葛城ミサト 死亡。 【エヴァ】葛城ミサトの最後は死亡した!?死因を含めて真相を紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

加持リョウジ (かじりょうじ)とは【ピクシブ百科事典】

葛城ミサト 死亡

「 やっぱクーラーは人類の至宝。 まさに科学の勝利ね」 第弐話 : 見知らぬ、天井... UN車両での移動中に言った葛城ミサトの台詞。 「 これが、使徒迎撃専用要塞都市、第3新東京市。 私達の町よ。 そして、あなたが守った街」 第弐話 : 見知らぬ、天井... 碇シンジに一望出来る場所から第3新東京市を見せて言った葛城ミサトの台詞。 「 一つ言い忘れてたけど、あなたは人に褒められる立派な事をしたのよ。 胸を張って良いわ。 おやすみ、シンジ君。 がんばってね」 第弐話 : 見知らぬ、天井... お風呂上りの葛城ミサトが部屋で横になっている碇シンジに掛けた言葉。 「 こっちの都合はお構いなしか。 女性に嫌われるタイプね」 第参話 : 鳴らない、電話... 第4使徒シャムシエル襲来時の葛城ミサトの台詞。 「 おかえりなさい」 第四話 : 雨、逃げ出した後... 駅のプラットフォームに残った碇シンジに対して言った葛城ミサトの台詞。 碇シンジの「た、ただいま」とセット。 「 チワー、ネルフですが、見えない敵の情報と的確な対処はいかがっすかぁ」 第八話 : アスカ、来日... 第6使徒ガギエル襲来時に太平洋艦隊の軍人に言った葛城ミサトの台詞。 「 なんてインチキ」 第九話 : 瞬間、心、重ねて... 両断されて2体に分離した第7使徒イスラフェルを見ての葛城ミサトの台詞。 「 よく分からないものを無理して使うからよ」 第拾七話 : 四人目の適格者... 建造中のエヴァンゲリオン四号機のS2機関搭載実験中に起こったネルフ第二支部の消滅事故に対して言った葛城ミサトの台詞。 「 猫で寂しさ紛らわせてた人に言われたかないわね、そんな台詞」 第弐拾弐話 : せめて、人間らしく... 喫煙所での赤木リツコとの会話の中での葛城ミサトの台詞。 「 鳴らない電話か... 」 第弐拾参話 : 涙... 加持リョウジからの最後の録音メッセージを聞いた後に葛城ミサトが電話を見ながら心の中で言った台詞。 「 鳴らない電話を気にしてイラつくのはもうやめるわ。 あなたの心、受け取ったもの」 第弐拾参話 : 涙... 加持リョウジから受け取ったカプセルの中に入っていたと思われるチップを見ながら言った葛城ミサトの台詞。 「 それこそバカよ、あなたは」 第弐拾参話 : 涙... 赤木リツコの「私を殺したいのならそうして。 いえ、そうしてくれると嬉しい」と言う言葉に対して言った葛城ミサトの台詞。 「 無理もないわ。 みんな人を殺す事に慣れてないものね」 第25'話 : Air... ネルフへのUN軍 戦略自衛隊 の進攻を食い止められない状況を指して言った葛城ミサトの台詞。 「 悪く思わないでね」 第25'話 : Air... 碇シンジを射殺しようとしていた戦闘員を排除する際に言った葛城ミサトの台詞。 「 行ってらっしゃい」 第25'話 : Air... 碇シンジをエヴァンゲリオン初号機の下へと送り出す際に言った葛城ミサトの台詞。 「 こんな事なら... アスカの言う通り... カーペットに変えときゃ良かった... ねぇ、ペンペン。 加持君、あたしこれで良かったわよね」 第25'話 : Air... 碇シンジをエヴァンゲリオン初号機の下へと送り出した後の死亡前の葛城ミサトの台詞。

