リクナビ dmp フォロー。 「リクナビDMPフォロー」に関する個人情報保護委員会からの指導について | ものづくりに携わる仕事の求人、転職はワールドインテック

就活生データを商品化、「リクナビ問題」の本質

リクナビ dmp フォロー

リクルートホールディングス傘下で、就職情報サイト「リクナビ」などを運営するリクルートキャリアは8月1日、同社が提供するサービス「リクナビDMPフォロー」を休止したと発表。 その後、8月5日にはプライバシーポリシーへの同意取得プロセスに不備があったことから、サービスを廃止すると発表した。 閲覧履歴などから内定辞退の確率を予測 リクナビDMPフォローは、企業に対して採用募集に応募した就活生の内定辞退確率を5段階にスコア化して提供するサービスだ。 2018年3月からサービスを開始し、38社に提供していた。 利用料は1社当たりおおむね400万~500万円だったという。 問題となったのは、スコアを算出するために、就活生のリクナビでの行動ログ(どの企業を閲覧、エントリー〈応募の申し込み〉したかなどの履歴)を使った点だ。 具体的には、この行動ログと、該当企業の前年の応募者の行動履歴とを照合し、その就活生が、昨年内定辞退をした就活生と同じような行動をとっているか、などを見てスコア化していた。 企業側が就職希望者の応募者リストをリクルートキャリア側に送り、リクルートキャリア側でスコア化した内定辞退確率を付加して、企業側に納品していた。 リクルートキャリアは7月上旬に政府の個人情報保護委員会からヒアリングを受け、その際に個人情報の第三者提供に関するプライバシーポリシーの表現が就活生に伝わりにくいのではないかと指摘を受けたという。 それを踏まえ、7月末をもってサービスを一時休止することを決めた。 しかし8月5日になって、プライバシーポリシーの同意取得のプロセスに不備があったことを発表し、個人情報保護法に抵触する事例があったことを認めた。 具体的には、今年の3月時点でプライバシーポリシーをリクナビDMPフォローで利用できるような文言に更新をしていたが、リクナビを経由せずにエントリーをした就活生に対しては、それに同意を得るプロセスがなかった。

次の

リクルートキャリア、「リクナビDMPフォロー」に係る東京労働局による指導について発表 :日本経済新聞

リクナビ dmp フォロー

リクルートキャリアは8月1日、新卒採用サイト「リクナビ」で企業向けに提供していた「選考辞退の可能性」を予測するサービスの提供を取りやめたと発表しました。 このサービスは「リクナビDMPフォロー」という名称で提供されていたもの。 リクナビWebサイトの閲覧傾向からAI技術により、応募傾向のアルゴリズムを作成。 応募した学生の「採用選考のプロセスが途絶えてしまう可能性」を表示するという内容です。 リクナビでは2018年3月にスタートし、これまで38社に対して試験的に提供されていました。 この問題を報じたをうけ、リクルートキャリアはと題する文章を発表。 同社はこのサービスを利用する企業に対して「採用の判断には使わないこと」と説明し、同意書を得た上で提供していると主張しました。 一方で、には行動履歴の利用方法として「採用活動補助のための利用企業等への情報提供(選考に利用されることはありません)」という記載はあるものの、具体的な活用方法についての説明はなく、同意の手続きが不十分という指摘もなされています。 これをうけ、リクルートキャリアは7月31日をもってリクナビDMPフォローの提供を休止しています。 このサービスが求められる背景には、就職市場の活況があります。 によると、2019年度の大学生の就職率が97. 6%と過去最高の水準を維持しているとのこと。 一方で、企業にかかる新卒採用の費用は1人あたり50万円前後といわれており、企業側としては有望な学生をつなぎとめておきたい現状があります。 企業にとっては「学生が辞退するかどうかの可能性」は採用活動の参考になる貴重な情報です。 ただし、仮に選考段階で「選考辞退の可能性」のスコアが高く表示される学生がいたとすると、採用時にネガティブな判断がなされるおそれもあります。 そのスコアの算出が学生のWebサイト上での行動傾向に基づくもので、学生自身にはどのように判定されるかの基準が示されていない点も問題と言えます。 リクルートキャリアが説明するように「学生の能力を推し量るものではない」としても、学生個人の行動と紐付けられているという点で、スコアの提供に際して学生側への分かりやすい説明が必要だったことは否めません。 この一件は「行動傾向から評価された個人のスコアが、人生を左右する重大な判断に活用される」という意味において、AI技術の活用とプライバシー保護を巡る問題の根深さを象徴したものと捉えることができるでしょう。

