レ ミゼラブル 時代。 レ・ミゼラブル 少女コゼット

海外ドラマ「レ・ミゼラブル」NHK総合で放送 感想と作品解説

レ ミゼラブル 時代

世界各地で暴動やデモが頻発している昨今、もはや日本も他人事ではいられない時代を迎えている。 そんな現代が抱える闇をリアルに描き、まさに「世界の縮図」ともいえる衝撃作が誕生した。 海外主要メディアからの高い評価を引っ提げて、ついに日本での公開を迎える。 犯罪防止班に新たに配属された警官のステファンと同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を、緊張感あふれる描写で描いた本作。 第72回カンヌ国際映画祭でセンセーションを巻き起こすと、「コンペ最大のショック!」「クロワゼットを震撼させた未確認物体!」と称賛を受け、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』と並んでパルムドールを競い、審査員賞に輝いた。 舞台となるのは、ヴィクトル・ユゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られているモンフェルメイユ。 あるのは、権力者によって抑圧されている弱者と社会で居場所を失った人々の姿。 監督・脚本を務めたのは、本作が初長編作品となる、フランスの新鋭ラジ・リ監督。 モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす監督自身の体験を基に、現代社会に潜む問題を圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切っている。 スパイク・リーもアメリカにおけるプロモーションのサポートを買って出るほどその才能を認めており、今後の映画界において目が離せない存在となることは間違いないだろう。 さらに、アーティストとしての一面も持っており、ストリート・アーティストJRと共同でプロジェクトを発表するなど、活躍の場は幅広い。 2019年11月20日に本国フランスでの公開を迎えた本作は、初日動員数7万人を超え、週末ランキングは『アナと雪の女王2』に次ぐ、第2位となる大ヒットスタートを記録。 また、フランスのマクロン大統領も、本作を鑑賞。 自国が抱える問題をリアルに描いた本作に反応し、政府に「映画の舞台となった地域の生活条件を改善するためのアイデアを直ちに見つけて行動を起こす」よう求めたという。 ラスト30分の緊迫感。 そして衝撃のラストシーンは、私たちに何を問いかけるのか!?もはや、他人事と傍観していることはできない……。 Ladj Ly フランス、モンフェルメイユ(セーヌ=サン=ドニ県)出身。 1997年、初の短編映画『Montfermeil Les Bosquets(原題)』を監督、2004年にはドキュメンタリー『28 Millimeters(原題)』の脚本を、クリシー、モンフェルメイユ、パリの街の壁に巨大な写真を貼ったことで有名になった写真家JR(ジェイアール)と共同で手がける。 2005年のパリ暴動以降、クリシー=ス=ボワの変電所に隠れていたジエド・ベンナとブーナ・トラオレという2人の若者の死に衝撃を受け、1年間自分の住む街を撮影することを決意、ドキュメンタリー『365 Days in Clichy-Montfermeil(原題)』(2007)を制作する。 その後もドキュメンタリーを撮り続け、2014年には市民軍とトゥアレグ人が戦争を始めようとしている地域にスポットを当てた『365 Days In Mali(原題)』を、2016年には、NGO団体マックス・ハーフェラール・フランスの広告『Marakani in Mali(原題)』を監督する。 同年、監督・脚本家のステファン・デ・フレイタスと共同で『A Voix Haute(原題)』を監督し、再びセザール賞にノミネートされる。 本作はラジ・リ監督にとって初の長編映画であり、その同名短編映画にインスパイアされたものである。

次の

『レ・ミゼラブル』映画のキャストを徹底解説! | MOVIE SCOOP!

