アメリカン・ショートヘアー 購入。 アメリカンショートヘアー 一覧(1ページ目)│P's

アメリカンショートヘアー

アメリカン・ショートヘアー 購入

アメリカンショートヘアーとは アメリカンショートヘアーは、今からおよそ400年前、ピューリタン(正教徒)がイギリスからアメリカ(新大陸)に渡る際、同行した短毛の猫がアメリカンショートヘアの起源と言われています。 一説には17世紀にメイフラワー号でアメリカに上陸したネコの子孫ともいわれていますが、実際のところはっきりどの猫が起源なのかは分かりませんがこの時代に来たと言うことは間違いないようです。 その際、アメリカンショートヘアの祖先は飼い猫などのペット用としてではなく、船上、家屋の ねずみやヘビなどの害虫を駆除する為に選ばれたという経緯を持ち、別名「ワーキングキャット 働く猫 」とも呼ばれていました。 この頃の猫達は基本的に愛玩用ではなく、害獣駆除の役割を持って威と言われています。 1980年代ごろから日本では持て囃されだし、現在でも人気猫種のアメリカンショートヘアーは、「アメショー」と省略して呼ばれることが多くなっていますが、ワーキングキャットとして働いていたアメリカでは「マウサー ネズミを捕獲する 」と呼ばれています。 現在では母国アメリカでもペットとして不動の地位を築き世界的にもても非常にポピュラーな猫種です。 アメリカンショートヘアーの購入価格 アメリカンショートヘアーを日本国内のペットショップで購入する場合はおよそ15万円から20万円程度で、高額なチャンピオン猫ですと倍程する場合もあります。 ブリーダーから直接購入する場合は8万円から10万円程度で、アメリカンショートヘアにはいくつか毛色の種類がありますが、毛色によって値段が大きく変わることはほとんどありません。 シルバータビーと呼ばれる銀と黒の毛色がその中でもポピュラーです。 ペットショップで購入するかブリーダーから手に入れるかは、金額面での違いの他に、健康面での補償がことなります。 よほどの有名ブリーダーでない限り、健康面のリスクは必ずしも補償されません。 そのため、より健康な猫を探す場合はイオンペットやペッツファーストなど価格は高額ですが、選別されてきた猫がいるためよいと考えられます。 子猫にこだわらないのであれば、保護猫も検討してはいかがでしょうか。 アメリカンショートヘアーは国内でも最もポピュラーな純血種であるため、捨てられる猫もいます。 そうした不遇な猫を貰い受け、幸せにしてあげるというのもよいでしょう。 アメリカンショートヘアーの性格 元来は、ネズミ捕り、蛇の撃退を目的として飼われていたアメリカンショートヘアは、今でも獲物を狙い仕留めるという感覚が強く残っており、好奇心は旺盛でねこじゃらし等のおもちゃで遊んだり、同居猫と戯れあったりし走り回るなど活動的なタイプの猫種です。 そのため、物静かな猫を好む飼い主とは相性が悪く、室内で猫と遊んであげることが苦にならない、どちらかというとアクティブな方向けの猫と言えます。 デメリットとしては、 好奇心旺盛な性格のため、棚の物を落としたり、家具を傷つけるなどはよくあることで、あまり遊んであげることができないとストレスをため、無駄に暴れたりすることもありますので注意しましょう。 アメリカン・ショートヘアの容姿 大きな目は猫種の中でも特徴的で、被毛の縞模様がアメリカンショートヘアーの代名詞になっていますが、3つ決められた模様があります。 1:首筋の縞はネックレス 2:肩から胸前の「チョウチョウのシルエット」 3:背中の3本の縞、そして脇腹の丸いマークが何とも言えない愛らしさを醸し出しています。 日本ではシルバーグレー系(シルバークラッシクタビー)の色が主流ですが、実際の毛色は80パターン以上もあるといわれており、大きく分けると黒、白、銀、クリーム、赤、茶色、青などがあります。 日本にはあまり多くのパターンは入っていません。 体毛は名前の通り短毛で、猫種のなかでもさらさらとした手触りですが、しっかりとした被毛に覆われ、どんな気候もしのげるという特徴を持っています。 この特徴は野外での害獣駆除に役立っていたと考えられます。 アメリカンショートヘアーの寿命 平均寿命は10歳から12歳程度と言われていますが、かなり個体差があるとも言われており、20歳生きる猫もいます。 ただし一般的には通常の猫の平均年齢は15歳前後ですので、それと比べると少し短命と認識したほうがよいでしょう。 