イーブイ あくび ねがい ごと 遺伝 剣 盾。 イーブイ

Switch ポケモン 剣盾 についてです。ブラッキーにあくびと願い事を覚えさせた...

イーブイ あくび ねがい ごと 遺伝 剣 盾

全ポケモン中で見ても指折りの総合耐久が最大の持ち味で、物理・特殊受けの両方に適性があり、耐性は少ないが等倍での数値受けが務まる堅牢さを持つ。 の耐久ポケモンの特権として一致イカサマを扱えるため、対物理の遂行速度が速く、物理アタッカーの積み技やちょうはつを牽制できる点もよい。 その他、どくどくには、いわなだれ・エアスラッシュ・アイアンヘッドでの強引な突破にはなど、様々な崩し手段に対抗し得る要素を秘めている。 主軸として採用されるケースは少ないが、広範囲にごまかしが効くその性能から、6枠目の補完として採用しやすい。 時代を重ねるごとに・ ・といった強力なライバルが増えてきたが、ブラッキー固有の強みも多く立場を失うには至っていない。 もっとも、単にタイプの補完枠が欲しいのであればそれらと枠を争うことになるため、個性的なライバルを差し置いてブラッキーを採用する理由は明確化させたい。 ねがいごとによるクッション性能、あくびでの流し性能などが重要だろう。 第7世代ではZワザの登場により数値受けポケモン全般が逆風に晒されていたが、第8世代でのダイマックス技はある程度威力が抑えめになったため、前世代よりは動きやすくなった。 自身がダイマックスしてHPを増やし、ダイウォールと併用して受けるという選択肢も取れる。 環境に増えた強力なゴーストであるに有利な点などを活かし活躍させたいところ。 また、第8世代ではおいうち削除、どくどく・いばるが過去作限定になり、 代わりにかみくだくの習得、バークアウト・あくのはどうの自力習得と習得技にかなり変化があるので注意。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 シンクロ どくどく持ちの耐久ポケモンを(自身も機能停止になりつつも)機能停止にする。 ねむるを搭載することでどくどく持ちの耐久型相手への十分な対策となる。 ただし剣盾ではどくどくのわざマシンが廃止され、毒タイプ以外での習得者が激減した。 せいしんりょく 隠れ特性。 ねこだましやいわなだれ、アイアンヘッド、エアスラッシュなどの怯み技で怯まなくなる。 素早さが低いため怯み技が負けに直結することも多いので、安定性を求める場合は採用される。 シングルよりもねこだましやいわなだれが飛び交いやすいダブルバトルでは、シンクロよりも優先して採用されやすい。 また、あくびを使用する直前にシンクロで相手を別の状態異常にしてしまうことを嫌う場合でも採用される。 第8世代ではいかくを無効化できるようになった。 また、どくどくの使用者が激減したこともあり、シンクロの優先度が低くなったため、こちらの採用率も上がっている。 技考察 物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 イカサマ 悪 95 142 100 - こちらの攻撃力に関わらず火力が出せる。 対物理アタッカー向け。 じごくづき 悪 80 120 100 音技封じ タイプ一致技。 ハイパーボイスやほえるに強い。 のろいと相性がよい。 速くないのであると便利。 のろいとも好相性。 あなをほる 地 80 100 溜め技 ダイマックス枯らしに。 命中不安。 みがわり貫通。 雨・晴れで一致技級の威力に。 変化技 タイプ 命中 備考 つきのひかり 妖 - 受け型と好相性だが、猛毒に弱い点、天候によって回復量が変わる点、PPが少ない点には注意。 ちょうはつ 悪 100 耐久ポケモンの補助技対策に。 仮想敵次第では多少のS調整をしたい。 まもる 無 - ねがいごとでの回復、あくびの眠り待ち、たべのこし・どくどくの時間稼ぎに。 ねがいごと 無 - 味方後続の低負荷降臨を目的に採用。 まもるとセットで自身の回復も可。 あくび 無 - 主に交代読みで相手を流す。 まもると相性が良い。 のろい 霊 - 耐久と火力を上げる。 しっぺがえし、でんこうせっかと相性が良い。 ねむる 超 - カゴのみやねごとが必要になるが、状態異常に強くなるのが大きな利点。 バトンタッチ 無 - のろいと合わせて。 きあいだめ 無 - 単体では活かしにくいのでバトンタッチによる後続サポート向き。 回復技について ・つきのひかり 再生回復技。 決定力不足のアタッカーを物理特殊問わず止める。 一方シンクロこそあるも、どくどくで自身が機能停止する点、PPが少ない点、天候に左右される点がデメリット。 まもるによる技スペ圧迫と、まもる時に相手に自由行動を許すことがデメリット。 2度目以降は回復に融通が効かないため基本的に低火力の耐久特化型には向かない。 のろい積みアタッカーで真価を発揮する。 かみくだく 130 195 安定悪技。 じごくづき 130 195 バークアウト 110 165 特殊技なので他の悪技と比べると追加効果と相性が良い。 しっぺがえし 100 150 通常時後攻しっぺがえしと威力は同じ。 物理耐久上昇。 特殊耐久上昇。 どろかけ 90 ダイウォール 変化技 - まもる状態 フェイントで解除されないが、ダメージは受ける 相手のダイマックスターン枯らしに。 