裏列界 出し方。 【パズドラ】列界の化身の攻略と周回おすすめパーティ|れっかいのけしん

【パズドラ】裏列界の化身(17〜21F)のダンジョンデータ|ゲームエイト

裏列界 出し方

操作時間固定リーダーで挑むのがおすすめ 列界の化身では先制で操作時間を減少してくる敵が多く存在します。 そのためあらかじめ操作時間固定リーダーで挑むことで、操作時間延長スキルを用意せずにすみます。 固定ダメージ付きリーダーであれば追い打ちなどを気にする事無く対処できるのでおすすめです。 さらにいうのであれば 50万以上の固定ダメージリーダーであれば、アテンをワンパンできたり潜在たまドラを倒すことが出来るので選ぶ際に意識してみてください。 封印耐性は必ず100%にして挑む 1Fのウンディーネは先制で10ターンのスキル封印をしてきます。 あらゆる編成で言えますが、特に主流の変身リーダーなどで挑む際は、変身前から封印耐性が100%にしましょう。 吸収無効、ダメージ無効貫通の用意が必須 高難易度ダンジョンではもはや当たり前ですが、ダメージ吸収や属性吸収、ダメージ無効持ちの敵が多く出現します。 特にダメージ吸収無効、ダメージ無効貫通持ちのキャラの編成は必須です。 6Fで出現する覚醒フレイヤの先制で5ターン猛毒目覚めを食らうので、その時点でお邪魔、毒目覚めで上書きしてしまうのがおすすめです。 さらに次ターンには10ターン雲を生成してくるので、かなり厄介です。 覚醒無効枠に遅延耐性を出来るだけ振って、覚醒無効回復スキルを初手に打てるようにしておくのがおすすめです。 軽ターンの操作時間延長スキルが役立つ 道中では操作時間減少を使用する敵が頻繁に出現します。 上記の項目でおすすめした操作時間固定リーダーではない場合、2〜3ターンで操作時間を延長出来るスキル持ちのキャラを編成しておくのがおすすめです。 特に対策すべきモンスターの攻略ポイント アテン:高防御対策をして突破 アテンはHP10%根性を持ったキャラです。 HPが10%ラインに到達すると根性を発動します。 倒し方としては大まかに2種類あるので下記にまとめます。 ガードブレイクを駆使して突破 アテンは防御力が20億あるため火力で押し切るのは困難です。 そのためガードブレイク持ちのキャラを編成して5色同時攻撃をしましょう。 こちらの方法はリーダースキルを発動させるだけで良いので1番よりおすすめです。 不動明王:毒に注意して攻略 不動明王は盤面に毒があると約14万のダメージを与えてきます。 さらに先制で5ターン99%軽減をしてくるので耐久が強いられます。 そのため毒を対策して耐久しましょう。 ダメージ99%軽減の上からでも思い切り殴っていきましょう。 キラー持ちのキャラを用意したりと工夫をしておけば軽減発動中に倒すことも可能です。 キラーたまドラ:基本的にアテンと同じ対策 キラーたまドラは高防御でさらに99ターンダメージ99%軽減をしてます。 高火力で押し切ろうとしてもびくともしない硬さを持ちます。 そのため上記のアテンと同じようにガードブレイクor固定ダメージ持ちのキャラで対策しましょう。 キラーたまドラは通常攻撃で大ダメージを放ってくるため、耐久も困難です。 火力でゴリ押しではなく対策して突破しましょう。 石田三成:早期突破を心がける 石田三成は先制で3ターンリーダーチェンジをしてきます。 完全に運ゲーになりますが、石田三成は早期突破を目指しましょう。 耐久をしているとダメージ無効などの厄介なギミックを使用してくるからです。 織田信長:4ターンの間に倒す 織田信長は 4ターンの間に倒さないと負けます。 敵の行動は決まっていて4ターン後に超絶大ダメージが飛んでくるからです。 根性+ダメージ無効を併用してきて、さらに盤面ロックの行動をしてきます。 なにも対策なしに盤面で突破することはかなり運ゲーなので、固定ダメージ持ちリーダーで戦うなどの工夫をしたりロック効果を利用して盤面を整えましょう。 序盤は約4万の攻撃とドロップロック、盤面変換が主な行動になります。 19Fまで到達出来るパーティであれば耐久は苦では無いので手持ちのスキルターンなどを見ながら殴り合うのがおすすめです。 行動パターンが大きく変わるわけではありませんが、攻撃力が2倍になったりスキル遅延が飛んで来るからです。 引き続き耐久は可能ですが回復枯渇や軽減の貼り忘れに注意しましょう。 盤面を荒らされるだけでなく、回復が間に合わないような状況に陥るので、毒無効リーダーで挑むor目覚めを上書きして対策するようにしましょう。 毒耐性が100%であれば耐久しつつの攻略が可能なので、スキル溜めをしつつ吸収無効スキル、出来れば攻撃半減用にエンハンスを用意して一気に片を付けましょう。 これら2個のギミックを抱えて耐久するのは至難の技なので、必ず対策を施すようにしましょう。 前述の先制を対策していれば耐久が可能なので、エンハンススキルを溜めて一気に突破することをおすすめします。 追加攻撃を用意する必要がないので、攻略が楽になります。 ギミック対策も十分に対応出来るのが強みで、後半もエンハンスと火力でねじ伏せることが可能です。 各階層ごとの詳しい立ち回りは下の記事で解説しているので参考にして下さい。 心して挑みましょう。 期間限定で出現し、優秀なキャラなので必ず入手しましょう。 下記に行動パターンを掲載していますが、 スキルは使用不能で76盤面+落ちコンなしなので丁寧にパズルをして入手しましょう。 ここで整地をしておくと最後のコンボもある程度余裕を持ってパズル出来ます。 半分だけでも整地しておくのが圧倒的にパズルが楽になるので、パズルに自身が無い方は参考にしてください。 毎ターン落ち着いてパズルしましょう。

