まさ 王 スーパー ハード。 株式会社テラダ ダイレクトストア商品選択ページ まさ王SH

失敗しない固まる土の選び方:スペックと価格を比較

まさ 王 スーパー ハード

マサファルト・powerマサファルト マサファルトは、口コミが非常に高い固まる土で、強度が非常に強く公共事業でも使われる土舗装資材です。 特にpowerマサファルトは、駐車場での使用にもじゅうぶん耐えることができます。 マサファルトの強度は、 圧縮強度は12. powerマサファルトだと、 圧縮強度は27. おそらく、固まる土系の中では一番強度が高いのではないでしょうか。 マサファルトの主成分は真砂土と無機系固化剤です。 カラーは、真砂土、赤土、白土、青土、黒土の5色。 このうち真砂土と赤土がネット通販で購入可能です。 マサファルトの1袋の内容量は20kg、 標準施工厚さは4cmで1平方メートル敷くには、4袋必要(80kg)です。 powerマサファルトのほうは、1袋が25kg、 標準施工厚さは4cmで1平方メートル敷くには、3. 2袋必要(80kg)です。 永土(エード) 永土は、「環境にやさしい」が売りの固まる土です。 セメント、有害物質、化学薬品などを含んでいないのが売りです。 ただし、セメントを含んでいない分、強度は若干低めで、駐車場などでの使用は想定されていません。 カラーバリエーションは1色のみです。 1袋の内容量は20kg、 厚さ3cmで1平方メートル敷くには、2袋必要です。 永土のメリットは、DIYが簡単ということです。 水を撒く以外に特に作業が不要で、散水後、なんと30分で硬化してしまうということなので、DIYにはピッタリです。 超硬い 固まる防草砂 駐車場にぴったりという触れ込みで、袋に駐車場の絵がプリントアウトすらされているといういかにも固そうな固まる土です。 圧縮強度や成分などは特に公開されていませんが、パッケージから推測するに、DIY系としては最強部類に入るのではないでしょうか? カチカチ君 カチカチ君は、水をかけて固まる魔法の土という触れ込みの固まる土です。 1袋の内容量は20kg、 厚さ3cmで1平方メートル敷くには、2袋必要です。 主成分は天然砂、無機系固化剤、混和剤とのことで、おそらくセメントが使われているのではと推測しています。 他の固まる土と比較して強度は低めです。 なので、駐車場や重量物が載るところではなどには使えません。 まとめ 以上を比較した表を作ってみました。 価格は楽天のネット通販でだいたい中間値をとってみたのですが、送料込みのショップが多いことに驚きました。 重量物なので送料が高いとおもいきや、意外でした。 価格の方は、駐車場に使える物のほうが駐車場に使えないものと比較すると割安だという意外な結果でした。 まとめ 名称 特長 駐車場へ の施工 価格 カラーバリエーションが豊富 一部可能 30kgで 2,000円 (送料込) 強度が高い 可能 20kgで 2,000円 (送料込) 天然成分でできているので植物にやさしい 不可 20kgで 3,000円 (送料込) 耐摩耗性が高い 可能 15kgで800円 (送料別) 施工が簡単 不可 60kgで 10,000円 (送料込).

次の

固まる土の比較!費用・水はけ・デメリットは?ハイサイドや永土など

まさ 王 スーパー ハード

したがいまして、コンクリートのような強度はありません。 歩行や劣化によって、はがれたり欠けたりすることがあります。 使用用途を充分お考えの上、ご使用ください。 露天での保管はできません。 また、一度固まってしまった製品は再使用できません。 ほぐして施工されても、再度固まることはございませんので保管には充分ご注意ください。 また、開封後は一度に使い切ってください。 (白華:固化剤のカルシウム分が浮き上がる現象) これらは、防草効果や耐久性などの品質に影響を与えるものではございませんので安心してご使用ください。 下地が不安定な場合、ゆがみによって施工面が壊れやすくなります。 また、施工する部分と施工しない部分の境界は、強度が出にくく崩れやすくなります。 必ず境界を固定できるように区切ってください。 翌日雨が降りそうな場合はブルーシートなどで覆ってください。 また、好天でも夏季など気温が高い直射日光下では散水した水分が急激に乾燥することで施工不良を起こしやすくなりますので、散水後ブルーシートなどで覆っていただくことを強くお勧めいたします。 一度施工不良を起こして硬化しないなどの不具合が出ますと、その製品は使用できなくなりますのでご注意ください。 やむをえず夜間など氷点下の外気にさらされることが予想される場合は、ブルーシートで覆うなどの保温対策をお願いいたします。 【製品改良のため予告なく製品自体やパッケージの仕様変更を行う場合があります。 地盤がやわらかいままだと、施工後にゆがみが大きくなりヒビ割れ等が発生する原因となります。 (表面に水が浮く程度) 散水不足になると表面のみ硬化し、下層が硬化しないままになるので気をつけてください。 施工部分全体が硬化し、強度が出てきます。 この施工例では「オレンジ」を使用しています。

