勝浦勝人 あゆ。 《音声公開》「あゆの呪縛が抜けない」エイベックス松浦氏が語っていた「M」の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……(2020年6月13日)|BIGLOBEニュース

浜崎あゆみと松浦勝人が付き合ってた頃のキス写真!ツーショットも

勝浦勝人 あゆ

概要 [ ] の大半がここで制作・発信されているほか、向けブロック放送の拠点も兼ねている。 を行う衛星放送局と日本国外向けの(・)を行う国際放送局がある。 最寄りの駅は、の、の、の、および(JR・東京メトロ・・)。 所在地は、かつての居住区域・の一部である。 当時の会長がに「NHKはオリンピックのホスト局なので、主会場のの近くに放送施設を作りたい」と「ワシントンハイツ跡地が最適なので、将来的にNHK本部もそこに移すつもりなので何とか払い下げてもらえませんか」と頼み、池田が「オリンピック放送は是非とも成功させていただきたい」と払い下げを決めた。 ワシントンハイツはに日本に返還され、跡地に、などとともにの放送センターが建設された。 これは五輪後正式にNHKの本部施設として位置付けられ、10年近くかけて日比谷地区にあった旧から引っ越しを進めていった。 他方、ワシントンハイツは、東京オリンピック後は、都市計画公園として全部東京都に提供するということで、国と東京都で米軍の移転費用90億円を折半すると話がついていた ところであり、東京都側としては、「NHKが国会の逓信族に語らって、麻布に国有地を放送センター用地として割愛してあったにもかかわらずここではオリンピック大会の放送はできないと堂々と罷り出た」ため「これには往生した」。 当時国から東京都副知事に出向していたは「せっかく買ったものをNHKにやるというのは、まことに遺憾千万」 と語っている。 結果的に当初の移転先であった麻布の国有地を含む代替の国有地を国が都に貸与することで決着した。 日本全国各地の放送局でハード・ソフト両面で縮減を進めていったこともあって、放送センターについては両面で明らかな肥大化に陥っている。 から都内で6番目にを多く排出する事業者と指摘され、排出量削減を条例によって義務付けられる事態となっており 、これをどう実現するかが大きな課題となっている。 放送センターの建て替え [ ] 日本放送協会の本部でもある渋谷の放送センターは、最も古い施設で、建設から既に半世紀近くが経過し、耐震性確保 および化において、そのことが障害となる傾向がみられたため、「長期的課題」として全施設の建て替えについて検討に入ることとなった。 しかし、でも建て替え計画に対する疑念の声は、少なからず上がっており、(平成28年)の・会合で、のは『何故渋谷の一等地にあるのか』 『民間に売却して成長戦略を立てられる最高の土地』『が相次ぐ中で、3,000億円の巨費を投じて建て替えは冗談ではない』などと手厳しく批判し 、これに対して、は『合理性や妥当性の面から国民に対する説明責任を果たして欲しい』と苦言を呈した上で 、『 17条によって、NHKが「主たる事務所を東京都に置く」と定められている事を説明した上で)地方創生に貢献することも大切だ』と提案している。 2016年(28年)8月30日、日本放送協会が放送センター建て替えの基本計画を発表した。 それによると、工事は2020年(2年)9月に着工し、第1期工事(情報棟)は放送開始100周年にあたる2025年に完成する。 全体の竣工が2036年(令和18年)になる。 建物の建設費(放送設備費は含まない)で1,700億円を見込んでいる。 スタジオ [ ] 放送センター内には総合テレビだけでなく、Eテレやラジオや国際放送にも対応するため、テレビ番組用だけでも25のを擁しており、が保有する数としては日本最大である。 ニュースセンター [ ] 面積は約300坪。 1988年3月25日完成、1989年2月6日運用開始。 1999年頃にハイビジョン対応。 放送センター北館にはニュースセンターを設け、ラジオとNHKワールドTVを除く、テレビニュースの発信拠点となっている。 報道端末(ごーさんまるまる)が各フロアやスタジオ近くに備えられ、迅速な原稿制作に対応している。 災害等で放送センターが被害に遭い通常番組の放送が不能の場合でも、ニュースセンターは独立して稼働し、同センター内の設備のみで放送が行えるようになっている。 こうした場合、代わりにの映像がよく使われている。 の際には、との高層ビル街をで撮影しているカメラが激しく揺すられる様子が全国に放映された。 NC-A・NC-Bの2つのスタジオ内部は、ひとつのスタジオを間仕切りで分離する格好で、取り払うこともできる。 NC-Aの入口から入って右側に定時ニュース用のセット、左側にメイク用の簡易化粧台がある。 スタジオセットは時期によってリニューアルを行うが、リニューアルされる数日前からNC-Bフロアで放送している番組はNC-Aフロアで暫定セットを使って代替使用される。 2011年4月にスタジオセットの大規模なリニューアルが行われる予定だったが、関連報道があった関係で例年より1か月半遅れの5月中旬に行われた。 また、・のやなどの時期にはNC-Bフロアは 本部として使用されるため、NC-Bで放送される番組は前後の数日間はNC-Aフロアで代替使用される。 特設ニュースや災害放送はNC-Aから総合テレビ、NHKワールド・プレミアム以外への各チャンネル(テレビ・ラジオとも)でも同時放送を行う。 運用開始前にはにおいて、総合テレビ・BSの全中継の送出とスタジオ進行で使われたほか、本運用開始に先行して、当時夕方に放送されていた『』では、一部企画コーナーがAフロアから放送されていた。 1階 … 番組分室や手話ニュース用のスタジオ(2008年にハイビジョン対応)• NC-Dフロア の番組全般(『』『』『週間手話ニュース』など)で使用。 2階 … 地上波用スタジオ(NC大フロア)や取材センター・編集センター・スポーツ報道分室・映像回線センター 副調整室は一般的な副調整設備として「送出卓」が3式(ABC)あり、番組単位(おはよう日本などの長時間番組や長時間の臨時ニュースでは時間帯単位)でA卓とB卓を適宜切り替えて使用(C卓はCフロアの駆動専用)するが、共通の送出設備として「コントローラー」と呼ばれる機材が5台あり、スーパーやCG、VTRの送出については各項目ごとに電子台本から割り当てられたコントローラーを項目担当の記者やディレクターが制御し、送出する『分散送出』という仕組みが取られている。 送出卓では電子台本に沿ったコントローラーの切り替えと送出監視をしながら番組全体の進行を担うほか、コントローラーからの送出が出来ない場合のコントローラーが担う作業を代行することもある。 NC-Aフロアおよび NC-Bフロア…向けニューススタジオ。 面積260坪(ABフロア合計) ・や『』『』『』『』 『』『・』などで使用。 度(平成23年度)にスタジオセットの大規模なリニューアルを行い、2016年度 平成28年度 に巨大モニターから湾曲モニター NC-Bフロア奥 に変更された。 更にNC-Aフロアの箇所も『ニュース7』用にリニューアル 2017年度にマイナーチェンジ を行い、右奥に特設ニュース用セットを新設した。 2018年度 平成30年度 には3面つなぎのモニターから大画面のモニターに変更。 2019年3月18日にNC-Aフロアの箇所をリニューアルした。 定時ニュースを除く各番組で使うようになった(各番組はスタジオセットの電飾やキャスターテーブルなどを変えて対応している。 『ニュース シブ5時』『ニュースウオッチ9』は別途スタジオセットをNC-Bフロアに設置している)• NC-Cフロア…総合テレビ向けニューススタジオ、主に首都圏向けニュースで使用。 