次の

【パズドラ】裏三界の神殿の攻略とスキル上げ対象キャラ|ゲームエイト

裏列界 出し方

エンハンススキルを用意するのもあり 火力に不安があれば高倍率のエンハンススキルを用意して超火力を出すのもあり。 エンハンススキルを用意できるとより安定してチィリンドラゴンを倒せるようになるのでおすすめだ。 ただ前回開催された時は裏運命の三針のほうが出現確率が高かったため、今回もよりは出現率が高いと予想される。 試行回数が少ないので正確性には欠けるが、10周した時点で3回の出現を確認。 表では10分の0なので、 表よりは裏の方が出現率が高いと推測できる。 ダメージ無効貫通スキルがボス戦で有効。 サブやフレンドにを用意したい。 毒無効のリーダースキルがとにかく強力。 筆頭サブ候補のが火力要員として大活躍。 自身が2ターン続くダメージ吸収無効スキルを持つ。 自身のスキルで覚醒無効や消せないドロップを対策できる。 武藤遊戯と組み合わせることが多い。 自身がダメージ吸収無効スキルを持つ。 光の複数コンボで追い打ちが発動する。 ファスカと組み合わせることが多い。 自身のエンハンススキルがボス戦で役立つ。 7分台でのクリア報告もある。 とにかくバクラのスキルを連発できるのが強すぎる。 固定追い打ち効果で根性対策が可能。 スキルで落ちコンなしを上書きできる。 フレンドはがおすすめ。 コンボ加算効果があらゆる場面で役立つ。 とにかくスキルが強すぎる。 自身が無効貫通アタッカーとして超優秀。 フレンドはがおすすめ。 固定追い打ち効果で根性対策が可能。 スキルでコンボ加算ができる。 無効貫通アタッカーとしても優秀。 フレンドはがおすすめ。 回復倍率が高く耐久戦にも強い。 サブ候補が非常に多い。 固定追い打ち効果で根性対策が可能。 ルーレットをスキルで対策できる。 フレンドはがおすすめ。 コンボ加算効果があらゆる場面で役立つ。 小回りの効く覚醒無効解除が道中で活きる。 悪魔特化のアタッカーとして優秀。 フレンドはがおすすめ。 ギミック対策と攻略パーティの組み方 【1】各種耐性100%のパーティを組む 裏異形の存在はほぼ全種類と言っていいほどのギミックが登場する。 ヒノミツハは先制で毒目覚めを15ターンしてくる。 ターンが長い上に毒が降ってくる確率も高いので、そのまま突破していくと毒ダメージで負けてしまうこともある。 あらかじめ編成しておいた毒目覚めを上書きできるスキルを必ずここで使おう。 B10:グリフォンライダーは9ターン以内に倒す B10で出現するグリフォンライダーは10ターン目に10ターンスキル遅延をしてくる。 ここでスキル遅延を受けてしまうと、B12のマシンアテナで使うダメージ吸収無効スキルがたまらない可能性が高くなってしまう。 9ターン以内には必ず突破できるようにしよう。 数少ないスキル溜めポイント グリフォンライダーは裏異形の存在の中では比較的ダメージ量が少ない。 9ターン以内に突破できればいいので、ダメージ吸収無効スキルや使ってしまった陣スキルがあればここで溜め直しておきたい。 覚醒無効状態だと必ずバインドされてしまうため、覚醒無効回復スキルを必ず使い可能な限りワンパンしよう。 覚醒無効回復スキルを溜め直せるといい B16でハマルが出現した場合、覚醒無効回復スキルがある方が安定した立ち回りができる。 