ビジョン トレーニング アプリ。 発達障害の療育で鍛えたい「見る力」 ビジョントレーニングの必要性と期待できる効果を解説

ビジョントレーニング無料プリント・ドリル教材27選

ビジョン トレーニング アプリ

ビジョントレーニングで子どもの「見る力」を鍛える理由 ビジョントレーニングは「見る力」を鍛えるトレーニングです。 見る力というのは、視力だけではありません。 ものを見るときにきちんとピントを調節できる、映像としてとらえることができる、視野が広いといったことも、見る力に含まれます。 見る力が弱い、「見えにくい」状態になると、遊んでいるときにボールやおもちゃが見えにくい、勉強するときに本の字が読みにくい、などの困りごとがでてきます。 そうなると、まず 「見る」ためにより多くの労力が必要になり、その結果、運動や勉強に対して「なんだかうまくできない」という苦手意識を抱くようになってしまうことがあります。 そこで、ビジョントレーニングで「見る力」を鍛えましょうという発想がでてくるわけです。 ビジョントレーニングを学習に取り入れた子どもたちの話 『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング』『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング2』(北出勝也著)には、小学生から高校生の児童がビジョントレーニングを行なった事例がいくつか紹介されています。 それによると、ビジョントレーニングに取り組んだ子どもたちに ・本読みがスムーズにできるようになった ・漢字の形を整えて書くことができるようになった ・マス目の中に字を書けるようになった ・整理整頓ができるようになった などの変化がみられたそうです。 ビジョントレーニングを始めるのに適した年齢は 生まれた直後はほとんど発達していない子どもの目が、大人とほぼ同程度の視機能にまで発達するのは、だいたい12~13歳。 特に 6歳から13歳の時期はビジョントレーニングによる伸びしろが一番大きく、「目のゴールデンエイジ」と呼ばれています。 この時期にトレーニングをしておくと、視機能のベースができあがるため、大人になってから毎日トレーニングする必要はないそうです。 なお13歳以上であっても、ビジョントレーニングで見る力を鍛えるのは可能とのこと。 『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング』には、トレーニングを行うことで学習面のつまずきを解消した中学生の事例が紹介されています。 また、中高生からプロにいたるまで多くのアスリートがビジョントレーニングに取り組み、見る力を鍛えています。 さらに眼球運動は、追従性運動トレーニング、跳躍性運動トレーニング、両目のチームワークに分けることができます。 ビジョントレーニングを行う場合は、その子に合った内容・レベルのワークを選ぶ必要があります。 本格的に行う場合は、検査を受けてその子に必要なトレーニングを選ぶようにしましょう。 小学生までの子を対象としたビジョントレーニングの教室も各地にあるので、必要に応じて相談に行ってみてはいかがでしょうか。 また、ビジョントレーニングは長時間行う必要はありません。 1日5分程度でいいので、毎日行うことが大切です。 まずはどんなトレーニングを行うのかだけでも知りたいという場合は、基本の5種類のトレーニングをまとめた記事があります。 こちらを参考にしてください。 メノコト365でもドリルを無料公開しています。 パソコンの画面を見ながら行うのはかえって目が疲れる場合があるので、ダウンロードしてプリントアウトして使うことをおすすめします。 メノコト365で公開しているドリルは、以下の記事にてまとめています。 新しいドリルが追加されると随時更新していますので、定期的にチェックしてみてください。 ワークだけでなく、視機能の発達や見る力についての解説など、ビジョントレーニングを行う上で知っておきたいことも多く盛り込まれていて、参考になります。 ビジョントレーニングの本には一般的な入門書だけでなく、発達に不安がある子どもや、スポーツをしている子どもをテーマにしたものがあります。 お子さんに合ったテーマのものを選ぶといいでしょう。 ビジョントレーニングのおすすめ本を以下の記事にまとめています。 ぜひ、本選びの参考にしてください。 ビジョントレーニング用のパソコンソフトやアプリの情報を以下の記事にまとめています。 ビジョントレーニングの考え方においては、トレーニングを行う場合は、6~13歳くらいまでの「目のゴールデンエイジ」に行うと伸びしろが大きくなるといわれています。 できれば、 3歳くらいから始めて「見る力」のベースを作っておくと良いでしょう。 1日の取り組む時間は短くてもいいので、子どものレベルに合ったトレーニングを、無料プリントや本などを参考にして毎日行なってください。 個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。 【ビジョントレーニング注意事項】 ・眼に病気がある方、また気になる方は、眼科を受診してビジョントレーニングを行うことが可能かどうか医師に確認してください。 ・遠視、近視、乱視などがありメガネなどで矯正する必要がある場合は、矯正を行ってからトレーニングを始めてください。 ・トレーニング中に眼の痛みを感じた場合はトレーニングを中止して、眼科を受診してください。 【参考】 ・北出勝也,発達の気になる子の学習・運動が楽しくなるビジョントレーニング,2015年5月初版 ・北出勝也,学ぶことが大好きになるビジョントレーニング,2009年11月初版 ・北出勝也,学ぶことが大好きになるビジョントーレニング2,2012年7月初版 ・小松佳宏,発達障害の子どもを伸ばすビジョントレーニング,2019年4月初版 【画像】 siro46,maroke.

