スマート キー 盗難 増加。 ホンダ PCX スマートキーオールLEDアイドルストップ |MOTO SPACE|新車・中古バイクなら【グーバイク】

特殊装置でスマートキーの電波を増幅 車を盗む事件が増加中

スマート キー 盗難 増加

これは「キープログラマー」と呼ばれる機械を使用した手口で、最近のコンピューター事情により一般の人でも手軽に操作できるため、こういった犯罪が増加しているのです。 スマートキーは大きな車だけでなく、最近の軽自動車でも採用されることがほとんどです。 持っているだけで車体のボタンを押せば開錠され、エンジンもボタン一つで可動という便利なスマートキーですが、「キープログラマー」という機械によって簡単に盗難の憂き目に遭ってしまうというデメリットもあることを、知っている人はどのくらいいるのでしょうか? その実体を知っておくことは、盗難防止にも繋がります。 スマートキー採用の車両から発生している電波をキープログラマーで拾うことで、その電波内容を読み取ることが可能となります。 その時に必要なのが、ID未登録のスマートキーです。 読み取ったIDを用意した新しいものに書き込むことで、エンジンの始動もお手の物となるのです。 微弱な電波を拾いIDを読み取り、新しいスマートキーにそれを書き込むことができるという機能を、悪質に使うとこのような犯罪に繋がります。 この機械の扱いにはある程度の慣れや技術も必要だと言われています。 「リレーアタック」から愛車を守る方法とは? スマートキー採用の車があう盗難被害は「リレーアタック」によるものです。 キープログラマーを使ったリレーアタックから愛車を守るには、とにかく電波遮断をすること。 スマートキーを洋服のポケットや鞄の中にそのまま入れているという人が多いようですが、それでは電波が簡単に読み取られてしまいます。 それを防ぐには、金属製の小さな入れ物にスマートキーを入れるという方法が手っ取り早いです。 金属製のピルケースなど、百円ショップで手軽に購入できますのでお試しください。 施錠するたびに金属製ケースに入れるのは面倒に感じるかもしれませんが、高いお金を出して手に入れた愛車の盗難を防ぐことができるのであれば、大した手間ではありません。 所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受。 電波を転送して盗難する「リレーアタック」 「リレーアタック」の方法とは、グループで協力して行うもののようです。 一人が運転手の近くに行き、キープログラマーなどの機械を使って電波を拾います。 さらにその電波を仲間へと送信し、リレーしながらターゲットとなる車体へと少しずつ近寄り、ついに開錠させます。 うち一名が乗り込み、エンジン始動であっという間に盗難完了です。 グループの残りの犯人たちは素知らぬ顔で、次のターゲットを狙うという悪質な方法だと言えます。 このようなリレーアタックは、電波を転送するということで犯人を特定するのが難しく、はっきりとした犯罪件数も分かっていないのが現状です。 あとでエンジンを再始動するために、特殊な装置を利用して電波を保存するという手口もあるようです。 減少していた車両盗難件数が再び増加する このようなスマートキーの電波を利用した車両盗難は、警視庁や自動車メーカーの対策により2013年以降に一旦落ち着いたものの、最近増加の傾向にあります。 トヨタはフルモデルチェンジをすることで対策を行いましたが、他メーカーではリレーアタックに対するものよりも対人事故予防を優先しているようです。 その間にも犯行グループは経験を積み、新しい機械を導入するなど手口を広げていますので、車両盗難件数はまた増えていくと思われます。 自分で愛車を守るには、金属製ケースを利用したり、カー専門ショップなどで対策備品を購入するなど考えてみましょう。 最近では珍しくないセキュリティシステムも、スマートキーと連動していますので、その点からもしっかりと自分で対策しておくことをお勧めします。 