クラウン キリー。 クラウンキリー繁殖とゾウリムシ培養

クラウンキリー 混泳について教えてください。よろしくお願いします。今日...

クラウン キリー

クラウンキリーの謎 クラウンキリーがとてもかわいかったので、レッドチェリーシュリンプと一緒に飼っています。 今日水かえをしてクラウンキリーの様子を見ていたのですが、オスが1匹ひれを広げ、エラも広げて、ほかのオスを威嚇し、メスのそばにピッタリくっついていました。 このオスはいつもより色が鮮やかになりとてもきれいでした。 これって交尾の前兆なんですかね? しばらくするとこのオスとメスは離れ離れになり、オスは相変わらずほかのオスを威嚇していましたが、メスはぐったりしたように動かなくなりました(生きてはいます) 以上のような行動をとり続ける場合、別々に飼ったほうがいいのでしょうか? あと、加えてですが、エビを飼っていたらクラウンキリーの卵は食べられてしまうでしょうか? よろしくお願いいたします。 投稿日時 - 2007-04-22 21:52:32 私もレッドビー30匹とクラウンキリー シュードエピプラテス・アニュレータス・カセウイ 15匹を30水槽で2ヶ月ほど飼育しています。 >これって交尾の前兆なんですかね? あきらかに繁殖行動ですね。 >卵は食べられてしまうでしょうか? 可能性は大きいですね。 確実に稚魚を欲しかったら、そのオス1匹とメス匹を別水槽に移し産卵させるか、エビをその水槽から出したほうが良いと思います。 そのままでも水草 ウイローモスやナヤス、マツモ が繁茂していれば多少は孵化して出てくると思います。 クラウンキリーの稚魚は大変小さいので、水面近くの水草に湧くインフゾリア(ゾウリ虫等の微生物の総称)を食べ育ってきます。 ブラインシュリンプの幼生が食べられる様な大きさになればこれを与えることで充分に育ちます。 投稿日時 - 2007-04-23 07:13:16 繁殖期間にはどの魚も色が鮮やかになる傾向があります。 ひれを広げての威嚇行動はフィンスプレッディングとも呼ばれていますね。 魚達の繁殖行動はとても美しく、それが飼う楽しみでもあります。 僕も恥ずかしながら、singuraさんと同じようにエビ各種と一緒に買っています。 偶然です。 驚きました。 カセウェとかカセウとか呼ばれる方です。 クラウンキリーは食が細いと感じるので、また、性格的におとなしい感じもします。 混泳は向かないタイプかなと思います。 ゆえに、小型エビとの相性がいいと思っています。 エビの繁殖もあり、クラウンキリーの繁殖もあり、という感じです。 クラウンキリーは、確か浮き草に卵を産むタイプだと思いました。 浮き草をいくつか入れて置くと、浮き草の目が細かければ、いくらか親に食べられる事も少なくなるように思います。 なので、自然繁殖でやってます。 今は、繁殖していないのですけどもね。 水槽を変えたので、これからでしょうか。 浮き草として薦められていたのは、ウォータースプライトだったと思います。 僕は手に入らなかったので、アメリカンスプライト・ベトナムだったかな?を使って稚魚が成育しました。 水草を多めに入れると、インフゾリア等は割りと発生しています。 それを食べて大きくなっていってくれます。 ほどほどの大きさにになったら、ブラインシュリンプを食べてくれるので、そこからはだいぶ気が楽ですね。 とても綺麗な魚で、卵生メダカの中では飼いやすいと思うので、僕は大好きな魚です。 これから楽しみですね。 投稿日時 - 2007-04-25 09:19:17.