短命の一因となるのがアメリカンショートヘアが太りやすい体質ということがあげられます。 特に食事管理に気をつけるひつようがあり、管理しきれないと、糖尿病や尿路結石、心臓病など人間で言う成人病に罹患し易くなります。 一日2回決められた量を与え、年齢に応じたフードにかえていくことも重要です。 アメリカンショートヘアーのお手入れ・ブラッシング 短毛ですので入念なブラッシングは不要ですが、被毛がしっかりしているため抜け毛の多い猫の種類ですので、1日1回程度かるくブラッシングしてあげることで、抜け毛の飛散を防げます。 ブラッシングは毛求症の予防になりますので、忘れず習慣にし実施することが重要です。 病気予防の他にはブラッシングにより猫とスキンシップをとる回数を増やすことになり。 良好な関係性を保つことにも繋がります。 ただしブラッシングや爪切りなどを嫌がってなかなかさせてくれない個体が多いので根気は必要です。 アメリカンショートヘアーのかかり易い病気・怪我 尿路結石症 尿路結石症とは、尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石や結晶ができ、尿道につまってしまう疾患です。 この尿路結石症は猫種を問わず多く見られる疾患で、アメリカン・ショートヘアにも多く見られます。 猫の病気といえば尿路結石症というほど罹患率の高い病気です。 猫は元々砂漠に済んでいたとされ、水を多く摂取せずとも生きてきたとされています。 そのためミネラル分を外に排出する機能が発達しておらず体内に蓄積されやすいため尿路結石になりやすいと考えられています。 発症すると、排尿の回数が増える、排尿を我慢できずいつもと違うところで排尿をする、腹部を触ると痛がる、血尿が出る、排尿の姿勢をとるが排尿ができないなどの症状が出ます。 だいたいの飼い主は血尿で気づくことが多く、かなり猫にくわしい飼い主だと排尿の失敗で気づきます。 長引き易く繰り返し易い疾患のため出来る限りは焼く異変に気づき、軽度の状態で治療することが重要です。 尿路結石症を防ぐためには、マグネシウムやリン、カルシウムなどの結石の材料となるミネラル分を日々の食事で制限する、水分摂取量を多くする、トイレは常に清潔にして気持ちよく排泄できるようにするなどの対策・予防が必要となります。 現在では多くのドライフードなどは、尿路結石対策をされているものが多いのですが、味気ないのか食いつきが悪いとsれており、予防として幼い頃からならしておくのもよいでしょう。 脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎とは。 真菌感染やアレルギー、栄養バランスの乱れなど、なんらかの原因により普段身体に存在している真菌が異常に増え、皮膚が異常を起こし、脂漏性皮膚炎を発症します。 アメリカンショートヘアーに限定された疾患ではありませんが、アメリカン・ショートヘアがなりやすい肥満により皮下脂肪が厚くなることで皮膚の免疫力が低下し脂漏性皮膚炎を発症しやすくなることもあるので、肥満には注意しましょう。 発症すると、非常に強い痒みやベタつき、乾燥、フケ、匂いなどの様々な症状が現れます。 予防するためには、日頃から清潔な状態を保つことが大切です。 室内はこまめに掃除し、適度なシャンプーやブラッシングを心がけましょう。 糖尿病 アメリカン・ショートヘアは食欲旺盛なため、肥満が原因となる糖尿病にも注意が必要です。 とくに避妊、去勢後は食欲が異常に旺盛になることもあり、罹患し易いタイミングです。 糖尿病は血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り入れるインスリンというホルモンの働きが悪くなることで血液中の糖分が多くなり、尿から糖が検出される病気です。 糖尿病が発症すると、食べているのに体重が減る、水を大量に飲む、おしっこの回数が増えるなどの症状があらわれます。 基本的な病気のメカニズムは人間や犬も同じです。 予防のためには適度な食事と運動を心がけましょう。 愛らしい瞳でみつめられてしまうと「可愛いから」「食べたそうにしているから」といって必要以上の量をあげてしまい宅なりますが、長期的に見て愛猫のためにはなりません。 残念ながら人間の糖尿病と同じように完治しない病ですので、気になる症状が出始めたら、すぐに動物病院へのご受診をおすすめします。 