生ゴミ処理機 臭い。 夏の生ゴミの臭い対策8つ!処理方法やゴミ箱の消臭法は?

家庭用生ゴミ処理機のおすすめ10選。イヤな臭いとおさらば

生ゴミ処理機 臭い

生ゴミのイヤな臭いを改善したいということで、生ゴミ処理機を購入したのに「何か臭う・・・」と生ゴミ処理機の臭いに困っていませんか? 実は機種によって臭いが出るものや、使い方を間違えると臭いが出てしまうものもあるので注意が必要です。 このページでは生ゴミ処理機マニアの筆者があらゆる生ゴミ処理機を買い揃え使ってわかったことを元に下記の流れで解説していきます。 生ゴミ処理機が出てしまった場合の対策から、臭いが出ない生ゴミ処理機の使い方まで、生ゴミ処理機の臭いの問題に役立つ情報をお伝えいたします。 臭いが出る生ゴミ処理機の2つのパターン 生ゴミ処理機は、微生物の力で臭いの元となる生ゴミを分解したり、生ゴミを乾燥させ水分をなくすことで臭いの発生を抑えます。 しかし、生ゴミ処理機はあくまでも「生ゴミの臭いを改善」するのであって、完全に臭いがなくなるわけではありません。 筆者が生ゴミ処理機の臭いの数値を計測した実験からもお分かりいただけるのではないでしょうか。 「生ゴミの臭い変化」「室内の臭いの変化」のグラフを見てみると基準となる臭いをほとんど感じない室内 水色 の数値にまでは下がっていないことがわかります。 生ゴミ処理機には下記のような3つの種類があり、それぞれのタイプによって臭いが出るパターンが異なります。 下記の表を見てください。 バイオ型 乾燥型 ハイブリッド型 特徴 微生物の力を使って生ゴミを水と炭酸ガスに分解する。 処理後は堆肥になる 熱を加え水分を飛ばし、乾燥させることで生ゴミを減容処理する。 処理後にゴミが残る。 熱を加え乾燥させながら微生物の力で生ゴミを水と炭酸ガスに分解する。 処理後はほとんど何も残らない 臭い 発酵臭がする 生ゴミの臭いが残るものや、焦げクサイものがある 少しの発酵臭 それぞれの臭いが出る2つのパターンについて解説していきます。 1-1. バイオ型と生ゴミ処理機の場合 バイオ型の生ゴミ処理機では微生物の力を使って生ゴミを分解しています。 そもそもバイオ型に関しては臭いが出ることが前提であるため、屋外専用となっています。 主に臭いが出るパターンとして考えられるのは以下の3つです。 微生物が生ゴミを分解する際に出るニオイがクサイ• 微生物が分解しきれず消化不良を起こしている• 脱臭機能がついていない 微生物のニオイがクサイ 土の臭いを嗅いでみると少し臭いがすると思いますが、微生物は少なからず臭いがします。 臭いが出にくい微生物を使っている生ゴミ処理機もありますが、生ゴミを分解する際にどうしても臭いが出てしまう場合があります。 これについては対策のしようがないので、土の臭いや、醤油や味噌のような発酵臭が苦手な場合はバイオ型は選ばない方がいいでしょう。 微生物が分解しきれず消化不良を起こしている 水分や投入する生ゴミの量が多すぎると微生物が消化不良を起こして臭いを出してしまう場合があります。 水分が多いと酸素が微生物に行き渡りにくくなり、イヤな臭いを出す微生物が増殖しやすくなってしまいます。 脱臭機能がついていない バイオ型の生ゴミ処理機は、臭いが少々出ることは想定しているので、ほとんどが屋外に設置するタイプになっています。 そのため、脱臭機能がついておらずイヤな臭いが出てもそのまま外に排出されてしまいます。 バイオ式の生ごみ処理機については下記の記事を参考にしてみてください。 1-2. 乾燥型の生ゴミ処理機の場合 結論からいうと乾燥型の生ゴミ処理機は臭いが出ます。 「臭いが出ません」とうたっているものもありますが、 「処理中の臭いは出ません」というものだったり、 「処理物は無臭ではございません」というものです。 あくまでも、生ゴミに含まれる水分を蒸発させることで、生ゴミのイヤな臭いの発生を抑えるものという認識が必要です。 乾燥型の生ゴミ処理機が臭う主な原因は下記の4つです。 脱臭機能が弱く臭いが漏れ出る• 生ゴミに強い熱を加えることで、焦げた臭いが出た• 水分を蒸発しきれず生ゴミ臭が出た• 故障 脱臭機能が弱く臭いが漏れ出る そもそも乾燥型の生ゴミ処理機は脱臭機能が強くありません。 また、臭いが漏れ出やすい生ゴミ処理機である可能性があります。 魚や肉などの臭いが強いものを処理する際は臭いが出ることを覚悟して使いましょう。 生ゴミに強い熱を加えることで、焦げた臭いが出た 生ゴミを処理した後に真っ黒になる程熱を加える生ゴミ処理機がありますが、この場合は生ゴミの臭いではなく、焦げたような臭いに変わってしまっています。 焦げたような臭いが苦手な人は選ばない方がよいでしょう。 パナソニックの生ゴミリサイクラーは焦げクサイ臭いが出ます 水分を蒸発しきれていないことで生ゴミの臭いが出た 乾燥型の生ゴミ処理機は熱風をかけているとはいえ、水分量が多かったり、処理する生ゴミの量が多いと、どうしても水分を蒸発しきれないことがよくあります。 水分が残っている生ゴミをそのままにしておくことで、生ゴミのイヤな臭いに逆戻りしてしまう場合があるので、注意しましょう。 パリパリキューブやエアドライなどは水分が完全に取り除けないことが多いです。 故障 一般的に熱を加えるような家電 トースター・ドライヤー などは寿命が短かいですが、乾燥型の生ゴミ処理機も同様に寿命が比較的短かいと言われています。 