B15でのスキル溜めは難しいので、可能な限りバロンで耐久しスキル溜めができるといい。 主な行動パターン 【初回行動時必ず使用】 逃しはしない 1体を5ターンバインド ウィンドスラッシュ 63,450ダメージ 【HP50%以下時必ず1度使用】 大地の檻 スキル封印:5ターン 【HP50%以下時必ず使用】 ギガントブレイク 76,140ダメージ B15:必ずHP100,376以上で突破する B16の軍荼利が先制で 100,375ダメージを与えてくる。 軽減倍率がないリーダーを使用している場合は必ず100,376以上のHPを確保してB15を突破しよう。 軽減効果があるリーダーの場合は以下のダメージ量を参考にしよう。 光ミル) 25,094 B16:ハマルで覚醒無効回復スキルを使用 B13のハマルは先制で覚醒スキル無効をし、初回行動で盤面を毒にする。 覚醒無効状態では必ず盤面を毒にされてしまい、陣スキルやドロリフスキルがないと負けてしまう。 覚醒無効回復スキルを使用して回避しよう。 落ちコン無し効果が消えるまで耐久 ゼウスヴァースは先制で7コンボ以下吸収と落ちコン無し効果を使用する。 盤面のみで8コンボ以上を組みつつ無効貫通や追加攻撃を組むのは、コンボ加算効果などを用いないと不可能。 まずは落ちコン無し効果が解除されるまで耐久しよう。 スキルで落ちコン無しを上書き やのように落ちコン無し効果を持つスキルで上書きすると、耐久ターンが少なく済む。 攻略パーティのサブに編成している場合は最大限にスキル効果を活かそう。 地道にHPを半分まで削る ワンパンするには無効貫通+追加攻撃+8コンボ以上が必要となり、多くのスキルと盤面運が必要になってしまう。 無効貫通をせずにHPを半分まで削り、根性を解除させるのが良い。 効果は1ターンなので、まずは耐久して9コンボ以下吸収を解除しよう。 HPを若干削って根性を解除 クンプーは根性を持つが、解除ラインのHPは比較的高め。 少しダメージを与えれば簡単に根性を解除できる 無効貫通含む8コンボで倒しきる クンプーは9コンボ以下吸収が解除されると同時に7コンボ以下吸収を使用する。 無効貫通を含む8コンボしないとダメージを与えられない。 そのまま瞬間火力を出して倒し切ろう。 ウンマ戦の立ち回り 無効貫通+追加攻撃でワンパン狙い ウンマは先制でランダム1属性を消せなくしてくる。 しかしそれ以外に厄介な先制行動はないため、そのまま無効貫通+追加攻撃でワンパンしよう。 火力が不安であれば、若干削ってから倒しに行く立ち回りでも良い。 ドロップが消せない場合は1ターン耐久 もし運悪く攻撃色を消せなくされた場合は、1ターン耐久して効果が切れるのを待とう。 ロックス戦の立ち回り 8ターン耐久してリーダーチェンジを解除 ロックスは先制で8ターンのリーダーチェンジを使用する。 リーダーチェンジが解除されるまで耐久しよう。 リーダーチェンジが解かれるまでに根性解除 リーダーチェンジは効果が切れるたびに再使用するが、1ターンのみリーダーチェンジをされない攻撃のチャンスがある。 そのタイミングに無効貫通を発動して倒し切れるよう、耐久しながら根性を解除しておこう。 ホイップ戦の立ち回り 軽減が切れるまで耐久しよう ホイップは先制でダメージを90%軽減するため、効果が続く4ターンの間はほとんどダメージが入らない。 