海原 やすよ 旦那。 【海原やすよ・ともこ】面白いのは血筋?旦那は前田耕陽!一門に上沼恵美子も!

【海原やすよともこ】姉妹漫才師の年齢は?旦那さんも家族も有名人ですごい!

海原 やすよ 旦那

海原やすよを襲った病気、旦那の難病とは?海原ともこは子供を生んでから体重増加?! 海原やすよを襲った病気、旦那の難病とは? 海原やすよ・ともこは、「やすとも」の愛称で親しまれ、気さくで庶民的なキャラクターで人気の女性漫才コンビ。 2人は実の姉妹です。 一見とても元気そうな海原やすよですが、実は、2016年に病気で入院したことがありました。 2016年11月下旬に頭痛を訴えるようになった海原やすよが、大阪市内の病院で頭部MRI診断を受けたところ、見つかったのは脳動脈瘤。 くも膜下出血へ繋がる危険性があるため、「脳動脈癌クリッピング術」という手術を行うことになりました。 手術が無事成功した海原やすよは、早くも2カ月後の2017年1月に仕事復帰して周囲を安心させています。 また、海原やすよの夫・宮本大輔も、結婚した翌年の2006年2月に病気を患っていました。 左足に違和感を覚え、診断された病名は「黄色靱帯骨化症」。 靱帯が骨化し、次第に肥大し神経を圧迫することで、主に足の麻痺が起こるという難病です。 12時間にも及ぶ大手術を成功させた夫の宮本大輔は、リハビリの成果もあって現役復帰を果たしました。 海原ともこが子供を生んでから体重増加? 2人ともぽっちゃり体型の海原やすよ・ともこ。 特に、姉・海原ともこの体型はとても迫力があります。 今では2人そろって立派な体型をしていますが、昔からふくよかだった海原ともこは、2007年に長女、2013年に次男を産んでから、そのぽっちゃり具合が加速してきたとか。 母親になると、子供の食べ残しも食べてしまうなどの理由から食べる量が増えてしまうのでしょうか……。 しかし、子供はいないとされている妹の海原やすよも、姉の体型に近付いてきている様子を見ると、太った理由は、子供云々というより、単純によく食べるからかも知れません。 とはいえ、見た目をネタにする芸人も多い中、海原やすよ・ともこの2人は、見た目をネタにもしなければ、自虐ネタも使わない「本格派」です。 海原やすよ・ともこは実の姉妹の漫才師!祖母は海原小浜で親は海原かける 海原やすよ・ともこは実の姉妹の漫才師!旦那は元野球選手と元ジャニーズ! 姉の海原ともこは、1971年12月27日生まれ。 妹の海原やすよは、1975年10月14日生まれです。 海原やすよがツッコミで、海原ともこがボケを担当し、大阪色の濃いオバちゃんネタや、東京と大阪の女子の違いなどの日常ネタを中心に、息のあったしゃべくり漫才を繰り広げています。 プライベートでは2人とも結婚しており、海原やすよの夫は、元プロ野球選手でオリックスにいた宮本大輔。 姉の海原ともこの夫は、元ジャニーズで男闘呼組のキーボードを担当していた前田耕陽です。 海原やすよ・ともこの祖母は海原小浜で親は海原かける!師匠は誰? 海原やすよ・ともこの祖母は、戦前から活躍していた女流漫才コンビ海原お浜・小浜の海原小浜。 父親は、漫才コンビ海原かける・めぐる(池乃めだか)のかけるです。 親子三代にわたって漫才師であるばかりか、それぞれが上方漫才大賞を受賞しているなど、まさにお笑いの名門一家と言えます。 お笑いが身近にあった家庭で育ったせいか、幼い頃から2人でよく漫才をしていたという海原やすよ・ともこ。 1992年には、父親の海原かけるの紹介で、中田カウス・ボタンのファンだった海原やすよが中田ボタンに弟子入り。 後に、海原ともこも弟子入りしたことで、海原やすよ・ともこのコンビを正式に結成するに至りました。 ちなみに、妹の名前がコンビ名の前にきているのは、海原やすよのほうが弟子入りが先だったからのようです。 海原やすよ・ともこが泣きだした赤ちゃんに神対応!二度目となる上方漫才大賞受賞に感激 海原やすよ・ともこは、2018年の新年早々に放送された「新春!オールよしもと初笑いスペシャル」に出演した際、ハプニングに神対応したと話題になりました。 ステージで漫才を披露している最中に、突然劇場内に響き渡ったのは赤ちゃんの泣き声。 海原やすよ・ともこが、「(赤ちゃん)大丈夫かなあ!?」「すっごい気になった、今!」「私の声で泣いたんかなぁ??」と即座に対応すると、ハプニングが一瞬で笑いに変わり、和やかなムードになったと言います。 ネット上では、予期せぬハプニングにも対応できる瞬発力や、赤ちゃんの母親にも「大丈夫ですよ~」と温かい声をかけてフォローを忘れなかった海原やすよ・ともこの優しさを絶賛する声が相次ぎました。 そんな臨機応変な神対応ができるのは、実力あってこそ。 海原やすよ・ともこは、結成25年目となる2017年には、上方漫才大賞を5年ぶりに受賞しています。 女性漫才師では初となる2度目の大賞受賞という快挙に、「コツコツやってきたことを見てもらえた。 感無量です」と涙ぐんだのは海原やすよ。 海原ともこは、「私は『女芸人』ではなく『漫才師』と呼ばれたい。 これからも大阪で『漫才』という文化を残していきたい」と、漫才に対する熱い思いを語りました。 そんな記念すべき25周年を締めくくったのは、2017年12月21日にリニューアルオープンしたなんばグランド花月で行われた「RE-OPEN記念特別公演」です。 いつもならば、トップバッターは若手が務めるところですが、最初に登場したのは海原やすよ・ともこでした。 リニューアル後は一番乗りでステージに立ちたいということで、無理を言ってトップバッターとして出演させてもらったそうです。 劇場で漫才をするということに強い思い入れがあり、漫才に対して深い愛情を持っている海原やすよ・ともこ。 だからこそ、彼女たちの漫才は、心地良い温かみを感じさせるのかも知れません。