物理的なキー操作が無くなり、両手が荷物で塞がっていてもスムーズな乗車を可能にしていますが一つ問題があります。 それは、スマートキーの電波漏れを悪用した盗難があるということです。 通称「リレーアタック」と呼ばれ、車の所有者の半径30mほどの距離にいればスマートキーのスイッチを押した際に漏れる赤外線を専用機器で受信することが出来ます。 赤外線にはイモビライザー認証ナンバーも含まれており、電波を傍受されてしまうとドアの解除だけでなくエンジン始動も出来て簡単に車を奪われてしまいます。 そこでスマートキーは電波漏れを防ぐケースに入れることで盗難防止に努めましょう。 防げない? 増加するプリウス盗難の新手口「積み替え」とは? プリウスのみを対象とした盗難手口に「積み替え」というものがあります。 スマートキーの電波傍受とは違って、車に搭載されているエンジン制御装置そのものを積み替えて車を持ち去ることからこの呼び名が付きました。 積み替えるためにはドアを開けないといけませんが、この時はこじ開けるという力わざになるものの開錠したあとは運転席の右下にある制御装置を入れ替えるだけなので夜間ならば人目に触れることもなく行なえてしまうのが特徴です。 専門的な知識と技術を必要としますが、窃盗犯ならばその条件に当てはまる人物もいるのだといえるのでしょう。 積み替えを未然n防ぐ為には最小限のセキュリティである振動探知機は設置しておく必要はあります。 なぜ「積み替え」でプリウスが狙われる? プリウスは国産車の中で、もっとも売れている車です。 その為、積み替えを行なって盗んだ際の車体やパーツの需要が高くすぐに売れるという窃盗犯にとっては嬉しいメリットがあるのだといえます。 高級な外車やミニバンなどは普及率がそれほど高くなく、パーツだけ売ったとしてもすぐに「足」が付いてしまうためたとえ1個あたりの換金率が高くともデメリットの方が大きく狙いにくくなります。 人気がある車だからこそ、窃盗のターゲットにされていますがもう一つ積み替え時の制御装置の大きさが小さくて簡単に行なえるというのも理由に含まれます。 プリウスの場合は、A4サイズ程度の制御装置になっているので脇に挟んでしまえば人目に触れられず昼夜問わず犯行にうつせます。 「積み替え」を防ぐ対策1:車両に他者を近づけない 「積み替え」の手口が全国各地で多発していますが、自己防衛を行なうことで愛車を守ることが可能です。 まず積み替えを行う為にはドアをこじ開ける必要があり、これを防ぐことはすなわち制御装置を積み替えることが不可能で持ち去られないということです。 近年はカー用品店で多種多様な防犯装置が販売されており、車両に半径5m範囲に人が近づくだけで大きな音を発し赤色ランプが点灯するものもあります。 また、ドライブレコーダーを備えている場合は、エンジンが停止していても常時録画をしておき録画中であるランプを光らせておけば窃盗犯は警戒して犯行を諦めることでしょう。 愛車を守るためには、高い防犯意識をいつも持つことが大切になります。 「積み替え」を防ぐ対策2:車内に侵入されたら退散させる ドアをこじ開けることが「積み替え」の前提になっていますが、中には知能犯と呼べる者もおりあらかじめスマートキーの電波を盗んでおいて簡単にドアを解除していく場合もあります。 車内に侵入されたらもう手の施しようが無いと諦める前に、入られても諦めさせる可能な限りの防犯対策もしておきましょう。 制御装置はエンジン始動を促す装置になりますが自動運転まで行なうものではありません。 運転をするにはハンドル操作が必須です。 そこで役立つアイテムがハンドル固定バーです。 ハンドルを固定して鍵でロックを掛けるもので、鍵を挿入しないと外れない特徴があります。 たとえ積み替えに慣れている窃盗犯でもこの鍵まで解除するには相当な時間が掛かってしまうため、諦めて退散するしかありません。