まずは軽減効果が切れるまで耐久しよう。 HPを固定されたらHPをしっかり回復 ホイップはこちらのHPを1ターン5万に固定してくることがある。 敵の攻撃はどれも4万以上なのでしっかりHPを回復しないと受けられなくなる。 HPを固定されたら回復を優先しよう。 根性を解除してから無効貫通で突破 ホイップはHP90%以上根性のため楽に根性解除が可能。 根性を解除してからダメージ無効貫通を発動して倒そう。 耐久している間にもある程度全力で攻撃しておくと根性を解除しやすい。 ゼブン戦の立ち回り 先制猛毒目覚めは上書きして対処 ゼブンは先制で猛毒目覚めを使用する。 目覚め率が非常に高く、そのままパズルをしたら即死は免れない。 お邪魔目覚めスキルで猛毒目覚めを上書きして対処するのが良い。 落ちコン無しスキルによる対処も可能 猛毒目覚めは1ターンのみ。 1ターン目に落ちコン無しスキルを使用して猛毒落ちコン事故を防ぎ、2ターン目に陣スキルを使って盤面を整える立ち回りも可能。 無効貫通+追加攻撃で倒しきる 猛毒さえ対処できれば、ゼブン自身はあまり厄介な行動は無い。 そのまま無効貫通+追加攻撃で倒しきるのが良い。 全属性75%軽減を使用するターンがあるため、そのタイミング以外で攻撃しよう。 追加攻撃が不安なら根性を解除しておく 無効貫通+追加攻撃のパズル難易度は高い。 もし両方同時に発動できる自信がなければ、HPを若干削って根性を解除しておこう。 幸い根性ラインは高めなので、少しダメージを与えれば簡単に根性を解除できる。 火力を出せればワンパン可能 ヨグソトースはクトゥグアと違い、根性持ちでもなければダメージ無効も使用しない。 火力さえ出せればワンパン自体は可能。 しかしHPが非常に高いため、よほど火力に自信がある場合に限る。 HP50%付近まで削ってから倒すのが良い ヨグソトースは、HPが半分以下になるまでは厄介な行動はしてこない。 2ターンに1度の120,304ダメージを受け切れれば、耐久することが可能。 火力を出して倒すのは、耐久しながらHP50%付近まで削ってからがおすすめ。 HP50%以下にはしないようにしたい ヨグソトースはHPが50%以下になるとランダムで2属性を吸収してくる。 また行動ターンが1ターンになるため、耐久する上でも厄介になる。 HP50%以下にはせずに倒しきりたい。 ガスロの倒し方 5ターン全力で耐久 ガスロは先制で5ターンの99%ダメージ軽減を使用する。 ワンパンで倒しきることはまず不可能なので、効果が切れるまで耐久しよう。 実質スキル溜めと思って耐久しよう。 この 猛毒を消さないと即死攻撃によって負けてしまうため、属性変化マスを利用してうまく消そう。 中の人A 猛毒は7個以上つなげて消すと毒ダメージで負けてしまう。 10個生成される猛毒のうち、6個までなら 繋げて消してOK。 「猛毒は6個繋げ」「変化マスで4個消す」と覚えておこう。 覚醒無効状態で属性変化マスを利用した猛毒消しが難しければ、ロックスキルで対処する選択肢もある。 中の人A ロックスキルは道中でも役に立つので、パーティ編成に余裕があれば用意しておきたい。 裏異形の存在に挑むメリット キラーやピィを集められる.