面積130坪 首都圏・関東甲信越向け定時ニュースや『』『』『』『』などで使用(各番組は電飾やキャスターテーブルなどを変えて対応している。 『』はスタジオセットをセット左側に別途設置している 「NHKニュース」 関東甲信越枠 で使われている箇所 セット左奥 は、2014年度・2020年度に変更し、2019年3月25日にスタジオのモニターを変更した。 3階 … BS用スタジオ(NC中フロア)・BSニュースセンターやアートセンター(テロップ・CGの作成を行う)• BS-NC … 専用スタジオ(NHKワールドも一部時間帯を除き同時放送) BS1のニュース(『』『』『』『』各番組全般など)で使用。 ラジオセンター [ ] 放送センター本館13階にある部署から放送。 (2013年4月13日 全面設備更新)• ニューススタジオ(定時ニュースで使用) ラジオ第1放送、FM放送、NHKワールド・ラジオ日本(ほとんどの時間帯)で放送される。 131スタジオと132スタジオの中間に位置している。 CR-131(主に番組で使用) 『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』(土曜21-22時台)• CR-132(主に番組で使用) 『』(でも使用する場合あり)、『(実況付加用)』、『』(土曜20時台、日曜)• CR-133 実用化試験放送におけるで使用していた。 132スタジオの副調整室の隣にある。 専用スタジオ … 『』・『』で使用。 収録専用スタジオ テレビスタジオ [ ] CTスタジオは2008年に対応を完了。 合成対応のハイビジョンバーチャルスタジオは、CT-411・CT-414・CT-415の3カ所存在するが、CT-415はクロマキー合成専用となっている。 、、(国際放送)のやなど音声のみの収録で使用される場合もある。 かつては等にスタジオを貸していたこともある。 また、スタジオの呼び方で、のは まると読む。 CT-101(350坪/1965年 運用開始/2003年度 HD設備更新、5. 1サラウンド対応) 放送センターの中では一番面積が広いスタジオ。 完成当時は「東洋一の広さを誇る」とも言われ、2018年現在も国内放送局では最大。 最初にハイビジョン撮影に対応、日本の放送局としては初めてカメラクレーンを導入した。 運用開始当初はSD設備で、後に設備に更新された。 地上波、BSを問わずあらゆるジャンルの定時番組・特集番組の生放送や収録で使用される。 『』、『』、『』の チャンピオン大会の決勝会場などにも使用。 CT-102(約150坪/1965年運用開始/2011年度 更新整備 5. 1chサラウンド対応) 地上波、BSを問わず各種番組での生放送や収録で使用される。 運用開始当初は『』の生放送で使用していた。 通常、ドラマでの撮影には使うことがほとんどないが、放送の『』においては、「」のである「料理の巨人」の撮影にあたり、本家を彷彿とさせる巨大セットをスタジオ内に設置して収録を行った。 CT-103(約100坪/1965年 運用開始/1995年 HD設備更新/2012年度 副調整室更新) 『』を中心とした子ども向け番組専用スタジオ。 スタジオ上部に側からスタジオ内が見える見学窓が設置されており、スタジオパークの営業時間内に『おかあさんといっしょ』の収録が実施されていれば、スタジオパーク側から収録の模様が見学できるようになっている。 CT-104(約100坪/1965年運用開始) 生放送やバーチャルスタジオとしても使用。 『』、『』の1コーナー「」『』などを収録。 CT-105(約200坪/1965年 運用開始) (AK制作。 放送時期は、年度の前半)などを収録。 収録専用のため、生放送用の設備は設置されていない。 CT-106(約200坪/1965年 運用開始) などを収録。 かつては撮影コントロールルーム(副調整室)が2階部分にあったが、のちにスタジオと同じフロアに移設されている。 収録専用のため、生放送用の設備は設置されていない。 朝ドラと大河のスタジオが、隣同士であるため、休憩時間中には朝ドラ・大河の出演者が一緒になることがある。 CT-107(約70坪) の収録などに使用• CT-108(約70坪) ・のなどに使用。 CT-109(約50坪/2008年HD対応)• CT-110(約50坪/2012年度 副調整室更新) 料理番組専用スタジオ。 『』などで使用。 CT-111(約50坪) 『』などで使用• CT-112(2011年度 更新整備 5. 1chサラウンド対応)『』などで使用。 CT-113(約150坪) ドラマ・芸能系番組から一般情報番組まで幅広く対応できるスタジオ。 『』、などで使用。 CT-114(約100坪) 『』など生放送が中心。 CT-200 『』内の公開スタジオ。 『爆笑オンエアバトル』、『』、『』などで使用。 CT-411(約70坪/2008年に合成設備に更新) ハイビジョンバーチャルスタジオ『』、『』などで使用。 CT-412(約70坪) 『』などで使用。 CT-413(約70坪) 『』などで使用。 CT-414(約70坪) ハイビジョンバーチャルスタジオ、などで使用。 CT-415(約120坪) ハイビジョンバーチャルスタジオ、『』、『』などで使用。 CT-450(天井高2. 3m/2011年度 LED照明設備全更新) 内にある公開スタジオ。 『』・『』・『』、の『』等の各種で使用。 CT-510(1968年8月 運用開始) 当初はニュースセンターのスタジオとして使用されていた(『』、『』、『』などワイドニュース番組で使用、定時ニュース用の「ニューススタジオ」とは別)。 1989年に放送センター北館が完成し、ニュースセンター機能が移転したことでスタジオ用途が変更され、報道・情報系番組の生放送番組を中心として使用され、大規模中継番組の制作も可能。 『』、『』、『追跡AtoZ』などで使用。 CT-511(約100坪) 『』などで使用• CT-512(約70坪) 多元スタジオ。 『』(後半の「深読み」のコーナーのみ)、『』などで使用。 毎年正月放送のの特集番組『大逆転将棋』の対局場としても使用された。 かつては『』でも使用されていた。 CN-700 特殊撮影スタジオ。 収録、資料写真の接写等に使われている。 ラジオスタジオ(音声専用) [ ]• CR-300 … ラジオドラマの効果音(生音)の制作で使用。 CR-301 … 同上。 CR-313 … スタジオパーク「ふれあいスタジオ」(公開スタジオ)• CR-350 … NHKスタジオパーク内にある公開スタジオ。 かつては『』で使用された。 CR-401 … 2012年度 スタジオ更新• CR-402 … FM放送『』などの生放送や収録で使用。 CR-403• CR-404 … 2012年度 スタジオ更新• CR-405• CR-406 … 2010年12月19日にラジオ第1で特集番組『放送開始65年〜のど自慢の仲間たち』の生放送として使用された。 CR-501 … 主にFM放送の生放送『サンデークラシックワイド』・特集『クラシックリクエスト』等で使用。 CR-502 … 主にFM放送の生放送『』等で使用。 CR-503• CR-504• CR-505 … 生放送番組や音楽番組制作・トラックダウンが可能 ラジオ第1の『』(設備更新のため、放送分から12月までは509スタジオを使用していた)、 『』、FM放送の『』、『ライブビート』などを生放送、または収録で使用。 テレビ番組の収録でも過去に『』の2011年(平成23年)4月放送分もによるでの公開収録中止に代わる非公開収録として使用された事例がある。 CR-506 … 音楽収録用スタジオ ラジオ用音楽のほか、大河ドラマ・などのドラマ音楽、『』等の番組テーマ曲・のほか、の楽曲の収録も行われている。 (平成18年)以降の『』の生演奏も、ここで行われている。 CR-509 … 凹凸のある壁面が特徴。 面積は約570平方メートル。 音楽収録のほか、ラジオの公開放送にも使われる。 過去には紅白歌合戦のオーケストラリハーサルも行われていた。 CR-601 … 汎用ラジオスタジオ。 オーディオドラマ作成対応。 (2011年度 更新整備)• CR-602 … 汎用ラジオスタジオ。 オーディオドラマ作成対応。 (2011年度 更新整備)• CR-605• CR-608• CR-610 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ(2012年度 スタジオ音声卓デジタル更新)• CR-611 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ(2012年度 スタジオ音声卓デジタル更新)• CR-612 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ• CR-613 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ• CR-614 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ• CR-615 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ• CR-616 … NHKワールド・ラジオ日本 専用スタジオ テレビ放送におけるの英語同時通訳のブースとしても使用されている。 国際映像受信・国際テレビ放送専用スタジオ [ ] 国際映像受信 国内・国際映像を衛星受信するための施設。 回線センター内に設置。 国際映像の受信対応・監視・補正は、別に設置されたOP(オペレーションコーナー)1-3で行う。 CS-301 … 国内・国際映像を衛星受信(HD設備)• CS-302 … 国内・国際映像を衛星受信(HD設備) 国際放送専用スタジオ 日本国外向け国際放送「」では、国内番組用の汎用スタジオを使うこともあるが、基本的には国際放送局フロア内のスタジオから放送している。 (平成21年)2月には新しいテレビ国際放送専用のスタジオが放送センター本館7階に2か所新設され、本格的に運用を開始した。 CS-600 … テレビ用スタジオ(SD設備) 『』(で放送)で使われている。 以前はNHKワールドTVの英語ニュースでも使用していた。 CU-617 … バーチャル対応スタジオ(SD設備)。 CU-777 … 国際テレビ放送メインスタジオ(面積は約125平方メートル、天井高2. 7m/HD設備) 24時間対応の定時ニュース専用スタジオで、ブースを併設。 NHKワールドTVの英語ニュース『』で使用。 開設時、キャスター席のテーブルがの「J」の形になっていたのが特徴。 ガラス越しにはスタッフのデスクが見える。 2008年12月… 完成 2009年2月 … 運用開始 2012年度 …バーチャル用クレーンカメラ整備• CU-778 … 国際テレビ放送サブスタジオ(面積は約90平方メートル/HD設備) 情報系番組用スタジオで、主に英語による情報系番組(『ASIA 7DAYS』など)で使用されるが、まれにNHKワールド・プレミアム向けの日本語による情報系番組(『在外選挙のお知らせ』 など)で使用されることがある。 CU-777と同じ設備・機能を備えており、一方のスタジオで障害が発生した場合は、他方のスタジオで代替することができる。 2008年12月 … 完成 2009年2月 … 運用開始 2012年7月 … ロンドン五輪ハイライト番組制作 編集・ダビングスタジオ [ ] 施設として、映像編集、(ダビング)スタジオも局内にはある。 CD-513• CD-514• CD-520 … HD 5. 1サラウンド対応• CD-521 … HD• CD-522 … HD• CD-603• CP-604 … 番組テーマ曲等のトラックダウン専用スタジオ• CD-606• CD-607• CD-609• CD-801• CD-802• CD-803• CD-804• CD-805• CD-806(2011年度 更新)• CD-807(2011年度 更新)• CD-808 … 5. 1サラウンド対応汎用ダビングスタジオ ドキュメンタリーを主体とする構成番組を中心に使用。 石・木・タイル・コンクリートの4種類の床材が施工された効果音録音用の前室がある。 CD-809(5. 1サラウンド対応)• CD-810(5. 1chサラウンド対応/2012年度 スタジオ更新) ドキュメンタリーを主体とする構成番組を中心に使用、効果音録音用の前室がある。 CD-811• CD-812 … (2012年度 スタジオ更新)• ECS-534 … ノンリニア編集• ECS-541 … ノンリニア編集• ECS-542 … ノンリニア編集• ECS-543 … ノンリニア編集• HVE-19 … ハイブリッド編集• HVE-21 … ハイブリッド編集• HVE-22 … ハイブリッド編集• HVE-23 … ハイブリッド編集• HVE-24 … ハイブリッド編集• HVE-25 … ハイブリッド編集 運行技術スタジオ(全12箇所) [ ]• CU-201• CU-203(約30坪) 主にの制作で使用• CU-204• CU-205• CU-206• CU-208• CU-213• CU-226• CU-555• CU-556• CU-557(約5坪)• CU-558(約5坪) オーディションルーム(試写室) [ ]• CA-421 試写会・講演・制作発表記者会見で使用。 約77人収容。 1サラウンド対応。 CA-422 関係者向け試写で使用。 CA-423 同上(面積は422スタジオとほぼ同じ) 東京都内のスタジオ施設 [ ]• CT-150(約100坪)『日曜討論』で使用。 青山サテライトスタジオ(愛称 NHK CAMPAS/2009年10月運用開始) が開設した複合文化施設「」の1階に設置。 『』などの収録で使用。 ラジオスタジオ(2019年11月運用開始)• 不定期に一度『』などの生放送で使用。 取材ヘリ・中継車 [ ] 中継車 [ ]• A-1 … 音声中継車• AH-18 … 衛星中継車()• AHP-4 … VSAT中継車(・)• AM-11 … 移動体衛星中継車• AM-12 … 移動体衛星中継車• AM-31 … 移動体衛星中継車• FP-2 … FPU中継車()• FP-3 … FPU中継車(トヨタ・ハイエース)• HA-1 … 中型中継車(マイクロバス)• HC-2 … 大型中継車• HC-4 … 大型中継車• HC-7 … 大型中継車• HM-1 … 中型中継車• HV-12 …スーパーハイビジョン大型中継車• RS-1 … 移動中継車(マラソン、駅伝)• RS-2 … 移動中継車(マラソン、駅伝)• R-1 … ラジオ移動中継車(マラソン、駅伝) 放送センター内にある施設 [ ]• :2020年5月をもって閉鎖。 :『NHK紅白歌合戦』をはじめ、『』の公開生放送などに使用。 :正式名は「放送センター内郵便局」。 渋谷中央支店放送センター出張所 … 旧時代からある有人店舗。 職員専用。 に加盟している、 、 など外国放送局(や)の支局が入居する。 NHKサンパウロ支局がブラジルの本部に入居しているものと同様の形式。 かつては [ ]やも入居していた。 ギャラリー [ ]• その他 [ ]• NHK放送センターは、において、放送事業者で唯一の公共機関に指定されているNHKの中枢部であることもあり、「テロ対策」の一環として、一般公開施設のNHKスタジオパーク部分以外は詳細な館内案内図は設置されておらず、各部屋のドアにも部署名は表記されていない。 