次の

ビジョントレーニング 発達障害 無料

ビジョン トレーニング アプリ

視覚機能の3要素をトレーニング 「モノを見て意味が分かる」ためには、1.眼球運動、2.視覚認知(情報の入手)、3.空間認識(情報の解釈)の3要素が必要です。 楽しく取り組める5つのプログラムと結果記録(レーダーチャートや時系列グラフ)を活用し、バランスよく視機能を伸ばしていくことができます。 取組結果に応じ、難易度を自動調整 視覚機能の各要素の能力は人により大きく異なります。 ビジョントレーニングIIには難易度調整機能があり、取組結果に基づいて、易しい課題からだんだんと難しい課題に自動的に調整されていきます。 また、easy、normal、hardと3段階の難易度を自身で指定することもできます。 現実の生活に即した出題 日常生活で使われている文字種:数字、ひらがな、カタカナ、英小文字、英大文字、漢字を出題文字として設定できます。 また、算数・数学のテストの図形の問題や、別の位置(視点)から見える形状の判別など、実際に遭遇する可能性のある実践的な文脈で取り組めます。 アイムーブメントに多彩なヴァリエーション 眼球運動タスク(アイムーブメント)では、にがてな動きの方向や、判別する文字種類、表示される時間など、さらに細かな設定が可能です。 また、ひらがなやアルファベット、漢字等の読みが発音されますので、音韻認識(文字と音をつなげる)のトレーニングも可能です。 音声ガイド 課題の提示や操作説明に音声ガイドをつけました。 画面がシンプルになり、タスクに集中できるようになっています。 記録の参照 取組記録はグラフとチャートで参照可能。 現在の力や推移がよくわかります。 ディスレクシア(難読症)はその代表例で、映画監督のスピルバーグや俳優のトム・クルーズなどが有名です。 その対応研究が進んでいる米国には専門の資格があるほどです。 その専門資格、オプトメトリスト(検眼士)をもつビジョン(視機能)トレーニングの第一人者、北出勝也氏が、独自のコンテンツに加え、カリスマ教育者の高濱正伸氏(花まる学習会)の教材を素材にして開発したのが、「ビジョントレーニング II」です。 1日たったの10分~20分で、眼球の動き、視覚認知、空間認識力といった「見る」ことに必要な様々な力を総合的にトレーニングすることができます。 「生き抜く力」全般の底上げを 「社会で生き抜くために必要な力」を身につけるために「花まる学習会」が開発してきた教材のもっとも大きなテーマのひとつが「見る力」です。 これらの教材を、ビジョントレーニングの専門家、北出勝也氏が厳選しブラッシュアップ。 まさに「見る力=視覚認知」に特化した新作ソフトとして生まれ変わりました。 この「ビジョントレーニングII」で「見る力」を鍛えることにより、基本的な学習能力のみならず、「生き抜く力」全般を底上げすることができます。 このソフトを活用し、見ることに困難をもつ人だけでなく、老若男女すべての人が、社会生活のさまざまな場面で、その持てる能力を一層発揮できるようになることを期待しています。 01 原案監修 北出勝也先生からのメッセージ ビジョントレーニング IIには、3種類の領域、5つのタスクがバランスよく収録されています。 これらを全部、無理に毎日行う必要はありません。 特に必要と思われるタスクを2~3選び、1日10~20分くらい行ってみましょう。 無理せず少しずつでも継続することで、ジワジワと効果が実感できるようになるはずです。 ぜひ楽しんでトライしてください。 02 眼球運動:アイムーブメント 眼の運動機能を高めるトレーニングです。 色々な方向に眼を動かす力を高めます。 文字などの音声も出てきますので、音韻認識(文字と音をつなげる)を高めるトレーニングも可能です。 方向の認識が弱い人は矢印ボタンを選択し、矢印の方向を声に出して行いましょう。 おてつきボタン設定にすると行動抑制のトレーニングになります。 押す設定の色の文字だけをタッチして、押してはいけない文字をタッチしないで見送るようにすると得点になります。 03 ジオボード 形の線を認知するトレーニングです。 点を線で結び、見本の線や形を模倣して作ります。 高度なレベルになると見本を90度回転させた形や、反転させた形を想像するタスクが出題されます。 基本的な形を認識することから始めて、だんだんとハイレベルの図形思考のトレーニングが可能になります。 04 テングラム 形を「面」で認知するトレーニングです。 三角形、四角形などの基本的な形のパズルのピースを、見本の形にぴったりおさまるように並べます。 基本的な形の認識のトレーニングからだんだんと高度な図形思考のトレーニングになっていきます。 05 ばらばら漢字 基本的な形を認識することができるようになってきたら、このばらばら漢字の形の認識のゲームを行いましょう。 漢字のピースを頭の中で組み合わせることで、漢字の形がしっかりと頭の中に残るようになります。 完成するとその漢字の読みが音声で出ますので、音韻認識を含めて初歩的な漢字の学習の助けにもなります。 06 どこにいる? 「見えている風景」が「どの場所」から「どちら」を向いているのかを見つけ出すゲームです。 視点の移動のトレーニングです。 イメージを頭の中で動かす高度な図形、立体的思考のトレーニングになります。

