奈 意味。 「奈」の読み方と意味・赤ちゃんに名付ける「奈」の意味と由来

「奈」の意味、由来、命名

奈 意味

もくじ• 「那」の意味ってどんなの? 「那」の成り立ちについては、今のところ、よく分かってないそうです。 ただし、このようなことではないか?という考えはあります。 下の図をご覧ください。 部首のおおざとは 「領地」左側の形は 「大きな耳たぶ」をあらわしているといった考え方です。 大きな耳たぶは豊かさの象徴。 つまり、• 多いこと• たっぷりあること• ゆったりしていること• 広いこと という意味になります。 名前に使うと、大きく包み込んでくれるような、懐の深~い人になってくれそうですね! 女の子だけでなく、男の子の名前にも使えそうな意味を持つ字です。 (「那」はとも、ふゆ、やす とも読みます) 日本神話に登場する、伊邪 那美命(イザナミノミコト)、伊邪 那岐命(イザナギノミコト)にも使われている漢字ですね。 神様の名前に使われているとことから、転じて 「美しい」という意味もあるそうです。 に関する本には、よく「美しい」という解釈が書かれています。 ただし「那」には、 あまり意味がないという説もあります。 その昔、大陸から伝わった仏教の教えを日本語に訳すときに、「な」の音に当てはめたのが「那」だったからです。 当て字としての性質があり、それが、意味はあまりないとする理由です。 もともとの成り立ちがはっきり分かっていないので、いろんな意味でとらえられるようになった漢字のようですね! 悪い意味はそれほど含んでいないので、に安心して使えるのでは?と思います。 スポンサーリンク 「那」「菜」「奈」の違いとは!? 人生で最も、「な」という発音をしているかもしれません。 笑 「な」と言えば他にも「菜」「奈」の2トップが存在しますよね! この 3つの「な」の違いは何なのでしょうか!?比べてみましょう! 「那」「菜」「奈」の意味を比べてみよう! 「菜」の字の成り立ちは、 草花を手で摘んでいる様子をあらわしています。 菜の花、野菜という表現で使われる通り、植物の意味合いが強い字です。 ナチュラルなイメージを名前に持たせたいときには、ぴったりの字ですね! 「奈」の字は、 祭壇の上に乗せられた植物を表す字です。 (示が祭壇を、大が木をあらわしています。 ) このことから、「菜」と同じく 植物の意味になります。 神聖な儀式に使われた植物といった感じです。 字の上の部分が大なので、そこから 「おおらか」という意味を持たせることもできるそうです。 「那」とともに、昔は仏教の言葉を訳すときの「な」の音の 当て字です。 当て字だったという背景があるので、「那」と「奈」は、パッと見では意味はとらえづらいですね! 他に組み合わせる漢字のほうに メインの意味を持たせて、 「那」と「奈」は それを補足する役目にするといいのではないでしょうか? 最後に3つの「な」の意味をおさらいします。 「那」 たくさんある。 ゆったりしている。 美しい。 「菜」 自然。 生き生きとしたイメージ。 「奈」 神事に使われた植物。 おおらか。 同じ「な」でも微妙に意味が違う3つの漢字。 どれがいいでしょうね? まとめ 女の子の名前の字で、じわじわ人気が出てきている「那」 (今の時代では)少し珍しく感じる字なので、一体どんな意味なんだろう??と疑問に思っている親御さんは多いでしょう。 あまりマイナスイメージはない字なので安心して使えそうですね! ただ、当て字の意味合いがあるので、 組み合わせる別の漢字に 主な意味を持たせた方がいいんじゃないのかな~と個人的には思います。 「那」を使った、ステキな名づけができますように。 (そして、どうかパッと見で読める名前でありますように・・・!) こちらの記事もあわせて読むと、知識が増えて楽しくなりますよ。