次の

リクナビ内定辞退率問題で厚労省激怒、「データ購入企業」にも鉄拳

リクナビ dmp フォロー

誰が使っていたか• 学生氏名を特定した状態で定期的に購入した企業へ提供。 リクナビDMPフォローの解析対象とされた就活生数は非公表。 2018年3月より開始し、大企業を中心とする38社に提供。 内定決定前からデータの提供は行われていたが、利用企業の1社は事後分析用と取材に回答。 学生による内定辞退率が過去5年で大きく増加していることがサービス提供の背景。 他のサービスと含め年間で利用料金は400万~500万円程度。 これまで報道、発表された企業は以下の通り。 No 利用企業 報道や発表での見解 1 本田技研工業 選考合否判定には利用していない トライアルでの利用。 就活イベント参加者へのフォローに使用 対象者数は非公開、法的(個人情報保護法、職業安定法)に取扱いについて問題はない 2 トヨタ自動車 選考合否判定には利用せず、辞退者を減らすために利用 事実関係を調査中、その後対応を検討 3 大和総研ホールディングス 採用活動におけるAIの技術検証目的で利用 選考合否判定には利用していない 4 NTTコムウェア 選考合否判定には利用していない 2019年3月下旬~6月中旬に利用。 影響範囲は調査中で回答できない。 5 NTTファシリティーズ 選考合否判定には利用していない 2018年3月から1年間、150万円でサービスを利用。 影響範囲はデータ削除済みのため把握ができない。 6 東京エレクトロン 選考の合否判断の利用はなく、内々定者のフォローの参考だったと説明 7 YKK グループの就職説明会への参加を促進することにあり、採用選考の合否判定には、一切、使用していないことを確認 8 レオパレス21 合否判定には使用せず、説明会への参加促進、内定承諾後の接点タイミングの最適化に利用 9 アフラック生命保険 学生の志望度の向上を目的としたフォローのために利用。 10 りそなホールディングス 内々定者フォローのために利用。 11 メイテック [PDF] 2018年4月から利用。 対象者数は8,268名 リクルートキャリアからの要請を受け全件削除済み。 12 テクノプロ・ホールディングス 一部社内カンパニーが購入していた。 選考合否判定への利用は行っていない。 リクルートキャリアからの要請を受け全件削除済み。 13 三菱電機 [PDF] 選考合否判定、および採用活動への利用は一切行っていない。 リクルートキャリアからの要請を受け全件削除済み。 14 コロワイド [PDF] 2018年度、2019年度において利用。 採用活動への利用は行っていない。 スコアデータは全て削除済み。 15 ワールドインテック 応募者フォローが目的であり、選考合否判定には利用していない。 リクルートキャリアからの要請を受け全研削除済み。 16 SOLIZE Engineering 17 京セラ 2018年から利用。 内定者モチベーション維持のために利用。 選考合否判定の利用は行っていない。 18 太陽生命保険 - 19 アイシン・エィ・ダブリュ - 20 大同特殊鋼 21 富士ソフト [PDF] 22 住友電装 この他、以下リクルート系2社も利用していた。 リクルートホールディングス• リクルートキャリア には資料の一部らしき画像が掲載されている。 2019年7月31日 リクナビDMPフォローのサービス提供を一時休止。 2019年8月1日 日経、朝日等がリクナビDMPフォローについて報道。 2019年8月1日22時頃 報道に対し、リクルートキャリアが見解を発表。 2019年8月2日 文科相が個人情報に照らし問題となるか事実関係を精査すると閣議後記者会見でコメント。 2019年8月2日 リクルートキャリアがプライバシーポリシーの不備を把握。 2019年8月3日 リクルートキャリアがプライバシーポリシーを修正。 