2010年 -• 2010年 -• 2010年 -• 2010年 - 2011年(平成23年)- [ ]• 2011年 -• 2011年 -• 2013年 -• 2013年 -• 2013年 -• 2013年 -• 2013年 -• - (上空)• 2015年 -• 2015年 -• 2015年 -• 2017年 -• 2017年 -• 、 -• 2018年 -• - 関連書籍 [ ]• 歴史の謎研究会編『世界史の謎と暗号 ダ・ヴィンチ、ジャンヌ・ダルク、始皇帝、モーツァルト…歴史を変えた37人の奇妙な「痕跡」』(、2006)• 日本博学倶楽部『世界史未解決事件ファイル「モナリザ贋作疑惑」から「アポロ11号着陸捏造疑惑」まで』(、2006)• 歴史の謎研究会編『未解決事件の謎と暗号 歴史の闇に消えた…』(青春出版社、2007)• 日本博学倶楽部『日本史未解決事件ファイル「聖徳太子架空人物説」から「西郷隆盛生存説」まで』(PHP研究所、2005)• 『(全)』(、1973)• 『謀殺 下山事件』(、1973)• 『下山事件 最後の証言』(、2005)• 『松川事件の犯人を追って』(、1991)• 朝日新聞社116号事件取材班『新聞社襲撃 テロリズムと対峙した15年』(、2002)• 編『謀略としての朝日新聞襲撃事件 赤報隊の幻とマスメディアの現在』(エスエル出版会、1988)• 谷川葉『警察が狙撃された日 国松長官狙撃事件の闇」』(、2002)• 『襲われて 産廃の闇、自治の光』(岩波書店、2009)• 森下香枝『グリコ・森永事件「最終報告」真犯人』(朝日新聞社、2007)• 『日本の「未解決事件」100(別冊宝島)』(、2011)• 『【昭和・平成】9大未解決事件の真犯人』(宝島社、2009)• ムック『未解決事件ファイル 真犯人に告ぐ』(、2010)• 『殺人犯はそこにいる〜隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』(2013) 未解決事件の捜査を主に描くフィクション作品等 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?|世界の歴史

