更新 プログラム を 構成 し てい ます 長い。 Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの展開 (Windows 10)

Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの展開 (Windows 10)

更新 プログラム を 構成 し てい ます 長い

重要 により、グループ ポリシーやレジストリなどの一部の製品で、CB や CBB のような古い用語が表示されていることがあります。 Due to , older terms like CB and CBB might still be displayed in some of our products, such as in Group Policy or the registry. これらの用語が表示されている場合、"CB" は半期チャネル 対象指定 を表していますが、現在使用されていません。 また、"CBB" は半期チャネルを表しています。 If you encounter these terms, "CB" refers to the Semi-Annual Channel Targeted --which is no longer used--while "CBB" refers to the Semi-Annual Channel. WSUS は、Windows Server オペレーティング システムで利用可能な Windows サーバーの役割です。 WSUS is a Windows Server role available in the Windows Server operating systems. これによって、組織内の Windows 更新プログラムに関する単一のハブを提供されます。 It provides a single hub for Windows updates within an organization. WSUS を使うと、更新プログラムを保留できるだけでなく、選択的に承認したり配信時期を選択したりすることができ、更新プログラムを受信するデバイスまたはデバイス グループを決定することができます。 WSUS により、Windows Update for Business をさらに制御することができますが、Microsoft Endpoint Configuration Manager が提供する、すべてのスケジュール設定オプションや展開の柔軟性は提供されません。 WSUS provides additional control over Windows Update for Business but does not provide all the scheduling options and deployment flexibility that Microsoft Endpoint Configuration Manager provides. Windows 更新プログラムのソースとして WSUS を選択した場合は、グループ ポリシーを使って Windows 10 クライアント デバイスを WSUSサーバーに向けます。 When you choose WSUS as your source for Windows updates, you use Group Policy to point Windows 10 client devices to the WSUS server for their updates. そこから、更新プログラムが定期的に WSUS サーバーにダウンロードされ、WSUS 管理コンソールまたはグループ ポリシーを通じて管理、承認、および展開され、企業の更新プログラムの管理が合理化されます。 From there, updates are periodically downloaded to the WSUS server and managed, approved, and deployed through the WSUS administration console or Group Policy, streamlining enterprise update management. 現在、環境内で WSUS を使って Windows 更新プログラムを管理している場合は、Windows 10 でも続けて使うことができます。 WSUS による Windows 10 のサービスの要件 Requirements for Windows 10 servicing with WSUS WSUS を使用して Windows 10 の機能更新プログラムを管理および展開するには、サポートされている WSUS バージョンを使用する必要があります。 To be able to use WSUS to manage and deploy Windows 10 feature updates, you must use a supported WSUS version:• WSUS 10. 14393 Windows Server 2016 のロール WSUS 10. 14393 role in Windows Server 2016• WSUS 10. 17763 Windows Server 2019 のロール WSUS 10. 17763 role in Windows Server 2019• WSUS 6. 2 および 6. 3 Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 のロール WSUS 6. 2 and 6. 3 role in Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2• KB 3095113 および KB 3159706 または相当する更新プログラム が WSUS 6. 2 および 6. 3 にインストールされている必要があります。 KB 3095113 and KB 3159706 or an equivalent update must be installed on WSUS 6. 2 and 6. 重要 2017 年 7 月以降、 および は両方とも セキュリティの毎月の品質ロールアップに含まれています。 Both and are included in the Security Monthly Quality Rollup starting in July 2017. これは、KB 3095113 と KB 3159706 は、ロールアップでインストールされている可能性があるため、インストールされた更新プログラムとして表示されない場合があることを意味します。 This means you might not see KB 3095113 and KB 3159706 as installed updates since they might have been installed with a rollup. ただし、これらのいずれかの更新プログラムが必要な場合、 2017 年 10 月以降にリリースされた セキュリティの毎月の品質ロールアップをインストールすることをお勧めします。 これには、WSUS の clientwebservice でのメモリ使用量を削減するための追加の WSUS 更新プログラムが含まれています。 However, if you need either of these updates, we recommend installing a Security Monthly Quality Rollup released after October 2017 since they contain an additional WSUS update to decrease memory utilization on WSUS's clientwebservice. セキュリティの毎月の品質ロールアップの前にこれらのいずれかの更新プログラムを同期した場合、問題が発生することがあります。 If you have synced either of these updates prior to the security monthly quality rollup, you can experience problems. 回復するには、に関する記事をご覧ください。 To recover from this, see. WSUS のスケーラビリティ WSUS scalability WSUS を使ってすべての Windows 更新プログラムを管理するために、一部の組織では境界ネットワークから WSUS にアクセスすることが必要になる場合があります。 組織によっては、他の複雑なシナリオがある場合もあります。 To use WSUS to manage all Windows updates, some organizations may need access to WSUS from a perimeter network, or they might have some other complex scenario. WSUS はスケーラビリティが高く構成範囲が広いため、さまざまな規模やサイト レイアウトの組織に対応できます。 