便利だが一枠割く価値はない。 のろいで十分。 ダイサイコ サイコキネシス 130 サイコフィールド 対闘毒。 であいがしらなどの先制技封じ。 ダイバーン ウェザーボール 130 天候:晴れ 晴れ限定。 ダイストリーム ウェザーボール 130 天候:雨 雨下限定。 ダイアイス ウェザーボール 130 天候:霰 霰下限定。 ダイロック ウェザーボール 130 天候:砂嵐 砂嵐限定。 ダイサンダー でんじほう 140 エレキフィールド 過去作限定技。 ゴツゴツメットイカサマで物理アタッカーを迅速に処理する物理受け。 元々の高い特殊耐久力により、並の特殊アタッカーなら数値受けも可能である。 第8世代では天候が変化しやすくなったため、つきのひかりは不安定。 ねがいごとの採用率のほうが高い。 ちなみに忘れがちだが、ねがいごとの回復量は端数切り捨て。 要するにH実数値201では回復量は100となる為、余程の理由が無い限りは単純に回復量が上がる最大HPの202となる252振りを推奨する。 更にダイマックスをした場合、イカサマが元のダイアークは物理技になるので、ずぶといではなくわんぱくを採用する型も増えている。 流し先の物理アタッカーには一致イカサマで負荷を掛けられる。 物理受けのイメージが強いポケモンだが、特殊耐久は物理耐久以上の数値。 加えてタイプは・など、特殊アタッカーを受けやすい耐性なので好相性。 積み技を持たない広範囲特殊アタッカー全般は難なく受けられる。 特殊アタッカーにはイカサマのダメージが入りづらく火力が控えめ。 バークアウトをもたせれば攻撃しつつ相手の火力を下げられるため、流し能力に磨きがかかる。 低火力な耐久型全般も役割対象に入るため、Sを調整してちょうはつを搭載するとかなり動きやすい。 状態異常やイカサマを使う特殊受け型とは異なり、基本的に居座りを前提とした運用になる。 対ブラッキー 注意すべき点 高い耐久値を持つため素では落とし難く、HPも高いため固定ダメージにも強く、かといって積んで崩すにもイカサマやバークアウト、 状態異常技で崩すにも特性シンクロやちょうはつと、こちらの処理手段を防止したり逆利用したりする手立てが豊富。 処理手段を間違うと1対1交換は避けられない。 対策方法 弱点とする格闘・虫・フェアリータイプにはインファイト、メガホーンやじゃれつくなど高火力な技が揃っており、一撃必殺技も有用なので突破するのは極端に難しいわけではない。 アンコールやちょうはつで縛ったり いたずらごころ持ちの変化技はタイプの耐性により無効 、晴れ以外の天候にしてつきのひかりの回復量を減らすのもよい。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 ネコにこばん 40 100 ノーマル 物理 20 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技16 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技23 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技29 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技33 あまごい - - みず 変化 5 技34 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技46 ウェザーボール 50 100 ノーマル 特殊 10 技47 うそなき - 100 あく 変化 20 技57 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技58 ダメおし 60 100 あく 物理 10 技61 ガードスワップ - - エスパー 変化 10 技71 ワンダールーム - - エスパー 変化 10 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技79 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 技85 バークアウト 55 95 あく 特殊 15 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技11 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技32 かみくだく 80 100 あく 物理 15 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技37 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技58 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技81 イカサマ 95 100 あく 物理 15 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技95 じごくづき 80 100 あく 物理 15 遺伝.

