あっ は ー ん 洋楽。 【3時のヒロイン】【ジュリア・マイケルズ】Uh Huh

洋楽の和訳 カバーが原曲を越えてる Hallelujah ージェフ・バックリィ―

あっ は ー ん 洋楽

原曲はが年にリリース。 ーのカバーは1994年に発表され、彼の唯一のコンプリートアルバム「Grace」の中に収録されている。 しかし、その3年後、彼は30歳という若さでこの世を去った。 彼の死ばらくの年月が流れ、2004年には雑誌Rolling Stonesの、時代を超えた名 曲500選に選ばれている。 私はむしろ原曲を知らずに、ーのカバーから入った。 初めて聴いたのは、たかだか数年前のことだ。 はTairua タイルア という小さな町にあるに泊まっていた時。 その日は他の宿泊客が一人もおらず、私は一人でリビングにいた。 テレビは旧式で、使い方がよく分からずあきらめ その隣にあったラジオを聴いていた。 その時に流れてきたのが、ーのHallelujahだった。 知らない町に一人で泊まっていたんだけれど、なぜか心地良い安心感があって。 どことなしか、祝福されているような気持ちになったんだ。 ハレルヤって「神を褒め称えよ」とかいう意味だったっけかな。 知らない土地の、ラジオから聴こえるこの歌が讃美歌のようでもあり あぁ、なんか一瞬にわかクリスチャンになったりもして。 しかし、実際に歌詞を見ると、どうやらこれはラブ・ソングで 愛の苦悩を歌ったものらしいことが分かる。 Hallelujahを所々、I love youに置き換えて訳すとしっくりくると言っている人がいて、 本当にその通りだと思った。 I love you という言葉だけではなく、「愛」というものを神聖な言葉を用いて ここではHallelujahと表現しているんじゃないかな。 この曲の解釈は色々あり、宗教的ソングだと言う人もいるけれど、 総じて言うと私の解釈はやっぱり、ちょっとせつないラブ・ソングなんだ。 Well I've heard there was a secret chord この世には、秘密のコードがあるって聞いたことがあるんだ That David played and it pleased the Lord それでが演奏して、主人を喜ばせたんだってさ But you don't really care for music, do you? You know, I used to live alone before I knew ya そうさ、君と出会う前はかつてこの場所に独りで住んでいたんだから。 And I've seen your flag on the marble arch それから僕はにはためく君の旗を見て And love is not a victory march そして悟ったんだ。 愛は勝利を称える行進曲なんかではなく It's a cold and it's a broken Hallelujah 冷たく歪んだハレルヤなんだと Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah Well there was a time when you let me know What's really going on below 何が僕たちの水面下で起こっているかを 君が僕に教えてくれるための時間はあったけれど But now you never show that to me do ya でも、君は決してそれを打ち明けてはくれないね But remember when I moved in you 思い出してほしいんだ、僕が君の場所に引っ越してきた時 And the holy dove was moving too 愛と平和の象徴である鳩も、僕たちを祝福するかのようにやって来たんだ And every breath we drew was Hallelujah そして僕たちの息づかいの、そのすべてがハレルヤ 愛 を描いていたんだよ Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah Maybe there's a God above たぶん、神様は僕たちの頭上にいる But all I've ever learned from love でも僕が愛というものから学んだすべてのことは Was how to shoot somebody who outdrew ya 傷つくことを恐れるが故の自己防衛ばかりだった And it's not a cry that you hear at night そして君が夜な夜な耳にするのは、涙の音でなくて It's not somebody who's seen the light 光のほうを見続けている、誰かでもない It's a cold and it's a broken Hallelujah それは冷たく歪んだ、ハレルヤなんだ Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah 【補足&個人的に好きなフレーズ】 まず、コード進行であるが、曲の冒頭で The fourth, the fifth, the minor fall and the major lift C, F, G , A minor , F と歌詞にある通り、実際にこの曲はCコードで始まっている。 <参考元:> 次に、2か所にでてくるDrew Drawの過去形 という単語。 同じ単語を違う意味で詩的に使い分けている、このセンスが個人的にツボです。 続いて、終盤に出てくる Was how to shoot somebody who outdrew ya これを直訳すると、 愛から学んだのは 誰かに撃たれる前に撃つ つまり、誰かに傷つけられる前に誰かを傷つける なんだけれど、愛に傷ついた人々が無意識のうちに身に着けてしまうのは 攻撃性の場合もあるけれど、これ以上傷つかないための 自己防衛の方がなんだかしっくりきたので ここは、 傷つくことを恐れるが故の自己防衛ばかりだったと訳してみました。 そして、最後の broken Hallelujah 歪んだハレルヤ。 曲の冒頭では、あれほど幸せの合言葉のように語られた「ハレルヤ」が 最後には、冷たく冷え切って、歪んだものになってしまう。 これはとっても現実的なお話…。 愛によって傷つき、神からも裏切られたような気持ちになったんだろう。 ちなみに、かの有名なTime誌はこの曲を「人間の根源を包括した小さな胞子のよう に大切に扱っていて、風にはためく白帆のように、彼の歌声はと悲哀の間 between glory and sadness を揺らめきながら優美に歌い上げている。 これは、今世紀における最も偉大な曲のひとつである」と絶賛している。 この曲には聖書に出てくるお話を彷彿とさせる内容もあって 少しゴスペルの要素も入っているんだと思うけれど、 宗教的な解釈は今回は割愛。 そこも追及したら、宗教観における深い意味があって、 解釈が違ってくるかもしれないけれど。 個人的にはこれ以上追及すると、果てがないような気がして。 という言い訳 今日もまたこうやって自分の頭の中であれこれ張り巡らせ、 曲が抱いている世界観に浸っているのでした。 gizmond.

