ミノン ニキビ。 乾燥・ニキビから肌を守る「ミノン」のスキンケア3シリーズをレビュー

大人ニキビのスキンケア43選|ライン使い・美容のプロ&読者の口コミ・揺らぎやすい肌におすすめのアイテムも

ミノン ニキビ

化粧水はたっぷり10日分あるから良いのだけど、保湿乳液は2回分だからちょっとバランス悪いのよね 2泊3日の旅行とかだとぴったり試せるから良いかもしれませんね。 わたしは基本的に化粧水を2度付するのですが、こちらは1度付けでもしっとりモチッと肌になります。 肌への刺激も少なく、ヒリヒリしたり、ピリピリしたり、しみたりすることは無し。 炎症を起こしている状態のニキビにつけても全く刺激がなかったので、かなり肌には優しい成分だと言えると思います 10日間使ってみて、肌が柔らかくなったように感じます。 といった感じ。 保湿力はありますし、刺激はありません。 しかし、使用感が特別良いとは思いませんでした。 ニキビが治ったり、減ったりしてくれれば良いのですが、ニキビに効果は正直感じられませんでいた。 スキンケアを試したかったので、本当にこちらはおまけのように感じていましたが、とっても良かった。 商品名は化粧下地となっていますが、CCクリームくらいはカバー力がありますし、肌なじみがとても良いです。 また、しっとりするのにベタつきはなく、皮脂吸着パウダーが配合されているため、 おでこにお粉をはたかなくても前髪がベタっとしなかったのには感動しました。 わたしはナチュラルグラッセのCCクリームを愛用しているのですが、汗をかく日はこっちのほうが良いかもしれないと思いました。 ナチュラルグラッセはツヤ感がとっても綺麗なんだけど、お粉なしだと鼻やオデコが皮脂で光ってしまうことがあるので、ちょっぴり注意が必要なんです。。。 笑 ニキビには効果あるの? 出来てしまっているニキビには正直効果はわかりませんでした。 もともとニキビが沢山あったオデコは新しいニキビができることはなく、ニキビの治りが早くなるわけでもないような感じ。 頬や口周りにはもともとニキビはなかったのですが、小さめの新しいニキビが出来てしまいました。 スキンケアのせいで新しいニキビが出来たとはおもいませんが、予防効果としてもイマイチかなぁというのが率直な印象です。

次の

ミノン乳液の成分解析とニキビへの影響や使い方!口コミまとめも

ミノン ニキビ

化粧品に関心が低いアラサー女、ともです! 女子会での「シャンプー何使ってるー?」という話題についていけない私ですが、今回、かなりお気に入りになりそうなシャンプーを発見しました。 私は 特に敏感肌でも乾燥肌でもないと思っていたのですが、 冬のせいなのかアラサーのお肌の曲がり角のせいなのか、最近部分的に乾燥を感じます。。 そんな時に出会ったのがミノン洗浄シリーズの 「ミノン全身シャンプーさらっとタイプ」。 ここ一ヶ月ほど使用していて、なかなか良い感じなので紹介します。 以下のような方には特にオススメです! ・敏感肌の方 ・乾燥が気になる方 ・お風呂の時間を短縮したい方 ・背中ニキビにお悩みの方 それではいきましょう!• ミノンとは? 画像: ミノンといえば、AKB48の大島優子さんや坂口健太郎さんが宣伝していたことで記憶にある方も多いと思います。 ミノン独自の「保湿洗浄」により、洗浄と保湿の両立したケアを行う、肌に優しい製品ラインのようです。 メーカー ロキソニンや風邪薬のルルなどで有名な総合ヘルスケアメーカーである、第一三共ヘルスケアの製品です。 なんとミノンは1973年に誕生したブランドだそう! 長い歴史だけでなく、化粧品アレルギーによる皮膚トラブルを解決するために開発されたという背景もあるそうです。 こだわり ミノンの名前の由来は以下の 3つのNon 画像: ・アレルギー原因物質を極力カット ・低刺激 ・弱酸性(アルカリ性でない) 配合成分の数を極力減らし、選ばれた優しい洗浄成分と最小限の保湿成分からなるシンプルな処方が特徴のようです。 ミノンの成分 植物性アミノ酸系成分 洗浄成分はアミノ酸系。 低刺激かつ洗浄力も穏やかな成分です。 潤いを奪いすぎないことで、肌本来の保湿成分を生かすという自然な設計になっている様子。 専門家もよくおすすめしているシャンプーの種類ですね! 有効成分 ミノンは医薬部外品。 医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。 予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。 Wikipediaより それゆえ、アラントインとグリチルリチン酸アンモニウムという2つの有効成分が含まれています。 これらは炎症を抑える効果や抗アレルギー作用を有しているので、 肌トラブルや頭皮トラブル(フケやかゆみ)を予防・ケアすることが期待できます。 ミノンのおすすめポイント ミノンを使い始めて一ヶ月、(特に敏感肌ではない)私が思う良いところをあげてみます。 全身これ1本でいい まず、これ。 シャンプー、トリートメント、ボディソープ。 これが1本にまとまります! これが超ラク! だってこれ一本でいいんですよ? 「あーシャンプーだけなくなっちゃった。 買いに行かなきゃ。 」みたいなことが頻繁に訪れないし、お風呂場の場所は取らないし、いいことづくめ。 ベタベタ感がない シャンプーやトリートメントってどろっと白濁しているのが多いですよね。 粘度が高いので きちんと洗い流せているのかが気になっていました。 っていうか洗い流せていない気がしていました(背中とか…)。 ミノンは透明のさらっとした液体で、 簡単に洗い流せます。 かといって洗浄力が低すぎる印象もない。 変なヌルヌルがなく、快適です。 かといって、特に きしむ感じもしません。 トリートメントも使っていないので、しっとりさせたい時はタオルドライ後にオイルを数滴なじませてドライヤーすればツヤツヤになります。 背中ニキビに効果あり たまに背中にニキビが発生していたのですが、それがほとんど出なくなりました。 従来のシャンプーやトリートメントを使わなくなったことで、それらの流し残しがなくなったせいなのか、有効成分が効いているのか。。 どちらなのかはわかりませんが、正直どっちでもいいですね!背中が綺麗になればそれで! 背中はケアしにくい部分なので、 毎日使うボディソープで予防や治療ができれば手間いらず! まとめ 洗いすぎは乾燥の元! 脂性肌も洗浄のしすぎでさらに脂っぽくなるので、実は保湿が大切です。 毎日のことだから、こだわりの保湿洗浄でツルツル素肌を目指しましょう!.