次の

海原やすよ、脳動脈瘤でくも膜下出血の危険 手術を乗り越えて復帰!

海原 やすよ 旦那

このため、小浜さんも「月の家桃子」として4歳でデビューし、舞台などで活躍します。 お母さんは早くに亡くなり、義理の父に育てられましたが、後にお父さんも亡くなったため、小浜さんは子供ながらに座長を務めていました。 海原お浜さんは、1916年5月22日生まれなので、この時17歳。 小浜さんに至っては、僅か9歳でした。 戦前・戦時中の敵性語忌避の風潮により、コンビ名は「愛国お浜・小浜」と改称され、「さざ波お浜・小浜」から「海原お浜・小浜」に落ち着きます。 コンビは、細々と活動していましたが、後に漫才作家の秋田實さんに見出され、1967年には「上方漫才大賞」を受賞しました。 叔母・お浜さんの私生活では、家具職人と結婚し、大阪・守口で「お浜・小浜の海原家具」を長年経営していました。 1976年、お浜さんが白内障を患ったため、コンビは正式に解消されます。 1994年、お浜さんは76歳で亡くなりました。 本名は、梅本一夫さんで、1948年2月21日生まれなので、年齢は67歳になります。 息子さんは、「海原かける・めぐる」を結成しますが、相方の「めぐる」さんは、2人存在しました。 2代目の「めぐる」さんは、後の池乃めだかさんです。 海原かける・めぐるは、1975年に「上方漫才大賞」の新人賞を受賞するなど、人気漫才コンビとなりました。 しかし、1977年に突然解散し、かけるさんは芸能界を引退。 現在は、大阪の谷町で「ちゃんこ鍋dining うなばら」を経営しています。 海原小浜さんから見ると、孫に当たりますね。 やすよ・ともこは、2012年に上方漫才大賞を受賞しており、親子三代で同賞を受賞したことになります。 私生活では、やすよさんは2005年12月に当時オリックス・バファローズ投手であった宮本大輔さんと結婚。 ともこさんはバツイチでしたが、2006年8月、元男闘呼組の前田耕陽さんと再婚し、一男一女に恵まれています。 今後も空の上から、漫才界の隆盛を見守ってくれることでしょう。 ご冥福をお祈り申し上げます。

