クイック アクセス 追加。 よく使うフォルダやファイルはクイックアクセスに登録しておく

Office でリボンをカスタマイズする

クイック アクセス 追加

こんにちは、 えむです。 フォルダを開いたとき、 左側にあるサイドバーの「クイックアクセス」という項目に、フォルダが表示されています。 (下図参照) それをクリックするとフォルダに直接アクセスできるので、 時短になってとても便利です。 言ってみれば、デスクトップに置くショートカットのフォルダ版ですね。 「クイックアクセス」にあるフォルダは、 Windowsの方で 【このフォルダはよく使われているなぁ】と判断されて自動的に追加されたのですが、任意でフォルダを追加することもできるのです。 今回は、 フォルダに直接アクセスできる「クイックアクセス」に、任意のフォルダを追加したり、不要になったフォルダを削除する方法を、解説していきます。 任意のフォルダを追加する方法 まず、追加したいフォルダの場所を確認しておきます。 (今回は、デスクトップに【新しいフォルダー】を作成し、これをクイックアクセスに追加していきます。 ) タスクバーにある フォルダのアイコン(エクスプローラー)をクリックします。 下図のようなウィンドウが開きます。 その際に、下図のように 【クイックアクセスにピン留めする】という表示が出ればOKです。 クイックアクセスに、「新しいフォルダー」が追加されました。 不要になったフォルダを削除する方法 【クイックアクセスに登録しておいたけど、最近はこのフォルダを使わなくなったなぁ】とか、【自分の意図しないフォルダが勝手に追加されるのは嫌だ】とか思ったら、どんどん削除してスッキリさせましょう。 そういう方は、そもそも 「クイックアクセス」機能をオフにしておいた方がいいでしょう。 えむは、【ブログ・メルマガアフィリエイト】というネットビジネスで生計を立てています。 ネットビジネスを始めるまでは、「安いお給料」「少ないお休み」「当たり前に起こる残業」という、限りなくグレーな会社でOLをやってました。 そんなえむが、 ネコのように自由で気ままな時間を手に入れるまでの道のりを、メルマガレッスンとして無料で配信しています。 こんにちは、えむと申します。 何にも先のことを考えずにふわふわした学生時代を過ごし、社会人になってからも自分が何をしたいのかわからないまま、とりあえず仕事を転々としていました。 そのうち、仕事でのストレスで体を壊して病院通いをするハメになり、「こんな働き方でいいのか?」と自分に問いかけました。 自分が望む「ストレスフリー」で「自由」な生き方・働き方を実現できる方法を探す中でネットビジネスを見つけ、その世界に飛び込みました。 その結果、信頼できる教材を見つけ、それを実践することで、自分の望む生活を手に入れられました。 こんなふわふわした芯のない私でも、ネットビジネスで理想の生活を手に入れることができました。 ですから、今このブログを見ているあなたにもきっとできると信じています。 どうぞよろしくお願いします!.

