うおのらごん。 ウオノラゴン (うおのらごん)とは【ピクシブ百科事典】

ウオノラゴン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

うおのらごん

ここで見分けましょう。 星マークの色違い演出も!? ただ、たまご孵化で色違いが出現した場合は周りに星マークが散らばる演出になるようです。 色違いの出現確率 色違いポケモンの出現率は最近のシリーズ通しておよそ「4000匹に1匹」つまり 0. 025%の確率とされています。 絶対色違いが出ない法則 最近のシリーズ通して 人からもらったポケモンは色違いになることはありません。 野生か卵孵化のみ色違いポケモンは出現します。 もし最初に選ぶ 御三家ポケモンで色違いが欲しい場合は、 通常の色の雌(メス)受け取り、卵孵化させる必要があります。 伝説ポケモンの色違いは出るのか 伝説ポケモンである「ザマゼンタ」と「ザシアン」は色違いブロックルーチンが掛かっているので、通常では出現しません。 今後、色違いカプ・コケコやネクロズマのように何かしらのイベントで配布されるかもしれません。 レイドバトルでも色違いは出るのか? マックスレイドバトルでもごく稀に色違いポケモンは出現します。 登場時から色は変わっており、捕まえる前から色違いなのか一目で判断が可能です。 マックスレイドバトルでは野生や孵化とは違い、「ひかるおまもり」や「ポケモンを倒した数」が影響しないので乱数調整などで固定しない限りは狙ったポケモンを色違いで出現させるのは至難の技です。 色違いのメリット 色違いのポケモンはただ色が違うだけで、ステータスや覚える技は 通常ポケモンと同じ、性格ももちろんランダムです。 しかし、激レアと言うだけあってコレクションしているプレイヤーもいます。 ポケモン交換の時に役に立つ可能性もあるため、目当てではないポケモンでも色違いならゲットしておくべきでしょう。 剣盾の色違いポケモン一覧 ポケモン剣盾(ソードシールド)に登場する新ポケモンの色違い一覧です。 色違いの画像はタップで拡大することができます。

次の

【ポケモン剣盾】色違い図鑑一覧・確率上げる方法・孵化厳選【鎧の孤島】

うおのらごん

「そーれ がっちゃんこ!」 注意 この記事はに関わるネタバレ及び批判的な意見が含まれております。 閲覧の際にはご注意下さい。 概要 『』におけるの一種。 地方でもポケモンの化石が発見されるものも、 上半身か下半身のどちらかしか無い化石がそれぞれ2種類存在し、それぞれに渡して組み合わせることで復元することができる。 化石ポケモンでは初となる、 タイプにがつかないポケモン達でもある。 タマゴグループが「みはっけん」・・「カセキ」系のアイテムから復元されても進化しない(プテラは化石ポケモンに含まれるがカセキからの復元ではない)といった点も化石ポケモンでは初。 ポケモン一覧• 、がモチーフと思われる、発電器官を備えた鳥ポケモンの頭部 「パッチ-」• がモチーフと思われる、強靭な皮膚と顎を持つ魚ポケモンの頭部 「ウオ-」• がモチーフだと思われる、屈強な肉体を誇る恐竜ポケモンの下半身 「-ラゴン」• がモチーフだと思われる、冷気を操る能力を持つ首長竜ポケモンの下半身 「-チルドン」 の組み合わせからなり、分類は全てと同じ「かせきポケモン」となっている。 モチーフはどれもすべて、 実際に化石を取り違えて復元された経歴を持った古生物である。 「 カセキのサカナ」と「 カセキのクビナガ」を組み合わせて復元。 タイプは「みず・こおり」。 どんな攻撃でも傷つかない頑丈な頭部を持ち周囲を凍り漬けにして獲物を捕獲していたらしい。 何故か 頭が上下逆さまに付いているため獲物が食べにくかったり、呼吸が困難だったりと、そもそも生きることが困難だろう状態をしている。 化石の入手について カセキメラの材料となる化石の入手の手段としては、フィールドで拾う、ワイルドエリアにいる「」に頼むという2つの手段がある。 ただし、前者は拾える場所や拾える回数が限られているため、かなり効率が悪い。 素直にWを溜めてあなほり兄弟に頼んだ方が集めやすいのでこちらを活用しよう。 