WSUS is highly scalable and configurable for organizations of any size or site layout. アップ ストリームおよびダウン ストリームのサーバー構成、ブランチ オフィス、WSUS の負荷分散、その他の複雑なシナリオなど、WSUS のスケーリングに関する情報については、をご覧ください。 For specific information about scaling WSUS, including upstream and downstream server configuration, branch offices, WSUS load balancing, and other complex scenarios, see. 自動更新を構成し、サービスの場所を更新する Configure automatic updates and update service location Windows クライアント デバイスで WSUS を使って更新プログラムを管理するときは、まず環境のグループ ポリシー設定、 [自動更新を構成する] および [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所] を構成します。 When using WSUS to manage updates on Windows client devices, start by configuring the Configure Automatic Updates and Intranet Microsoft Update Service Location Group Policy settings for your environment. こうすることで、影響を受けるクライアントを強制的に WSUS サーバーに接続させて管理できるようにします。 Doing so forces the affected clients to contact the WSUS server so that it can manage them. 次のプロセスで、これらの設定を指定し、設定をドメイン内のすべてのデバイスに展開する方法について説明します。 The following process describes how to specify these settings and deploy them to all devices in the domain. 環境のグループ ポリシーの設定、[自動更新を構成する] および [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所] を構成するには To configure the Configure Automatic Updates and Intranet Microsoft Update Service Location Group Policy settings for your environment• グループ ポリシー管理コンソール gpmc. msc を開きます。 Open Group Policy Management Console gpmc. msc. ドメイン名を右クリックして、 [このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] を選択します。 注意 この例では、ドメイン全体に対してグループ ポリシーの設定、 [自動更新を構成する] および [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所] を指定しています。 In this example, the Configure Automatic Updates and Intranet Microsoft Update Service Location Group Policy settings are specified for the entire domain. これは必須ではありません。 セキュリティ フィルター処理や特定の OU を使って、これらの設定の対象を任意のセキュリティ グループにすることができます。 This is not a requirement; you can target these settings to any security group by using Security Filtering or a specific OU. [新しい GPO] ダイアログ ボックスで、新しい GPO に「 WSUS — Auto Updates and Intranet Update Service Location」という名前を付けます。 In the New GPO dialog box, name the new GPO WSUS — Auto Updates and Intranet Update Service Location. [WSUS — Auto Updates and Intranet Update Service Location] GPO を右クリックし、 [編集] をクリックします。 Right-click the WSUS — Auto Updates and Intranet Update Service Location GPO, and then click Edit. グループ ポリシー管理エディターで、[コンピューターの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に進みます。 [自動更新を構成する] 設定を右クリックし、 [編集] をクリックします。 Right-click the Configure Automatic Updates setting, and then click Edit. [自動更新を構成する] ダイアログ ボックスで、 [有効にする] を選択します。 In the Configure Automatic Updates dialog box, select Enable. [オプション] で、 [自動更新を構成する] 一覧から [3 - 自動ダウンロードしインストールを通知] を選択し、 [OK] をクリックします。 Under Options, from the Configure automatic updating list, select 3 - Auto download and notify for install, and then click OK. 注意 更新プログラムの自動ダウンロードおよびインストールの日時には、他に 3 つの設定があります。 There are three other settings for automatic update download and installation dates and times. これはこの例で使うオプションです。 This is simply the option this example uses. 自動更新とその他の関連ポリシーを制御する方法の例については、「」をご覧ください。 For more examples of how to control automatic updates and other related policies, see. [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] 設定を右クリックし、 [編集] を選択します。 Right-click the Specify intranet Microsoft update service location setting, and then select Edit. [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] ダイアログ ボックスで、 [有効にする] を選択します。 In the Specify intranet Microsoft update service location dialog box, select Enable. 注意 WSUS の既定の HTTP ポートは 8530、既定の HTTPS HTTP over Secure Sockets Layer ポートは 8531 です。 The default HTTP port for WSUS is 8530, and the default HTTP over Secure Sockets Layer HTTPS port is 8531. その他のオプションは 80 と 443 で、その他のポートはサポートされません。 The other options are 80 and 443; no other ports are supported. Windows クライアントがコンピューター ポリシー 既定のグループ ポリシー更新設定は 90 分で、コンピューターの再起動時にも更新されます を更新するにつれて、徐々に WSUS にコンピューターが表示されます。 