レ ミゼラブル 時代

「レ・ミゼラブル」より 「レ・ミゼラブル」より 1/5エキュ=24スー銀貨 1788年発行 5. 8g 25. 7mm (ルイ16世) 1エキュ銀貨の他に、 1/2〜1/20エキュの各種の銀貨が発行されました。 エキュとリーブルの交換レートは、17世紀には1エキュ=約3リーブルでしたが、その後変化し、1726年以降は1エキュ=6リーブルで固定されました。 ルイ金貨は、大きさが一定せず、20〜40リーブルの間を変動していました。 40フラン金貨 1811年発行 12. 8g 26. 0mm (ナポレオン) 通常の「ナポレオン金貨」はこの半分の20フランです。 金貨は、「ナポレオン金貨」、ナポレオン退位後は「ルイ金貨」がありました。 どちらも20フラン金貨が標準でした。 1スー銅貨 1785年発行 11. 2g 28. 「おい、パンを1スー。 みきれにしてくれ。 3人だからな。 それからまた、刈り入れ人や、人夫や、農場の牛飼い小僧や、耕作人などとして、雇われていった。 彼はできるだけのことは何でもやった。 姉も彼について働いたが、七人の幼児をかかえてはどうにもしかたがなかった。 (1795年) 冬になると仕事がなくなり、家にはパンもない悲惨な状態が続きました。 一人一日分のパンは1スーか2スーです。 ある日曜日の夜、彼はパン屋のパンを盗もうとして捕らえられました。 そして、何と懲役5年の刑に処せられたのです。 5フラン銀貨 1824年発行 24. 8g 27. しめだわ。 あなたは親切なねんこだわ。 あたしあなたにぞっこんでよ。 いいこと、どんたくだわ。 2日の間は、灘と肉とシチュー、 たっぷりやって、それに気楽なごろだわ。 刑務所帰りの男を泊めてくれる宿はなく、やっと親切な司教が教会に泊めてくれました。 ところが、彼はこの教会の銀の食器を盗んでしまいます。 彼を捉えた警官が、教会に確認に行きました。 司教は、彼を見て、こう言いました。 ところでどうしなすった、私はあなたに燭台も上げたのだが。 あれもやっぱり銀で、200フランぐらいにはなるでしょう。 なぜあれも食器といっしょに持って行きなさらなかった?」(1815年) ジャン・バルジャンは、生涯この銀の燭台を手放すことはありませんでした。 ジャン・バルジャンは、この後偶然通りかかったモントルイュに住み、マドレーヌと名を変え、「黒い装飾品」の製法を改良し、財をなしました。 収益の多くは貧しい人たちのために使いましたが、それでも5年間で60万フランもの貯えができました。 1820年、彼の善行を知った政府により、モントルイュの市長に任命され、市民たちから慕われました。 しかし1823年、過去が発覚し、ふたたび社会から逃避した生活に戻ります。 1リアール銅貨 1720年発行 2. 8g 20. 大きな家、上流階級、それらの家では 1桶について1リアールずつで水を買っていた。 水くみを職業としているのは1人の老人であって、 村の水くみの仕事で1日に8スーばかり得ていた。 それでやっと仕事にありつけました。 それでもともかく毎年、700フランはきまって収入があった。 それで生活を立てた。 必ずしもひどい生活ではなかった。 (1829年) 右の表は、1年間の家計簿です。 食費の内訳は、 昼食 パン1スー、卵1〜3スー 夕食 肉1皿6スー、野菜半皿3スー、デザート3スー、パン3スー、給仕に1スー、計16スー 合計で1日20スー(1フラン)、年365フランという計算です。 青年は、公園でいつも老人と一緒にいる少女に恋をしました。 老人はジャン・バルジャン、少女はジャン・バルジャンが救った薄幸の少女コゼットです。 裏面に印刷はありません。 この札は、1795年に革命政府が発行した不兌換紙幣です。 ジャン・バルジャンが蓄えていた紙幣とは、デザインも少し異なります。 マリユスの祖父は、収入の少ない二人の将来を憂います。 「ウューフラジー・フォーシュルヴァン嬢(コゼットのこと)は、60万フランの金を持っています。 」 ジャン・バルジャンは自ら包みを開いた。 それは一束の紙幣だった。 人々はそれをひろげて数えてみた。 1000フランのが500枚と500フランのが168枚はいっていて、全部で58万4千フランあった。 (1833年) ジャン・バルジャンは、モントルイュで貯えたお金をすべて、コゼットの母親から預かったものとうそをついて出したのです。 ジャン・バルジャンは、この年の秋、二人にみとられながらなくなりました。 65歳でした。 労働者の賃金と、その賃金で購入できるもの(特に食糧、衣類、生活道具)の価値が現在と大きく異なるからです。 多少危険ではありますが、 労賃を基準にすると 1フラン=5000円、1スー=250円 食糧を基準にすると 1フラン=2000円、1スー=100円 物(衣類、生活道具)を基準にすると 1フラン= 500円、1スー= 25円 くらいでしょうか。 とすると、ジャン・バルジャンがコゼットにあげた60万フランは、30億円または12億円または3億円ということになります。 参考文献 : ユーゴー、豊島与志雄訳、「レ・ミゼラブル」、岩波文庫、1987 2005. 3 2005. 29紙幣追加.