次の

葛城ミサト

葛城ミサト 死亡

まずは現車の画像を見てください!アルピーヌ・ルノーA310 のレーシングスペックモデルです。 フレンチブルーに配色の黄色が効いていてクールですよね。 FRPのボディって補修が大変なんですよね。 この年式でこの状態は〇! レーシーな演出が小気味よくまとまってます。 センスよし! エンジンはA110と同様のルノー製1605cc、4発のOHVにWeber45を2基がけです。 127ps とはいえ、ウエイトが700キロ前後だと思うので、小気味良い走りが堪能できるハズ。 足まわりもしっかり手が入ってます。 カラーリング合わせたSPAXですね。 ミラーはビタローニ、内装はスパルタンにキマッてます。 こちらの物件の詳細は中古レーシングカー専門店の「」に載ってます。 興味ある方はぜひご覧くださいね。 っていうか、俺が欲しい! ちなみにプライスですけどなんと!470万円。 ぜったいお買い得ですよ。 お問い合わせ・・・ おまけ この動画見るとゼッタイ欲しくなりますよ~。 フフフ こちらの動画はV6なんですが走りっぷりはキレてます。 ぼくも、このモデルの後継車種に乗っていたことがあったのですが、ぼくのようなシロウトの場合、ケツが滑りだしたらどうしようもないっていうくらい難しいクルマなんですが…やっぱプロはスゴいっす。 (テングダンディ) by カテゴリー : , , , , , タグ :.

次の

加持リョウジ (かじりょうじ)とは【ピクシブ百科事典】

葛城ミサト 死亡

エヴァンゲリオンに搭乗する 「葛城ミサト」は、主人公の保護者であり上司という立場にいます。 彼女の心理的な描写が多く見られるので、第二の主人公と位置づけするファンも少なくありません。 そんなミサトですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか? ここでは、 ミサトの悲惨な過去やシンジとのヤバすぎる関係について紹介していきます。 1.ミサトが経験した悲惨な過去 ミサトは、 「セカンドインパクトに遭遇し、父親を失う」という悲惨な過去を経験しています。 南極の調査に向かっていたミサトの父親は、ミサトをその場に連れていきました。 スポンサーリンク そこでセカンドインパクトが発生し、父親は何とかミサトを助けだすのに成功。 しかし父親はその爆発で死亡し、ミサトはそのショックから失語症に陥るなど精神的な影響が強く残りました。 2.ミサトに見られる個性的な性格とは? ミサトは、 どんな性格をしているのでしょうか?• 他人に無関心• ネガティブ思考• 無気力• ズボラ 彼女の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。 スポンサーリンク ミサトは表面上は人付き合いが良いですが、本当は他人に無関心です。 ネガティブ思考で内気なので、碇シンジと自分を重ねてしまうのも頷けるでしょう。 3.ミサトと碇シンジのヤバすぎる関係とは? 主人公の碇シンジの上司であり、さらに保護者でもあるミサト。 一緒に住む同居人でもありますが、自分の境遇とシンジの境遇があまりにも似ているので、いつしか 特別な感情を向けます。 それは恋愛感情と言っても良いもので、シンジはその点に気付いていません。 ミサトのかつての恋人である、加持は早くから2人の関係は見抜いていた模様。 結局、ミサトの恋が叶うことはありませんでしたが、14歳と29歳という年齢を考えるならヤバすぎる関係と言えるでしょう。 4.ミサトが迎えた壮絶な最期 ミサトは、ネルフ本部を襲撃した戦略自衛隊からシンジを守るために 彼をかばいます。 その時に被弾するものの、最後の力を振り絞ってシンジを初号機の元に送り届けました。 スポンサーリンク その直後の、戦略自衛隊の区画爆破によって戦死。 このように、大活躍をしたミサトですがその最期は壮絶なものだったのです。 ミサトは最後に、シンジの母親になれなかったことをつぶやいたシーンは、視聴者の心を締め付けました。 まとめ ミサトはセカンドインパクトに遭遇するも、父の自己犠牲的な働きのおかげで 奇跡的に生還しました。 シンジと境遇が似ているため、一緒に生活するうちにいつしか特別な感情を向けるようになります。 恋愛感情と表現されていますが、最後のセリフから母親としてシンジを守りたかったという風にも受け取れますね。 再登場は絶望的ではありますが、彼女の存在はファンの心の中で生き続けています。

次の