次の

海原やすよは可愛い!現在は太った?体重や昔の画像は?旦那の病気は?|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

海原 やすよ 旦那

メンバー [ ]• 海原 やすよ(本名: 宮本 康世(みやもと やすよ/旧姓・梅本(うめもと))、 - )卒業 立ち位置は、妹。 担当(結成当時は)。 (17年)12月に当時投手であったと結婚。 (平成28年)12月26日に、脳の加療のために入院したことが発表される。 海原 ともこ(本名: 前田 智子(まえだ ともこ/旧姓:梅本(うめもと))、 - )淀之水高等学校卒業 立ち位置は、姉。 ボケ担当(結成当時はツッコミ。 (平成15年)に1度離婚したが、(平成18年)に、元のと再婚(前田もバツイチなので互いに再婚)。 (平成19年)、第1子となる女児を出産。 『』より復帰。 、帝王切開により第2子となる男児を出産した。 プロフィール [ ] の小浜の孫で、「・めぐる(後の)」のかけるを父、のを母に持ち、母方の祖母にがいる。 親子3代で漫才師であり、親子3代でを受賞している、梅本家はいわゆる上方お笑い界の名門一家である。 幼い頃から2人でよく漫才をしており、小学生のころには社長のから毎週水曜日に漫才の稽古を受けていた。 (60年)にはテレビで小浜の前で漫才を披露したことがある。 (平成4年)2月に当時やすよがの漫才のファンであったため、親交のあった父・かけるの紹介でボタンに弟子入りし正式にコンビ結成、本来ならば「中田やすよ・ともこ」となるはずだが、「女流漫才の名門である海原の屋号を名乗ったほうが良いと思う。 おばあちゃん(小浜)に海原の屋号を名乗っていいかどうか、相談しておいで」という師匠の計らいと、それを快諾した小浜のおかげで海原の屋号を名乗る運びとなった(小浜は2代目『』を名乗っても良いと言ったが、やすよ・ともこの2人が断った )。 従って、海原小浜の弟子ではなく、海原一門とも直接的な関係はない。 またコンビ名で妹・やすよの名が先にくるのは、ボタンへの師事がやすよが先・ともこが後であったことに起因する。 結成当初はやすよがボケ、ともこがツッコミを担当していたが、2年目から現在のスタイルに交替した。 ネタは、最新の芸能ネタを前振りにして、そこから転じて「東京と大阪の女の子の違い」や「大阪のオバチャンの生態」を示すものが多い。 大げさに大阪の女の子やオバチャンを表現するともこのボケを、やすよが宥める。 姉妹で大阪で「ちゃんこ家unabara」をプロデュースしていた。 (経営者は実父)。 また、(平成21年)11月1日に大阪・の7階に、プロデュースするモンブランの専門店「モンローズ」を開店するが現在は閉店している。 その他 [ ]• とはデビューがほぼ同時期で、も同期にあたる。 元漫才師のの2人とはすんげー! Best10出演時より交流があり、は芸人を引退した後もとしてやすよ・ともこの漫才を2人と共同で制作していた。 現在は構成作家として、大阪関係の仕事から一線を退いているが、やすともの漫才作家の仕事だけは継続している。 ともこと夫・の出会いは『なるトモ! 』で共演したことがきっかけだった。 二人とも極度のだが、特にやすよは極端であり、家に遊びに来た友達を風呂に入らせた上で家に上げたという念の入れようである。 夫の前田耕陽によると、ともこは自身が作ったオムライスの中の玉ねぎが大きかった事を前田から指摘されて以来、家で料理を作っていないという。 ともこは女性にしては大柄であり、ギャルのようなファッションやメイクで有名だが、自らの容姿や体型で笑いを取る芸人が多い上方演芸界の中では珍しくそのようなネタをあまりしないことで知られている。 しかし年々やすよも体型に変化が出たため、ネタにするようにはなってきている。 ファッションセンスは2人とも昔から高く、流行の服や髪型やメイクをしており、私服での出演が多い。 「怖い先輩」としてや、を挙げている。 昔はも怖いと思っていたが、ともこ曰く「ほんこんはもう 緊張 せぇへん」と話していた。 また雨上がり決死隊の2年後輩のは「今は怖くないけど、矢部さんよりも岡村さんの方が怖かった。 」と語っており、現在では2人とも岡村の恋愛のアドバイスをするほど仲が良い。 