謎解きはディナーのあとで 小説。 謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで 2

謎解きはディナーのあとで 小説

謎解きはディナーのあとでのあらすじ・作品解説 謎解きはディナーのあとでは東川篤哉による推理小説である。 2012年までに三作シリーズで発売されていて、第一作は2007年に「きらら」で連載され2010年9月に単行本が刊行された。 初版発行部数は7000部だったが、発売3日で重版決定となり半年で100万部を売り上げ、2011年の「年間本ランキング」では首位の座に輝いた。 第二作は2011年11月10日、第三作は2012年12月12日に刊行された。 この作品の特徴として、普段ミステリー小説を読み慣れていない女性に向けてかかれていることが挙げられる。 主人公である新米刑事の宝生麗子が事件の捜査をし、その詳細を彼女の執事である影山が聞き推理する物語である。 Web朗読や漫画化、舞台化もされている。 また、2011年10月にフジテレビにてテレビドラマ化、2012年にはスペシャルドラマ、2013年には映画が公開された。 主演はドラマも映画も北川景子と櫻井翔がつとめた。 東川篤哉の作品は他に「私の嫌いな探偵」「もう誘拐なんてしない」がテレビドラマ化されている。 謎解きはディナーのあとでの評価 総合評価 3. 75 3. 75 14件 ジャンル分けできない内容 お嬢様と執事、という関係を楽しむだけならいいのかもしれない。 ミステリーとしての高揚感や、謎解きやトリックの面白さは、はっきり言って無い。 どこに楽しみを見出して読むかによって評価が分かれるだろう。 ミステリーとしての期待はせず、ひたすら2人の関係性に身悶えようと心がけながら読んだ。 しかし、それでもダメだった。 お嬢様刑事と毒舌執事?秋葉原のカフェの世界だ・・・。 作者はどこに重きを置いて書いているのだろうか。 内容に魅力を感じなかったため、そんな変な方向に興味が出てきた。 読書に抵抗のある人、堅苦しいのは苦手な人には受け入れられるかもしれない。 又は、ドラマ化されたものを見てから読むと、頭の中で映像化して楽しめるかもしれない。 謎自体はそんなに複雑ではなく目新しいものでもないので分かるものにはすぐ分かってしまうのだが、かといって子供だましのような単純なものでもないのでちょっと頭をひねりながらスッと読み解けるお手軽さが良かった。 ただその分本格ミステリー好きにはかなりライトな作品に感じてしまうだろう。 漫画は好きだけどミステリーが苦手な人、ライトノベルのようなキャラクターや世界観に個性がある話が好きな人におススメしたい作品。 毒舌執事とお嬢様の掛け合いが楽しい。 宝生グループ総裁の一人娘のお嬢様とその家に使える謎の執事、影山。 素性を隠して刑事として働くお嬢様が関わる迷宮入りしそうな殺人事件を、話を聞くだけで影山がトリックを暴いていくというお話です。 トリックとしては、単純なので分かりやすいですがミステリとして読むと物足りない感じです。 話も綿密な伏線が張られて・・・というタイプではないのでヒマな時にふっと手にとってラクに読める小説という感じです。 影山の毒舌っぷりがクセになるとお嬢様とのやりとりが面白いのですが飽きてしまうと・・・という気がします。 ドラマ化もされ、今年は映画が公開されるようですがキャストの力かな、という感じがしました。

次の

謎解きはディナーのあとで 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【ラノベ・小説の発売日を通知するベルアラート】

謎解きはディナーのあとで 小説

〈 書籍の内容 〉 「名探偵コナン」との夢のコラボ短編収録! お嬢様刑事の宝生麗子と、毒舌な執事探偵の影山のコンビが活躍する、シリーズ累計400万部突破の国民的ユーモアミステリ第3弾。 宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる「怪盗からの挑戦状でございます」、体中から装飾品を奪われた女性の変死体が発見される「彼女は何を奪われたのでございますか」をはじめ、続々と発生する難事件に麗子はピンチ。 コナンと影山が力を合わせて、パーティ会場で起きた奇怪な殺人事件に挑む!! 〈 編集者からのおすすめ情報 〉 ともに国民的な人気を誇る探偵、江戸川コナンと影山が智恵を結集して事件に挑む、「探偵たちの饗宴」は必読です。 どちらのファンにとっても、ついニヤリとしてしまうようなシーンが満載!! 〈 電子版情報 〉 謎解きはディナーのあとで3 Jp-e : 094061150000d0000000 「名探偵コナン」との夢のコラボ短編収録! お嬢様刑事の宝生麗子と、毒舌な執事探偵の影山のコンビが活躍する、大ベストセラーの国民的ユーモアミステリ第3弾。 宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる「怪盗からの挑戦状でございます」、体中から装飾品を奪われた女性の変死体が発見される「彼女は何を奪われたのでございますか」をはじめ、続々と発生する難事件に麗子はピンチ。 そして、影山、麗子、風祭警部の3人の関係にもついに変化が訪れて・・・・・・ 文庫版の特典として、「名探偵コナン」との夢のコラボレーション短編「探偵たちの饗宴」も収録。 コナンと影山が力を合わせて、パーティ会場で起きた奇怪な殺人事件に挑む!!

次の

謎解きはディナーのあとでのあらすじ/作品解説

謎解きはディナーのあとで 小説

冒頭の数行を読んだだけで文章力が中学生レベルに稚拙だったので嫌な予感がしましたが、読み進めていくと残念ながらそれが的中してしまいました。 プロとは思えないレベルの表現力、語彙力で、場の説明にはなっているかもしれませんが、誰でも思い描ける程度の表現で、個性というものが一切見えてきません。 キャラクターやミステリーとしても同程度のレベルです。 現実にはあり得ない設定、しかも非常にテンプレ的なキャラクター設定で、キャラクターとしての厚みが一切ありません。 謎解きにしてもこのレベルで世に出してしまって良いのかという思い付きレベルで、重厚な伏線といったものはまったくありません。 ふだん読書の習慣がない方にはさっと読めるこの程度の作品でも満足できるのかもしれませんが、むしろそういった方がめったに読まない本がこれだとすると、読書の楽しみから遠ざかってしまうのではと心配です。 本屋大賞の受賞作や入賞作は良作が多いのですが、なぜこの作品が選ばれてしまったのか非常に不思議でなりません。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3. PageLatency. n return u. keys o. schemaId ". Metric. recordMetric "baselineMetricEvent",1 ,u. global. navigationStart c. n return c. Timer. open n ;o. createObjectStore n. transaction n,"readwrite". objectStore n ;o. UUID. toUpperCase. upperBound n ;e. index l. delete ,n. g:s,pageSource:n? CacheImpression. cookie. id,r. target;return e? time :O[t. ContentEntity. 2" ,n. id c. ContentRender. register",r ,O[n. keys n[f]. length.

次の