一応、一つのバージョンですべての化石を手に入れることはできるが、 剣・盾のそれぞれで入手のしやすい化石が異なり、『剣』では「カセキのトリ」と「カセキのクビナガ」が、『盾』では「カセキのサカナ」と「カセキのリュウ」がそれぞれ入手しやすい。 あなほり兄弟に掘ってもらう場合、入手のしやすい化石はどちらに頼んでも掘り出してもらえるが、 入手しにくい化石はスキル自慢の方に頼まなければ手に入れられないので注意すること。 それでも、掘り出してもらえる確率は相当に低いので、すべての種類を集めるのには相当の時間と根気がいる。 なお、過去作の化石と同様、 ポケモンに持たせることが可能なので、周りに自分と違うバージョンでプレイしている人がいた場合、 化石をポケモンと共に通信交換し、手に入りにくい化石を融通し合うという手も使える。 違うバージョンで遊んでいる友人がいたのなら頼んでみるのも手だろう。 だが、20年3月下旬の期間限定ピックアップレイドで登場するバージョン違いダイマックスバトルの報酬に、これらが大量入手出来る確率が上がった 通常個体では不可。 ちなみに、このように、入手に手間がかかることを考慮してか、 ゲット(復元)時には3V補正がかかっており、俗に言う並のステータス 厳選難易度 を持っているという特徴がある。 復元ミスか否か ポケモン史上初の化石を組み合わせて復元するポケモン群なのだが、上記の情報やイラストの通り、実際に復元してみると その姿は明らかに違うポケモン同士を無理やり継ぎ合わせたような衝撃的な見た目をしており、達も真っ青のクリーチャーじみた体型となっている。 しかし、図鑑説明では彼らがその姿のまま太古に生息していたような記述がされており、復元ミスかどうかも人によって意見がわかれている。 ここでは、その争点としてよく挙げられる要素について触れていく。 図鑑説明文 主にウオノラゴンに関してだが、ポケモン図鑑の解説に矛盾した設定がある、という指摘がある。 ウオノラゴンは 陸上を走っていたという陸上で暮らしていたことを思わせる記述があるにも関わらず 水中でしか呼吸ができないときっぱり明言されている、など。 これに関しては• 「実際に当時も同様の設定であった」 今までのポケモンにもが「空気を吸い込めば深海3000メートルまで潜れる」と、呼吸ができない環境で活動できるフシの説明がされている例があり 現実のクジラ目にも共通する生態である 、ウオノラゴンも同様に定期的に水中での呼吸を行うことで陸上でも活動できていた、といったように考えることは一応可能である。 ……化石がそれなりに見つかる程に繁栄していたはずの生物の進化の形としては明らかに不自然ではあるが、ポケモンが「不思議な不思議な生き物」である以上は一概に在り得ない話でもない。 「単なる字数制限の問題で、上半身と下半身で別々の2種類のポケモンの説明が一緒くたに書かれている」 2種類のポケモンを無理矢理合体させたらしい復元方法から、 2種類のポケモン図鑑解説が混ざり合っているのでは?とする意見。 この場合はカセキメラ特有の図鑑説明の矛盾の説明も一応つく。 図鑑とは人が書いたものであるという視点 図鑑とはそもそも「神の視点」でメタ的に真実の設定を記述したものではなく、その時代に生きる人々が最新の研究結果に基づいて記述したものであり、研究に誤りがあったとしたら、必ずしもそこに書かれている内容が実態に則しているとは限らない、とする意見。 赤緑におけるの図鑑説明に代表されるように、ポケモン図鑑には作中世界においても事実なのかどうかがはっきりしない伝承やのようなものまで記述されていることがままあることにも留意する必要があるだろう。 ただ、やの強烈さからして、古代で無類の強さを誇っていたとされる記述だけは真実かもしれない……。 化石の説明文 カセキのトリの説明文は 「空を飛んでいた古代ポケモンの化石」であるにも関わらず、 復元されたキメラには空を飛べる姿が存在していない。 このことから、本来の形とは全く異なる形で復元されているのでは、という指摘。 