白濱 亜 嵐 映画。 永野芽郁と山本舞香が見た、三浦翔平と白濱亜嵐の素顔とは?

三浦翔平&白濱亜嵐が永野芽郁巡って恋バトル 『ひるなかの流星』予告編

白濱 亜 嵐 映画

転校先の担任教師である獅子尾 三浦翔平 に初恋をする。 すずめの隣の席にすわる馬村 白濱亜嵐 が次第に、すずめに惹かれ思いを告げる・・・そんな三角関係の恋愛模様を巡るマーガレットの大人気ヒット作。 スポンサードリンク 「ひるなかの流星」のキャスト 与謝野すずめ(よさの すずめ)永野芽郁 すずめは本作の主人公で、転入先の学校の担任教師である獅子尾に初恋をする。 すずめ役をつとめる永野芽郁は今作が映画初出演となります。 【コメント】 初めて原作を読んだ時に感じたキュンキュンする気持ちを、映画の世界で体験できることにとてもワクワクしています。 獅子尾五月(ししお さつき)三浦翔平 獅子尾は教師という立場であり、すずめの初恋相手である。 【コメント】 生徒と教師の恋を軸にしたラブストーリーでありながら、すずめ、獅子尾、馬村の3人が、葛藤を抱えながらもそれぞれ成長していく姿が本作の魅力だと思います。 馬村大輝(まむら だいき)白濱亜嵐 馬村は、すずめが獅子尾に恋していることを知っているが、すずめに惹かれていく。 元々、馬村大輝は坂口健太郎をモデルとして書いています。 【コメント】 馬村という不器用ですが真っ直ぐなキャラクターを全力で演じて、経験豊富な共演者の皆さんから日々勉強させていただきながら、まずは見て頂く方々へしっかりと伝わるようなお芝居をしたいと思います。 主題歌 主題歌はまだ公開されていません。 — 銀河広大 onaridayo Twitterでの声 はぁ〜。 似合いすぎ。

次の

三浦翔平&白濱亜嵐が永野芽郁巡って恋バトル 『ひるなかの流星』予告編

白濱 亜 嵐 映画

ダンス&パフォーマンスグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のリーダー。 12年から同グループでの活動を開始し、TVドラマ「ろくでなしBLUES」(11)や、「GTO」「シュガーレス」(ともに12)などに出演。 14年、「EXILE」の新パフォーマーオーディションに合格し、「GENERATIONS」と兼任することになる。 関連作品(映画)• 3 2020年7月23日公開予定• 2 2020年公開• 8 2019年公開• 0 2018年公開• 3 2017年公開• 6 2017年公開 写真・画像.

次の

白濱亜嵐×平祐奈W主演! 感涙必至の「10万分の1」映画化

白濱 亜 嵐 映画

共にモデル出身で、ネクストブレイクの女優として注目される2人は、本作の共演を経て映画の役柄さながらの深い友情を築けたようだ。 原作はやまもり三香の同名人気少女コミック。 馬村が好きな同級生の猫田ゆゆか 山本舞香 は、複雑な思いを抱えながらもやがてすずめの親友になっていく。 普段はキレキレのダンスを見せるパフォーマーの白濱。 永野は白濱について「ものすごく真っ直ぐ向き合ってくださる方でした。 私のお芝居をしっかりと受け止めてくれて、一生懸命返してくれたから、そういう意味ではすずめを作ってくれた方でもあります」と感謝する。 山本も「パフォーマーとしてのクールな顔しか見たことがなかったから、お芝居ではこういう表情もされるんだ!と思いました。 また、共演の男の子たちを弟みたいに可愛がっていて、ごはんに連れて行くことも。 アニキ肌で、きっとそういう方たちの背中を見て育ってきた人なんだなとも思いました」と白濱の人柄について語った。 永野は「初めてお会いした時はあまり人とおしゃべりをするタイプの方ではないのかなと思いましたが、おしゃべりしてくれたり、面白いことを言ってくれたりして現場を盛り上げてくれました」と言うと、山本も「ちょっと時間があると体が動いているような方で、ダンスも教えてもらいました。 メイキングが回っていたのに」と苦笑い。 永野も「やりましたね。 舞香ちゃんもやってくれました」と顔を見合わせて微笑む。 教師役の三浦については「年齢もいちばん上ですし、みんなのお兄ちゃんみたいなところがあって現場をまとめるリーダーみたいでした」と言う永野。 山本は共演シーンがあまりなかったが、三浦の心遣いに感心したようだ。 「私より10歳上ですが『最近の10代は何して遊ぶの?』と話しかけてくださるなど、私たちに近づこうとしてくださって、大人の方だなと思いました」。 ちなみに年上で大人の獅子尾か、少しぶっきらぼうな同級生の馬村か、2人はどっちの方がタイプなのだろうか。 永野は馬村だと言う。 「私は自分よりも先を行かれている人がたぶん無理なんです。 というか自分よりも遥かにいろんなことを知っている人だとそこに追いつけなくなって、こっちが足手まといになるんじゃないかと思いました。 そういう意味では同級生の方が足並みを揃えていけるのかなと。 馬村は自分の前でしか見せない姿があったり、自分の前だけで笑ってくれたりするから、そのギャップにもやられますね。 頼れる人で馬村みたいな性格だったら文句なし」。 山本は以前、馬村派だったが、今は獅子尾派になったようだ。 「私は頼れる人がいいんですよ。 年上が好きなのは頼れるからだと思います。 男の人は年齢よりも精神年齢が下だと思うので同級生はダメなんです」。 ただ、2人とも恋愛よりも友情を取るタイプだというところでは同意している。 山本が「たとえば友達と同じ人を好きになったとして、友達が傷つくくらいなら引いた方がいいかなと。 男よりも女の方が大事」と主張すると、永野も「私もそう」とうなずく。 山本は「芽郁はそうだね。 すごく友達思いなんですよ」と言うと、永野は「いやいや」と照れる。 永野は「自分は友達を優先したいと思うけど、もし他の人が友達よりも好きな人を優先するというのならそれもありだと思います。 友達を失ってでもつきあいたいと思ったり、気持ちを伝えたいと思ったりするならそれはそれでカッコいいから」という考え方だ。 実際、永野はすずめを演じてみて、とても難しさを感じたようだ。 「ひとつ間違えると二股に見えるし、ただ単に人を傷つけていることになってしまう。 そのギリギリのラインを探すのがすごく難しかったです。 いろんな解釈の仕方があるけど、愛されるすずめでいたいと思ったので、とりあえず何事もぶつかってみようと思って演じました」。 山本はそんな永野が演じたすずめについて「全員に迷惑をかけて、全員から助けられていくのがすずめ。 いろいろとぶつかって成長していくすずめを芽郁は上手に演じていたと思います」と心から称えた。

次の