As Windows clients refresh their computer policies the default Group Policy refresh setting is 90 minutes and when a computer restarts , computers start to appear in WSUS. クライアントが WSUS サーバーと通信するようになったので、次に展開リングに沿ったコンピューター グループを作成します。 Now that clients are communicating with the WSUS server, create the computer groups that align with your deployment rings. WSUS 管理コンソールでコンピューター グループを作成する Create computer groups in the WSUS Administration Console 注意 次の手順では、例として「」の表 1 のグループを使います。 The following procedures use the groups from Table 1 in as examples. コンピューター グループを使うと、特定の品質および機能の更新プログラムがあるデバイスのサブセットを対象とすることができます。 You can use computer groups to target a subset of devices that have specific quality and feature updates. これらのグループは、WSUS によって制御される展開リングを表します。 These groups represent your deployment rings, as controlled by WSUS. WSUS 管理コンソールを使って手動で、またはグループ ポリシーを通じて自動的にグループを設定することができます。 You can populate the groups either manually by using the WSUS Administration Console or automatically through Group Policy. どちらの方法でも、まず WSUS 管理コンソールでグループを作成する必要があります。 Regardless of the method you choose, you must first create the groups in the WSUS Administration Console. WSUS 管理コンソールでコンピューター グループを作成するには To create computer groups in the WSUS Administration Console• WSUS 管理コンソールを開きます。 Open the WSUS Administration Console. 名前に「 Ring 2 Pilot Business Users」 リング 2 パイロット ビジネス ユーザー と入力し、 [追加] をクリックします。 Type Ring 2 Pilot Business Users for the name, and then click Add. これらの手順を繰り返して、 Ring 3 Broad IT リング 3 一般 IT および Ring 4 Broad Business Users リング 4 一般ビジネス ユーザー グループを追加します。 Repeat these steps for the Ring 3 Broad IT and Ring 4 Broad Business Users groups. 終了したら、3 つの展開リング グループが追加されています。 グループが作成されたので、次に目的の展開リングに沿ったコンピューター グループにコンピューターを追加します。 Now that the groups have been created, add the computers to the computer groups that align with the desired deployment rings. これは、を通じて行うか、を使って手動で行います。 You can do this through or manually by using the. WSUS 管理コンソールを使って展開リングを設定する Use the WSUS Administration Console to populate deployment rings WSUS 管理コンソールでコンピューター グループにコンピューターを追加するのは簡単ですが、グループ ポリシーでメンバーシップを管理するよりも長い時間がかかることがあります。 特に、追加するコンピューターの数が多い場合に時間がかかります。 Adding computers to computer groups in the WSUS Administration Console is simple, but it could take much longer than managing membership through Group Policy, especially if you have many computers to add. WSUS 管理コンソールでコンピューター グループにコンピューターを追加することを、 サーバー側のターゲットと呼びます。 Adding computers to computer groups in the WSUS Administration Console is called server-side targeting. この例では、2 つの異なる方法でコンピューターをコンピューター グループに追加します。 割り当てられていないコンピューターを手動で割り当てる方法と、複数のコンピューターを検索する方法です。 In this example, you add computers to computer groups in two different ways: by manually assigning unassigned computers and by searching for multiple computers. 割り当てられていないコンピューターを手動でグループに割り当てる Manually assign unassigned computers to groups 新しいコンピューターが WSUS と通信すると、それらは [割り当てられていないコンピューター] グループに表示されます。 When new computers communicate with WSUS, they appear in the Unassigned Computers group. そこから、次の手順で適切なグループにコンピューターを追加することができます。 From there, you can use the following procedure to add computers to their correct groups. これらの例では、2 台の Windows 10 PC WIN10-PC1 と WIN10-PC2 をコンピューター グループに追加します。 For these examples, you use two Windows 10 PCs WIN10-PC1 and WIN10-PC2 to add to the computer groups. 手動でコンピューターを割り当てるには To assign computers manually• ここに、前のセクションで作成した GPO を受信し、WSUS との通信を開始した新しいコンピューターが表示されています。 Here, you see the new computers that have received the GPO you created in the previous section and started communicating with WSUS. この例ではコンピューターが 2 台だけですが、ポリシーを展開する範囲が広い場合、ここに多数のコンピューターが表示されます。 This example has only two computers; depending on how broadly you deployed your policy, you will likely have many computers here. 両方のコンピューターを選択して、選択範囲を右クリックし、 [メンバーシップの変更] をクリックします。 Select both computers, right-click the selection, and then click Change Membership. [コンピューター グループ メンバーシップの設定] ダイアログ ボックスで、 [Ring 2 Pilot Business Users] リング 2 パイロット ビジネス ユーザー 展開リングを選択し、 [OK] をクリックします。 In the Set Computer Group Membership dialog box, select the Ring 2 Pilot Business Users deployment ring, and then click OK. これらのコンピューターはグループに割り当てられたので、 [割り当てられていないコンピューター] グループには表示されなくなります。 