次の

「あっとほぉーむカフェ」がバーチャル空間への出店を告知

あっ は ー ん 洋楽

Avicii アヴィーチー の魅力 EDMの天才です。 そして、 どんな曲をつくるかと一言で言えば 中毒性 です 私をEDMの魅力に気づかせてくれたのはAvicii アヴィーチー でした。 Avicii アヴィーチー のLevelsの中毒性にハマり、ひたすら聞いていたのをよく覚えています。 私だけでなく、世界中をEDMの世界に没入させたのがAvicii アヴィーチー だと思っています。 若くしてこの世からいなくなってしまったAvicii アヴィーチー 2018年4月20日の金曜日に28歳という若さで亡くなりました。 色んな噂が飛び交っていますが、家族から遺書があったと報告があり、自殺だったのではないかと話されています。 Devastating news about Avicii, a beautiful soul, passionate and extremely talented with so much more to do. My heart goes out to his family. God bless you Tim x — Calvin Harris CalvinHarris 大人気DJ Calvin Harrisから アヴィチーの訃報に打ちのめされている。 美しい魂、情熱、そして類い稀な才能を持ったアヴィーチー。 まだまだやることがあった。 私の思いは彼の家族と共にあります。 ティム、あなたに神のご加護がありますように。 💔 Thoughts go out to his family and friends… — Zedd Zedd 日本でもすごい人気のあるZeddより アヴィーチーの訃報を聞いた今の悲しみ、言葉で表現できない。 ご家族と友人にお悔やみ申し上げます 個人的Aviciiへの思い Aviciiの曲が本当に好きだったのですが、 Aviciiは何回か日本に来てLiveする機会があり、その都度予約してチケットもとっていました が、初来日する年はドタキャンでキャンセル 2回目も信じて取りましたが、またドタキャンしました。 理由は体調などの理由だったようですが、当時はクソ野郎だと完全に愛想をつかしましたね。 それ以来ネットでも言われていましたが キャンセルハゲと呼んでいました笑ネットでもそう言われていますw でも、本当は本当に病気だったり、精神的に抱えていたのかもしれません。 もっと生きてほしかった… 今では、やっぱりAviciiの曲はテンション上がる最高の曲が多かったなと振り返っています。 1曲もハズレなし! Avicii アヴィーチー おすすめ人気曲ランキング Aviciiを知らない人にも絶対ハマってもらえる。 中毒性が高いAviciiの曲を厳選して選びました。 知っている人も、実はこめられていたAviciiの思いを振り返ってみてはいかがでしょうか? Levels.