次の

クイックアクセスツールバーにアイコンを追加したい/クイックアクセスツールバーからアイコンを削除したい

クイック アクセス 追加

ところが同じMicrosoftさんの製品であり、表計算ソフトウェアであるExcelでは、『ホーム』タブ上にある『フォント』グループには『取り消し線』ボタンが表示されていません。 初期設定状態のExcelの場合 そのためExcelを使っていて、取り消し線をセルに入力されている文字列に適用したいのに、設定方法が分からない! と、困っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。 そこで今回は、 Excelでセルに入力されている文字列に取り消し線 打ち消し線 を設定する方法や、『取り消し線』ボタンをリボン・クイックアクセスツールバーに追加する設定方法をご紹介します! Excelでセルの文字列に取り消し線を設定する方法 Excelでセルの文字列に取り消し線を設定する方法には、たとえば『セルの書式設定』の『フォント』タブで設定する方法と、『取り消し線』ボタンを使う方法が挙げられます。 『セルの書式設定』の『フォント』タブで、文字列に取り消し線を設定する方法 冒頭にも書いたとおり初期設定状態のExcelでは、画面上部のリボンの『フォント』グループには、『取り消し線』ボタンが表示されていません。 そのため、リボン上のボタン操作によりワンクリックで『取り消し線』を設定する、というようなことはできないのです。 そこで初期設定状態のExcelで『取り消し線』を設定したいときは、『セルの書式設定』の『フォント』タブで設定を行います。 そして表示されたメニューの中から、『セルの書式設定』をクリックします。 このケースでは表示されるコンテキストメニューの内容が上記画像と異なりますが、『セルの書式設定』メニューは表示されるので、これをクリックします。 すると『セルの書式設定』画面が表示されるので、 『フォント』タブ上の『取り消し線』にチェックを入れてから『OK』ボタンをクリックし、変更を反映します。 以上の操作により、Excelのセルに入力された文字列に対し、『取り消し線』が設定されます。 『セルの書式設定』画面の『フォント』タブを開く簡単な方法 ここまでにご紹介した方法では、対象のセルや文字列を選択して『セルの書式設定』画面を表示してから、『フォント』タブに切り替えて設定変更。 という手順が必要であり、少し面倒に感じるかもしれません。 Excelでは、画面上部にあるリボンの『ホーム』タブ上にある『フォント』グループ内の『右下矢印』ボタンをクリックすれば、 『セルの書式設定』画面の『フォント』タブを瞬時に表示可能です。 したがって対象のセルや文字列を選択状態としてから、『右下矢印』ボタンをクリックして『セルの書式設定』画面の『フォント』タブを表示。 そして『取り消し線』の設定を行う方法のほうが、スピーディーに設定変更できるため、おすすめです。 こちらの方法では、『Ctrl』キーと『Shift』キーを押しながら、『F』キーを押下してください。 『取り消し線』ボタンを使って、文字列に取り消し線を設定する方法 事前に画面上部のリボンやクイックアクセスツールバーに『取り消し線』ボタンを追加し、このボタンの押下により、ワンクリックで『取り消し線』を設定することも可能です。 リボンに『取り消し線』ボタンを追加する方法 画面上部のリボンに『取り消し線』ボタンを追加する場合には、リボンの任意の場所で右クリックを行い、コンテキストメニューを表示してください。 次に表示されたメニューの中から、『リボンのユーザー設定』ボタンをクリックします。 すると『リボンのユーザー設定』画面が表示されます。 この画面の右側部、『メインタブ』-『ホーム』-『フォント』グループを選択状態としてから、『新しいグループ』ボタンをクリックしましょう。 今回の説明では、『フォント』グループの右隣に新しいグループを追加する例であるため、『フォント』グループを選択しています。 ですが別の場所にグループを追加したい場合には、任意の場所を選択してください。 選択したグループの右隣に新しいグループが追加される仕組みです。 『新しいグループ』ボタンをクリックすると、以下のように『新しいグループ ユーザー設定 』グループが表示されるので、『名前の変更』ボタンをクリックしましょう。 『新しいグループ ユーザー設定 』グループの『名前の変更』画面が表示されるので、ここでは『取り消し線』と入力し、OKボタンをクリックしてください。 名前の変更が終わったら、『リボンのユーザー設定』画面左上にある『コマンドの選択』で『リボンにないコマンド』を選択。 次に画面右側では、先ほど名前を変更した『取り消し線 ユーザー設定 』グループを選択状態とします。 そして画面左側のコマンド群から『取り消し線』コマンドボタンを探し、選択状態としてから『追加 >>』ボタンをクリックします。 『取り消し線 ユーザー設定 』グループに『取り消し線』コマンドボタンを追加したら、画面右下の『OK』ボタンをクリックしてください。 以上の操作により、『ホーム』タブの『フォント』グループの右隣に、『取り消し線 ユーザー設定 』グループが新しく追加され、『取り消し線』コマンドボタンが利用可能となっています。 尚、同様の方法により、各種罫線関連のコマンドボタンをリボンに追加することで、セルへの罫線設定作業の効率化も期待できます。 そして『その他のコマンド』メニューをクリックし、『Excelのオプション』画面の『クイックアクセスツールバー』の設定を表示してください。 『クイックアクセスツールバー』の設定では、画面左上にある『コマンドの選択』で『すべてのコマンド』を選択。 次に画面左側のコマンド群から『取り消し線』コマンドボタンを探し、選択状態としてから『追加 >>』ボタンをクリックします。 最後に『OK』ボタンをクリックして変更を確定すると、クイックアクセスツールバーに『取り消し線』ボタンが追加されています。 リボンやクイックアクセスツールバーの『取り消し線』ボタンを使って、取り消し線を設定する方法 セルやセル内の文字列の一部など、取り消し線を設定したい部位を選択状態としてから、リボンやクイックアクセスツールバーの『取り消し線』ボタンをクリックすれば、ワンクリックで取り消し線を設定できます。 また一度設定した取り消し線を解除したい場合には、再度『取り消し線』ボタンをクリックしてください。 以上、Excelで取り消し線を設定する際に、ご活用くださーい!.