しかし、化石の説明文と復元されたポケモンの不一致には「ねっこの化石」という前例がある(化石はねっこの化石とされているのに復元するとの頭部、及び触手になる)。 また、従来の化石説明文では「〇〇の化石 らしい」と推量する形で説明が行われており、化石の名前や説明文は飽くまで 化石の見た目からの推量が書かれているだけに過ぎないのではないだろうか。 とすると、カセキのトリの説明文とは異なる生態や見た目をしたポケモンが復元されてもおかしくない。 そもそもカセキのトリから復元された上半身はどう見ても大空を飛んでいた鳥というよりは羽毛恐竜のそれである。 一方で ポケモンの繁殖や発生については未だ謎が多い。 例えば、は「ある時期になると頭が落ち、それが後にタマタマへ成長する」、は「通った後に残った体の一部からまたベトベターが生まれる」と、卵に依らない繁殖方法が図鑑に説明されており、今回の化石ポケモンが同様の繁殖方法をとっていたとしても不思議ではない。 それでもタマゴグループが植物や不定形に分類される彼らと、元は明らかに動物タイプであっただろうカセキメラ達とを同列に語っていいものかは大いに疑問が残るが。 分裂生殖でもしていたとでもいうのだろうか? ……一応、卵で増えないが繁殖しているのが明確になっているという意味ではUBが前例に当たる。 実は伝説のポケモンだった? 化石ポケモン以外のポケモンに目を向ければ『タマゴ未発見グループ』、即ち卵が発見されないという例はそれなりに見られる。 その中にはトレーナーが分類するところの『準伝説』『伝説』『幻』といった種族も含まれている為、 この4匹は伝説のポケモンだったのでは? という考察もされている。 実際個体値が3V固定確定なのもと同じ扱いであり、古代の彼らは合計種族値が600の準伝説、もしくはさらに高い伝説・幻クラスのポケモンであったという可能性も否定し切れるものではない。 このように争点として挙げられる要素はいくつかあるが、どれも復元ミスかどうかを決定付けるには不十分なものばかりである。 また、ので、このポケモン群の半身は別の地方にあるということもなさそうではある。 従来の化石ポケモンたちの設定面とカセキメラたち また、この四種の姿は「復元ミスではない」が「正しい形ではない」のではないかとする説も挙がっている。 復元は完全ではない? の項に詳しく記述されているが、頭しか見つかっていないタテトプスや復元後の姿が太古の姿そのままではない説が提唱されているガチゴラスなど、他の地方の化石ポケモン達も化石が全身丸のまま見つかっているわけではないようで、研究者たちが想像した姿をそれっぽく再現したものこそが我々の知る化石ポケモンたちではないかとする説がある。 ウカッツ博士が何も悪びれる様子がないところから見ても「化石をある程度恣意的な形に整えて復元を試み、成功した場合は現実に存在したと仮定してその行動と古代の環境を想定して図鑑に記載する生態情報を作成する」という手法はポケモン古生物学会では特に珍しい事例ではないのかもしれない。 とはいえ、従来の化石ポケモン達は曲がりなりにも体の一部位からほぼ生物としての違和感も機能の破綻も生まれないレベルで全身の復元に成功している。 「どういう形状で化石を復元するかには研究者の主観が大いに関わる」というこの考察が正しいのなら、少なくとも わざわざ別種のポケモンの化石を組み合わせて復元する必要性は何も無いし、間違いなく一度は"失敗"しているのが明らかな以上 明らかに生命活動に支障を来すような奇形になるようにする必要もない。 なお、ウカッツ博士は『これを研究すればの謎がわかるかもしれない』という主旨の発言もしているため、彼らを あえてキメラ状態で復元している可能性がある。 少なくとも一度は あの形にしてみているはずなので、復元したらあの形状になるということを解っていてやっているのはほぼ間違いないと言えるだろう。 復元に「失敗」する? 従来の化石ポケモンの一体、には「羽毛部分が細かく、熟練の職人でなければ復元に失敗する」という図鑑説明が存在する。 ここから、化石ポケモンの復元には"失敗"という概念があることが理解できる。 