アメリカンショートヘアーのペット保険 アメリカンショートヘアーのペット保険を選び際は他の猫の保険選び同様、腎臓疾患など長期の通院・入院を念頭に入れた保険に加入することが重要です。 ですから通院のみ、手術のみの保険はあまりおすすめできません。 通院・入院・手術が補償範囲のフルカバータイプのペット保険を検討された方がよいでしょう。 またペット保険の乗り換えには、寿命も鑑み8歳前後までには最適な物に加入されるのがよいでしょう。 ケガ・病気が起こった場合、保険に入っていれば家計の助けになりますが、実際愛猫とご家族は悲しい思いをします。 そのためには事前に予防処置をしておくことが重要です。 さらに詳しくはこちら アメリカンショートヘアーの特長まとめ 英表記:American Short Hair 原産国:アメリカ 誕生年:1600年代 公認団体:CFA・TICAの両方 ボディタイプ:セミコビー 原種:雑種のショートヘア 毛種:中くらいの短毛種 目色:被毛の色に準ずる 公認毛色:シルバータビー、ブラウンタビー、レッドタビー、パッチドタビー、クリームタビー、ブラックスモークなど、単色と縞模様で約70種 値段:ペットショップで購入する場合は15〜20万円、ブリーダーから購入する場合は8〜10万円 選び方:縞模様が綺麗かどうか ブラッシングの頻度:短毛ですので入念なブラッシングは正直必要ありません(1日1回5分程度できたら理想です) 寿命:10〜12歳程度 大きさ:男の子であれば4kgから7kgほど、女の子であれば3kgから6kgほど 性格:元気で好奇心旺盛 かかりやすい病気:尿路結石、心臓病、肥満が引き金になることが多い。

次の

アメリカンショートヘアはどんな性格の猫?性格にあったグッズ6選

アメリカン・ショートヘアー 購入

スコティッシュフォールド 213• マンチカン 192• エキゾチックショートヘア 138• ノルウェージャンフォレストキャット 131• ミヌエット 123• アメリカンショートヘア 119• ブリティッシュショートヘア 118• ベンガル 117• ラグドール 108• ペルシャ チンチラ 97• メインクーン 93• ロシアンブルー 61• サイベリアン 55• ペルシャ 51• ソマリ 38• エキゾチックロングヘア 37• ミックス・その他の猫種 35• アビシニアン 31• アメリカンカール 27• ラガマフィン 25• シンガプーラ 25• スコティッシュストレート 22• ヒマラヤン 21• セルカークレックス 20• トンキニーズ 17• ブリティッシュロングヘア 16• シャルトリュー 14• エジプシャンマウ 11• ラパーマ 11• スフィンクス 11• キンカロー 10• ボンベイ 5• トイガー 5• ラムキン 4• オシキャット 4• バーマン 3• デボンレックス 3• オリエンタルショートヘア 3• サバンナキャット 3• シャム サイアミーズ 3• トイボブ 2• アメリカンワイヤーヘア 1• エルフキャット 1• ヨーロピアンバーミーズ 1• コラット 1• ミンスキン 1• アビシニアン 31• アメリカンカール 27• アメリカンショートヘア 119• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 1• エキゾチックショートヘア 138• エキゾチックロングヘア 37• エジプシャンマウ 11• エルフキャット 1• オシキャット 4• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 3• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 10• コーニッシュレックス 0• コラット 1• サイベリアン 55• サバンナキャット 3• シャム サイアミーズ 3• シャルトリュー 14• シンガプーラ 25• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 22• スコティッシュフォールド 213• スノーシュ 0• スフィンクス 11• セイシェルワ 0• セルカークレックス 20• セレンゲティ 0• ソマリ 38• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 3• トイガー 5• トイボブ 2• トンキニーズ 17• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 