その上増改築を重ねていることもあり、関係者でも建物内でになってしまうことがよくある。 また、テレビで放送センター内の様子を撮影する時にも、建物の詳細な構造が分からないように編集されているほか、事務フロア等のバックヤード撮影も厳しく制限されている。 その一方で、長きに渡って職員用の通用口では入館規制がされておらず、NHK局内への集団が乱入することなどもあった。 こうした事態を防ぐためか、2000年代に入ってからが設けられた。 NHK放送センターによる放送 [ ] NHK放送センター 放送対象地域 親局 82. 沿革 [ ]• 仮放送 (大正14年)• 開局 1925年(大正14年)• 地上アナログテレビ放送開始 (昭和28年)午後2時• 地上デジタルテレビ放送開始 (平成15年)午前11時 放送局の周波数一覧 [ ] (東京都にあるを一部含む) テレビ局 [ ] 現在の送信所である• 東京(:2013年5月31日8時59分まではから送信)-• (は関東広域圏(茨城県、栃木県及び群馬県を含まない)• 27ch(コールサインJOAK-DTV、出力10kW/ERP 68kW)1• (Eテレ)(放送区域は関東地方)• デジタル26ch(コールサインJOAB-DTV、出力10kW/ERP 68kW)リモコンキーID2• 予備()-• 総合テレビ(放送対象地域は関東広域圏(茨城県、栃木県及び群馬県を含まない)• デジタル27ch(コールサインJOAK-DTV、出力10kW/ERP 48kW)リモコンキーID1• 教育テレビ(Eテレ)(放送区域は関東地方)• デジタル26ch(コールサインJOAB-DTV、出力10kW/ERP 49kW)リモコンキーID2 デジタル放送の中継局 [ ] 詳しい詳細は総務省関東総合通信局公式サイトを参照• 新島 27ch• 伊豆大島 35ch• 八丈 40ch• 青梅沢井 27ch• 八王子 27ch• 新島本村 27ch• 八王子上恩方 29ch• 鶴川 13ch• 小仏城山 35ch その他 [ ]• (2015年3月31日終了)• 総合テレビ BS291ch• Eテレ BS292ch 2010年3月より、地上アナログから地上デジタルの移行放送用および地上デジタル放送難視聴地域対策として、5年間の期間限定でホワイトリストに指定された地域に限り、によるNHK(総合・Eテレ)と在京民放キー局の地上波デジタル放送をBS(放送衛星)を用いてSD画質、データ放送なしでサイマル放送を行う「」を開始。 沖縄県のアナログ放送は東京ローカル放送を受信し、大東諸島に関する情報は字幕スーパーで補完していた。 デジタル放送は沖縄本島から海底光ケーブルを経由して沖縄ローカル放送を受信している。 、およびも参照。 茨城県、山梨県、静岡県の一部では、それぞれの地元のに加えて、放送センター(首都圏広域放送)と2局の総合テレビ(ケーブルテレビ局によってはEテレも含まれる)を再送信されているところがある。 3月1日からインターネット常時同時配信のの試行サービスを開始した。 NHKプラスのサービス開始時はエリア(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)向けを対象とした放送を全国に配信するため、関東・甲信越エリア向けのを含む放送センター制作番組が日本全国で視聴可能となっている。 アナログ放送 [ ]• 総合テレビ(放送対象地域は関東広域圏)• 1ch(JOAK-TV、50 時は10kW)• 教育テレビ(Eテレ)(放送区域は関東地方)• アナログ3ch(コールサインJOAB-TV、出力50kW 時は10kW)• 送信地不明• アナログ14ch(コールサイン JO2W-TV) 1970年12月25日より1975年4月7日まで ラジオ局 [ ] IPサイマルラジオサービス「」を通じて全国で聴取が可能。 「」では第1放送が関東・甲信越1都9県で、FM放送が全国で聴取が可能。 中波(AM放送)• 東京(の)594(コールサインJOAK、出力300kW 減力放送時は200kWまたは10kW )• 6MHz(出力3W 2013年3月31日開局)• 6MHz(出力1W 2013年3月31日開局)• - 全国放送• 東京(菖蒲久喜ラジオ放送所)693kHz(コールサインJOAB、出力500kW 減力放送時は250kWまたは10kW )• 父島84. 6MHz(出力3W 2013年3月31日開局)• 母島84. これにより、放送センター管轄の中波放送としては初の中継局設置が実現。 この施設は菖蒲久喜ラジオ放送所の大掛かりなメンテナンスが行われる際、年数回の減力放送で運用される。 東京(東京都墨田区押上一丁目の )82. 5(コールサインJOAK-FM、出力7kW)• 2012年4月22日までは東京都港区芝公園の東京タワーからの送信(出力10kW 減力放送時は1kW)だったが、移転後も東京スカイツリーの送信設備の点検整備による代替送信および送信が万が一できなくなった際に使用される予備送信所(出力はこれまでの10kwから5kwに半減)として存続される。 5MHz(出力100W)• 9MHz(出力10W)• 父島79. 6MHz(出力3W 2013年3月31日開局)• 母島79. 関東・甲信越における県域放送の扱い [ ] (終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 総合、Eテレやラジオ第1・第2放送においては、関東・甲信越向け放送の拠点でもある。 そのため、定時ニュースのローカルニュース部分は、関東・甲信越で共通のものを放送。 甲信越の3県もラジオ・テレビでそれぞれローカル番組を制作する。 それに対し、FM放送に関しては各放送局毎の管轄の制作となり、ローカルニュースは各放送局によって独自の内容、東京はラジオ第1と同一内容となる。 ラジオ第1のコールサインは関東では東京の管轄になるが、FMのコールサインは各放送局による。 このため、実質的に「東京都内向け(東京都のみを対象とする番組)」という番組はの「」(FM)の終了をもって事実上なくなった。 3県(・・)の各放送局は総合テレビ・ラジオ第1・FM放送で県域放送を行っている。 ただし、ラジオ第1・FM放送平日5:55・6:55、土曜・日曜・祝日の5:55・6:55・7:15・11:50・12:10・18:50からは東京から放送している。 FMラジオ放送は各都県単位の都県域放送となっており、東京都以外の各県それぞれに向けた独自の県域番組が放送されている。 FM県域放送の対象の時間帯は: 平日7:20 - 7:25(ローカルニュース・気象情報) 土曜・日曜・祝日7:15 - 7:20(ローカルニュース・気象情報) 毎日11:50 - 12:00(気象情報・交通情報) - 千葉のみ11時からの番組に内包。 平日12:15 - 12:20(ローカルニュース・気象情報) 土曜・日曜・祝日12:10 - 12:15(ローカルニュース・気象情報) - 平日18:00 - 18:50(県域情報番組・音楽番組など) 平日18:50 - 19:00(ローカルニュースと気象情報・交通情報・局によりお知らせ) 土曜・日曜・祝日19:15 - 19:20 この他、局により11:00 - 11:50、土曜日14:00 - 18:50(それぞれ県域情報番組・音楽番組)にも放送。 『』やの都県予選大会・関東大会などの放送に差し替える。 ただし、週や時間帯によっては全国放送番組、あるいは県域放送ではなくラジオ第1と同じ「関東(甲信越)」のくくりで放送する場合の垂れ流しもある。 総合テレビジョンは南関東1都3県を1エリアとするであり、東京都以外の3県には中継局のみを設置している。 