次の

【パズドラ】列界の化身の攻略と対策まとめ|ゲームエイト

裏列界 出し方

変身後にスキル封印を持つキャラはそもそも変身スキルが使えなくなる可能性がある。 変身前の状態で封印耐性が100%になっているかよく確認しよう。 中の人A どうしても封印耐性を用意できない!という場合は、封印バッジを使うのもおすすめだ。 覚醒バッジも含めて、一つのパーティとして完成させよう。 リーダーチェンジ編成は非推奨 ではロックス対策として推奨されてきたリーダーチェンジ編成だが、列界の化身ではB14で リーダーチェンジ時のみ20万の先制ダメージを受ける。 先制ダメージ対策をしてまでリダチェン編成で挑む必要はない。 吸収無効と無効貫通は必須 【覚えておきたいポイント】• 盤面に毒は絶対残さない (毒があると14万ダメージ)• 毒さえなければ大して強くない B7突入前に毒目覚めを解除する 盤面に毒があると即死ダメージなので、毒目覚めを受けてる場合は B7に突入する前に解除しておきたい。 B4の覚醒ペルセポネやB6の覚醒フレイヤなどが毒目覚めを使用するので、解除することを必ず頭に入れておこう。 中の人A 毒目覚めは耐久して解除してもいいですし、目覚めスキルで上書きしても良いです。 どちらにせよ毒目覚め中は、 盤面の毒が1〜2個にならないように気をつけておきたいです。 盤面に残っている場合は1ターン目に消す 盤面に毒ドロップが残っている場合は、 1ターン目に必ず全部消そう。 毒さえ残さなければ怖くない 盤面に毒がなければ、"回復力激減"と"35,000ダメージ"を与えてくるのみ。 99%軽減が切れるまで耐久してから突破しよう。 モンポ龍(ボス)の倒し方 転生シヴァドラゴン戦 必ず覚醒無効解除をする オデドラは先制で覚醒無効と回復ドロップを消せなくしてくる。 ワンパンするなら覚醒無効解除だけで良いが、数ターン耐久するならどちらも解除が必須。 もし対策していない場合、オデドラを引いたら負けだと思っても良いレベルだ。 5ターン目までに倒し切りたい オデドラは5ターン後に99ターンの覚醒無効を使用する。 対策できるパーティやキャラは非常に限られる。 基本的な立ち回りとしては、5ターン目までに倒し切るのが良い。 エンハンス+無効貫通でワンパン オデドラは根性を持っていないため、消せないドロップは解除できなくても無効貫通で火力を出せればワンパンできる。 エンハンスを併用して確実に倒しきろう。 固定ダメージ追い打ちでアテンと潜在たまドラの処理がしやすい。 と合わせるのが運用しやすい。 自身のエンハンススキルが攻撃力減少で有用。 ファスカと組み合わせた運用がおすすめ。 自身のダメージ吸収無効スキルが有用。 遊戯との組み合わせがおすすめ。 通常盤面でも十分攻略できるキャラ。 フレンドはが良い。 B10の濃姫が味方になる。 フレンドをにする場合は濃姫対策を。 自身のスキルで格段にギミック対策がしやすくなる。 遊戯、アリス、ディーナと組み合わせるのがおすすめ。 スキルと覚醒が噛み合いすぎている。 操作時間8秒固定が超強い。 2コンボ加算がめちゃくちゃ優秀。 4色だけで固定追い打ちが発動。 コンボ強化4個持ちの超アタッカー。 倍率20倍の高火力キャラ。 5ターンでダメージ無効貫通スキルを使える。 攻略リーダーの選び方 高難易度ダンジョンなので現環境最強のパーティで挑もう。 高防御のアテンやたまドラ対策ができる 100万固定追い打ちの遊戯やアルジェ、ガードブレイクを発動しやすいミッキーフレンズやダイヤが特におすすめだ。 列界の化身は周回するべき?.

次の