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

2004年9月8日夜、この日加藤さんは会社で残業していた。 午後11時に加藤さんは自宅に電話に入れている。 やがて日付が代わる。 それまでこんな時間まで残業していたことはなかったが、下半期の利益計画書を締切が10日だったため加藤さんは同僚とともに夜通しで作成にあたらなければならなかった。 9日午前4時5分頃、加藤さんの自宅で火災が起こる。 加藤さんは近所に住む兄から家の火災を知らせる第一報が会社に届き、同僚に「家が燃えているから戻る」とパソコンを起動したまま飛び出していった。 5時半過ぎ、火がほとんど消えかけた頃、加藤さんが作業着姿のままフラフラした足取りで自宅に戻ってきた。 加藤さんは変わり果てた家を見て「子どもはー、子どもはー」「利代ー」などと泣き叫んだ。 加藤さんは家族を助けようとまだ煙のたちこめる家の中に入ろうとしたが、消防団員や兄らに制止された。 まもなく1階の居間で正悟君が、2階の各寝室で利代さんと里奈さんと佑基君が遺体となって発見された。 事件後まもなく、これがただの火災でないことが判明。 加藤さん一家の母子4人は殺害されたのちに火をつけられたことがわかった。 この事件の不審な点として、一家の男女がそれぞれ別々の凶器で殺されていたことがある。 利代さんと里奈さんはともに刃物で刺されており、里奈さんは背中を中心に顔や頬など十数ヶ所、里奈さんは肋骨が折れるほど上半身を何度も刺されていた。 いずれも執拗とも思えるほど繰り返し刃物を振り落としている。 一方、佑基君と正悟君は鈍器で撲殺されていた。 バールのようなもので頭部を一撃されていたという。 4人とも抵抗した形跡は見られず、就寝中に襲いかかったと見られる。 現場からは凶器は発見されず、庭や周囲の道路からもルミノール反応は出なかった。 このため犯人は殺害後、加藤さん宅内で着替えた可能性もある。 遺体の肺からは微量のすすが検出されており、これは放火した後も家族に息があったことを意味する。 犯人はおそらく、一家惨殺後に間髪入れず大量の灯油でを撒き火をつけたと見られている。 襲われた4人が息絶えるまでに吸い込んだすすの量は、1階の正悟君がもっとも少なく、2階の佑基君が一番多かった。 このことから正悟君が真っ先に襲われた可能性が高く、続いて利代さん、里奈さん、佑基君の順に死亡したとみられる。 不明なのが侵入経路で、この夜は2階の佑基くんの窓が網戸だった以外はきちんと施錠されていた。 だが前述の通り、2階の佑基君宅から侵入したのなら、1階の正悟君が真っ先に殺された点で矛盾が生じる。 加藤さんは家の鍵を持ち歩く習慣がなく、深夜に帰宅した時は勝手口の傍に隠してある合鍵で出入りしていた。 だが、事件当日も鍵はそのままの状態で隠されていた。 自宅にあった貴金属や通帳、カード類は残されており、物盗りが目的ではなさそうだ。 犯人は凶器や放火の準備もしていることから、複数による殺害目的の犯行と言う見方が強い。 一家は数年前、「物騒だから」と番犬に柴犬の「ジャッキー」を飼いはじめた。 だが事件当日、ジャッキーが吠える声を聞いた人はいない。 消火活動の間、利代さんの愛車「エスティマ」の下に隠れて、ふるえて燃える家を見ていたという。 性別によって殺害方法が異なっていた。 母親と長女は刃渡り約20センチのサバイバルナイフで顔や背中など十か所以上を執拗に刺されたことによる出血性および外傷性ショック死とみられる。 刺創幅は3センチ程だが、母親は一部には肺に到達している深い傷もあり、長女は刺されたときの強い衝撃で肋骨が折れていた。 刃こぼれの形跡はない。 長男と次男には刺し傷がなく、金属製(バールなど)の鈍器のようなもので殴られたことによる頭部の損傷(数センチほどの陥没骨折あり)が確認され、それぞれ急性クモ膜下出血、脳挫傷が死因となっている。 何度も殴られた痕跡はない。 被害者の遺体には抵抗した痕跡(防御傷など)がなく、寝ているときに襲われた可能性が高い。 肺に溜まった煤の状況から4人は放火後もある程度生きていた可能性がある。 また、同じく煤の状況から次男・母親・長女・長男の順に死亡したと考えられるが、上記殺害行為がこの順序で行われたかは不明である。 午前4時頃、女性の悲鳴が近隣住人に聞かれたとする報道もある。 犯行は30分ほどと比較的短時間で行われたものと思われる。 この他、2階で発見された母親・長男・長女の遺体には発見時、布団がかけられていた(次男の遺体は1階の居間で発見されている)。 03年7月下旬午後8時半頃、に何者かが加藤さん宅のドアを無理やり開けようとする出来事があったという。 当時、地域の夜間パトロールに出ていた利代さんの携帯電話に自宅にいた正悟君から「誰かがドアをがちゃがちゃしてる」と連絡が入った。 利代さんは「開けちゃダメ」と話し、パトロールをつづけた。 この事件の後、利代さんが今年に入っても自宅の様子をうかがう不審者の存在を周りの人に漏らしていた。 利代さんは次第にそうした不審な人物に用心深くなり、家の施錠はきちんとしていた。 事件当日には消防団員や近所の住民が普段は見かけない尾張小牧ナンバーでハイエースのスーパーGL(モスグリーンカラー)を見かけた。 また午後4時ごろには加藤さん方から女性の悲鳴が聞こえたという証言もあった。

次の