次の

クラウンキリーの謎

クラウン キリー

2週間ほど前にクラウンキリーのペアを購入しました。 テトラ9匹とバンブルビーフィッシュが1匹いる水槽に入れました。 元気なのですが、最近クラウンキリーのメスが餌を食べてくれなくなりました。 餌はフレークタイプで最初は少ないながらも食べていました。 ですが、食べるのも遅く、テトラに取られてしまい最近ではほとんど食べなくなってしまいました。 クラウンキリーにあげようとするとテトラが横取りして太ってしまいうまくいきません。 オスの方はテトラに負けず食べてくれるので心配ないのですが・・・ どうすればスムーズに餌をあげることができるでしょうか? ちなみに、バンブルビーフィッシュには赤虫をあげていますが、こちらもテトラに取られてしまい 餌あげがうまくいかず困っています。 できればこのまま混泳させたいのですが、何か良い方法はないでしょうか? フレッシュウォーターバンブルビーゴビーはマイペースで、テトラとはお互いに無関心なので混泳に問題はナシ。 クラウンキリーとテトラは、両社とも中上層魚と生活圏が重なるため、数の多いほうが水槽では優勢になります。 このため、個体差によりますがストレスに弱い個体は拒食などのトラブルが発生します。 対策としては「クラウンキリーを増やす」または「テトラを減らす」こと。 過密飼育はイケマセンが、水槽に余裕がある場合、テトラが9匹ならばクラウンキリーは5匹くらい(理想は同数)に、あと3匹ほど増やしたほうが良いでしょう。 クラウンキリーの数が増えれば餌の問題は解決すると思います。 ・バンブルビーゴビーが人に慣れているのならば、パイプなどをゴビーの近くまで差し込んで、パイプ内に赤虫を落とせば、ゴビーに優先的に餌が回ります。 バンブルビーゴビーの場合、赤虫は一本も食べれば十分です。 テトラは目が良いので透明パイプはダメ。 ----- バンブルビーゴビーは、汽水性の者(販売量多数)と純淡水性の者(少数)の2種類が売られています。 汽水性の者の場合、純淡水水槽では3か月程度で落ちてゆきます。 また、純淡水性の者の飼育環境は弱アルカリ性の中硬水を好みます。 テトラやクラウンキリーとは正反対の水質を好む魚です。 日々投入する餌(有機物)は、水槽水を酸性に傾ける原因因子です。 水替えをさぼると、水槽水は酸性化します。 このため、換水はマメに行い、水槽水のpHが下がらないように飼育するのがバンブルビーゴビーとテトラなどを長期間混泳させるコツです。 ペアで買ったにも関わらず相性が悪いのかしてメスがオスに追いかけられて逃げまわっています。 緊急対策として餌の時だけメスをガチョンで掬い、エサをあげましたが食べてくれず、赤虫に変えたところようやく食べてくれました。 とりあえず水質を見ながらクラウンキリーの数を調節しようと思います。 バンブルビーは汽水が多数とのことで、ショップに確認したところやはり汽水タイプのようでした;; ショップでも淡水で売られていたので気づきませんでした。 こちらは汽水に切り替えていければとおもいます。 いつもショップでは教えてもらえない貴重な回答を頂いてありがとうございます。 今日水かえをしてクラウンキリーの様子を見ていたのですが、オスが1匹ひれを広げ、エラも広げて、ほかのオスを威嚇し、メスのそばにピッタリくっついていました。 このオスはいつもより色が鮮やかになりとてもきれいでした。 これって交尾の前兆なんですかね? しばらくするとこのオスとメスは離れ離れになり、オスは相変わらずほかのオスを威嚇していましたが、メスはぐったりしたように動かなくなりました(生きてはいます) 以上のような行動をとり続ける場合、別々に飼ったほうがいいのでしょうか? あと、加えてですが、エビを飼っていたらクラウンキリーの卵は食べられてしまうでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私もレッドビー30匹とクラウンキリー シュードエピプラテス・アニュレータス・カセウイ 15匹を30水槽で2ヶ月ほど飼育しています。 >これって交尾の前兆なんですかね? あきらかに繁殖行動ですね。 >卵は食べられてしまうでしょうか? 可能性は大きいですね。 確実に稚魚を欲しかったら、そのオス1匹とメス匹を別水槽に移し産卵させるか、エビをその水槽から出したほうが良いと思います。 そのままでも水草 ウイローモスやナヤス、マツモ が繁茂していれば多少は孵化して出てくると思います。 クラウンキリーの稚魚は大変小さいので、水面近くの水草に湧くインフゾリア(ゾウリ虫等の微生物の総称)を食べ育ってきます。 ブラインシュリンプの幼生が食べられる様な大きさになればこれを与えることで充分に育ちます。 A ベストアンサー もしかしてライトって、テトラLEDですか?!白、青、白の3列の! ライトは別のものかもしれませんが、実は私も最近、青いライトに切り替えられるLEDに変えたんです! 夜、青いライトをつけているとすごくキレイなのですよね! 私もしょっちゅう点けていました。 ただグリーンネオンテトラとシュリンプを飼っていまして、青いライトを点けると グリーンネオンテトラが起きて動き回り始めるので今は控えています。 と言うのも、暗い時はシュリンプがなんの警戒もなく優々と歩き回っているのですが、 テトラが起きて泳ぎ回りだすと警戒してしまうみたいで...。 特に抱卵固体などは、昼間は基本的に影に隠れているので、魚が寝静まっている 夜の時間はシュリンプにとっては大切なのかも、と思います。 