131• ハバナ 0• バーマン 3• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 21• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 118• ブリティッシュロングヘア 16• ベンガル 117• ペルシャ 51• ペルシャ チンチラ 97• ボンベイ 5• マンクス 0• マンチカン 192• ミヌエット 123• ミンスキン 1• メインクーン 93• ヨーロピアンバーミーズ 1• ラガマフィン 25• ラグドール 108• ラパーマ 11• ラムキン 4• ロシアンブルー 61• ミックス・その他の猫種 35 猫舎紹介文主に、スコティッシュフォールド、ブリティッシュショートヘアー、マンチカンを専門にブリーディングしています。 「猫と暮らす幸せを一人でも多くの方に」をモットーに、愛情をかけて育てた、大切なかわいい子猫をお手元に届けたいと思っています。 当舎の猫たちは、狭いケージの中で過ごすのではなく、日当たりもよく、風通しのよい快適なお部屋で、外の景色をみたり、みんなで寝たり遊んだりしてのびのび過ごしております。 子猫達の健康面や衛生面に気を遣うのはもちろんの事、社会性をつける為、毎日人の手に触れ、手をかけて育てております。 当舎の子猫達は、人見知りをしない人懐っこい猫ちゃんばかりです。 触って、遊んで、性格を確認し連れて帰っていただけます。 気軽にお越しください。 見学大歓迎。 すべての両親でクリアしています。 *事前に見学の予約を頂ければ、見学日までに、再度、獣医師による健康チェック、検便を行ってから、問題が なければお渡しとなります。 *ご購入の方には、キャットフード・簡易トイレ・キャリーバッグ・子猫用首輪・健康母子手帳をプレセントしています。 詳細につきましては、お問い合わせくださいませ。 「W1902-0057」 *営業時間外のお問い合わせへの回答は、翌日にお返事させていただきます。 *店頭販売・他サイトでの販売も行っておりますので、そちらで売約になってしまった場合は 販売終了とさせていただきます。 猫舎紹介文『キャッテリー紹介』 当キャッテリーは、アメリカンショートヘアを専門に計画をし繁殖しております。 また、その他の猫種も取り扱いがございます。 『猫種紹介』 スコティッシュ・ストレートやスコティッシュ・フォールド、ラグドール、ベンガル、マンチカン等を取り扱っております。 スコティッシュ関しては規則正しい繁殖をして皆様に可愛がって頂けるようにしています。 『飼育紹介』 当キャッテリーでは良質なフードを与え健康管理を元にし、母猫が子猫に対して躾や教えをするのと同じように躾・教えていくことによりかさばらない猫・嫌われない猫作りを目指しております。 『コンセプト』 嫌われない事によって飼い主様に可愛がって頂いて家族の一員となり生涯に渡り飼い主様、そして猫たちが幸せに暮らしていける様に務めて参ります。 また、無理のない繁殖で子猫も母体も健康第一と考えておりますので安全で清潔な飼育をしております。 誠心誠意お客様に寄り添った接客を目指しておりますがご不安を生じる方お問合せはご遠慮下さい。 また、終生に渡り 色んなご相談をお受けいたしますので 購入後やその他の時にはご安心いただけます。 [ご見学について] ご見学予約は、当日はお受け出来ません。 また、1週間以内のご予約でお願いいたします。 それ以上のご予約はお受けできない場合がございます。 やり取りをさせて頂いている最中でも状況がコロコロ変わって行きますので出来るだけお客様のご希望に添いたいのでお忙しいとは思いますが、出来る限りのスムーズなやり取りをお願いいたします。 お返事いただけないかたはお取引終了とさせていただきます。 『写真…動画について』 お写真、動画のご請求については、繁忙期にはお応え出来ませんのでご了承くださいませ。 猫舎紹介文数ある猫舎の中から御覧いただき誠にありがとうございます。 猫は自分勝手な所もあるとお想いでしようが、育て方に寄ってはどんな猫種も随分と性格が変わります。 当店の親猫はお膝に乗ったり、肩に乗ったりします。 そういった子猫の育て方のアドバイスもしております。 猫の質については、もちろんのこと、親猫の健康面、衛生面には十分に留意して、ブリーティングをしております。 生体を取り扱っていることを強く認識し徹底した管理をしております。 