この失敗とは「カセキの状態が基準を下回る場合そもそも復元できない(人間が判定するのもおかしな話なのでこの場合判定を下すのは復元に使用する機械やプログラムだろう)」か「復元はできるがカセキの状態次第で復活後の姿が不完全な形状になる」のどちらかと推測される。 前者をカセキメラ達の事例に当てはめると、ウカッツ博士が主人公との初対面時に「ガラル地方で見つかる化石は組み合わせて復元 できる」旨を話すため、実はキメラ姿が正しい(あるいは世間・学会などににそう認知されている)ことへの信憑性が高まる。 あるいは後者であれば、例えば 頭骨を右足に、 尾骨を胸部に、と言ったような、 明らかにおかしい姿形でもお構いなしで生き物として再誕させてしまう驚異の復元システムパワーがある可能性が想像できる。 他ならぬ カセキメラたちのように。 カセキメラの起源についての予想 カセキメラ達については散々前述した通り議論の的となっており、批判的な意見はもちろんその正体、というか起源を真面目に考察する声もそれなりに多い。 前述した• 人間の手が加わって異形として誕生した。 古代にこのような生物は存在しない。 以外にもカセキメラの正体については• のような不定形のポケモンが様々なポケモンを真似た結果別々のポケモンが混じったかのような姿になったという説• 人間以前に地球に住んでいた あるいは飛来した が作ったキメラポケモンを現代で我々が復元したという説 などネット上では現実のオカルト雑誌さながらのぶっ飛んだ考察も飛び交っている。 知的生命体に関しては実際に宇宙人をモデルにしたと思わしきがいるので無いとも言い切れないのである…。 のカサネセッタのように 別々の生き物を合体させる何かが両者を繋ぎ合わせた結果生まれた新生物 という事もあるのかもしれない。 謎は深まるばかりである。 ただ一つ言えることは方法はどうであれこのポケモン群がトレーナー達の興味を引き、こうして議論の対象になっているという事である。 さながら実際の古生物議論のように。 その存在の意味 今回のこのポケモン群の予想を斜め行く姿に、少なからず批判的な意見があり、 『どうしてこんなデザインが通ってしまったのか』、 『どころか悪趣味の領域』、 『生命に対する冒涜』、 『こんな状態で復元させられて可哀想』などという意見も飛び交っており、やと並んでただでさえデザインの賛否が多いガラルのポケモンのデザイン性に大きな物議を醸している 今作のポケモンは海外のデザイナーが手掛けているため価値観の違いが原因だと思われるが、海外でも物議を醸しているのが現実である。 生命倫理に反するような設定を持つポケモンはが、彼らには伝説・幻ポジションであるがゆえに生命倫理を問いかけるようなバックストーリーが存在しており、また生物として明らかに不自然な形をしていることもない。 一方このポケモン群は、形は言わずもがな、バックストーリーに関しても一般ポケモンであるがゆえにほぼ存在せず、それどころかウカッツ博士は上記のように 適当にこの姿にしているとしか思えない発言をしている。 この他、カセキメラの合計種族値505をの捩りだと解釈する考察もある。 これらの作中における描写も、物議を醸しだす大きな要因のひとつと言えるだろう。 しかし、今までのカセキポケモンと違って弱点の多い いわタイプを含まない点に関しては朗報と捉えているファンが少なからずおり、戦闘面も強力な技をもつためバトルタワーや対戦でも大きく奮闘できる。 特にパッチラゴン、ウオノラゴンは対戦でも要注意ポケモンとして名前が挙がる程であり、場合によってはそのまま 手持ちを全滅させるレベルの強さを誇る。 また、発売から数ヶ月経った現在ではこの4体を好意的に受け入れたり、可愛がっているユーザーも普通におり、「2つの化石を合成する」という要素についても、既存の化石ポケモンにはないもので面白いという好意的な意見もある。 余談 ちなみに、においてもこうした化石の入れ違えや種類の判別間違えは割と頻繁に起きており、後々のにおいて今まで一つの生物だと思われていた者が全く別だったと判明するのはよくある事例だったりする。 他にも、とのモデルであるアノマロカリスは発見された化石が分断していたこともあり、分かたれたパーツがそれぞれそれぞれ別の生物と考えられていた時期がある。 