Q 60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。 3匹ともまだ小さいのです。 ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。 2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。 よーく見るとかすかに移動しています。 友達にはイトミミズじゃないかと言われました。 でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。 以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。 昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。 とりあえず変化はないです。 それはミズミミズです。 水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。 少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。 ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。 ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。 でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。 完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。 上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。 リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。 ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。 そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。 水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。 それはミズミミズです。 水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。 少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います... A ベストアンサー ビーシュリンプを飼育する上で水流の「あるなし」はそんなに重要ではありません。 水流が必要だと考えられる理由として、水草に主眼を置いている場合『止水域』を無くす為に必要。 もしくはプレコ等の水流が強い地域に生息している魚を飼育する場合。 コリドラスの遊び用にする場合。 主にこんな所です。 なのでエビ飼育で水流は殆ど必要としないと言う事です。 ビーシュリンプはエアレーションを多めにかけた弱酸性の水で飼育するのが王道です。 爆殖を狙うならば『穴あき流木』を入れたり、ウィローモスのジャングルは必需品です。 自分は水質浄化と水面ジャングル化を兼ねて「アマゾンチドメ草」を入れています。 (増えすぎて照明が底まで届かないのが難点) No1さんの言う通り、吸い込み口にストレーナーの装着は必要です。 しかし、質問者さんが初心者と言う事で絶対に気をつけて頂きたい事が1つあります。 それは『水換え』です。 水槽と言う限られた水量で飼育する以上、汚れた水を抜き新しい綺麗な水を補充してやる必要がありますが、エビは水質の変化に極めて敏感で、ただ水を抜いてドバっと水を入れたらあっという間に全滅です。 これはエビ飼育を何年もやっていると言うベテランでも気を使う所です。 新しい水(水質調整剤使用or汲み置きした水)をゆっくり、少しずつ、何回にも分けて抜いた水量を入れます。 水質の変化に敏感であるので水槽の容量が大きなポイントになります。 元々の水量が多ければ『変わらない水』の量が多くなり、新しい水を混ぜても水質が変化しにくくなります。 これがエビへのダメージを軽減しているのです。 よって大きな水槽であればあるほど生存率が高くなると言えるでしょう。 今は違いますが以前自分は水槽のガラス蓋の上に2リットルのペットボトルに新しい水を入れて置いて、エアチューブを差込んでペットボトルより下の位置で口で吸います。 そうするとサイフォンの原理で水が出続けるので、チューブを『U』の字に折り返して輪ゴムで縛ります。 こうなるとUの字に折れ曲がっている為、水量が調節され「ポタ、ポタ」と言う感じに水が出るようにして水槽に入れます。 ビーシュリンプを飼育する上で水流の「あるなし」はそんなに重要ではありません。 水流が必要だと考えられる理由として、水草に主眼を置いている場合『止水域』を無くす為に必要。 もしくはプレコ等の水流が強い地域に生息している魚を飼育する場合。 コリドラスの遊び用にする場合。 主にこんな所です。 なのでエビ飼育で水流は殆ど必要としないと言う事です。 ビーシュリンプはエアレーションを多めにかけた弱酸性の水で飼育するのが王道です。 爆殖を狙うならば『穴あき流木』を入れたり、ウィローモスのジャング... Q まとめて3つ質問させて下さい。 