次の

【奈】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

奈 意味

奈の字相は大二小で、大は神、小は人で二は、間と結ぶ、割き咲くというサクラ(櫻=二力意の女が気にかかる)を表しています。 ですから、奈は人としてこれから間(真魔=マム=母=世間=庭)に挑む幼子を指します。 大=はじめ(神の本願)に人として連なるものは大人(神)である、どうか間(火水、カミの二波)に立身して一人前に育って欲しい、という願いが読み取れます。 奈=七=神の縦の火の気が腰を下して休んでいる形であり、殻田(産業革命)の開花で、ここに開智(蜂)して究明することによって実魂が結実する。 体が大きいだけでは一人前ではない。 武力を誇って世界にのし上がろうとするのは餓鬼のすることである。 で、奈のままでは実魂、品格を落とす=奈落=地獄行きというのです。 神仏のの大御心に従って生きるを良しとする、ゆえに信仰の都を奈良と名付けられているのです。 奈の本義が奈辺にあるのかを知ることは重大なのです。 奈々して子(十=プラス=栄)を得る、で、子の字があったほうがより結果を見据えた望みを込められているということになります。 秀思學.

次の

「奈/柰」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

奈 意味

奈の書き順【筆順】 読み方 『 奈』の字には少なくとも、 ナイ・ ナ・ ダイ・ ダ・ なんぞ・ いかんぞ・ いかんの7種の読み方が存在する。 からなし。 バラの落葉高木の一種。 「奈花」• いかん。 いかんせん。 なんぞ。 疑問・反語の助字。 類義語:「奈辺」• 梵語・外国語の音訳。 「奈翁・奈落・加奈陀 カナダ ・奈及利亞 ナイジェリア ・奈破崙 ナポレオン 」• 奈良の略称。 「阪奈・京滋奈・京奈和」• 《台湾》ナノ。 10億分の1。 「奈米 ナノメートル 」 奈の用法:平仮名 平仮名【ひらがな】とは、ひらがなの由来・起源となった漢字。 漢字を草書体にくずして書くことで平仮名が生まれた。 ひらがなと元の漢字 行/段 あ段 い段 う段 え段 お段 あ行 あ い う え お か行 か き く け こ さ行 さ し す せ そ た行 た ち つ て と な行 奈 な に ぬ ね の は行 は ひ ふ へ ほ ま行 ま み む め も や行 や ゆ よ ら行 ら り る れ ろ わ行 わ ゐ ゑ を ん 奈の用法:片仮名 片仮名【かたかな】とは、カタカナの由来・起源となった漢字。 漢字を早く小さく書くために片仮名が生まれた。 カタカナと元の漢字 行/段 ア段 イ段 ウ段 エ段 オ段 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ キ ク ケ コ サ行 サ シ ス セ ソ タ行 タ チ ツ テ ト ナ行 奈 ナ ニ ヌ ネ ノ ハ行 ハ ヒ フ ヘ ホ マ行 マ ミ ム メ モ ヤ行 ヤ ユ ヨ ラ行 ラ リ ル レ ロ ワ行 ワ ヰ ヱ ヲ ン 熟語 奈梨【なり】 [梵]niraya [仏]地獄・奈落 ナラク。 じごく 地獄 「ないり 泥黎、泥犂、泥犁、泥梨 」の略。 伊奈【いな】 [Romaji]Ina いなまち 伊奈町。 奈良【なら】 [Romaji]Nara [歴]奈良時代の平城京の地。 ならけん 奈良県 ならし 奈良市 [地]ならやま 奈良山、平城山。 奈落【ならく】 [梵]naraku [仏]地獄・泥犁 ナイリ。 じごく 地獄 「那落」、「捺落」、「奈落迦」とも書く。 転じて どん底・どんづまり。 奈半利【なはり】 [Romaji]Nahari [地]なはりがわ 奈半利川 なはりちょう 奈半利町。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「奈」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 1768 新大字典 講談社 2991 新潮日本語漢字辞典 新潮社 2198 大漢和辞典 大修館書店 5893 大漢語林 大修館書店 2146 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の