Because they were assigned to a group, the computers are no longer in the Unassigned Computers group. [Ring 2 Pilot Business Users] コンピューター グループを選択すると、そこに両方のコンピューターが表示されます。 If you select the Ring 2 Pilot Business Users computer group, you will see both computers there. グループに追加する複数のコンピューターを検索する Search for multiple computers to add to groups WSUS 管理コンソールで展開リングに複数のコンピューターを追加するもう 1 つの方法は、検索機能を使うことです。 Another way to add multiple computers to a deployment ring in the WSUS Administration Console is to use the search feature. 複数のコンピューターを検索するには To search for multiple computers• 検索ボックスに「 WIN10」と入力します。 In the search box, type WIN10. 検索結果からコンピューターを選択し、選択範囲を右クリックして、 [メンバーシップの変更] をクリックします。 In the search results, select the computers, right-click the selection, and then click Change Membership. [Ring 3 Broad IT] リング 3 一般 IT 展開リングを選択し、 [OK] をクリックします。 Select the Ring 3 Broad IT deployment ring, and then click OK. これらのコンピューターが、 [Ring 3 Broad IT] コンピューター グループに表示されています。 You can now see these computers in the Ring 3 Broad IT computer group. グループ ポリシーを使って展開リングを設定する Use Group Policy to populate deployment rings WSUS 管理コンソールには、Windows 10 の品質および機能の更新プログラムを管理するための使いやすいインターフェイスが備わっています。 The WSUS Administration Console provides a friendly interface from which you can manage Windows 10 quality and feature updates. しかし、多数のコンピューターをそれぞれ適切な WSUS 展開リングに追加する必要がある場合、WSUS 管理コンソールで手動で行うと時間がかかります。 When you need to add many computers to their correct WSUS deployment ring, however, it can be time-consuming to do so manually in the WSUS Administration Console. そのような場合は、グループ ポリシーを使って適切なコンピューターをターゲットに設定し、Active Directory のセキュリティ グループに基づいて、それらを適切な WSUS 展開リングに自動的に追加する方法を検討してください。 For these cases, consider using Group Policy to target the correct computers, automatically adding them to the correct WSUS deployment ring based on an Active Directory security group. このプロセスは クライアント側のターゲットと呼ばれます。 This process is called client-side targeting. グループ ポリシーでクライアント側のターゲット設定を有効にする前に、グループ ポリシーのコンピューターの割り当てを受け入れるように WSUS を構成する必要があります。 Before enabling client-side targeting in Group Policy, you must configure WSUS to accept Group Policy computer assignment. グループ ポリシーからのクライアント側のターゲットを許可するように WSUS を構成するには To configure WSUS to allow client-side targeting from Group Policy• [コンピューター] ダイアログ ボックスで、 [コンピュータのグループ ポリシーまたはレジストリを使用する] を選択し、 [OK] をクリックします。 In the Computers dialog box, select Use Group Policy or registry settings on computers, and then click OK. 注意 このオプションは排他的な二者択一です。 This option is exclusively either-or. WSUS がグループの割り当てにグループ ポリシーを使うことを有効にすると、オプションを元に戻すまで、WSUS 管理コンソールを使って手動でコンピューターを追加することはできません。 When you enable WSUS to use Group Policy for group assignment, you can no longer manually add computers through the WSUS Administration Console until you change the option back. これで、WSUS はクライアント側のターゲットの準備ができたので、次の手順でグループ ポリシーを使ってクライアント側のターゲットを構成します。 Now that WSUS is ready for client-side targeting, complete the following steps to use Group Policy to configure client-side targeting: クライアント側のターゲットを構成するには To configure client-side targeting ヒント クライアント側のターゲットを使う場合は、セキュリティ グループの名前を展開リングと同じ名前にすることを検討してください。 When using client-side targeting, consider giving security groups the same names as your deployment rings. そうすると、ポリシー作成プロセスが簡単になり、間違ったリングにコンピューターを追加することを防げます。 グループ ポリシー管理コンソール gpmc. msc を開きます。 Open Group Policy Management Console gpmc. msc. [ドメイン名] を右クリックし、 [このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] をクリックします。 [新しい GPO] ダイアログ ボックスで、新しい GPO の名前として「 WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users」と入力します。 In the New GPO dialog box, type WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users for the name of the new GPO. [WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users] GPO を右クリックし、 [編集] をクリックします。 Right-click the WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users GPO, and then click Edit. グループ ポリシー管理エディターで、[コンピューターの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に進みます。 [クライアント側のターゲットを有効にする] を右クリックし、 [編集] をクリックします。 