次の

家にある物でできる!車両盗難「リレーアタック」対策!

スマート キー 盗難 増加

「スマートキー盗難」の被害件数が増加(写真/アフロ) 自動車の「スマートキー」は、従来の鍵のようにシリンダーに差し込む必要がなく、ポケットに入れたままで車に近づけば、解錠ができ、エンジンをかけられる。 輸入車にはまだ少ない装備だが、現在、国内生産車の約570万台に導入されている。 その仕組みを簡単に説明すると、スマートキーが常に発している電波を車が受信することで、解錠などができるというものだ。 この犯行は通常複数の人数で行われるという。 犯行グループの1人が車から離れた運転者に近づき、特殊装置でスマートキーの電波を受信する。 その電波を増幅させて、車の近くに待機している仲間に送る。 すると、車が、近くにスマートキーがあると誤認。 その結果、犯人が車を解錠して、エンジンをかけ、あっという間に車を盗んでしまう。 警察庁は、「スマートキー盗難」の被害件数を公開していないが、「スマートキー盗難」は徐々に増えてきているようだ。 この手口は、スーパーや駅の駐車場だけでなく、電波が届く場所であれば、どこでも犯行可能なため、私たちにも他人事ではない。 盗まれないためにはどんな対策が有効か。 ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)などの科学捜査指導も担当した民間の鑑定機関、法科学鑑定研究所・社長の山崎昭さんは、こう説明する。 「この技術は、クレジットカードの非接触型のスキミングと同じで、その対象物、今回なら鍵そのものと接触しなくてもできるので、防ぐのが難しいです。 メーカーも、これといった対策を見つけられていない。 警察も注意を呼びかけるしかないのが現状です。 もし唯一できる対策があるとしたら、スマートキーを鉛のケースに入れておく。 鉛は、電波を外に放出しないから。 それで、自分の車に近づいたら、ケースからキーを出す…」 もはやこれは未来を風刺したコントでしかない。 「車の窃盗は昔からあって、盗む人はいろいろな技術を持っています。 防ぐのは非常に難しいということです」(山崎さん) 外出時にレストランなどのテーブルの上にスマートキーを置かないなど、なるべくスマートキーを持っていることを他人に知られないようにするしかないようだ。

次の

スマートキーケース(ポーチ)とは。玄関で電波遮断は?|チューリッヒ

スマート キー 盗難 増加

スマートキーは半径1mしか届かない電波を常に出していて、車に近づきドアノブを触るとキーの有無を車が認識して、ドアの解錠ができるとても便利な仕組みになっています。 その常に出ている電波を違法な中継器で増幅して受信機に飛ばし、スマートキーから出ている電波と同じ電波を受信機から出してドアを解錠し、エンジン始動までしてしまうという盗難方法です。 当然ですがエンジンが始動してしまえばそのまま自走で盗まれてしまいます。 中継器や受信機は海外のオークションなどで20ドル程度(おおよそ2200円)で販売されており、手軽に入手できてしまう事からもこのリレーアタックが横行しています。 リレーアタックは買い物など外出先で狙われることも多いとニュースなどで報道されていますが、在宅中も外から電波を受信できてしまったら簡単にエンジン始動までができてしまいます。 玄関に車のキーを置いている方は要注意です! 対策は 「常に出ているスマートキーの電波を遮断する」それしかありません。 スマートキーを設定で省電力モードにして電波が飛ばない様にすることが可能でトヨタなどのホームページでも紹介されています。 しかし・・・それだけでは安心できません! 他の「電波を遮断する方法」ですが、原始的ですがブリキ缶に入れておけば、電波の遮断が簡単にできてしまいます。 帰宅したら用意した缶にスマートキーを入れて蓋をする。 それだけで最新の盗難を防ぐことができます。 缶はクッキーなどおかしが入っていた缶であれば、どのご家庭でも1つはあると思いますので是非、試してみてください! 実際に電波が遮断できているかの確認は、缶に入れたスマートキーを車まで持っていきドアノブを引く。 ドアが開かなければ電波がちゃんと遮断 されていますので対策はOKです! この方法で自分で簡易的には対策できるのですが、あくまでこの缶に入れる方法はリレーアタック対策なので、盗難やいたずら対策にはなりません。 リレーアタックや 外出先での盗難やいたずらが心配な方はセキュリティーを付けておくのが1番安心です。 盗まれてから後悔しない為にも早めの対策をお勧めしています。 ちなみに純正セキュリティーは純正キーで簡単にOFFにできるので「全く意味がありません!」 ハイエースやアルファード、プリウス、ランドクルーザーなどの人気車ではなくてもスマートキーが付いている車は注意が必要です! この様な情報や、盗難に関する詳しい情報は当店ホームページでご確認ください。 2019年3月更新 純正キーレス連動セキュリティでも、リレーアタックを完全に回避することができるシステムが完成しました! これでリレーアタックに完全対応が可能です! 利便性と安全性を兼ね備えた「当店史上最強のオリジナルセキュリティ」です。 詳細は。

次の