次の

howto情報|まさ王の施工方法|ホームセンター

まさ 王 スーパー ハード

固まる土は各社からいろいろな商品名で販売されており、 製造方法や原材料もそれぞれ異なりますので、 当然、強度もまちまちです。 駐車場への施工と言う事であればよく聞くのはeee. SOILと言う商品です。 強度の面で駐車場への施工や、他の方の回答でも寒冷地が取り上げられていましたが、 駐車場への施工はもちろんの事、寒冷地での施工にも強く、 新潟や長野、道東などでも使用されているようです。 この商品の大きな違いは附属の液がセットになっているところです。 固まる土の多くは水をかけるだけですが、 eee. SOILの場合は附属の液を水で薄めてかけるようになっています。 たぶん、この一手間が強度の違いにつながるのではないかと思います。 参考URL: No2さんの言われるとおりだとおもいますが ひび割れ、タイヤの通るところの凹みなどがでる、一緒に組み合わせた枕木やレンガ、インターロッキングなどが多少ガタつく等が気にならないのであれば問題ないです 業者として似たようなものをたまに使いますが その感想とすれば 乾燥したものを敷き詰めた上に水を撒くような施工方法だと 仕上がった質感は堅めのクッキーを想像してください 粒子と粒子の間に隙間がたくさんあり その隙間を通して水が抜けるようになっています 当然それなりの強度です 最初に水を入れて練り込んでコテなどで表面を押さえてると隙間は少なくなり強度は多少でますが水はけはその分悪くなるようです。 また、冬場に含水が凍結融解を繰り返すと劣化してボロボロしてくます この様な真砂土系の材料は 1、雑草が生えないようにしたい 2、雨水がたまってぬかるみができないようにしたい 3、土の風合いをいかしたい ということが目的なので この材料自体に車を乗り入れる様な強度を求めるべきではないとおもいます 犬走りとか 石畳の周りとか本来が土であっても支障のない場所だが 上記の問題を解決するためにつかうものと理解したほうがよいです どうしても 駐車場などに使いたいということであれば 水勾配をつけるなどの水はけを考えた上で 砕石+コンクリートで強度を確保し 表面の仕上げ材として 枕木やレンガ、インターロッキングなどと一緒に使うしかないとおもいます この回答への補足 ご回答ありがとうございます。 ひび割れ、へこみ、ガタつき等気にせず一度やってみようと思うのですが追加で質問よろしいでしょうか? 土を有る程度掘ってタイヤの乗る部分に枕木を敷き、 駐車スペース以外の土の部分との境目にレンガまたはインターロッキングを並べ、 それ以外の所にワイヤーメッシュを入れて固まる土を入れれば多少は強度が出るでしょうか? 少なくとも現状の土のまんまよりは良くなると思うのですが、 余計にみすぼらしい事になってしまうのでしょうか? (現状では雨が降っても水はけはさほど悪くは無いのですが、 玄関やアプローチに土が上がる、道路に土が出る、 今は生えてないがいずれは雑草が生える等の問題があります。 ) よろしければまた回答宜しくお願いします。 ただし、ジャッキを掛けると凹むと思います。 土ベースでまさ王だけでひびが出ない様にと考えられているならまず無理でしょう。 そんなに強度のある物ではありません。 他の物を埋め込むとそのものとの間にまず、間違い無く段差が出てきます。 展示場などは見た目さえ良ければ良いのと1~2年で壊すので構わないのですけどね。 他の人と違ったものにしたいと言うのであれば、 コンクリートのベースを作った後に敷きこむ形ですが、 リンクストーン 石の粒を接着して敷きこむもの 、コンクリートスタンプ工法 レンガやインターロッキングにも見えるものなどが作れる と言うものの方が良いと思いますよ。 A ベストアンサー 小石は「砕石=さいせき」と呼ばれる岩を砕いたものが良くしまります。 しかし、土の中にもぐって行くことは必至ですので、また撒き直す必要が出てきます。 (早ければ3ヶ月くらい) なお、材料購入はホームセンターよりも、町の土建屋さんに言った方が遥かに安くつきます。 (間違っても袋詰めなんかを買わないように。 土も砂も運搬賃ですから少量ですと割高になりますが) 小型ダンプでお願いして(あるいは軽のダンプである程度撒きながら空けて貰うのが)手間が省けます。 大体スコップと掻き均し用の熊手見たいなものを用意して20M2当たり半日くらいみておけば、たやすく出来ます。 申し遅れましたが、土地の状況により(粘土の性質)目的の成果を上げられないこともありますので、 事情の分かる方に先に相談した方がよろしいのではないでしょうか。 