3年〜5年程度で壊れるという人が多い 臭いの原因はヒーターの故障により熱が加わらなかったり、脱臭機能が壊れている 脱臭フィルターの交換時期 可能性があります。 乾燥式の生ごみ処理機については下記の記事を参考にしてみてください。 生ゴミ処理機の臭い対策[全ポイント] 本章では、生ゴミ処理機の少しでも臭いを出さないためにできることや、もし臭いが出てしまった時にも使える対策をお伝えします。 もしまだ生ゴミ処理機を使ったことがない人は下記を参考にして、生ゴミ処理機選ぶ際に役立ててください。 2-1. バイオ型の臭いが出てしまった時の対策 バイオ型は微生物を使っているためどうしても臭いが出てしまいます。 基本的に臭いが敏感な人はバイオ型は選ばないようにしましょう。 なるべく臭いを出さないため、あるいは、臭いがきつく感じた時などに実践できる対策を3つご紹介します。 水気をなるべく切って投入するように心がける• 一端生ゴミの投入をやめる• コーヒー,紅茶,お茶,などの出がらしを一緒に入れる そもそもバイオ型は臭いがでるものなので、臭いに敏感な人はバイオ型は選ばないもしくは、なるべく生ゴミの水気を切って投入するように心がけましょう もし臭いが出てしまった場合は、一旦生ゴミの投入をやめ、コーヒーや紅茶、お茶などの出がらしを入れて2〜3日置いてみましょう。 ほとんどの場合はこれで解決するでしょう。 もし、それでも臭いが改善しない人は入れた生ゴミを思い返してみてください 薬や洗剤などが生ゴミに紛れて入っていませんか?その場合は菌が弱っている可能性があるので、交換用のチップやバイオ材を購入し取り替えるといいでしょう。 2-2. 乾燥型生ゴミ処理機の臭いの対策 乾燥型の生ゴミ処理機は臭いを完全に失くすものではないので、 臭いに敏感な人は乾燥型は選ばないことをおすすめします。 乾燥型をすでに使っている人のために臭いを抑える工夫を3つご紹介します。 乾燥の時間を長めに設定する• 処理機を使う際は換気扇をまわす• コーヒー,紅茶,お茶などの出がらしを一緒に入れる 2-3. 臭いが出る生ゴミ処理機を買わない 下記の表をご覧ください。 バイオ型 乾燥型 ハイブリッド型 処理中の臭い 発酵臭 臭いが少し漏れ出る なし 処理物の臭い 発酵臭 焦げ臭いあるいは、臭いが残る 少しの発酵臭 どのタイプの生ゴミ処理機も少なからず臭いがしてしまいます。 もし買い替えを検討されている型や、まだ使ったことがない人は生ゴミ処理機を選ぶならなるべく臭いが少ないものをおすすめします。 最も臭いが少ない生ゴミ処理機 生ゴミ処理機は本来、生ゴミのイヤな臭いを改善してくれるはずの家電ですが、実際のところ臭いが漏れ出たり、処理物の臭いが完全になくなるわけではありません。 しかし、あらゆる生ゴミ処理機を買い揃え使ってみた筆者が、臭いの観点で唯一満足できたタイプの生ゴミ処理機はハイブリッド式だけです。 下記は商品別に臭いを比較した表です。 臭いの4つのポイントについて5つの商品を臭いの観点で比較しました。 生ごみ処理機おすすめランキングTop6 筆者は生ごみ処理機を買い揃え比較をおこない、下記の比較ランキング表を作成しました。 生ゴミ処理機のランキング参考にしながら、上から順番に検討するといいでしょう。 生ゴミのニオイを消す、生ゴミを減らすという用途では、「」と、「」のどちらかしかおすすめできません。 7cm 容量:2. しっかりと納得して買いましょう。 上位4つの生ごみ処理機について、どういう人におすすめなのか紹介していきます。 ・・・ おすすめNo1 快適で便利に使いたい人におすすめ• ・・・ おすすめNo2 室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ• ・・・堆肥を手軽に作りたい人、生ゴミの量が多い人• ・・・とにかく安く、サイズが小さいものが良い人 快適に使うなら「ナクスル」… おすすめNo1• 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 「」は、 価格は高めですが、 室内用でニオイも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身が増えないので、ゴミを取り出す必要はありません。 初期コストは高いですが、電気代が安いので、乾燥式と長期的には大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが、ニオイや面倒なことがない点を踏まえてもナクスルがおすすめです。 まとめ 生ゴミ処理機の臭いの原因と対策、臭いが出ない生ゴミ処理機について解説してきましたがいかがでしたか? 生ゴミ処理機は臭いを改善してくれますが、完全に臭いがなくなるわけではありません。 臭いに敏感な人はハイブリッド式がおすすめです。 おすすめできる生ごみ処理機は下記の2つです。 ・・・ おすすめNo1 快適で便利に使いたい人におすすめ• ・・・ おすすめNo2 室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ もしすでに生ゴミ処理機を持っていて、臭いが出た場合は本ページを参考に、水分の量に気をつけたり、コーヒーやお茶の出がらしを入れてみるなどの対策をしてみてください。 あなたの生ゴミ処理機選びが成功し、少しでも生活が快適になることを心から祈っています。