次の

映画『レ・ミゼラブル』:フランスを震わす、怒れる移民の子どもたち

レ ミゼラブル 時代

世界各地で暴動やデモが頻発している昨今、もはや日本も他人事ではいられない時代を迎えている。 そんな現代が抱える闇をリアルに描き、まさに「世界の縮図」ともいえる衝撃作が誕生した。 海外主要メディアからの高い評価を引っ提げて、ついに日本での公開を迎える。 犯罪防止班に新たに配属された警官のステファンと同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を、緊張感あふれる描写で描いた本作。 第72回カンヌ国際映画祭でセンセーションを巻き起こすと、「コンペ最大のショック!」「クロワゼットを震撼させた未確認物体!」と称賛を受け、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』と並んでパルムドールを競い、審査員賞に輝いた。 舞台となるのは、ヴィクトル・ユゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られているモンフェルメイユ。 あるのは、権力者によって抑圧されている弱者と社会で居場所を失った人々の姿。 監督・脚本を務めたのは、本作が初長編作品となる、フランスの新鋭ラジ・リ監督。 モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす監督自身の体験を基に、現代社会に潜む問題を圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切っている。 スパイク・リーもアメリカにおけるプロモーションのサポートを買って出るほどその才能を認めており、今後の映画界において目が離せない存在となることは間違いないだろう。 さらに、アーティストとしての一面も持っており、ストリート・アーティストJRと共同でプロジェクトを発表するなど、活躍の場は幅広い。 2019年11月20日に本国フランスでの公開を迎えた本作は、初日動員数7万人を超え、週末ランキングは『アナと雪の女王2』に次ぐ、第2位となる大ヒットスタートを記録。 また、フランスのマクロン大統領も、本作を鑑賞。 自国が抱える問題をリアルに描いた本作に反応し、政府に「映画の舞台となった地域の生活条件を改善するためのアイデアを直ちに見つけて行動を起こす」よう求めたという。 ラスト30分の緊迫感。 そして衝撃のラストシーンは、私たちに何を問いかけるのか!?もはや、他人事と傍観していることはできない……。 Ladj Ly フランス、モンフェルメイユ(セーヌ=サン=ドニ県)出身。 1997年、初の短編映画『Montfermeil Les Bosquets(原題)』を監督、2004年にはドキュメンタリー『28 Millimeters(原題)』の脚本を、クリシー、モンフェルメイユ、パリの街の壁に巨大な写真を貼ったことで有名になった写真家JR(ジェイアール)と共同で手がける。 2005年のパリ暴動以降、クリシー=ス=ボワの変電所に隠れていたジエド・ベンナとブーナ・トラオレという2人の若者の死に衝撃を受け、1年間自分の住む街を撮影することを決意、ドキュメンタリー『365 Days in Clichy-Montfermeil(原題)』(2007)を制作する。 その後もドキュメンタリーを撮り続け、2014年には市民軍とトゥアレグ人が戦争を始めようとしている地域にスポットを当てた『365 Days In Mali(原題)』を、2016年には、NGO団体マックス・ハーフェラール・フランスの広告『Marakani in Mali(原題)』を監督する。 同年、監督・脚本家のステファン・デ・フレイタスと共同で『A Voix Haute(原題)』を監督し、再びセザール賞にノミネートされる。 本作はラジ・リ監督にとって初の長編映画であり、その同名短編映画にインスパイアされたものである。

次の