当キャッテリーではお客様の元で安心して生活出来るよう、多発性嚢胞賢症 PKD ビルビン酸キナーゼ欠損症 PKーDef のDNA検査、全ての親猫クリアしております 証明書有ります 良縁を求め、みんなの子猫ブリーダーに参加させて頂きました。 猫舎紹介文京都は伏見区の小さな町家にて、お顔の可愛さはもちろん、健康的で性格の良い猫ちゃんをブリーディングしています。 一般家庭で、家族と同様に生活を送る我が家の猫ちゃんは、大変人懐っこく、甘えん坊さんが多いです。 「性格が良い」とご評価いただくことが多いです。 ショーでも活躍できる、こだわりの猫ちゃんたちの魅力を多くの方にお伝えできればと思っています。 ご覧いただきましてありがとうございます。 掲載致しております子達は、お渡し出来ます日数になっていない子もおります。 お母さんや兄妹達と一緒に過ごしておりますので、ご家族に迎え入れていただける日まで大切にお預かりさせていただきます。 この子達の健康面を考慮致しまして『ご見学は2時間迄、時間帯は13時以降、同居のご家族様限定』でお願いしております。 大切な子達をお迎えして頂くにあたり、取引メッセージ開始後 24時間以内に何の応答もないなど、ご連絡を頂けない場合はお取引をお断りさせて頂いております。 何卒 ご了承下さい。 尚、24時間以内のご連絡と言うのは24時間以内に決断して下さい、と言う意味ではございませんのでお間違いなくどうぞ宜しくお願い致します。 トップ画像は、アジア・キャット・クラブの最高峰 ダブル グランド チャンピオンになった看板猫のノンノンちゃんです。 『猫さんのサンタクロースみたい 皆様に幸せを運んでくれそう』 猫舎紹介文🐱 セラピーキャットとして、人懐っこく、癒される子猫ちゃんを家庭的に育てています。 色んな毛色の子猫、常時 産まれています。 😺 第一回 ねこ検定、受けてみました。 合格致しました。 🌸国際ライセンス、マスターセラピストとしても活動もしております。 セラピストが育てたセラピーキャットを是非、ご家族にお迎え下さい。 🌸 世界の、TICA. NAGのキャットショーにも、出陳し健康で可愛く、性格の優しい子猫ちゃんを育てております。 🌸 グランドチャンピオンにもさせて頂きました。 優しく、ひょうきんなとても良い子です。 ご予約金は、お引渡し時期までに、お引き取りがない場合、お客様の都合でキャンセルの場合、違約金となります。 🌺 各種、クレジット決済が可能 です。 毎日たくさんの猫ちゃんと生活しお世話しております。 どの子も性格が違い毎日発見がたくさんあります。 家族同様可愛がり育てておりますので終身飼育して頂く事をお約束願います。 猫ちゃんは人間が作った物ではないので100%完璧ではない事をご承知の上 子猫の生体にご理解があり 大切にして頂ける方にお譲りさせて頂いております。 気になる猫ちゃんが見つかりましたらお気楽にご見学にいらして下さい。 *アルコール消毒、マスク着用をお願い致します。 *見学日にお熱のある御家族や本人様は、見学日を変更して頂くか キャンセルでお願い致します。 当日キャンセルでもご連絡頂ければ構いません。 * 子猫ちゃん達にも移る可能性がございますので 慎重に扱っております事をご了承ください。 * 見学日予定を詰め込んでませんので お客様の第一希望で取れない場合がございますがご理解賜りますようお願い申し上げます。 皆様にとっても子猫ちゃんにとっても安全にお引渡しが出来るよう努めておりますので御協力よろしくお願い致します。 なお血統に先天性遺伝病が出ないように親猫には遺伝子検査し、全猫クリアしておりますのでご安心してお迎えして下さい。 命を取り扱いしている事を強く認識し管理し、お渡しする仔猫ちゃんは自信を持ってご紹介しております。 お渡しするまで親兄弟と過ごしてますので、どの子も性格良く育っております 可愛くて人懐こい猫ちゃんをお探しの方どうぞお問い合わせ下さい。 価格を上げたとたんに前のお値段でとのお問い合わせがありますがお受けしかねます🙇 お問い合わせ頂いた時点の金額でのご案内となります。 その他値下げ交渉や信用分割もお受けしかねます。 他にご希望であれば有料にて、血液検査、レントゲン検査など可能な限りさせていただきます。 お気軽にお申し付けください。 大事な子逹をお譲りするにあたり、気軽考えておられる方ご遠慮ください。

次の

アメリカンショートヘアーの性格と値段や茶色の違いは?特徴や寿命は?