の開始に伴い、2004年からでは独自のを実施。 デジタル放送への完全移行に伴い、との両局でも県域放送の実施に向けた準備を進め、2012年4月に県域放送が開始された。 これにより、北関東3県はNHK総合・東京の関東広域放送の放送対象地域から外れた。 なお、アナログ放送は広域放送のまま停波を迎えた。 なお、衛星によるセーフティーネット(地上デジタル放送の中継局が整備されておらず難視聴になっている地域)については、全国で東京(南関東)向けの番組を配信している。 放送総局 首都圏放送センター [ ] 東京本部(NHK放送センター)の中で、関東地方()での事件・事故・話題を取材し、それに基づいたニュース・情報番組を制作する部局。 放送でも「関東」だけでなく「首都圏」という言葉も用いる。 と・が所属し、にはの取材拠点として「多摩支局」(旧:多摩報道室)を構えている。 報道局社会部(警察・司法・災害・皇室等の取材)がカバーしきれない部分を補完するという側面もあり、組織上は独立しているが実態として報道局の一部と位置づけられている。 ただ、社会部と異なって自前の放送枠・番組を抱えており、首都圏(関東地方の1都6県を指す)向けのブロック放送および関東・甲信越(1都6県および山梨県・長野県・新潟県)向けの管中番組を統括する、いわば首都圏とその近接地域における拠点局的存在である。 首都圏の1都6県を対象とする番組では1都6県、合わせて7都県であることから番組ロゴに虹色カラーを使用する傾向がある。 なおレギュラーの一部番組は、でも放送されている。 主な制作番組一覧 [ ] 総合テレビ [ ] 2020年度。 原則として関東1都6県のブロック放送。 タイトル 放送時間 差し替え等 備考 平日 07:45 - 8:00 土曜 07:30 - 7:59 平日7:55以降、甲信越各局は各県別のニュース・気象情報を放送• 祝日を除く• 一部を除いて、NHKワールド・プレミアムでも放送 平日 11:05 - 11:54• 水戸:金曜11:30 - 『金曜は! いばっチャオ』• 宇都宮:金曜11:50 - 『ちょこトチ! 新潟:11:50 - 『ひるまえ伝言板』• 放送時・期間中は休止。 11:30 - 11:50は関東・甲信越地方向けに放送 平日 18:10 - 19:00• 水戸:『』• 宇都宮:18:30 - 『』• 前橋:18:30 - 『』• 番組宣伝・お知らせなどで18:59もしくは18:59. 30に終了時刻を繰り上げる場合がある。 土日祝 18:45 - 18:59• 甲府:18:55 - 『ニュース・気象情報(山梨県域)』• 長野:18:55 - 『ニュース・気象情報(長野県域)』• 18:53までは、関東・甲信地方向けに放送• 18:53 - 18:55に全国の気象情報を内包(この部分のみ関東甲信地方以外でも各地域のローカルニュースに内包扱いでネット)。 平日 20:45 - 21:00 水戸:『』 祝日と重なった場合は休止し、20:55 - 21:00に関東・甲信越地方向けの『』を放送。 金曜 19:30 - 19:57 再:土曜 10:55 - 11:22 NHKワールド・プレミアムでも放送 全国放送に移行した番組 [ ]• (2010年度以降)• (2016年度改編で全国放送の不定期特番化) 終了した番組 [ ] 金曜日16時台• 週刊首都圏ニュース(2002年4月 - 2003年9月) 2003年10月から2006年3月までは「首都圏まるごと一週間」として、『首都圏ネットワーク』内で金曜日17:20頃 - 17:55頃に放送。 平日17時台• (1998年4月 - 2003年3月)• 17時台(2003年4月 - 2006年3月)• 開始当初のタイトルは『ゆうどきネットワーク』。 全国放送になって以降は毎週金曜日のみ大阪から放送していた。 平日18時台• (1976年 - 1982年)• (1982年 - 1988年)• (1988年 - 1997年) 平日20時台• (1984年 - 1987年)• (1987年 - 1993年) 平日昼・昼前• 町から村から(1962年4月 - 1974年3月)• 関東ネットワーク(1974年4月 - 1983年3月)• 関東甲信越ネットワーク(1983年4月 - 1993年3月)• 関東地方のおしらせ(1984年4月2日 - 1985年4月6日)月曜日 - 土曜日11:50 - 11:55に放送。 くらしの情報(1985年4月8日 - 1991年3月)月曜日 - 土曜日11:45 - 11:55に放送。 その後時間枠拡大された。 ニュースセンター首都圏(1991年4月 - 1993年3月) 平日・土曜朝• カメラリポート(1966年4月 - 1976年4月)月曜日 - 土曜日7:20 - 7:35に放送。 テレビロータリー(1976年4月 - 1980年4月5日)月曜日 - 土曜日7:20 - 7:35に放送。 フレッシュロータリー(1980年4月7日 - 1983年4月2日)『NHKニュースワイド』に内包され、月曜日 - 土曜日7:30 - 7:45に放送。 金曜夜• (1984年4月6日 - 2017年3月10日)• 金曜eye(2014年 - 2017年)• (2017年3月17日 - 2018年3月16日) テレビドラマ [ ]• 発ドラマ『』(2015年12月2日、)• 東京・発ドラマ『』(2017年2月15日、NHK BSプレミアム) ラジオ第1 [ ]• 月 - 金曜日• 7:30(〇 祝日)• 7:58(〇 祝日)• 8:28(〇 祝日)• 9:28• 10:28• 11:28• 13:28• 14:28• 14:58(祝日は関東・甲信向け)• 15:28• 16:28(時のみ)• 16:58(〇 祝日)• 17:28• 17:58• 18:28• 7:30〇• 11:28• 13:28• 14:28• 14:58(関東・甲信向け)• 16:28(時のみ)• 17:28• 17:58• 18:28• 10:28• 11:28• 13:28• 14:28• 14:58(関東・甲信向け)• 16:28(大相撲中継時のみ)• 17:28• 17:58• 18:28• 関東地方は毎28分前後の攻守交替時に行われる。 FM [ ] 過去に制作した番組 [ ]• 前者3つは各都県別の編成。 「サンセットパーク」は関東・甲信越ブロックネットであった(ただし、特に南関東などで県別編成はあった)。 2011年3月にFMでの都内向けローカル番組はニュース(ラジオ第1と同時であるため「関東(甲信越)のニュース」となり「東京都内のニュース」は存在しない)以外事実上廃止となった。 首都圏放送センター支局 [ ]• 多摩支局() 本部営業局直轄営業センター [ ] 東京都に関する営業業務は、本部営業局が直接手掛けている。 中央営業センター(放送センター内。 新宿センターを統合)• 池袋営業センター(豊島区)• 上野営業センター(台東区)• 西東京営業センター(立川市、多摩支局に併設) 情報カメラ設置ポイント [ ] NHK放送センター管轄のカメラ。 「」も参照• 放送センター本館屋上 新宿・・渋谷方面。 晴れて乾燥している日にはや、が映し出されることがある• 放送センター西館屋上 通常は放送センター正面の渋谷区役所前交差点を撮影し、主に関東地方の天気予報・地震発生時に使われる。 放送センターで行われている屋外イベントの様子を撮影する際にも使われる• (浅草文化観光センター) を映す• や東京タワーが映し出される• () 八ツ山橋・を映す。 で使われることが多い• 前(地下街「しぶちか」入口屋根) ハチ公前広場向かい、を映す• JR南口 駅前やを低い位置から映す• 八重洲口 JR線を低い位置から映す。 