カセキメラ達の存在はこれらに対するなのだろうが、やはりそれを復元まで行くとなるとブラックが過ぎるのも確かな話だろう。 冒頭の話の余談だが、古生物の化石があべこべに組み合わされてしまう話とは対照的に、現生生物ではその剥製が色んな生物の体を継ぎ接ぎにした作り物のキメラであると考えられ、後に単一の生物であるとわかったものがである。 当初剥製しか見つかっていなかったカモノハシを見た学者は、それが鳥と哺乳類の体を組み合わせた作り物であると考えたという。 今回の化石ポケモンたちも、人間のエゴによって生み出された負の産物ではなく元来こういう生物であったなら…と願うばかりである。 ちなみに、復元を担当しているけんきゅういんの名前は先述の通り 『ウカッツ』。 恐らく 『迂闊』から来ており英語版での名称も『Cara Liss』 杜撰や 不注意を意味する「careless」に由来する。 となっている。 更にはキャラモデルをよく見ると 左右の靴の色が違い履き間違えている、またカセキメラ達の復元を拒否すると 「スカしちゃってサ」と言った発言をする、等相当いい加減かつ軽率な人物である事がわかり、こうした要素も上記の疑念を加速させている原因でもあるのだが…。 この他、疑念を加速させている要素としては、白衣には泥が付いている事も一因である。 化石関連の人物なのだから白衣が汚れていても違和感ないし、別に大した事ではないのでは?というツッコミもあるだろうが、彼 彼女? はあくまで発掘員ではなく、一介の研究員でしかない事には留意されたし。 おまけに、 これまでは復元できる場所がやといった公的機関や実績のある企業だったのだが、今作は荒野に一人佇むウカッツだけが自作のいかにも怪しそうな機械で復元するのである。 会話の雰囲気からどうも公的機関からの出張という訳ではなさそうだ。 余談ではあるが、残念ながらモデルののようにに相当する施設がにはない。 この為、前述の人物像と併せて実は 泥は英語でmud。 そこから転じてMadscientistとした…いわゆるシャレの一つ。 なのではないかと疑われている。 しかし、依然として情報は不足しており、今後の作品で彼女のバックボーンが明かされるのが待たれる。 そして余談も余談だが、カセキのサカナとカセキのリュウはよく見るとゲーム中で アイコンまで取り違えられている。 流石にただのミスであろうが、何とも不憫なことである…。 関連イラスト 他のポケモンでも合体が可能なのではないかという説を基にしたイラスト。。 関連タグ ポケモン関連 、…。 …での「 傘下のある科学者が、とある遺跡で発掘されたミュウのまつ毛の化石より採取された遺伝子をベースにして生み出した生命体」という設定がカセキメラの先駆けとも言える。 … 『リュウ』の化石ポケモン繋がり。 ドラゴンタイプという点や、、にあった 『古代では無敵』という共通点がある。 … 『クビナガ』の化石ポケモン繋がり。 こちらもこおりタイプという点が共通する。 また、化石ポケモンの中では 唯一のこおりタイプである。 …同じくキメラポケモンだが、こちらはトレーナーとの絆により進化を果たし生み出された目的を全うしている。 伝説ポケモンでは進化前共々 唯一の剣盾内定が決まっている事から、関係性が噂されている。 また、それぞれの生物が特に生命に支障をきたす事もなく、違和感ない形に仕上がっている。 更に、人工ポケモンとしてのバックボーンがしっかりあり、相棒と言えるトレーナーがいる。 その他作品 …任天堂繋がり。 に似ていると話題に ただしこれらのモンスターを生み出したは悪役であり、生きた生物を改造しているという相違点もある。 …同じく任天堂繋がり。 作中に自然の生物ではあるが鳥の頭と蛇の体を持つという生物が存在する …出てくる恐竜や古生物らは一見すると完全に再生されているように見えるが、実は復元の際に遺伝子的に欠けている部分、未詳な部分を 他の生物の遺伝子情報で補填するというこのカセキメラと似たような方法で生み出されている。 …よく引き合いに出される作品。 :、の化石がの化石を中心に合体した怪獣。 特に生きていくのに支障はない構造になっている。 外部リンク - - 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン剣盾】ウオノラゴンの育成論と対策