はやすよ・ともこの漫才を高く評価しており、2015年12月20日放送の「」で2人の漫才を見た際に「今の女の人の漫才で一番上手いじゃないの!? 最高にうまいよ、面白いし。 女を感じないもん! 男の漫才を聞いているような」と絶賛していた。 たけしは全芸人のネタ終了後、やすよ・ともこに「たけし賞」 を授与している。 やすとものどこいこ!?(2020年3月22日放送)にても元々「シューク」と言うコンビ名で活動していたとの浜本広晃()にいじりながら明かされる。 受賞歴 [ ]• 1994年/第15回 香川登枝緒賞• 1995年/第16回 最優秀新人賞• 1995年 演芸部門大賞• 上方漫才大賞 1995年/第30回 新人奨励賞• 上方漫才大賞 1997年/第32回 新人賞• 1994年/第25回 優秀賞• ネイルフェスティバル1998 1998年 (ともこのみ)• 2005年/第34回 最優秀技能賞• 2008年/第43回 奨励賞• 上方漫才大賞 2012年/第47回 上方漫才大賞• たけし賞• 上方漫才大賞 2017年/第52回 上方漫才大賞 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (、2005年 - 2009年)• ()戦績6勝3敗 最高517KB• 第2回チャンピオン大会 予選7位• 自己最高である517KBという記録は、歴代で出場した女性芸人の最高KBである。 また、女性コンビ唯一のオーバー500経験者である。 上述のように番組では一度だけチャンピオン大会に出場経験があるが、出場した当時は現在のようなチャンピオン大会の出場条件である「年間4勝」がなく、年間オンエア回数の上位20組が出場していた。 彼女達以外の出場芸人19組は全て年間5勝に到達しており、残りの一枠は「年間4勝している芸人の中で平均KBが最も高い芸人が出場」という条件であり、その結果彼女達が出場権を獲得した。 (、5週勝ち抜きチャンピオン)• (NHK総合テレビ)• ()(2005年7月10日、2007年11月18日、ゲストで出演)• (、火曜の収録ロケコーナー担当)• (毎日放送)• (毎日放送、声〈ともこのみ〉)• (毎日放送)• (毎日放送)• (、2011年 - 2015年)• (、2012年4月-)• (読売テレビ、2012年 - 2013年)• (テレビ大阪、2013年 - 2014年)• (テレビ大阪、2014年 - )• (フジテレビ、2015年12月20日、2017年12月17日、2018年12月9日)• (朝日放送、2016年 - 2019年3月)• (朝日放送、2016年3月20日)• (関西テレビ、2018年4月24日 - )• 系列 - 近年毎年出演している• (朝日放送テレビ、2019年10月 - 2020年3月)• (朝日放送テレビ、2020年4月 - ) 映画 [ ]• (2014年、・) - マリアン 役〈ともこのみ〉 劇場アニメ [ ]• (1998年、) - 辻弘樹の彼女 役 舞台 [ ]• キミとボクから始まった(2012年5月、) - の妻・日出子 役〈やすよ〉 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2016年12月26日. 2016年12月27日閲覧。 このエピソードはの番組『』で紹介されている [ ]• 2013年11月17日放送. gooテレビ 2012年10月13日. 2015年1月3日閲覧。 番組の最後でTHE MANZAI最高顧問であるたけしの裁定により、最も面白い漫才を披露した出演者に贈られる賞。 livedoorNEWS 2015年12月21日. 2018年12月11日閲覧。 なお、ピン芸人においてはが、グループにおいてはの鈴樹志保がオーバー500(共に最高513KB)を記録した事がある。 TVLIFE web 2018年3月17日. 2018年3月17日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。 外部リンク [ ]• 旧公式ブログ• 旧公式ブログ• - (2018年11月5日アーカイブ分)• tomocolovesmile -• - チャンネル この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。

次の