アメリカン・ショートヘアー 購入

人にとって癒しの存在であるペットですが、猫はその中でも代表格です。 猫を飼う事を検討したことのある人なら、 アメリカンショートヘアという名前を聞いたことがあると思います。 アメショーの名で親しまれ、猫好きの人にはとても人気の高い猫種ですが、愛される秘密はどこにあるのか気になりますよね。 それはアメショーのルーツである猫たちが活躍してきた歴史的な背景や、人に親しまれる性格にあります。 この記事では、アメリカンショートヘアについて、• アメリカンショートヘアの歴史や基本的な性格、種類• アメリカンショートヘアを飼う時の購入方法や、値段、注意点や飼育方法• かかりやすい病気や気を付けた方がいい事 以上の事について解説しています。 この記事を読んでいただければ、アメリカンショートヘアをおうちに迎えようか迷っている人の参考になるでしょう。 ぜひ最後までご覧ください。 アメリカンショートヘアの歴史は10世紀までさかのぼります。 当時のローマ人が、 ヨーロピアンショートヘアをイギリスに持ち込み、 ブリティッシュショートヘアと名前を付けました。 その後1620年メイフラワー号と共にアメリカ大陸へ渡り、その際には ドメスティックショートヘアという名前で登録されていました。 メイフラワー号での彼らの役割は、ペットとしてではなく船の中のネズミ駆除でした。 ネズミを取る猫というところから、アメリカでは現在でもアメリカンショートヘアの事を「 マウサー」と呼ぶ事があります。 アメリカ大陸に降り立った後は農園や住宅で、 害獣退治の猫として活躍してきました。 ドメスティックショートヘアは雑種のイメージが強く、あまり人気のある猫種ではありませんでしたが、1950年代にショートヘアブリーダーによってペルシャと交配が進められ、1965年に「 アメリカンショートヘア」と名付けられた後は人気が高まりました。 日本では1980年代以降に入ってきており、今でもとても人気のある猫種です。 アメリカンショートヘアはもともとはネズミ駆除などの目的でアメリカに持ち込まれ、開拓者と生活をともにし、 現地での交配を重ね、進化してきました。 色々な猫種との交配が進んだことで、 環境に適応しやすく、性格も温厚で、どこでもなじむことのできる猫種に進化したと言われています。 戸外での生活に順応した 短くてかたい毛としっかりした肉球を持ち、草むらや硬いコンクリートでもへっちゃらです。 からだもがっかりした 筋肉質で、 丸い顔と 頑丈なあごは獲物を狩るためのハンターの肉体を思い起こさせます。 日本ではシルバータビーやブラウンタビーと呼ばれるマーブル模様がおなじみですが、世界的に人気のある模様だと言えるでしょう。 実は他にも黒や茶色、白や三毛など70種以上のたくさんの毛色があります。 アーモンド形のくりんとした瞳も特徴的で、色はグリーンや黄緑が多いですが、黄色や茶褐など様々な色味を持ちます。 目の色は生まれてから2~6か月ごろにかけて変わりますので、希望の色がある場合はその後に選ぶとよいでしょう。 温厚で物おじせず、明るく活発な性格です。 ほかの猫と比べると、順応性が高いので新しく迎え入れた家庭にもすぐになじむでしょう。 いろいろなことに興味を持ち、 好奇心旺盛なところもあり、「お手」なども覚える場合もあるようです。 人間が話す言葉を覚えやすいとも言われており、名前を呼べば「にゃー」と反応したり、呼べば来るという一面もあります。 部屋中を走り回ったり高いところに登ったりするので、注意が必要な場面もあります。 時々、 活発すぎていたずらをしてしまうこともあるので、壊されたくないものやあがってほしくないところは、対策をするようにしましょう。 人懐こく人間は好きで、 撫でられるのが好きですが、抱っこをされるのはあまり好きではないようです。 アメリカンショートヘアの特徴に、その 人懐こい性格と 賢さがあります。 