うおのらごん

【ポケモン剣盾考察】ウオノラゴンについて考える【ネタバレ・都市伝説】 こんにちは 44 です。 ネタバレを含むのでネタバレ嫌な方は記事を読まないことをおすすめします。 やってますか? 今回は今作ポケモン剣盾のウオノラゴンについての記事です。 ウオノラゴンは今作におけるカセキポケモン枠 ウオノラゴンは今作におけるカセキポケモン枠(プテラとかカブトとかオムナイトみたいな)なんですが、今までのカセキポケモンと違って• カセキのトリ• カセキのクビナガ• カセキのリュウ• カセキのサカナ という4種類のポケモンのカセキから復元します。 (ちなみにカセキの簡単な入手方法は、のスキルが高い方に依頼することで入手しやすいのでおすすめです。 ウオノラゴンのカセキはシールドの方が出やすいです。 ) しかもこれは上半身下半身それぞれしかないので、どのように組み合わせても「異形」ができあがってしまうというトンデモ仕様です。 個人的には上下組み合わせて4種類っていうのは面白いと思ったものの、復元されるポケモンのデザインがカオスすぎて一瞬ポケモン剣盾の購入をちゅうちょしたレベルです。 こんな見た目なのでちまたでは「カセキメラ」なんて言われています。 カセキのサカナ+カセキのリュウ=ウオノラゴンとなります。 ウオノラゴンは尻尾の先に頭が乗っている? ご覧の通りウオノラゴンは 尻尾の先っちょに頭が結合されている という凄まじい見た目をしています。 しかも胴体のところは思いっきり断面図になってるんですね。 ウオノラゴンの図鑑説明 ウオノラゴンの図鑑No. は全国で882番、ガラル地方では376番となっています。 ウオノラゴンの図鑑説明をみてみましょう。 ずばぬけた きゃくりょくと あごの ちからで こだいでは むてきだったが えものを とりつくし ぜつめつした。 じそく60キロを こえる じまんの きゃくりょくで はしれるが すいちゅうでしか こきゅうできない。 無敵すぎて絶滅した• あごのちからがすごい• 時速60キロ以上で走れる• 水中でしか呼吸できない ということがわかりますが、すさまじくちぐはぐな図鑑説明です。 水中でしか呼吸できないのに陸上で走れるということで、図鑑説明も無理やりこじつけた感がすごいですね。 もしかするとカセキポケモンの図鑑説明は復元した人が適当に作った文章なのかもしれません。 ウオノラゴンは生命の冒涜? ウオノラゴンのフォルムがリークしてから、「こんなのは生命の冒涜だ!」みたいな人が湧きました。 たしかにこれまでなかったあからさまな「異形」ですよね。 ポケモンに何が起こったのでしょうか。 メッセージ性でも込められてるのでしょうか。 公式見解は一切出てきていませんが、メッセージ性があるとしたらどんなものでしょう。 最近は遺伝子組み換えも発展して、デザイナーベイビーなんかも作られ始めていますよね。 なので、1つはそういった遺伝子組み換えに対する1つの警鐘なのかもしれません。 あまりやりすぎると「異形」を生むぞ、というものですね。 もしくは逆に、今後遺伝子組み換えによって生まれたものが「異形」だとしてもそれが生き物なのであれば、生まれた後は気持ち悪がらずにウオノラゴンのように可愛がってあげてほしい、というメッセージかもしれません。 もしくは、僕たちが正しいと思っていることは実はこのウオノラゴンのように「めちゃくちゃなこと」なのかもしれない、そんなことを「正しい」と思っているのは愚かしい、ということを強烈に皮肉っているポケモンなのかもしれません。 人類が地球は平面と思って疑わなかったときもそうですし、実際僕たち人類もまさに化石でウオノラゴンのようにめちゃくちゃなことを「正しい」と思っていたこともあるそうです。 ウオノラゴンのフォルムは実在した復元ミスが元ネタ ウオノラゴンの頭は約4億年前に実在したとされる「」をモチーフとしているとされています。 