20cmキューブ 6リットル にビーシュリンプ4匹、ラムズ4匹いるのですが えさを入れると一番大きいビーがエサにしがみつき 他3匹がくると、追い払う始末です。 5時間ほど様子を見ましたが、ずっとこうなので エサから引き離し、水槽内のエサを少し分割したところ 全員にいきわたったようでした。 しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると 面倒です。 そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか? あと、水槽用小型ライトですが 水槽用は2000円強しますが、同じようにふちに挟める普通のライトは 1000円程度で手に入るのですが、 やはり水槽用は何か違うのでしょうか? 蛍光管も、水槽用は高いですが 20w型18wなら100均でも売ってるんですが、 やはり光量の違い以外に、何か差があるんでしょうか? 魚にどくな物質とか。。。 あと、ソイルの掃除はしてはいけないとよく見かけますが 底床掃除せず、ソイル上面の気になるごみだけ取り、 半年でリセット。 こんなんで良いんでしょうか? 宜しくお願いします。 まとめて3つ質問させて下さい。 20cmキューブ 6リットル にビーシュリンプ4匹、ラムズ4匹いるのですが えさを入れると一番大きいビーがエサにしがみつき 他3匹がくると、追い払う始末です。 5時間ほど様子を見ましたが、ずっとこうなので エサから引き離し、水槽内のエサを少し分割したところ 全員にいきわたったようでした。 しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると 面倒です。 そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか? あと、水槽用小型ライトですが 水槽用は2000円強... A ベストアンサー エビ君は、餌の独り占めするんですよ。 私もponpokori様とまったく同様に、タブレットを小さく割って、水槽の角に置いています。 その他に、最近生まれたチビエビにも餌が回るように、100円ショップで擂り鉢と擂り棒を購入し、魚の餌、クリルやフレークを擂り潰して、水槽水で溶かして、スポイトでウィローモスなど色々なところに撒いています。 (笑) 餌割は拙宅の休みの日の内職になりました。 水槽照明は、水槽内の水草が「エビたちに食べられても良いや」位の気持ちで、あまり、水草育成に力を入れていないのならば、100円ショップの品物でOKです。 注意点は、小水量に対し、20W蛍光灯は充分な熱源になります。 これからの時期からならば来年の初夏までは問題ないと思いますが、夏場は高水温に注意が必要です。 水草育成を目指す場合は、普通の室内照明用蛍光管ではなく「高演色蛍光管」をオススメします。 人間が明るいと感じる光成分と、水草たちが成長のために必要としている光成分は違います。 100円ショップの蛍光管の仕様(演色性や分光分布)が分からないと、水草育成用には使えません。 詳しくは、こちらのNo.2をご覧ください。 goo. html 小水量の水槽は、標準サイズに比べて、ソイルの有無に係わらず崩壊時期は早めになる傾向があります。 ですが、ソイル自体は、半年で粉化するものでは無いので、半年でリセットは短いと思います。 水槽が崩壊していないのならば、せめて1年は持たせましょう。 私は、普段、スポイトによるゴミの吸出しと、あまりに汚い時は、9ミリ径ホースを使って表面を薄く剥ぎ取るように吸い出しています。 吸い込み水量調整は、ホースを折って行ないます。 その後注意深く新しいソイルなどを追加しています。 ちなみに、同じ水量の水槽でエビと魚を比べると、ビーシュリンプなどの小エビの飼育数は小魚の3倍程度飼育できますよ。 エビ君は、餌の独り占めするんですよ。 私もponpokori様とまったく同様に、タブレットを小さく割って、水槽の角に置いています。 その他に、最近生まれたチビエビにも餌が回るように、100円ショップで擂り鉢と擂り棒を購入し、魚の餌、クリルやフレークを擂り潰して、水槽水で溶かして、スポイトでウィローモスなど色々なところに撒いています。 (笑) 餌割は拙宅の休みの... 多くの観賞魚店では、自店で購入した魚を引き取ってもらえます。 お客さまからの要望を受け入れることは、餌などを購入してくれている固定客を増やすチャンスですから。 Shilius12さんだって、飼いきれなくて困った魚を笑顔で引き取ってもらえれば、また、この店で買い物をしようと思うでしょ。 お店によっては、移動用のビニール袋などをくれる事もあります。 ----- 引き取られた魚の行く末は、、、、 ・人気のある魚。 ・珍しい魚。 ・高価値な魚。 を除いて、新しい飼い主に引き取られることは、マズありません。 ・一般に言うところの、餌金水槽ではありませんか? 飼いきれなくなった魚を、Shilius12さんの代わりにお店が処理してくれているってことデス。 =魚たちの悲しい現実= ----- お住いの地域によっては「おさかなポスト」の様な、飼いきれなくなった魚を無償で引き取るボランティアなどもあります。 一度、調べて見ることをオススメします。 nifty. php? 多くの観賞魚店では、自店で購入した魚を引き取ってもらえます。 お客さまからの要望を受け入れることは、餌などを購入してくれている固定客を増やすチャンスですから。 Shilius12さんだって、飼いきれなくて困った魚を笑顔で引き取ってもらえれば、また、この店で買い物をしようと思うでしょ。