の交通情報や、新幹線の大幅なダイヤ乱れ・運休の際に使われることが多い• (屋上) 2015年3月までは午前9時のニュースのセット背景に映し出されていた• が映し出される。 午後6時のニュースのオープニングで見られる。 方面を映す• 東京スカイツリーや上野方面、・を映す• 第1・第2ターミナル 飛行機や滑走路の様子を映す• 高さ375m地点に3台設置され、都心一帯や千葉・埼玉方面など360度全てをカバーする• 屋上(砧) 桜の開花時期にはの桜並木の様子が映し出される• JRや、駅周辺を映す• () 日比谷口(通称「SL広場」)を映す• や、を映す• 付近を映す• JRのホームや新宿東口の前広場を映す• (銀座店屋上)• 前 悪天候時(特に大雪)に映し出される• や東京北西部を一望できる• 桜の開花に合わせ、毎年3月中旬頃から季節限定で設置される 愛宕山東京放送局• (放送センターへの移転により廃止、跡地は)• 愛宕山放送局(現在の) 受信報告書に対する返信 [ ] NHKではを送付した場合、基本的に全国で受信できて当然であるという観点からを発行することは原則として行っていない。 そのため、放送センター宛に報告書を送付しても、受信報告のお礼状(ベリレターのこと。 確認証を出していないという旨の説明書きがある)と、番組宣伝のポストカード(大河ドラマ、連続テレビ小説など)、の番組表などの資料が送られる。 ただし、中波ラジオのラジオ第1・第2放送を受信してへ報告書を出した場合は独自のベリカードを発行する場合がある(放送センター宛に報告書を送付した場合は菖蒲久喜ラジオ放送所へ一旦転送された後に当ラジオ放送所から発送する場合もある)。 また初期の頃は衛星放送局あてに送付すれば、やはり衛星放送独自のベリカード(放送衛星の図形と周波数が記載)を発行していたことがあったが、現在は衛星放送のベリカードは発行されていない。 補足 [ ]• 平日正午のニュースのうち12:15 - 12:20の首都圏ローカルニュースは、BS1で13:00から放送していた『』で時差・全国放送しているが、2011年10月以降は短縮版に限らず、通常放送でもリポートを放送するため、他の拠点局1局についてのニュースとともに放送されないことがあり、地デジ難視対策衛星放送のサービスを受けている世帯とNHKワールド・プレミアムのノンスクランブル放送を受信している世帯を除き、首都圏ローカルニュースが視聴できない日もあった。 なお、『列島ニュース』開始までは平日12:15からの首都圏ローカルニュースは、正午の全国ニュースのキャスターが引き続き担当していた。 ただし、1990年前後頃までは、全国ニュース担当のアナウンサーとは別にローカルニュース担当のアナウンサーが割り当てられていた。 土休日は、引き続き正午の全国ニュースのキャスターが、関東ローカルニュースを担当する。 国内向け同時ネット配信のNHKプラス 、海外向け国際放送のNHKワールド・プレミアムでは、正午のニュースなどの関東(甲信越)ローカルニュースがそのまま視聴できる。 は首都圏ローカルニュースも一部放送していたが、2006年4月からはローカルニュース枠はすべて番組案内スポットなど別番組に差し替えられたためすべてなくなり、も、2006年12月末でニュース番組の同時放送自体が終了したため、首都圏ローカルニュースの同時放送はすべてなくなった。 また、NHKワールドTVも、英語放送強化による番組改編で首都圏ローカルニュースの同時放送を2008年3月30日をもって全て終了した。 ただし、2008年の北京オリンピック期間中はすべて部分的カットを施した時差放送となる関係から、首都圏ローカルニュースも一時的に放送された。 通常「NHK首都圏」・「NHK東京」は番組等ではあまり使用しないが、毎月1日(1月のみ4日)の正午の時報直前の11:59よりの試験信号発射実施の場合のみ「NHK関東・東京」を使用する(「今から緊急警報放送の試験信号をNHK東京から発射(放送)します」と発する)。 なお、首都圏放送センター制作番組についても、制作クレジットは「NHK」(東京制作の全国放送番組と同じ)となる。 しかし、地上デジタル放送・ワンセグではEPG番組表では「NHK総合(Eテレ)・東京」を表示する。 なお、番組中で「NHK東京」と表示された数少ない実例としては、(夏の大会)で1980年代末期から1990年まで各都道府県の放送局から派遣され、応援席リポートや代表校紹介を担当していた「ふるさとリポーター」の西東京・東東京代表担当アナウンサー名のクレジットがある。 東京ラジオ第2放送については、東日本大震災に関連する節電のため、2011年3月19日から同年9月下旬まで、10時から16時の間送信出力を250kWに半減するが行われていた。 アナウンサー [ ] 統括責任者 [ ] 放送総局アナウンス室長• (うえだ・さなえ) 東京アナウンス室 [ ]• (EA):エグゼクティブ・アナウンサー、(SA):シニア・アナウンサー、(CA):チーフアナウンサー 男性 [ ]• (あおい・みのる)• (あさの・たつろう)• (あべ・わたる) EA• (あらい・ひでかず)• (あらい・りゅうた)• (いいじま・てつろう)• (いいづか・ようすけ)• (いいだ・きくお) 副部長• (いけだ・こういちろう)• (いしい・たかひろ)• (いしい・ゆたか)副部長• (いちはし・ただゆき)• (いとい・ようじ)• (いとう・うみひこ)• (いとう・けいた)(CA)• (いのうえ・じろう)• (いのうえ・ゆうき)• (いまい・しょうま)• (いわの・よしき)• (おおた・まさひで)• (おおつき・たかゆき)• (おおはし・たく)• おざわ・やすたか)• (おだぎり・せん)(CA)• (かがみ・かずおみ)• (かさい・だいすけ)• (かねこ・てつや)副部長• (くりはら・のぞむ)• (くろだ・しんや)• (こにし・まさちか)• (こばやし・あきひろ)• (ごとう・やすゆき)• (こまつ・こうじ)• (こやま・けい)• (さいとう・だい)(SA)• (さかなし・てつし)(CA)• (ささお・よしのり)• (さと・たくみ)副部長• (さとう・かつき)• (さとう・せいた)• (さわだいし・かずき)• (さんじょう・まさゆき)• (さんべ・こうし)(CA)• (しおや・ただよし)(SA)• (しおだ・しんじ)• (しらとり・てつや)• (すぎうら・たかし)副部長• (すぎおか・ひでき)• (すぎさわ・りょう)• (すぎしま・りょうさく)• (たかい・まさとも)• (たかくわ・りょう)(SA)• (たかせ・こうぞう)• (たきがわ・たけし)• 武田真一(たけた・しんいち)(EA)• (たけもと・だいき)• (たどころ・たくや)• (たむら・なおゆき)• (たんざわ・けんじ)• (つかはら・たいすけ)(SA)• (とねがわ・しんや)• (とよはら・けんじろう)• (ないとう・ゆうすけ)• (ながい・しんいち)• (なかの・あつし)• (なかの・じゅんいち)(SA)• (はった・ともひろ)• (はら・だいさく)• (ひだ・よしひと)• (ひるま・ただよし)(SA)• (ひろた・なおたか)(SA)• (ふかがわ・ひとし)• (ふくい・ゆういちろう)副部長• (ふじい・かつのり)(SA)• (ふじさき・ひろし)副部長• (まつおか・ただゆき)• (まつだ・りにあ)• (まつなえ・りゅうたろう)• (まつの・やすひこ)• (みうら・たくみ)スポーツ統括• (みやざき・だいち)• (もりた・ようへい)• (やまだ・けんじ)(SA)• (よしだ・ひろし)(SA)• (わたなべ・けんじ)• (わたなべ・けんた) 女性 [ ]• (あかき・ののか)• (あさの・りか)• (あべ・みちこ)• (いけだ・のぶこ)• (いしばし・あさ)• (いその・ゆうこ)• (いでた・なな)• (いのうえ・あさひ)• (うえはら・みつき)• (おうみ・ゆりえ)• (おの・ふみえ)(EA)• (かしま・あやの)(SA)• (かたやま・ちえこ)(産休)• (かねきよ・あさみ)(CA)• (かまくら・ちあき)• (かみじょう・のりこ)• (くぼた・ゆか)• (くわこ・まほ)• (こごう・ともこ)(産休)• (ごうばる・あきこ)• (さわだ・あやか)• (しばた・ゆきこ)(CA)• (すぎうら・ゆき)• (すずき・なおこ)(産休)• (そえじま・めい)• (たかはし・さとみ)• (ちば・みのり)(産休)• (つかはら・あい)• (つげ・えみ)• (てらかど・あいこ)(産休)• (なかがわ・あんな)• (なかがわ・みどり)(SA)• (なかじょう・せいこ)• (なかやま・かな)• (はやしだ・りさ)• (ひろせ・ともみ)• ふじい・あやこ• (ふるの・あきこ)• (ほし・まこと)• (ほり・さゆり)• (もりした・えりか)• (もりもと・なみ)• (わくだ・まゆこ) 嘱託職 [ ] 男性 [ ]• あきやま・ひろし• ふじい・やすお• すぎはら・みつる• ふくざわ・ひろゆき• もりなか・なおき ラジオセンター [ ]• ラジオセンター所属のアナウンサーは、基本的にラジオ番組のみ出演・担当する。 テレビ番組への出演は原則としてしない。 かつて存在した制作業務担当専門のアナウンサーについては、2010年度以降「アナウンサー」ではなく純然たる「制作担当者」として扱われるようになり、公式サイトに掲載されなくなった。 ただし、各種ラジオ番組のセレクション版、『』のリポート、『』のインタビュアー、特集番組などで出演することがある。 詳細は「」を参照 男性 [ ]• (あずま・けん)• (たなか・たかのぶ)• (みつはし・おおき)(SA)• (よしまつ・よしふみ)(SA) 女性 [ ]• (いしい・かおる)(CA)• (たけうち・とうこ)(CA)• (むらかみ・さとわ)• (やまもと・しほ) 嘱託職 [ ]• ないとう・けいし シニアスタッフ [ ] 男性 [ ]• あかし・いさむ• あさづま・もとすけ• あらい・しげよし• いしざわ・のりお• いしひら・みつお• いとう・せいいち• おの・たくし• かじ・あきら• かわの・かずいえ• きしだ・たかし• くどう・さぶろう• こだま・しせい• さづか・もとあき• すえだ・まさお• すずき・けいいちろう• てらだ・みちお• とくだ・あきら• なかむら・のぼる• にのみや・まさひろ• のぐち・ひろやす• まつもと・いちろ• やました・まこと• よこやま・よしやす 女性 [ ]• えんどう・ふきこ• くりた・あつこ• さくらい・ようこ• むかい・やすこ NHK放送研修センター・日本語センター出向 [ ] 日本語センター専属者については「」を参照 男性 [ ]• (いばやし・たかあき)• (おおの・せいや)(SA)• (こばやし・たかし)(SA)• (こんどう・としゆき)(SA)• (すずき・けんいち)(SA)• (たけだ・りょうすけ) CA• (ねぎし・まさふみ) SA• (のむら・まさいく) EA• (はたけやま・さとし) EA• (まちだ・ゆう)(SA)• (やまだ・たかゆき)(SA) 女性 [ ]• (もりた・みゆき) EA• (わたなべ・あゆみ)(EA) 嘱託職 [ ] 男性• くろさわ・やすひろ• みちや・しんぺい• やまもと・てつや (EA)• よしの・きよし 女性• やまだ・あつこ (EA) NHKグローバルメディアサービス出向 [ ]• (おの・たくや)• (こうい・だいき)• (こみやま・てるよし)• (しもさかい・ひでゆき)• (たかせ・としひこ)(SA)• (たかぎ・しゅうへい)• (たけばやし・ひろし) 統括• (たなか・ひでき) 嘱託• (よしだ・まさる) 嘱託 首都圏放送センター契約 [ ]• いのうえ・ともこ• かくた・きょうこ• かつた・まき• かみじょう・まりな• さえき・ももこ• しみず・さやか• すがの・まみえ• たけざわ・ちいこ• たなか・さとか• ないとう・まき• にしむら・みづき• まつお・えりこ• もりぞの・ゆり 本部直轄のNHK放送局 [ ]• (非隣接)• (非隣接)• (非隣接)• (非隣接)• (非隣接) 脚注 [ ] []• NHK 放送技術の歴史より。 鈴木俊一『回想・地方自治五十年』株式会社ぎょうせい、1997年、、p. 188• 『東京の都市計画に携わって--元東京都首都圏整備局長・氏に聞く--』財団法人東京都新都市建設公社まちづくり支援センター、2001年、pp. 104-105• 鈴木俊一『回想・地方自治五十年』株式会社ぎょうせい、1997年、、p. 189• 『時の流れ・都市の流れ』鹿島研究所出版会、1973年、p. 2008年に『』で自ら認めている。 放送センターの建物自体は級の地震にも耐えられる設計となっている。 NHK、放送センター建て替えへ ホールなどすべて一新 2010年1月13日• PDF プレスリリース , 日本放送協会, 2016年8月30日 , 2016年9月10日閲覧。 PDF プレスリリース , 日本放送協会, 2019年11月12日 , 2020年6月2日閲覧。 天井近くに、吊り下げられた表札を捉えるように接続のカメラが設置されている他、担当カメラマンが机の下に常備するを直ちに引き出して収録する。 これは特集番組での重要な映像資料となる。 災害報道の訓練の様子や選挙開票速報の番組スポットでは映し出されるケースがある。 「NHK VR 」、日本放送協会、2015年12月25日• 災害放送は全チャンネル(またはBS1との)同時放送であるが、災害関連以外の特設ニュースでは総合テレビとNHKワールド・プレミアムの同時放送が基本。 ただ、大雨や台風などの異常気象における特設ニュースではNHKワールド・プレミアムでもすべてまたは一部時間帯で放送されず、完全に総合テレビの単独放送となる場合もある。 6月12日放送の『・プレミアムトーク』にゲストとして出演した(同年放送の大河ドラマ『』主演)が、当時放送中の朝ドラ『まれ』のヒロインで、の朝ドラ『』での共演歴があるとのエピソードを語っているところからこの様子が伺える。 ただし、2012年の在外投票のお知らせではスタジオでなく国際放送専用(テレビ・ラジオ共用)の主調整室内で収録(放送より確認)。 在日大韓民国民団• 2013年3月29日. 2016年8月27日閲覧。 ただし、難視聴地域以外ではスクランブルがかかるため視聴できない。 日本放送協会(2020年1月15日作成). 2020年3月5日閲覧。 NHK広報局 2012年4月5日 [ ]• FMと地上波の総合テレビので一部時間帯に県別ニュースを編成する時間があるが、東京都内向けのFMは広域放送であるラジオ第1放送と同じ「関東(甲信越)のニュース」の扱いとなるため。 また年度によって(Nコン)東京都予選、・両地方大会を都内向けのみで放送する場合もある• AV Watch 2020年2月27日 2020年6月25日閲覧• 一部はノンスクランブルで視聴できるため、配信サービス対象外の日本国内でも海外衛星放送チューナーとパラボラアンテナ(BS放送よりも大きめのサイズ)を用意することで視聴可能。 同例は民放のにもある。 背景としては、これまで煩わしくなっていた「パーソナリティー」としてのアナウンサーと「制作担当者」としてのアナウンサーを分割させるねらいもあったとみられる。 2011年度を最終年度とする3か年計画では、「報道・番組制作要員は増やし、技術は増加抑制、ほかは容赦なく削減」することを明確にしていた。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

松浦勝人(エイベックス会長)の結婚した嫁は畑田亜希!馴れ初めや子供もヤバイ!