ウオノラゴンはダンクルオステウス+ティラノサウルスのようなしていますが、復元ミスはむしろカセキのクビナガのモチーフであろうエラスモサウルスにて起こっています。 当時首長竜という存在が信じられないものだったためか、アメリカの古生物学者であるさんが、の復元時に尻尾の先に頭をつけて「これいい感じじゃね?」と復元ミスをしています。 このエピソード自体がもしかすると今回のカセキメラのカオスな復元の仕組みのモチーフとなっているのかもしれません。 実際カセキのクビナガはウオチルドンの復元の際に下半身としてエラスモサウルスらしき風貌をしています。 ちなみにウオノラゴンなどカセキメラたちの復元は、具体的にどのポケモンたちが元になっているのかについて考察している方もいて、これが非常に興味深い内容となっています。 ガチゴラス• アマルルガ• エレザード• ブロスター のカセキではないか、ということです。 また、ちぐはぐで生存戦略の真逆を行き絶滅にむかっていくようなカセキメラたちの図鑑説明から、「太古の昔に人に兵器として作り出されて、繁殖しないように命の制限をかけるためにあえてそのような生態になっている」というニュアンスのダークな考察もされていました。 ウオノラゴンに中毒性を示す人が続出? さて、このように異例の異形なカセキポケモンのウオノラゴンですが、激しい嫌悪感を抱く人と対照的にアンニュイなその風貌からか中毒性を持つ人が出てきているのも事実です。 ウオノラゴンがめちゃくちゃ好きそうな人もいました。 実はウオノラゴンはその見た目とは裏腹に、図鑑説明の通りに「無敵」の名に恥じない強さを持っています。 そのことから、厳選して育てていくうちに愛着が湧き始めている人もいるみたいです。 ウオノラゴンはランクバトルで最強? 「無敵」という図鑑説明のとおりウオノラゴンはランクバトルで猛威を振るっています。 というのも、• 特性:がんじょうあご(かみつきわざの威力1. 5倍)• わざ:エラがみ(威力85だが先制できれば威力2倍の水物理技)• ウオノラゴンのタイプ:水・ドラゴン(水のタイプ一致技の威力1. 5 に跳ね上がります。 さらにバフを重ねたバトンタッチなどで攻撃バフを引き継いだり、あまごいのあとでは、 すべてのポケモンを一撃で屠ることが可能 といわれるまさに無敵性能を誇っています。 しかもタイプが水・ドラゴンという「パルキア」のような伝説級ポケモンと同じで、ドラゴンとフェアリーしか弱点がないという強力なタイプの組み合わせになっています。 元ポケモン世界王者が今作のカセキメラに物申していたのではっておきますね。 それほどにバグった能力をもっています。 しかも隠れ特性(夢特性)として「すなかき」を持っていることが判明しています。 より先制攻撃しやすくなるこの特性が解禁されたときには、一層ウオノラゴンがランクバトルにたくさん現れることになるかもしれません。 ちなみに「」で紹介したレイド周回のムゲンダイナとならんでウオノラゴンによるレイド周回もみられるようになってきています。 ぜひウオノラゴンを使ってレイド周回で遊んでみてはいかがでしょうか。 無敵のウオノラゴン対策 無敵と思われるウオノラゴンですが、実はすでに対策がいくつか生まれています。 特性「ちょすい・かんそうはだ」による水技の無効化• デバフや強制退場によるバフ解除• 鈍足パーティ+トリックルームによる先制性能無効化 など、これだけ強力なポケモンですから十分に対策が取られていくでしょう。 それでもその一撃はスキを見せれば一瞬でもっていかれるほどの強さを見せ続けるのではないでしょうか。 まとめ:【ポケモン剣盾考察】ウオノラゴンについて考える【ネタバレ・都市伝説】 いかがでしたでしょうか。 一見してカオスなカセキメラポケモンたちですが、ずっと見ていると可愛く見えてくる。。。 かも? では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 「」の記事もどうぞ 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の