次の

LOHACO

クラウン キリー

2011年1月15日 まさに弱肉強食の修羅がそこにあった。 移動後のクラウンキリー。 別な魚のように落ち着いた 先日小型魚水槽2に クラウンキリーを増やしたのだが、小競り合いはより一層激しさを増すばかり。 「数を増やせば落ち着くかもしれない」という目論みがあっさりと撃破されてしまった。 そして投入翌日、 早くも一匹の弱い個体がこの抗争で命を落としてしまう。 もはやここまで。 クラウンキリーを小型魚水槽の方へ移すことにした。 迷っている暇は無かった。 ただし、これがクラウンキリーの持つ性格ならば移した所で何の解決にもならない。 色々と不安が募る中、小型魚水槽に移した後も慎重に観察を続けたが、今度はまるで別の魚のように大人しくなってしまった。 心配していたハチェットとの干渉も全く見受けられないし、特定の場所に群がる事もあるぐらいに激変した。 単純に考えれば、水槽サイズが小競り合いの原因になっていたことになるだろう。 要するに25cmキューブでクラウンキリーを飼うには狭すぎた、と。 しかし、単にそれだけの理由でも無いような気もしている。 それでは何が理由なのかと言うと 水流である。 全く別の魚の話になるが、小型魚水槽にいるラスボラエスペイは、今の住処に引越ししたとたん小競り合いが酷くなった事があった。 どれくらいかと言うと、ほぼ全部のラスボラが尾びれが欠損するぐらい。 「引っ越すまで大人しかったのがなんで今更」と思いあれこれ考えたが、理由はまるで解らなかった。 そんな折、別の魚 ハチェット を迎え入れることになり、シャワーパイプの向きを変えて水流を弱めた所、小競り合いする事がほとんど無くなったのである。 底面エアリフトだけとはいえ、25cmキューブ水槽では結構な水流がついてしまう。 これがクラウンキリーのストレスになったのか、それとも攻撃性を活性化させてしまったのかは解らないが、仮に小競り合いが水槽サイズだけの問題だったとすれば、現状のように群がる行動を説明しづらくなるのだし、 水流が要因の一つになっていた事だけは間違いないと思う。 ちなみに小型魚水槽の上層部分は、25cmキューブよりもはるかに穏やかな流れとなっている。 どんな魚であろうと水流は飼育する上での重要なファクターとなるのだから、この魚に関して言えば穏やかな流れの方が飼育に向いていると言えるのではないだろうか。 これでクラウンキリー繁殖の芽は潰れてしまったかもしれないが、元々繁殖目的で迎え入れた魚でもないし、つまらぬ喧嘩で命を落とすよりはずっとマシ。 とにかく移動してから落ち着いてくれたのは何よりの事である。

次の