次の

ミノンの化粧水がニキビに効果があるのは抗炎症成分が入っているから

ミノン ニキビ

【ミノン化粧下地の良かった点】• ニキビ・肌荒れしない• 肌の色を均等にする• スッと伸びてなじむ• 肌のトーンアップができる では 、ひとつずつ見ていきます。 ニキビ・肌荒れしない 私は超敏感肌で、新しい化粧品を使うとだいたいニキビができます。 しかし、 ミノンの下地は一度もニキビができませんでした。 つけ心地はけっこうしっかりしていますが、肌への負担は少ないように感じました。 化粧品で肌荒れを起こしたことがある人でも、安心して使えます。 肌の色を均等にする テクスチャは白に近い肌色ですが、伸ばすと次第になじんでいきます。 大きなしこりニキビや赤ニキビは完全に消えませんが、 肌の赤みや凹凸を整え、肌をきれいに見せてくれます。 日焼け止め効果あり(SPF30/PA+++) ミノンのバランシングベースは、 化粧下地と日焼け止め効果の二役があります。 SPF30/PA+++なので、こらからの季節にちょうど良いですね。 実は……です。 日焼け止め効果のある化粧下地を使えば、厚塗りにならず時短になるのでおすすめです。 肌のトーンアップができる ミノンの下地は白っぽいベージュで、小さなラメが入っています。 ラメが光に反射するので、自然と明るい肌に見せてくれました。 どちらかというと、 色白肌の人にぴったりな色です。 ミノンバランシングベースの合わなかった点 次に、私の肌に合わなかった点を紹介します。 化粧品には相性があるので、参考程度でご覧になってください。 【ミノン化粧下地の合わなかった点】• 使いすぎると白浮きする• 保湿力があまり感じられなかった• Tゾーンはテカる では、ひとつずつ見ていきます。 使いすぎると白浮きする 手の甲に下地を出してみましたが、明らかに 右手が白浮きしていますね。 私の肌は標準色なのですが、けっこう白くなってしまいました。 指でなじませれば、徐々に肌色になるのですが… 強めの白浮きなので、苦手な方は量を調整するなど、注意が必要です。 保湿力があまり感じられなかった まだまだ乾燥が気になる季節ですが、 ミノンのバランシングベースは保湿力が高くありません。 つける前にしっかり保湿をしないと、頬や口周りがカサカサしてしまいました。 乾燥しがちな人は、部分付けや少量付けにすると緩和できます。 また、記事の後半に保湿力を補うおすすめな使い方を載せてますので、そちらも合わせてどうぞ。 Tゾーンはテカる 私は混合肌なので、Tゾーンがよくテカります。 この下地を使っても、 仕事終わりや帰宅後にはテカりが目立ちました。 適度にティッシュオフすれば問題はなく、きたない崩れ方もしなかったので、その点は良かったです。 ですが、脂性肌の人や夏にも使う予定の人はご注意を! 下地の前にしっかり化粧水などで保湿し、皮脂の分泌を抑えるようにしましょう。 ニキビのもとになりにくい処方で、紫外線吸収剤を使わないノンケミカルタイプ• 自然な肌色補正効果で、気になる毛穴や赤みを目立ちにくく整える• 皮脂吸着パウダー配合 引用: 敏感肌や混合肌向けの化粧下地で、ニキビができやすい人でも使いやすいアイテムです。 紫外線から肌を守るUV化粧下地なので、この下地とファンデーションのみでメイクが完成。 肌へのやさしさにこだわった、優秀な化粧品です。 販売している場所 Amazonや楽天などのショッピングサイトの他、以下のドラッグストア等で購入できます。 マツモトキヨシ• cosume STORE• ココカラファイン• どらっぐぱぱす から、お住まいの地域で取り扱っている店舗を確認できます。 ミノンバランシングベースの欠点を補う使い方 ミノンバランシングベースの気になる白浮きや保湿力の低さを補うために、 化粧下地の併用がおすすめです。 保湿力の高い下地を選んだり、濃いベージュ系の色を選べば、それぞれ下地の良いとこ取りができます。 ポイントは、 ミノン下地と他の下地を1:1でよく混ぜてから使うこと。 注意するのは、あまり多くの下地を組み合わせるとヨレやすくなる点です。 ヨレが気になる場合は、下地のポイント使いや量を減らすなどの対策をすると〇 まとめ:春はミノンのUV化粧下地で肌を守ろう だんだん暖かくなってきたので、肌の紫外線対策が必要になってきました。 UVカットとメイクアップを同時にできるミノン化粧下地は、肌にやさしく毎日メイクに取り入れやすいです。 ミノン化粧下地の特徴を踏まえて、この下地を使うのにおすすめな人を挙げてみました。

次の