人間の相棒としてハンターをしてきた歴史からも分かるように、人見知りをする事は少なく、 好奇心が旺盛で誰にでも愛される性格を持っています。 適応能力が高いので、多頭飼いにもおすすめです。 無駄に鳴くこともなく、鳴き声で周りに迷惑を掛ける事もほとんどありません。 ただ、あまりべたべたと触られるのは好きではなく、ひとりで日向ぼっこをするのも好みます。 賢くて、自分の名前を覚えており、何度も教えれば芸をする事もできます。 オスとメスでは、オスの方が体が一回り大きいです。 オスの性格は人懐こくて甘えん坊な事が多く、 行動的で、一人でいるより人がいるところを好みます。 飼い主の布団にもぐってくることもあり、遊び方もやんちゃでいたずらっ子な事が多いです。 メスの性格はオスに比べると少し警戒心が強いですが、これは子育てをする為の本能からきていると言われています。 女の子は遊び方も控えめでおしとやかです。 とはいってもオスと比べての事なので、家族には基本的によく懐き、甘えん坊なところがあります。 アメリカンショートヘアは大変人気のある猫種なので、大抵のペットショップで購入する事ができますが、 子猫の方が値段が高く、成猫の方が低くなる傾向にあります。 その理由は、子猫の内から飼った方がよく飼い主に懐く事や、しつけをしやすい事、多頭飼いするときなどもやはり子猫から飼った方が順応しやすい事などです。 アメリカンショートヘアは通常抱っこを嫌がることが多いのですが、子猫の頃から慣れさせれば克服できる可能性も高いでしょう。 ブリーダーからの購入は 10万円程からが相場です。 ペットショップだと少し高い傾向があり、 15万~20万円程となります。 キャットショーに出場するような血統書付きの血筋だと、 20万~30万円以上の高値で取引されることもあります。 保護猫を引き取る時や、里子を貰うときは費用はかかりません。 人気の毛色はクラシックタビーですが、毛色による値段の違いはそれほどありません。 選ぶときは、予防接種がきちんとされているか、持病はないかなどといったところに注意します。 悪質なブリーダーではきちんとした処置をしていなかったり、病気を隠していたりする事もありますので、信用できるところから購入するようにしましょう。 猫のお手入れは、被毛のブラッシングと爪切り、耳掃除などがあります。 特に、夏になるころと冬になるころは換毛期なので、しっかりとブラッシングをして、抜け毛が多く見られます。 気分屋で一度嫌な思いをすると、ブラッシングを嫌がるようになるので、嫌いにならないように無理やりやらないようにしましょう。 猫は、毛づくろいをするときに被毛も一緒に飲み込んでしまいます。 毛球症にならないように ブラッシングは、できれば毎日してあげるとよいですが、被毛が短いので2,3日に1回でも大丈夫です。 シャンプーの頻度は、年に2から3回程度で十分です。 猫は、濡れるのを嫌うのでシャンプーを好きにさせるには、 子猫のころから慣れさすと比較的シャンプーを怖がらなくなります。 子猫のころから慣れさすようにしても、嫌いな猫もいます。 短時間で終わらせるように工夫しましょう。 爪切りは、 定期的に猫の爪を見て伸びていたら切るようにします。 耳掃除は、 1週間に1回程度ウェットティッシュなどで見えているところを拭く程度で大丈夫です。 アメリカンショートヘアは別名マウサー(ネズミ捕り)やワーキングキャット(働く猫)などとも呼ばれ、ネズミやヘビの駆除を得意としています。 そのため 筋肉質で、運動が大好きです。 運動量が減るとすぐに肥満体質になってしまうため、注意してあげる必要があります。 最低でも一日5分から30分程度は、じっくりと遊んであげる時間を作ってください。 猫じゃらしやボール遊び、ネズミのおもちゃで狩りのまねっこなどが大好きです。 キャットタワーを設置してあげるのもよいでしょう。 狭いところはストレスになりますので、ゲージなどで飼うのではなくのびのび運動できる環境を与えてあげてください。 