次の

生ゴミが臭い!対処法を教えて

生ゴミ処理機 臭い

キッチン下の収納スペースに入る小型なタイプもあるので、見えない所に置きたい方におすすめです。 室内に置けば、時間を気にせず生ゴミを処理できます。 室内で生ゴミの処理機を使う場合は、脱臭能力の高いタイプを選ぶ必要があります。 処理中や処理後に臭いが漏れてきたのでは意味がないですからね。 屋外に置く場合 室内に置き場所がなかったり臭いが気になる方は、屋外に設置できる生ゴミ処理機を選びましょう。 屋外設置タイプは室内用に比べてサイズが大きく、処理できる生ゴミの量も多いのが特徴です。 ですが、臭いが出やすいと言ったデメリットもありますので、ご近所の迷惑にならない場所に設置したりすることが大切です。 雨風が当たるところに設置すると故障の原因になるため、屋根のある所などに設置することをおすすめします。 バイオ式 バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。 バイオ式で処理した生ゴミは堆肥として再利用ができるので、家庭菜園やガーデニングを楽しんでいる方におすすめです。 バイオ式は音が静かで、夜間でも近所の迷惑にもならず使用できることがメリットの一つです。 ですが、バイオ式は屋外に設置するタイプが多く、毎回台所から屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。 また、バイオ式は臭いが出やすいといったデメリットもありますので臭い対策も必要となります。 さらに、大量の生ゴミを処理できる大型タイプの物を設置する場合は、スペースの確保も必要となります。 乾燥式 乾燥式は生ゴミに熱や温風をを加えて水分を飛ばし、生ゴミを乾燥させるのタイプです。 一般的に家電店などで売られている生ゴミ処理機は乾燥式がほとんどです。 台所など屋内に置けるコンパクトなタイプが多いのが特徴です。 乾燥式は価格も比較的安価で、費用的にも取り入れやすいのがメリットです。 ただ、密閉度の高い製品を選ばないと処理中の臭いが漏れてくる場合があるので、臭いについては慎重に選ぶ必要があります。 また、製品によっては毎回の利用後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならない物もあるのでチェックが必要です。 処理中の音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間~8時間以上かかるタイプが多いので、処理時間についても考慮して選びましょう。 ハイブリット式 ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。 生ゴミを乾燥させながら、微生物により分解処理を行うため、処理中の音は小さいです。 さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内でも快適に利用できます。 その都度、容器を洗ったり、処理後の確認なども必要がないので手間がかかりません。 処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのもおおきな魅力です。 ただ、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を併せて考える必要があります。 電気代で選ぶ 電気を使うタイプの生ゴミ処理機は 、月に1,000円近い電気代が必要になります。 購入後に電気代でビックリしないよう、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく 消費電力もチェックしておきましょう。 乾燥式などは比較的消費電力が多いタイプとなります。 (ヘアドライヤーと同じ感じですね) ハイブリット式は省エネタイプとなっていますので電気代は少なくて済みます。 生ゴミ処理機おすすめ10選! 生ゴミ処理機はいろんな線品が販売されています。 今回はその中でも、家庭で使う事を考えたおすすめを紹介します。 大手リサイクル会社が、家庭用に開発した生ゴミ処理機。 温風乾燥により、生ゴミを約80%まで減量します。 乾燥は、通常モード3種類と、さらにしっかり乾燥できる「パリパリモード」4種類の合計7種類から選べます。 活性炭を使った脱臭フィルターが、処理中の臭いをしっかりカット。 静音性にも優れているので、夜間の使用でも気になりません。 付属のバスケットを三角コーナー代わりにシンクに設置し、溜まった生ゴミをそのまま本体に移すだけの手軽さも魅力。 生ゴミの分別が不要なため、硬い骨や爪楊枝などが混ざっていても、そのまま処理できます。 消費電力は120Wで、電気代を抑えたい方にもおすすめの1台です。 サイズは直径21. 3cmで、卓上にも置けるコンパクトサイズ。 温風だけで乾燥させる構造のため、運転音が36dBと非常に静かで快適に使用できます。 専用のバスケットを三角コーナー変わりにシンクに設置した後、そのまま本体を処理容器にセットできるので、手を汚す心配もありません。 独自の脱臭ユニットを採用し、活性炭フィルターで臭いをしっかり抑えます。 分別不要のため、爪楊枝やスプーンなどが入っていても処理可能。 リーズナブルな価格で、手軽に利用したい方にもおすすめです。 価格 21,000円 処理方法 乾燥式 処理容量 幅21. バイオの力で簡単に生ごみ処理。 1日で、三角コーナー1配分 約700g を分解し、10分の1以下に減量。 好気性微生物が働き、分解が早く、使いましができて経済的。 好気性で働く菌と通性嫌気で働く菌が状況に応じて、酵素を作り出し、有機物を分解します。 チップ材の交換は4~5ヶ月に一回行い、処理機内の半量を入れ替えます。 取り出した半量は、次回の交換時に処理機内に戻して、再利用が可能です。 基本セットと交換チップで再利用していくと、約2年間ごと、使用いただけます。 価格 19,800円 処理方法 バイオ式 処理容量 約700g サイズ 幅42. 8cm 電力 0W (手動) 一般家庭で使いやすい15Lサイズの生ゴミ処理機。 直径約31. 4cmで、屋外だけでなく、キッチンやベランダに置いても邪魔になりません。 電気を使わないバイオ式で、専用処理剤である「EMボカシ」の購入が別途必要です。 処理後の生ゴミは液肥や堆肥としてリサイクル可能。 目安は夏場で約10~15日、冬場で約15~20日と、比較的短い期間で作れます。 分離液は、下部に設置の抜き取りコックをひねるだけなので簡単。 液体肥料や消臭・浄化液として活用できます。 使い勝手のよいバイオ式生ゴミ処理機を探している方におすすめです。 価格 2,006円 処理方法 バイオ式 処理容量 約15L サイズ 幅31. 4cm 電力 - 電気を使わず、バイオの力で生ゴミを簡単に処理できるエコ仕様。 同メーカーから発売されている「EMボカシ」で発酵させ、有機肥料として再利用できます。 広い間口で生ゴミを入れやすく、発酵後の抽出液は下部の蛇口から取り出せてスムーズ。 蓋は密閉性の高いポリエチレン製で、室内でも臭いが気になりません。 さらに、柔らかいので開け閉めしやすいのも魅力。 生ゴミ処理機にはめずらしいピンクカラーで、かわいい印象です。 上部には大きなハンドルがあり、持ち運びやすく便利。 2人でも持てるため、屋外の家庭菜園などへ簡単に移動できます。 リーズナブルでエコな1台を探している方におすすめです。

次の

夏の生ゴミの臭い対策8つ!処理方法やゴミ箱の消臭法は?