Right-click Enable client-side targeting, and then click Edit. [クライアント側のターゲットを有効にする] ダイアログ ボックスで、 [有効にする] を選択します。 In the Enable client-side targeting dialog box, select Enable. [このコンピューターのグループ名をターゲットにする] ボックスに、「 Ring 4 Broad Business Users」 リング 4 一般ビジネス ユーザー と入力します。 In the Target group name for this computer box, type Ring 4 Broad Business Users. これは、これらのコンピューターの追加先になる WSUS の展開リングの名前です。 This is the name of the deployment ring in WSUS to which these computers will be added. 警告 ターゲット グループの名前は、コンピューター グループの名前と一致している必要があります。 The target group name must match the computer group name. グループ ポリシー管理エディターを閉じます。 Close the Group Policy Management Editor. これで、この GPO を リング 4 一般ビジネス ユーザー 展開リングの適切なコンピューターのセキュリティ グループに展開する準備ができました。 GPO を 1 つのグループに限定するには To scope the GPO to a group• GPMC で、 [WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users] ポリシーを選択します。 In GPMC, select the WSUS — Client Targeting — Ring 4 Broad Business Users policy. [スコープ] タブをクリックします。 Click the Scope tab. [セキュリティ フィルター処理] で、既定値の [AUTHENTICATED USERS] セキュリティ グループを削除し、 [Ring 4 Broad Business Users] リング 4 一般ビジネス ユーザー グループを追加します。 Under Security Filtering, remove the default AUTHENTICATED USERS security group, and then add the Ring 4 Broad Business Users group. 次回、 "リング 4 一般ビジネス ユーザー" セキュリティ グループのクライアントが、それらのコンピューターのポリシーを受信して WSUS にアクセスすると、それらは "リング 4 一般ビジネス ユーザー" 展開リングに追加されますします。 The next time the clients in the Ring 4 Broad Business Users security group receive their computer policy and contact WSUS, they will be added to the Ring 4 Broad Business Users deployment ring. 機能の更新プログラムを自動的に承認して展開する Automatically approve and deploy feature updates 機能更新プログラムが利用可能になるとすぐに承認する必要があるクライアントの場合は、WSUS で自動承認規則を構成できます。 注意 WSUS はクライアント デバイスのサービス ブランチを引き継ぎます。 WSUS respects the client device's servicing branch. 機能更新プログラムが、Insider Preview などの 1 つのブランチにある間に承認すると、WSUS はそのサービス ブランチにあるデバイスにのみ更新プログラムをインストールします。 If you approve a feature update while it is still in one branch, such as Insider Preview, WSUS will install the update only on devices that are in that servicing branch. Microsoft が半期チャネルのビルドをリリースすると、半期チャネルのデバイスにインストールされます。 When Microsoft releases the build for Semi-Annual Channel, the devices in the Semi-Annual Channel will install it. Windows Update for Business ブランチの設定は、WSUS 経由で機能更新プログラムに適用されません。 Windows Update for Business branch settings do not apply to feature updates through WSUS. Windows 10 機能更新プログラムの自動承認規則を構成し、"リング 3 一般 IT" 展開リング向けにそれらを承認するには To configure an Automatic Approval rule for Windows 10 feature updates and approve them for the Ring 3 Broad IT deployment ring• [更新規則] タブで、 [新しい規則] をクリックします。 On the Update Rules tab, click New Rule. [規則の追加] ダイアログ ボックスで、 [更新が特定の分類に含まれる場合]、 [更新が特定の製品に含まれる場合]、および [承認の期日の設定] チェック ボックスをオンにします。 In the Add Rule dialog box, select the When an update is in a specific classification, When an update is in a specific product, and Set a deadline for the approval check boxes. [プロパティの編集] で、 [任意の分類] を選択します。 In the Edit the properties area, select any classification. [アップグレード] 以外をすべてオフにし、 [OK] をクリックします。 Clear everything except Upgrades, and then click OK. [プロパティの編集] で、 [任意の製品] リンクをクリックします。 In the Edit the properties area, click the any product link. [Windows 10] 以外のすべてのチェック ボックスをオフにし、 [OK] をクリックします。 Clear all check boxes except Windows 10, and then click OK. [プロパティの編集] で、 [すべてのコンピューター] リンクをクリックします。 In the Edit the properties area, click the all computers link. [Ring 3 Broad IT] 以外のすべてのコンピューター グループのチェック ボックスをオフにし、 [OK] をクリックします。 Clear all the computer group check boxes except Ring 3 Broad IT, and then click OK. 期限は [7 days after the approval at 3:00 AM] (承認 7 日後の午前 3 時 00 分) の設定のままにします。 Leave the deadline set for 7 days after the approval at 3:00 AM. [ステップ 3: 名前を指定します] ボックスに「 Windows 10 Upgrade Auto-approval for Ring 3 Broad IT」と入力し、 [OK] をクリックします。 In the Step 3: Specify a name box, type Windows 10 Upgrade Auto-approval for Ring 3 Broad IT, and then click OK. [自動承認] ダイアログ ボックスで、 [OK] をクリックします。 In the Automatic Approvals dialog box, click OK. そのため、WSUS が更新プログラムも管理しているコンピューター向けに Windows Update for Business を使っている場合、WSUS が更新プログラムを承認すると、待機するようにグループ ポリシーを構成していたかどうかに関係なく更新プログラムがコンピューターにインストールされます。 