次の

【ポケモン剣盾】あくびの効果と遺伝ルート【ソードシールド】

イーブイ あくび ねがい ごと 遺伝 剣 盾

DLCの最新公開情報をチェック! 現在の対戦環境をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるイーブイの育成論と対策について掲載しています。 イーブイのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍から2倍になる 戦闘に出た時、相手が「こうかはばつぐんだ」の技か、「ぜったいれいど」などの一撃技を持っていると察知する イーブイの特徴 専用技キョダイホーヨーで相手をメロメロに キョダイマックスができる特別なイーブイは専用技キョダイホーヨーが使えます。 通常のダイマックス技と同じ威力の仕組みで、 異性の相手ポケモンをメロメロにする追加効果があるのが特徴です。 同性や性別不明の相手には効果がないので注意しましょう。 また、ノーマルタイプのダイマックス技であるダイアタックとは併用できません。 また、きあいのタスキなどでHPが1になったイーブイのじたばたは、特性てきおうりょくと合わさることで威力400の技として繰り出されるため気を付けましょう。 対策方法 天候のスリップダメージなどで対策 イーブイは特性てきおうりょくを活かし、じたばたでの高火力を狙った型が多いです。 このため、こらえるやきあいのタスキを対策ができればイーブイのやりたいことをやらせずに突破することができます。 ステルスロックやすなあらしの定数ダメージできあいのタスキやこらえるを対策するのがおすすめです。 キョダイホーヨーを対策 キョダイホーヨーはノーマルタイプの技であるためゴーストタイプには無効である点や、同性または性別不明には追加効果が発生しない点を利用すると良いでしょう。 また、受けてしまった際にもイーブイを倒すか、交代させることでメロメロ状態が解除されることは覚えておきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 ポケモンソードシールド関連記事 注目記事をピックアップ 対戦お役立ち 新着の育成論.

次の

ブラッキー

イーブイ あくび ねがい ごと 遺伝 剣 盾

そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 耐久は邪魔なので個体値等で下げてもよい。 僕はシールド始めた初日に捕まえた0Vやんちゃイーブイの攻撃と素早さだけ鍛えた上でにげあしに気付いて特性カプセル使った。 現状、まともにイーブイを使おうと思ったらこの型しかないと思います。 イーブイにBadなんてとんでもない• 専用技「キョダイホーヨー」は異性をメロメロにする。 威力は元の技依存で、通常のダイマックス技と変わらない。 じたばたの場合は威力130になる。 基本軸としてタスキじたばたを狙いつつ、隙あらばメロメロにしてダイナックルやダイスチルで能力上昇。 詳しくはお調べ下さい。 メロメロになる• 運任せ(直球) 実際に育成したイーブイ 育成済みイーブイの紹介です。 イーブイに関してはもう増えないと思います。 オススメに上げた2匹でございます。

次の