次の

【洋楽】追悼!最高のEDMを作ったAvicii(アヴィーチー)おすすめ人気曲ランキング

あっ は ー ん 洋楽

原曲はが年にリリース。 ーのカバーは1994年に発表され、彼の唯一のコンプリートアルバム「Grace」の中に収録されている。 しかし、その3年後、彼は30歳という若さでこの世を去った。 彼の死ばらくの年月が流れ、2004年には雑誌Rolling Stonesの、時代を超えた名 曲500選に選ばれている。 私はむしろ原曲を知らずに、ーのカバーから入った。 初めて聴いたのは、たかだか数年前のことだ。 はTairua タイルア という小さな町にあるに泊まっていた時。 その日は他の宿泊客が一人もおらず、私は一人でリビングにいた。 テレビは旧式で、使い方がよく分からずあきらめ その隣にあったラジオを聴いていた。 その時に流れてきたのが、ーのHallelujahだった。 知らない町に一人で泊まっていたんだけれど、なぜか心地良い安心感があって。 どことなしか、祝福されているような気持ちになったんだ。 ハレルヤって「神を褒め称えよ」とかいう意味だったっけかな。 知らない土地の、ラジオから聴こえるこの歌が讃美歌のようでもあり あぁ、なんか一瞬にわかクリスチャンになったりもして。 しかし、実際に歌詞を見ると、どうやらこれはラブ・ソングで 愛の苦悩を歌ったものらしいことが分かる。 Hallelujahを所々、I love youに置き換えて訳すとしっくりくると言っている人がいて、 本当にその通りだと思った。 I love you という言葉だけではなく、「愛」というものを神聖な言葉を用いて ここではHallelujahと表現しているんじゃないかな。 この曲の解釈は色々あり、宗教的ソングだと言う人もいるけれど、 総じて言うと私の解釈はやっぱり、ちょっとせつないラブ・ソングなんだ。 Well I've heard there was a secret chord この世には、秘密のコードがあるって聞いたことがあるんだ That David played and it pleased the Lord それでが演奏して、主人を喜ばせたんだってさ But you don't really care for music, do you? You know, I used to live alone before I knew ya そうさ、君と出会う前はかつてこの場所に独りで住んでいたんだから。 And I've seen your flag on the marble arch それから僕はにはためく君の旗を見て And love is not a victory march そして悟ったんだ。 愛は勝利を称える行進曲なんかではなく It's a cold and it's a broken Hallelujah 冷たく歪んだハレルヤなんだと Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah Well there was a time when you let me know What's really going on below 何が僕たちの水面下で起こっているかを 君が僕に教えてくれるための時間はあったけれど But now you never show that to me do ya でも、君は決してそれを打ち明けてはくれないね But remember when I moved in you 思い出してほしいんだ、僕が君の場所に引っ越してきた時 And the holy dove was moving too 愛と平和の象徴である鳩も、僕たちを祝福するかのようにやって来たんだ And every breath we drew was Hallelujah そして僕たちの息づかいの、そのすべてがハレルヤ 愛 を描いていたんだよ Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah Maybe there's a God above たぶん、神様は僕たちの頭上にいる But all I've ever learned from love でも僕が愛というものから学んだすべてのことは Was how to shoot somebody who outdrew ya 傷つくことを恐れるが故の自己防衛ばかりだった And it's not a cry that you hear at night そして君が夜な夜な耳にするのは、涙の音でなくて It's not somebody who's seen the light 光のほうを見続けている、誰かでもない It's a cold and it's a broken Hallelujah それは冷たく歪んだ、ハレルヤなんだ Hallelujah Hallelujah Hallelujah Hallelujah 【補足&個人的に好きなフレーズ】 まず、コード進行であるが、曲の冒頭で The fourth, the fifth, the minor fall and the major lift C, F, G , A minor , F と歌詞にある通り、実際にこの曲はCコードで始まっている。 <参考元:> 次に、2か所にでてくるDrew Drawの過去形 という単語。 同じ単語を違う意味で詩的に使い分けている、このセンスが個人的にツボです。 続いて、終盤に出てくる Was how to shoot somebody who outdrew ya これを直訳すると、 愛から学んだのは 誰かに撃たれる前に撃つ つまり、誰かに傷つけられる前に誰かを傷つける なんだけれど、愛に傷ついた人々が無意識のうちに身に着けてしまうのは 攻撃性の場合もあるけれど、これ以上傷つかないための 自己防衛の方がなんだかしっくりきたので ここは、 傷つくことを恐れるが故の自己防衛ばかりだったと訳してみました。 そして、最後の broken Hallelujah 歪んだハレルヤ。 曲の冒頭では、あれほど幸せの合言葉のように語られた「ハレルヤ」が 最後には、冷たく冷え切って、歪んだものになってしまう。 これはとっても現実的なお話…。 愛によって傷つき、神からも裏切られたような気持ちになったんだろう。 ちなみに、かの有名なTime誌はこの曲を「人間の根源を包括した小さな胞子のよう に大切に扱っていて、風にはためく白帆のように、彼の歌声はと悲哀の間 between glory and sadness を揺らめきながら優美に歌い上げている。 これは、今世紀における最も偉大な曲のひとつである」と絶賛している。 この曲には聖書に出てくるお話を彷彿とさせる内容もあって 少しゴスペルの要素も入っているんだと思うけれど、 宗教的な解釈は今回は割愛。 そこも追及したら、宗教観における深い意味があって、 解釈が違ってくるかもしれないけれど。 個人的にはこれ以上追及すると、果てがないような気がして。 という言い訳 今日もまたこうやって自分の頭の中であれこれ張り巡らせ、 曲が抱いている世界観に浸っているのでした。 gizmond.

次の