これで、Windows 10 機能更新プログラムが WSUS に公開されるたびに、1 週間のインストール期限付きで "リング 3 一般 IT" 展開リング向けに自動的に承認されます。 Now, whenever Windows 10 feature updates are published to WSUS, they will automatically be approved for the Ring 3 Broad IT deployment ring with an installation deadline of 1 week. 警告 同期が行われた後、自動承認規則が実行されます。 The auto approval rule runs after synchronization occurs. これは、Windows 10 の各バージョンについて、 次のアップグレードが承認されることを意味します。 This means that the next upgrade for each Windows 10 version will be approved. [規則の実行] を選択した場合、条件を満たすすべての更新プログラムが承認されます。 これには、実際に必要のない古い更新プログラムが含まれていることがあり、ダウンロード サイズが非常に大きい場合に問題が起きることがあります。 If you select Run Rule, all possible updates that meet the criteria will be approved, potentially including older updates that you don't actually want--which can be a problem when the download sizes are very large. 機能更新プログラムを手動で承認して展開する Manually approve and deploy feature updates WSUS 管理コンソール内で、手動で更新プログラムを承認し、インストールの期限を設定することもできます。 You can manually approve updates and set deadlines for installation within the WSUS Administration Console, as well. パイロット展開が更新された後に、更新規則を手動で承認する方が適している場合があります。 It might be best to approve update rules manually after your pilot deployment has been updated. 手動の承認プロセスを簡略化するために、まず Windows 10 更新プログラムのみを含むソフトウェア更新プログラム ビューを作成します。 To simplify the manual approval process, start by creating a software update view that contains only Windows 10 updates. 注意 コンピューターで複数の機能更新プログラムを承認すると、クライアントでエラーが発生することがあります。 If you approve more than one feature update for a computer, an error can result with the client. 1 台のコンピューターにつき 1 つの機能更新プログラムのみ承認します。 Approve only one feature update per computer. 機能更新プログラムを手動で承認して展開するには To approve and deploy feature updates manually• [操作] ウィンドウで、 [新しい更新ビュー] をクリックします。 In the Action pane, click New Update View. [更新ビューの追加] ダイアログ ボックスで、 [更新は特定の分類に含まれます] と [更新は特定の製品用です] を選択します。 In the Add Update View dialog box, select Updates are in a specific classification and Updates are for a specific product. [ステップ 2: プロパティを変更します] で、 [任意の分類] をクリックします。 Under Step 2: Edit the properties, click any classification. [アップグレード] 以外のすべてのチェック ボックスをオフにし、 [OK] をクリックします。 Clear all check boxes except Upgrades, and then click OK. [ステップ 2: プロパティを変更します] で、 [任意の製品] をクリックします。 Under Step 2: Edit the properties, click any product. [Windows 10] 以外のすべてのチェック ボックスをオフにし、 [OK] をクリックします。 Clear all check boxes except Windows 10, and then click OK. [ステップ 3: 名前を指定します] ボックスに「 All Windows 10 Upgrades」と入力し、 [OK] をクリックします。 In the Step 3: Specify a name box, type All Windows 10 Upgrades, and then click OK. [All Windows 10 Upgrades] ビューが表示されるようになったので、追加の手順を実行して、 Ring 4 Broad Business Users 展開リングの更新プログラムを手動で更新します。 Now that you have the All Windows 10 Upgrades view, complete the following steps to manually approve an update for the Ring 4 Broad Business Users deployment ring:• 展開する機能更新プログラムを右クリックし、 [承認] をクリックします。 Right-click the feature update you want to deploy, and then click Approve. [更新プログラムの承認] ダイアログ ボックスで、 [Ring 4 Broad Business Users] 一覧から [インストールの承認] を選択します。 In the Approve Updates dialog box, from the Ring 4 Broad Business Users list, select Approved for Install. [更新プログラムの承認] ダイアログ ボックスで、 [Ring 4 Broad Business Users] 一覧から [期限] をクリックし、 [1 週間]、 [OK] の順にクリックします。 In the Approve Updates dialog box, from the Ring 4 Broad Business Users list, click Deadline, click One Week, and then click OK. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項] ダイアログ ボックスが表示された場合は、 [承諾] をクリックします。 If the Microsoft Software License Terms dialog box opens, click Accept. 展開が成功した場合は、成功の進行状況レポートが受信されます。 If the deployment is successful, you should receive a successful progress report. [承認の進行状況] ダイアログ ボックスで、 [閉じる] をクリックします。 In the Approval Progress dialog box, click Close. Windows 10 の更新プログラムを管理する手順 Steps to manage updates for Windows 10 または、Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの展開 このトピック or Deploy Windows 10 updates using Windows Server Update Services this topic または、 or 関連トピック Related topics• 関連記事.