A ベストアンサー 砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。 現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。 ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。 他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。 施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか? それと、カーポートと地面のどちらに費用をかけるかで考えれば断然地面にお金をかけます。 地面の状況が不安定であれば(きちんと固めない、コンクリートであれば厚みが薄い)などの状況は、後々手直しが必要になり、そのたびにコストがかかります。 カーポートはあくまで車が汚れないためと乗り降りの不便さを解消するため。 シャッター付きの完全タイプなら防犯上の利点もありますが・・ 建て売り物件などでも、カーポートはなくても、駐車スペースにコンクリートが打ってあるのはこのためです。 地面は車が出入りするたびに負荷をかけます。 まずは土台をきちんと固めることをおすすめします。 砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。 現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。 ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。 他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。 施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか? それと、カーポー... Q 冬に積もった雪が春先に溶けて、庭の駐車場がぬかるみになります。 多少は石が混ざっているのですが、タイヤが10センチ以上も土に食い込みます。 コンクリートを打つのと砕石を撒くのではどちらが安く出来ますか?安い方でやりたいですが、砕石を撒く方が、コンクリートを打つより簡単ですね。 でも、かなり分厚く撒かないといけないと知り合いにアドバイスされました。 何センチくらいの厚さが必要ですか?車一台分より少し広いくらいにしたいですが、砕石というのはいくらくらいで、何屋さんで売ってるのでしょうか?ホームセンターで売ってますが、量の割りに値段が高いですね。 また、コンクリの打ち方も教えていただけませんか?鉄筋などは入れる必要があるのか、何センチくらいの厚さにするのかなど、よろしくお願い致します。 Q 現在、砂利の敷いてある駐車場があります。 ・建材屋さんにある細めの鉄筋を格子状に敷く ・セメントと砂利と砂と水をまぜ流し込む。 ・勾配に注意しコテでならす。 ・竹ぼうきで表面をざらつかせる 素人考えでは、このような手順なのかなと思ったのですが、 このような手順で良いのでしょうか? セメントではなくモルタルの場合だとなにか問題がありますか? 生コンをか 頼んだ方が安いでしょうか? 鉄筋を敷くときに、縦と横の鉄筋を止めるのは針金か何かで 結べばいいのでしょうか? アドバイスよろしくお願い致します。 A ベストアンサー #1より追記及び訂正 なるほど、目的はコンクリ舗装ではなく単に汚れないければいいということですか。 ワイヤメッシュも何も敷きません。 これで自然とある程度の使用には耐えます。 将来地盤が下がったら空モルタルで同じように補強すればいいんじゃないのかな。 ちょっと本格的なコンクリート打設という考えは無理のようですね。 下がったらさがったで対応できるものしたほうがあとあと楽でしょう。 空コン・空モルこれが楽だね。 施工は1日で仕上げる必要もないでしょう。 (当方簡易施工で既存の土にセメントを混ぜて安定処理をして勝手口の通路を固めています。 意外と綺麗で強度もまぁまぁです。 ) 一つの案です。 <訂正> 前回の回答に間違いがありましたので訂正します。 *現在の砂利を取って、転圧かけるにしても砂利層は最低でも 厚み=200cmは・・・・ の中の厚み=200cmは 200mmの間違いです。 失礼しました。 #1より追記及び訂正 なるほど、目的はコンクリ舗装ではなく単に汚れないければいいということですか。 