勝浦勝人 あゆ

《ドラマでは明かされない「M」のリアル》エイベックス松浦氏は母に「彼女とヤります」宣言 から続く ( 前編 はこちら) 2020年6月13日から6週間ぶりに放送が再開する。 ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)。 コロナ禍で収録がストップしていたが、緊急事態宣言解除を受けて収録を再開した。 同ドラマの原作は浜崎あゆみとエイベックスの松浦勝人代表取締役会長との恋模様を描いた同名小説だ。 小説「M」にはマサ(松浦氏)とあゆ(浜崎)の出会いから、交際までの経緯、公私のすれ違いを経て別れに至るまでが浜崎の視点からセンチメンタルに描かれている。 しかしエイベックス元社員でライターのA子さんが、松浦氏の大麻使用疑惑や幻冬舎の編集者である箕輪厚介氏によるセクハラや原稿料未払いについて告発する際に提供した資料のなかに、松浦氏が自ら浜崎との恋愛について赤裸々に言及する音声が含まれていたのだ。 小説「M」では松浦氏から浜崎に別れを告げるのだが、松浦氏はA子さんのインタビューで、実際には浜崎から別れを告げられたと明かしている。 そして破局後、松浦氏は《俺も結構本気で好きになっちゃってたからさ、女々しかったわけよ。 ダメだなあと思って》《俺はすっごい後引きずって……そのあとハワイ行ってもずうっと引きずったし》と、浜崎への未練を長い間吹っ切れずにいたというのだ。 別れてから10年以上が経った2016年当時も浜崎の気持ちを試すような言動をし、そのたびに一喜一憂している。 松浦氏は浜崎とのLINEメッセージのスクリーンショットをA子さんに自慢げに送ることもあった。 あゆと松浦のLINE 浜崎《マサ大好きだよー!!!!! 世界一大好き 死ぬまでずっとマサが一番だよー!》 松浦《ほんとかなぁ。 信じられないけどね》 浜崎《知ってるくせに》 松浦《知らない。 》 浜崎《とか言ってー》 松浦《だって、呼んで来てくれたこと一度もないし》 浜崎《いくよっ》 松浦《嘘つき嫌い》 A子さんがエイベックス社員だった頃には、浜崎と破局した直後の松浦氏の噂も耳にしている。 Aさんはこう語っていた。 浜崎への未練から松浦氏が起こしたある行動 「浜崎さんとの別れで精神的に病んでしまい、ハワイへ気分転換に行ったようです。 当時、社内では『あゆと別れたあと毛布にくるまって起きれずに、仕事がままならない時期が1年くらいあった』という噂もありました。 別れたことはかなり引きずっていたようです。 恋をすると没頭してしまい、何も見えなくなってしまうようです」 松浦氏にとって浜崎はよほど大きな存在だったのだろう。 破局直後には、浜崎への未練から松浦氏はこんな行動にも出ている。 そんくらい女々しかったよ》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏《俺がぐずぐずしてたけど、俺ぐずぐずすると結局自分があとですごいかわいそうな人間になるの(自分自身で)知ってるから》(2015年12月のインタビュー音声より) 浮気をしていたのも、浜崎とは会えない寂しさからだったようだ。 A子さん《そこまで大好きな相手でも、浮気はするんだね》 松浦氏《それは別。 だって忙しくて会えないんだもん》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏の口から語られた、浜崎と長瀬の恋愛 しかし「女々しい」松浦氏を浜崎が顧みることはなかった。 浜崎は破局直後からある男性と交際を始める。 それがTOKIOの(41)だ。 松浦氏は長瀬智也とのエピソードについても語っている。 「ある日突然長瀬と付き合ってますって言われて」 松浦氏《しょうがねえもうハワイ行こうっていってハワイ行って、Dreamのプロデュースしてたけど全然面白くなくて。 で、ハワイ1年半行って戻ってきたってまだあゆの呪縛が抜けないから、いろいろやってたけどある日突然長瀬と付き合ってますって言われて。 まあそりゃそうだよなってそこに対しては別に何とも思わなかったんだけど。 それで今度(長瀬と)別れるって話になって。 別れるってなったらこっちが別れた風に(先に公表)しなきゃいけないから、こっちが先に新聞仕込んで別れたって出したらジャニーズが怒る怒る》(2015年12月のインタビュー音声より) 松浦氏は「あゆの呪縛が抜けない」状態で浜崎に振り回されていたようだ。 しかしプロデューサーとしての責任感からか、元恋人としての愛情からか、松浦氏は浜崎の世話を焼いていた。 そうした辛い過去を冷静に語っていた松浦氏だが、声に喜色が混じることもあった。 松浦氏《(あゆが長瀬と)一緒のタトゥーを『変えたい』って言うから、でも落ちねえから、増やせって言ってあいつ本当に増やしたよ。 松浦氏は浜崎の他にも人気グループのX子とデビュー直後の2005年頃から10年間交際していたこともインタビューで明かしているのだ。 松浦氏《10年間、今までに至るに(会社が)すごい保守的な体制を敷くなかにいた女がX子じゃん。 もうどうでもいいやと。 どうにでもなるだろ、どうにもなんないし。 といいながらその間になんだかんだDVDつくったり一応プロジェクトやったり、なんかいろいろやってはいるんだよ。 でもヒットっていうのは生まれてなくて、それで家帰ったらX子がいたから。 はい、セックスセックスセックスセックス、でハマっていって、悪いことも話して》(2015年12月のインタビュー音声より) エイベックス関係者が語る。 「松浦さんが愛人をデビューさせたり、担当アーティストと恋愛関係になったりすることはよくありました。 2005年頃から、別の事務所からエイベックスに移籍した人気歌手Y子と肉体関係になっています。 Y子とはラスベガスに旅行へ行ったことで、当時の妻にバレたこともあったようです。 今から数年前には、エイベックスからデビューしたあるガールズグループのリーダーZ子が松浦さんの彼女だった。 付き合っていた期間は数カ月だったようですが、松浦さんと交際した後に突如リーダーに抜擢されたんです。 結局そのグループは1年足らずで解散してしまいましたが……」 エイベックスに事実関係について文書で確認をしたところ、期日までに回答はなかった。 A子さんからの提供資料で明らかになったのは、「愛ほど強いプロデュースの方法を知らない」と豪語する売れっ子プロデューサーの虚しい現実であり、上場企業トップによる会社の私物化だった。 【音声動画】「あゆの呪縛が抜けない」 6月13日(土)22時から放送の「 文春オンラインTV 」では、本件について取材担当記者が詳しく解説する。 (「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)).

次の

浜崎あゆみ「M」は松浦勝人エイベックス会長!あゆ恋愛暴露!キス写真は本物!松浦氏の年収は?

勝浦勝人 あゆ

浜崎あゆみ「M」は松浦勝人エイベックス会長! 恋愛暴露! あゆ こちらが、 浜崎あゆみが松浦勝人エイベックス会長との恋愛を暴露の報道です。 歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)と交際していたことを初めて告白した。 浜崎への取材を基にした小説「M 愛すべき人がいて」(8月1日発売、幻冬舎)で出会いから別れまで赤裸々に詳述。 出版にあたり「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」との言葉を寄せている。 著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美氏。 松浦氏ら実在する人物が実名のまま登場し、渋谷109などの具体的な場所や生々しい会話のやりとりは、事実を基にしたノンフィクションノベルならではの臨場感がある。 引用: 出会いはあゆが年齢をごまかして入店した 東京・六本木のディスコ・ヴェルファーレのVIP席。 代表曲「M」や「Boys&Girls」は、2人の交際の中で生まれた歌詞なのでした。 エイベックス所属前の芸名「浜崎くるみ」はいやだったといいます。 「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」というコピーはすごい激白です。 2008年フラッシュに掲載された抱擁、キスシーンはまさに男女の関係が疑われていましたが 本物だったということですね。 こちらです。

次の