次の

Windowsの再起動やシャットダウンが長い・終わらない時の対処方法

更新 プログラム を 構成 し てい ます 長い

こんにちは。 通常は今回のような症状の場合、アップデートの失敗と判断し、パソコンを強制終了させて、仕切り直しが一般的ですが、次のページにあるように希に24時間ほど要する場合もあるようです。 電源が切れるまで10~15秒ほど要する場合もあります)してください。 電源が切れたらしばらく時間を置いて再度起動し、お使いのパソコンの周辺機器を外した後、以下ページにまとめられている対処方法などを確認して、もう一度インストールを試してみてください。 なお、インストール前に一度パソコンを再起動させてから実行してください。 「」からでも行えますが、より確実性の高い方法を紹介しました。 パソコンの強制終了を実行しますので、再度インストールを行う前に、「ディスクのクリーアップ(又はシステムファイルのクリーンアップ)」を行っておくと良いです。 (Adobe提供) (補足資料、NEC提供) 3. Windows 10 バージョン 1607 の 9月の累積的更新プログラム を Windows Update でインストールできない場合は次のページを参照してください。 (参考、東芝提供) おはようございます。 たしかに Microsoft 側では "24時間以上はかかる PC もあります" とは書いてありますが、 参考に。 私の場合は、0. 5H 30分 で完了しました。 私の PC は Core2 Duo P8700? 53GHz だった気がしますが、こう考えてみると PC の処理速度云々が原因でなく、PC 内にどういったアプリがインストールされているか、また、システムを OS 標準の設定でなく、裏技的にいじってしまったとか、設定云々で引っかかってるとか… 私が読んだ限りでは、強制終了しか電源を落とす方法はなくて、さらに次に電源入れたらどうなるかも特定できませんが、どのみちどっちに行ってもトラブルになりそうです。 強制終了して、起動して、うまくいったら儲けと考えて、覚悟を決めて PC へアクションを起こしたほうが良さそう? --- 私がよく思っていること… どうしても解らないことがあれば、気軽にたずねるのも悪くない気が… アップデートで24時間以上の話が独り歩きしてるような気がします。 なのでMicrosoftのモデレーターの方も完了するまで待つように勧めているわけです。 一方、百合佐々木さんの場合は自動再起動まで進んで完全に作業不能な状態で、黒画面の下で白ドットが回転を続けるだけの状況で24時間変化なしということのようなので、ここは明確に区別して考える必要があるかと思います。 実は私も Anniversary Update で同じような状況になっています。 さすがに24時間も待てない(アップデートが目的ではなく、あくまでPCを使うためにやっている)ので最長で10数時間で切り上げて強制シャットダウンしています。 たぶん、完全にクリーンインストールであればうまくいくのでしょうが使用中のPCでそれは無理なので、いろいろ試していますが成功していません。 どんなことをやったかというと…• セキュリティソフトや邪魔しそうな不要ソフトをアンインストール• Microsoft以外のサービスを停止• HDDのクリーンアップとエラーチェック• 方法1~4• インストールメディアを作成してそこからアップデート こんな感じです。 これを手がかりに私はあと一回チャレンジしてみるつもりですが、それでダメならアップデートはひとまず諦めてMicrosoftさんの対策や改善を待ちたいと思います。 これを手がかりに私はあと一回チャレンジしてみるつもりですが、それでダメならアップデートはひとまず諦めてMicrosoftさんの対策や改善を待ちたいと思います。 下記を参考に再チャレンジしてあっさりアップデート完了しました。 実際に追加でやったことは• コンピュータ名からドットやハイフンなどを削除して英数のみに変更• インストールメディアからアップデートを行いLANケーブルも外しておく• 新規に管理者アカウントを追加してそこからアップデートを開始 です。 どれが効いたのかはわかりませんが、1回自動再起動して水色画面になってから外出して1時間半して帰ってきたらログオン可能な状態になっていました。 ということで、黒画面で白ドットが回転してる画面でしばらく待たされている場合はいつまでも待っていてもダメなので、さっさと強制終了してから対策を講じてやり直すのが吉ということになりますね。 本人です。 皆さま、迅速なご回答をありがとうございます。 結局、1日半が経過したところで電源を落としました。 白いドット状の円の下に、「元のバージョンに復元します」といった旨のメッセージが表示され、しばらく(数分)待った後、元のバージョン(windows 10 に戻ることができました。 ただし、wordデータの一部が変更されていたり、多少の不具合が起きている様子です。 また、「電源」をselectすると、「更新してシャットダウン/再起動」の項目が表示されており、もうあんな思いはしたくない、という気持ちから、更新を選択しないでシャットダウンをして凌いでいます。。。 