次の

【Windows10】よく使うフォルダにすばやくアクセスできる「クイックアクセス」機能にフォルダを追加/削除する方法

クイック アクセス 追加

こんにちは、 えむです。 フォルダを開いたとき、 左側にあるサイドバーの「クイックアクセス」という項目に、フォルダが表示されています。 (下図参照) それをクリックするとフォルダに直接アクセスできるので、 時短になってとても便利です。 言ってみれば、デスクトップに置くショートカットのフォルダ版ですね。 「クイックアクセス」にあるフォルダは、 Windowsの方で 【このフォルダはよく使われているなぁ】と判断されて自動的に追加されたのですが、任意でフォルダを追加することもできるのです。 今回は、 フォルダに直接アクセスできる「クイックアクセス」に、任意のフォルダを追加したり、不要になったフォルダを削除する方法を、解説していきます。 任意のフォルダを追加する方法 まず、追加したいフォルダの場所を確認しておきます。 (今回は、デスクトップに【新しいフォルダー】を作成し、これをクイックアクセスに追加していきます。 ) タスクバーにある フォルダのアイコン(エクスプローラー)をクリックします。 下図のようなウィンドウが開きます。 その際に、下図のように 【クイックアクセスにピン留めする】という表示が出ればOKです。 クイックアクセスに、「新しいフォルダー」が追加されました。 不要になったフォルダを削除する方法 【クイックアクセスに登録しておいたけど、最近はこのフォルダを使わなくなったなぁ】とか、【自分の意図しないフォルダが勝手に追加されるのは嫌だ】とか思ったら、どんどん削除してスッキリさせましょう。 そういう方は、そもそも 「クイックアクセス」機能をオフにしておいた方がいいでしょう。 えむは、【ブログ・メルマガアフィリエイト】というネットビジネスで生計を立てています。 ネットビジネスを始めるまでは、「安いお給料」「少ないお休み」「当たり前に起こる残業」という、限りなくグレーな会社でOLをやってました。 そんなえむが、 ネコのように自由で気ままな時間を手に入れるまでの道のりを、メルマガレッスンとして無料で配信しています。 こんにちは、えむと申します。 何にも先のことを考えずにふわふわした学生時代を過ごし、社会人になってからも自分が何をしたいのかわからないまま、とりあえず仕事を転々としていました。 そのうち、仕事でのストレスで体を壊して病院通いをするハメになり、「こんな働き方でいいのか?」と自分に問いかけました。 自分が望む「ストレスフリー」で「自由」な生き方・働き方を実現できる方法を探す中でネットビジネスを見つけ、その世界に飛び込みました。 その結果、信頼できる教材を見つけ、それを実践することで、自分の望む生活を手に入れられました。 こんなふわふわした芯のない私でも、ネットビジネスで理想の生活を手に入れることができました。 ですから、今このブログを見ているあなたにもきっとできると信じています。 どうぞよろしくお願いします!.

次の