次の

始める年齢から具体的な方法まで!子どものビジョントレーニング入門

ビジョン トレーニング アプリ

動体視力トレーニング方法比較表 動体視力を向上させる方法としては、ビジョントレーニング・トレーニング専用機器・トレーニングソフト・ゲーム・アプリなどがあります。 そこで違いをわかりやすくするために、 即効性・持続性・手軽さ・コストを比較ポイントとして一覧表にまとめてみました。 本を読むスピードが速くなる、字が綺麗になる、集中力が高まるといった効果がある。 指でできる簡単なトレーニングもあるが、本格的に行おうとすると大掛かりになる。 大規模な設備を用いたものは高額になる。 短い時間でもすぐに効果を実感することができる。 スポーツなどの練習とトレーニングがセットなので、実戦に向いていて効果を感じやすい。 大規模な設備も必要なく、トレーニング機器(メガネ)だけですぐにトレーニングが開始できる。 スポーツなどの実戦でどれほど効果があるかわかりにくい。 ゲーム機やパソコンが必要なので、基本的にはトレーニングは屋内で行うことになる。 大規模な設備は必要なく、好きな時にプレイできる。 動体視力を鍛えるならトレーニング専用機器がオススメ! いくつかの動体視力トレーニング方法を比較してみましたが、 総合評価としてはトレーニング専用機器を使用するのが一番オススメという結果になりました。 トレーニング専用機器にも種類があるのですが、現在、最も手に入れやすく且つすぐに使用できる代表的なものとして、動体視力トレーニング用メガネがあります。 他のトレーニング方法と比べると、このメガネには以下のような特徴があります。 実戦向きでトレーニングの効果を実感しやすい ビジョナップは、 メガネを装着したままスポーツなどの練習ができるため、ダイレクトに動体視力トレーニングにつながることから、効果が実感しやすいという特徴があります。 他の方法ではトレーニングと実戦に分かれていて、動体視力のトレーニングを継続することで徐々に効果を感じることができるというものがほとんどです。 その点、ビジョナップの場合は 通常のスポーツの練習の中にトレーニングを組み込むことができるので、より実戦に近いかたちですぐに効果の有無がわかります。 大規模設備が無くてもストロボ効果を体感できる ビジョナップは、動体視力を向上させる ストロボ効果を、メガネを着用するだけで体感することができます。 従来、ストロボ効果は大規模なストロボ装置を用意しないとできませんでした。 これには何十万もかかり、しかも暗くした室内でしか使用できないというデメリットがありました。 ストロボ装置と同じ効果を小さなメガネだけで再現でき、点滅速度を変えて視覚負荷をかけることで、より効果的に動体視力トレーニングができるようになったことは画期的と言えるでしょう。 携帯性に優れていて屋外でも使用可能 ビジョナップは見た目は スポーツグラスにしか見えない形状なので携帯しやすく、屋外で気軽に使えるのも特徴の一つ。 動体視力トレーニング方法には専用ソフトを使ったものが多いですが、ソフトを動作させるためのパソコンやゲーム機がどうしても必要になります。 その場合、屋内の決まった場所でトレーニングをしなければなりません。 ビジョナップのような動体視力トレーニング用メガネであれば、場所も選ばず装着するだけですぐにトレーニングを開始できますし、 1日15分・週3回でOKなので、 手軽さにおいては他の方法と比べて抜群によいと言えます。

次の