また、強制的に更新が始まってしまったら、と思うとストレスですが、再び同じ状態に陥ってしまったときは、皆さまの回答を参照して、対処したいと思います。 本人です。 白いドット状の円の下に、「元のバージョンに復元します」といった旨のメッセージが表示され、しばらく(数分)待った後、 元のバージョン(windows 10 に戻ることができました。 また 、強制的に更新が始まってしまったら、と思うとストレスですが、再び同じ状態に陥ってしまったときは、皆さまの回答を参照して、対処したいと思います。 百合佐々木さんへ 次の方法でバージョン1607の機能更新プログラムをできますので、ストレスからお逃げください。 (参考、東芝提供) もうupdateはこりごりですので、show or hide updates をinstallしました。 Windows 10 は古いバージョンのままでは1年くらいでサポートが切れるようです。 (最新バージョンに更新し続けることで、サポートされる) Windows 10 で使い続けたいなら、アップデートは避けて通れません。 トラブルが起きているパソコンは、旧 OS からのアップグレードでしょうか? 考えられる原因として、 アップグレード自体にトラブルが起きていたことです。 ・自分でインストールしたアプリを入れたままアップグレードした。 ・何か設定を変えていた。 ・他にも色々(とても書ききれるものではありません) アップグレード直後は気づかないようなファイルのエラーが起きて、WindowsUpdate で更新を重ねたことで一部のファイルだけ書き換えられて不整合が起きたり、 ユーザーアカウントのプロファイルエラー等でデータ引継ぎがうまくいかず、そのまま固まったり、 等々が考えられます。 私も会社の連中が適当に使っていたパソコンで 1607 アップデートのトラブルラッシュが続き、辟易しました。 (私がトラブル担当ではないのですが、仕事が止まって、結局は自分に跳ね返ってくるので対処) ユーザーアカウントの新規作成で解決できるなら軽症です。 初期化で解決できるのも、まだマシな方です。 重症マシンは、Windows 10 をクリーンインストールしました。

次の

終わらない「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました」原因と対処法【Windows7】

更新 プログラム を 構成 し てい ます 長い

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。 第33回は、Windows Updateに失敗する場合の対処法を紹介します。 あらかじめご了承ください。 トラブルシューティングを利用しよう Windows 10の大型アップデート「Creators Update」が2017年4月11日より始まった。 すべてのWindows 10パソコンに行き渡るまでは数か月間かかる見込みだが、自分のパソコンにアップデートが来たときのために、再起動時間の指定()など準備をしておこう。 Windows Updateでは、場合はよってはアップデート後に再起動が行われる。 Creators Updateのような大型アップデートではほぼ確実に行われる。 人によっては、再起動が始まったのに「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」というメッセージが出たまま、まったく先に進まなくなってしまうことがある。 その場合は以下の対処法を試してみてもらいたい。 まずパソコンに接続している周辺機器やメモリーカードなどを取り外してみる。 変化がない場合は、電源ボタンを長押しして強制終了するしかない。 それから再び起動して無事Windowsが起動すればいいが、Windowsを回復するトラブルシューティングのメニューが表示されたら、そこから回復作業をすることになる。 起動できた場合は、コントロールパネルにあるトラブルシューティングを実行してみよう。 終わったら再びWindows Updateを実行して、問題がないかを確認する。 Windows Updateの調子が少しおかしくなってきたかなと思ったら、トラブル予防のためにも一度実行してみよう。 検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力して、検索結果の「トラブルシューティング」をクリック または「コントロールパネル」を開いて、右上の表示方法のメニューを「大きいアイコン」や「小さいアイコン」に切り替え、「トラブルシューティング」をクリックする 「コンピューターの問題のトラブルシューティング」が表示される。 「システムとセキュリティ」にある、「Windows Updateで問題を解決する」をクリック ダイアログが表示されるので、「詳細設定」をクリックする 「自動的に修復する」にチェックが入っていることを確認したら「次へ」をクリックする 問題の検出が始まるので、終わるまで待つ 問題が見つからない場合は「管理者としてトラブルシューティングを実行する」をクリックする 問題が見つかったら、「この修正を適用します」をクリックする 問題の解決(修正)が始まる。 ここも終わるまで待つ 完了したら、「トラブルシューティングツールを終了する」をクリックして終了する.

次の