ワイヤメッシュも何も敷きません。 これで自然とある程度の使用には耐えます。 将来地盤が下がったら空モルタルで同じように... Q こんにちは。 年末に家が建つものです。 先日着工がはじまり、現在基礎を作っているところです。 予算ぎりぎり(というか少しオーバー)しているので、 色々削れるところを探しています。 照明、カーテンは自分達で買い、ドアもグレードを落としました。 ふと、見積もりを見ると駐車場と家の周りの砂利に 結構お金がかかっているのを知りました。 粘土層なので土がすべるらしく、砂利は引いたほうがいいとのこと。 でも、砂利を引くだけなら自分達でもできるのではないかと思いました。 道路に面して駐車場があり、 駐車場から階段を6段くらいのぼって家があります。 砂利を持ちながら階段は相当きつそうなので、 駐車場だけでもやれたらなと希望しています。 砂利を夫婦二人で引くのは無謀でしょうか? また、自分達で行うといくらくらい削減できるのでしょうか。 ちなみに見積書によると、 砕石敷き:駐車場 163800円(C-40、t100、63平方メートル、単価2600円) 砕石敷き:建物廻り 82500円(6号砕石0. t50、33平方メートル、単価2500円) です。 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、 ぜひとも教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。 こんにちは。 年末に家が建つものです。 先日着工がはじまり、現在基礎を作っているところです。 予算ぎりぎり(というか少しオーバー)しているので、 色々削れるところを探しています。 照明、カーテンは自分達で買い、ドアもグレードを落としました。 ふと、見積もりを見ると駐車場と家の周りの砂利に 結構お金がかかっているのを知りました。 粘土層なので土がすべるらしく、砂利は引いたほうがいいとのこと。 でも、砂利を引くだけなら自分達でもできるのではないかと思いました。 道路に面し... A ベストアンサー 自分は家を建てた時にある程度、自分でやりました。 理由は費用削減、自分が作りたいものを作るためです。 恵まれていたのは父親が建築屋だったため道具は無料レンタルできたことです。 標準工事では車1台分しかないため増設し2台駐車できるようにしました。 総費用20,000円位。 レンガ800個を買い敷き詰めました。 花壇は枕木で囲いを作り中の土を深さ50cmくらい捨て花壇用の土に入れ替えました。 総費用:200,000円位。 立水栓も標準の味気ないものから自分でおしゃれなものに付け替えました。 総費用:50,000円位。 総費用50,000円位。 物品は結構、高いものを使いましたし分配器等屋内機器費用も込みです。 40,000円位。 今後、ウッドデッキを作る予定。 他いろいろ。 経験からやる気になればある程度はできます。 できないことは専用工具が必要な作業でしょうか?でもホームセンターで手に入りますので採算が合えば自分でできます。 困るのは作業後の道具の保管場所ですかね。 かなり質問の回答から外れてしまいました。 結論から言いますとやる気があれば時間は掛かりますが何でもできます。 ただ、経験から道路に面した駐車場に砂利を敷くのはやめた方が良いような気がします。 理由は道路に砂利が散らばるし、近所のガキンチョが投げて遊ぶからです。 ですので、土を捨てる必要がありますが枕木か硬質レンガを敷き詰めるか乱形石(要モルタル)を敷き詰めるのがお奨めです。 枕木なら横並べで埋め込むと本数が多くなり高いですが車幅にあわせて弾くのであれば4本くらいで済むような気がします。 庭の施工例が載っている本が多数ありますのでそれを参考に自分のお庭を設計しましょう。 イメージできたらどこの土をどれくらい捨てる必要があるのか決めてそれを家を建てている業者さんに廃棄してもらえばよいような気がします。 宣伝ではないですが自分が枕木を調達したショップのURLをUPしておきます。 1128. html 自分は家を建てた時にある程度、自分でやりました。 理由は費用削減、自分が作りたいものを作るためです。 恵まれていたのは父親が建築屋だったため道具は無料レンタルできたことです。 標準工事では車1台分しかないため増設し2台駐車できるようにしました。 総費用20,000円位。 レンガ800個を買い敷き詰めました。 花壇は枕木で囲いを作り中の土を深さ50cmくらい捨て花壇用の土に入れ替えました。 総費用:200,...

次の