生ゴミ処理機 臭い

水分を切る• 新聞紙でくるむ• ビニール袋に入れて、空気を抜いて、口をしっかり縛る• もう一度ビニール袋でくるんで、空気を抜いて、口をしっかり縛る• ゴミ箱へ コツ1:できるだけ水分を切る 水分があると、腐敗や悪臭のもととなります。 できるだけ水分を切って捨てます。 コツ2:新聞紙にくるむ 新聞紙でくるむと、生ゴミの水分を吸ってくれます。 また、新聞がニオイを抑えてくれるのでおすすめです。 新聞紙で三角コーナー用のゴミ入れを作っておくと、処理が楽になります。 コツ3:空気を抜いてしっかり縛る 新聞紙にくるんだ生ゴミをビニール袋に入れた後、中の空気を抜いてから、 しっかりと口を縛りましょう。 少しでも開いているとニオイが漏れます。 うまく結べないときは、袋の上の所をくるくると巻いて、ガムテープなどで留めると簡単です。 そして、ビニール1枚だと、破れたりニオイが漏れたりすることがあるので、もう1枚ビニールを重ねて、 2重にしまましょう。 スーパーの袋は、底に小さい穴が開いていることがあり、そこから水分が漏れてしまうことがあります。 1枚目はOKですが、2枚目は他のビニール袋で重ねるといいですね。 100円均一にいろいろなサイズのキッチンポリ袋が売っていますので、あなたの毎日の生ゴミの量に合わせてチェックしてみてくださいね。 A4サイズくらいのものだと、100枚入りのが売っているはずです。 スポンサーリンク 冷蔵庫・冷凍庫に入れる ゴミの日がくるまで、生ゴミを冷蔵庫・冷凍庫に入れておく、という方法もあります。 生ゴミを全部入れる訳にはいきませんので、 魚など、特にニオイが出そうなものだけ入れましょう。 新聞紙で包んでから袋にいれるのがおすすめ。 また、冷蔵庫・冷凍庫を開けたときに、中が見えないように、さらsに紙袋に入れると良いですね。 ただし、それでも、ゴミを入れるということに、抵抗がある人もいるかもしれませんね。 ゴミ箱用の消臭剤を使う ゴミ箱の方にも対策をしておきましょう。 ゴミ箱は必ずフタ付きのものにすること。 そして、ゴミ箱用の消臭剤を入れましょう。 フタの裏につける消臭剤がおすすめです。 一つ注意しなくてはいけないのは、消臭剤は無臭タイプのものを選ぶことです。 フローラルやフルーツの香りがついていると、生ゴミのニオイと混ざって、よけい臭くなってしまいます。 シンクをまめに掃除する シンク内や、ゴミをためる三角コーナー、排水のところは、汚れが溜まりやすいところです。 ゴミ捨ての時に毎回 キレイに掃除しておきましょう。 ぬめりなどが残ると、ニオイの元になります。 魚料理などはゴミの日の前に ちょっと面倒ですが、魚など、ニオイがでそうな食材を使う献立は、できるだけ ゴミの日の前日に作るようにすると、すぐ捨てられて快適ですよ。 生ゴミが出ない努力をする なるべく 生ゴミが出ないようにすることも必要です。 たとえば、魚は丸ごとではなくて切り身の物にする。 野菜はいらない部分(キャベツの一番外側や大根の葉っぱなど)はスーパーで取ってくる(たいてい捨てる用の袋がそばにあります)、などです。 その他• お茶を入れた後の葉• コーヒーを入れた後のかす• クエン酸• 酢(水で薄めて) 他にもこれらのものが、いいとされています。 お茶っぱやコーヒーは、よく飲んでいるならば、試してみてください。 重曹・クエン酸・酢については、効き目は弱めかもしれません。 また、酢はにおいが気になるかもしれません。

次の