2019年8月5日 リクルートキャリアが同意取得不備があったことを発表。 サービス廃止を決定。 2019年8月6日 当該サービスの販売について東京労働局がリクルートキャリアへ調査に入ったと報道。 2019年8月8日 閣議後記者会見で厚労大臣が利用企業38社も調査対象になるとコメント。 2019年8月20日 リクナビ上で当該サービスの対象となったかを確認できる特設サイト設置と報道。 2019年8月26日 個人情報保護委員会はリクルートキャリアに対し個人情報保護法に基づく勧告。 リクルートキャリアの見解 報道等での指摘に対し、リクルートキャリアが見解を公表。 報道での指摘 リクルートキャリアの見解 個人情報保護法違反(外部提供における本人の同意取得義務)の恐れがあったのでは 学生からは個人情報保護法に求められる利用規約などで同意を得ていた 就活生へ算出されたスコアで不利な影響が及ぼされないか いかなる時期であっても合否判定にデータを使用しないことを企業に参画同意書として確約もらっている 利用状況の確認は定期的に行っている 就活生へ当該サービス提供に基づく説明が十分だったか 各種法令に照らしつつ、学生の個人情報保護を最優先にサービスの設計や各種規約を整備 規約の表現が不明瞭との指摘を受け止め、わかりやすい表現、説明方法を検討する (2)同意取得不備の問題• 就活生7,983人から適切な同意を得ずにリクナビDMPフォローの分析対象となっていたことが判明。 一部の画面でプライバシーポリシーの変更反映ができていなかったため。 影響を受けたのはリクナビ2020に登録し、2019年3月以降以下の機能を利用していない就活生。 プレエントリー• イベント予約• 説明会予約• ウェブテスト受験• これに該当する就活生の内、リクナビDMPフォローを利用する38社の採用選考に参加していた人。 リクルートキャリアは38社から業務委託契約として企業側が保有する就活生の個人情報の提供を受けていた。 リクナビ以外のルートで選考に参加していたためにこの問題が生じたとみられる。 (参考)リクナビ2020のプライバシーポリシー ・行動履歴等の利用について 当社は、本サービスにおいて取得した行動履歴等を用いて、ユーザーに適切な広告を配信するために行動ターゲティング広告サービスを利用しています。 また、当社は、ユーザーがログインして本サービスを利用した場合には、個人を特定したうえで、ユーザーが本サービスに登録した個人情報、およびcookieを使用して本サービスまたは当社と提携するサイトから取得した行動履歴等(当該ログイン以前からの行動履歴等を含みます)を分析・集計し、以下の目的で利用することがあります。 ・広告・コンテンツ等の配信・表示等のユーザーへの最適な情報提供 ・ 採用活動補助のための利用企業等への情報提供(選考に利用されることはありません)。 なお、行動履歴等は、あらかじめユーザー本人の同意を得ることなく個人を特定できる状態で第三者に提供されることはございません。 また、当社は、提供を受けた行動履歴等を集計および分析し、個人を特定できない情報として統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとし、ユーザーはこれを承諾します。 行動履歴等の利用を無効にしたい場合は、オプトアウトページにアクセスし、手順に従ってください。 (携帯電話からアクセスしている場合はオプトアウト機能が利用できないことがあります)なお、オプトアウト以降、ユーザーの行動履歴等は使用されなくなりますが、ブラウザの変更、cookieの削除等を行った場合には、再度これらの設定が必要になります。 また、行動履歴等の利用を無効化した場合には、当社がご提供する一部のサービスをご利用できなくなることがありますので、あらかじめご了承ください。

次の