また、何でも良く食べるので、沢山食事を与えたくなってしまいますが、体重増加には気を付けてください。 せがまれるままに与えていると、どうしても運動量より食事量の方が多くなってしまいます。 体重が増えると病気になったり寿命を縮めたりする事に繋がりますので、注意が必要です。 アメリカンショートヘアは、猫の中でも賢い猫なので繰り返し教えれば、すぐに覚えます。 猫は、アメリカンショートヘアに限らず、 一度場所を覚えれば、「そこがトイレだ」と認識して、子猫のころからきちんと覚えます。 ご飯の場所も 一定の場所に決めてしまえば、そこでご飯を食べるようになるので、特別なしつけはあまり必要ありません。 猫はトイレのある場所は覚えるのですが、 場所が気に入らなかったり使っている砂が気に入らないなどの理由で、ほかのところに粗相をすることがあります。 この場合は、場所が気に入らないか、使っている砂が気に入らない可能性があるので、場所を変えたり砂を変えたりしてみるとよいでしょう。 尿路結石などの病気で、ほかのところで粗相してしまう場合もあるので、トイレ以外で粗相をするときは注意が必要です。 病気が発覚すると、その検査代や治療費、薬代などが掛かりますが、全額が自己負担なため、 ペットの医療費は高額になりがちです。 そのため最近はペットの保険に入る人が増加しています。 家族の一員である愛猫ですから、病気をしっかり治してあげたいと思うのは自然な事でしょう。 おおまかにペット保険は、 手術をした時にのみ保険金を貰えるタイプと、入院手術と通院などをまとめて保障してくれるタイプに分かれます。 ペットの種類や年齢、補償内容によって掛け金が異なり、保険会社によっても金額は異なります。 ただ、 かかった金額を全額補償するものは少なく、5~7割くらいを補償してくれるものがほとんどです。 支払についても会社によって差がありますので、ペット保険を検討する時はいくつかの保険会社をピックアップして比較してみるのがお勧めです。 猫の種類によっても掛け金は変わりますし、年齢が高ければ掛け金も高くなります。 また、ペット保険には 賠償責任特約といって、飼い猫が他人に損害を与えてしまった時にその損害賠償額を補償する特約などもあります。 室内で飼う場合はあまり心配は少ないかも知れませんが、万一お客様を引っ掻いて怪我させてしまう事もあるかも知れません。 気になる人は検討してみるとよいでしょう。 また以下の記事でもアメリカンショートヘアのペット保険について詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい。 アメリカンショートヘアを飼う上で、知っておきたい性格や特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• アメリカンショートヘアは古くからネズミ捕りなど害獣退治で活躍しながら人とともに生活してきた歴史があり、環境に適応する能力が高い• 性格はオスメスで多少違いがあるが、基本は人懐こく運動好き、好奇心旺盛で賢く、しつけもしやすい• 毛色はクラシックタビーと呼ばれるものが代表的で人気があるが、たくさんの毛色や瞳の色があり、好みの猫を選ぶ事が可能• 価格は10万円~30万円程、迎えるときは運動不足にならないよう十分に活動できる環境を整えてあげる• 平均寿命は13歳前後、体重増加により病気になりやすくなるので注意し、ペット保険などで医療費に備えるとよい アメリカンショートヘアは愛らしい外見と穏やかな性格を持ち、猫の中でも人気がありますので、飼いたいと思っている人も多いでしょう。 ペットは大切なパートナーですから、できる限りよい環境を整えて大切にしてあげたいですよね。 ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので是非ご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の