ハムスター速。 ハムスターに与えてはいけない!危険な食べ物リストまとめ

【かわいい!】測ってみた!ハムスターが本気で走ると時速6.8km!

ハムスター速

ハムスターの床材 チップが最適と思ってしまう勘違い ペットショップがチップを使用しているのを見ている皆さんは、ハムスターの床材=チップを連想します。 実に多くの皆さんが、 「ハムスターはチップの床材で飼うもんだと勘違をします。 ペットショップが床材にチップを使用する理由は、皆さんと違います ペットショップがチップを使用しているのにはちゃんとした理由があります。 ハムスターをお客に 『見てもらわなければならないから』からチップを使用しています。 ハムスターには身を隠す【本能と習性】がありますから、筒や小箱を置けばその中に入ってしまうので、お客に見てもらうことができません。 チップなら、潜っても、隠れても半分くらいは見えます。 皆さんに買って(飼って)もらうまでの間ですからチップでも我慢しています。 ハムスターはチップの無い環境を好みます。 比較実験をすれば、ハムスターが何を好むか?をすぐにわかります。 チップの環境と、チップの無い環境と、二つの環境を用意して、ハムスターがどちらも自由に選べる状態にした、比較実験をすれば、ハムスターがチップの無い環境を選びますから、皆さんも簡単に、ハムスターがチップを好んでいるのではないことが理解できます。 ハムスターの床材について以下に説明いたします。 ペットショップがハムスターを展示しているときにチップを使用しているために、チップが最適な床材だと考えてしまいがちですが、 ペットショップがチップを使用している理由が別のところにあります。 ハムスターには敵から身を隠す【本能と習性】があります。 ペットショップでは、お客さんに可愛い姿を見せなければなりませんので、身を隠してしまうのは困ります。 そこで、普及したのが、チップの床材を、もぐってもハムスターが見える程度に薄く敷いておく展示方法です。 チップが薄く敷いてあるので、その中に隠れようとして、潜りますが、お客さんからも見ることができます。 ちなみに、ハムスターの家も、同じ理由から、中に隠れてもお客さんが見えるような形状のものを使用しています。 したがってペットショップでは、新鮮なチップを定期的に入れ替えてケースの中の清潔を保っています。 チップ交換のマニュアルを作っているペットショップもあります。 チップにもぐるのは、身を隠すところがないから、仕方なく潜っているだけですから、チップが好きという ことではありません。 比較実験で証明 一方にチップの床材、一方に新聞紙の床材の全く同じ飼育セットを二つ作って、どちらも自由に選べるようにしてあげると、チップの無い方を選ぶことからも、ハムスターがチップの床材を好まないことがわかります。 この速さは、人が速足で歩く速さより早く、軽くジョギングする速さです。 小さなハムスターにとっては驚異的なスピードです。 しかも、急加速、急停止を繰り返します。 【走る姿勢】 ハムスターの走り方は速度によって変わることはありません。 犬や猫や馬などは、走る速さによって、走り方、足の動きが変わります。 最も早く走る時には、四足が地面から離れて飛ぶように、猫などは胴体全体をバネの様に使って、ジャンプするように走ります。 チーターが獲物を追いかけるときの走り方は独特です。 しかしハムスターの場合は、早く走るときにもお腹を地面すれすれに沈めて、ひたすら四足を動かします。 まるで四輪駆動車を思わせる走りの姿勢です。 このことから、ハムスターの走りの観点から床材を考えたときに、足に何かが絡みつくようなことが無い、平らな場所が良いことが分かります。 チップのような場所では一歩一歩をまたぐように四足を高く上げなければならず、お腹がこすれてチップの先でちくちくしてしまいます。 そもそも、ハムスターが生息している場所はチップを敷き詰めたようなところではなく、石・砂・土の地面です。 【ハムスターが好む床材はチップでなくて平らな新聞紙】 比較実験をすれば、ハムスターが新聞紙の床を好むのが分かります。 新聞紙の床材の飼育ケージと、チップを敷き詰めた床材の飼育ケージの二つの環境を用意して、ハムスターが自由に選べるようにしてあげると、ハムスターは新聞紙の床材の飼育ケージに落ち着きます。 チップの床材の飼育ケージを選ぶことはありません。 汚れれば簡単に交換できるので、常に清潔が保てます。 また、万が一けがをした場合などには血の跡で早期発見ができます。 また、下痢をした場合などにもすぐにわかるので、健康管理が誰にでも簡単にできます。 チップの場合は、定期的に入れ替えが不可欠です。 入れ替えを怠ると、保湿成分が多いために、ダニが湧くようなことが起こります。 活発に動くハムスターの場合は、チップにお腹がこすれて、毛がうすくなったり、お腹に傷が付いたりします。 地下型の巣箱式の飼育ケージの床つまり、巣穴から出た所の【地上の環境】は、ハムスターが活発に行動して、皆さんとコミュニケーションを取る場所ですから、一般家庭で飼育する場合にはチップが必要な理由がありません。 そして何よりも、長年の新聞紙使用で、なんの問題も起きていませんし、ハムスターは健康に生活しています。 スギやマツやヒノキのような樹脂のニオイが強いものよりも、ニオイの少ない方が比較的好むのかナ?という結果でした。 チップは邪魔なんですネ。

次の

ハムスターの寿命はどれくらい?ギネス記録の年齢は?

ハムスター速

ジャンガリアンハムスターの生態と特徴 ジャンガリアンハムスターはネズミ目キヌゲネズミ科に分類される小動物です。 中央アジアのカザフスタンやロシア、中国などに幅広く分布しており、砂地の乾燥した場所を好んでいます。 体色は背中がネズミ色で、頭部から尻尾にかけて黒くて濃い線が入っています。 夜行性で、昼間は土に穴を掘って休んでおり、夜になると昆虫や種子などの餌の確保と縄張りの確認のために5km以上を歩き回ります。 ジャンガリアンハムスターの性格 ジャンガリアンハムスターは飼い主になつくようになります。 警戒心の強い生き物なので、ゆっくりと時間をかけて飼い主さんの匂いに慣らしていきましょう。 大人しい性格なので、小学生くらいの子供とも一緒に遊ぶことも出来ますよ。 ジャンガリアンハムスターの体重と体の大きさ ジャンガリアンハムスターの 体重はオスだと35g~45g、メスだと30g~40gになります。 50gを超えると肥満になるため、こまめに体重をチェックしてください。 体の大きさはオスだと7cm~12cm、メスだと6cm~12cmになります。 小型のハムスターなのでドワーフハムスターと総称されることがあります。 ジャンガリアンハムスターの寿命 ジャンガリアンハムスターの 寿命は平均して2年~3年です。 2年以降になると寿命で死ぬ可能性が高くなり、死因のほとんどが老衰や老衰から来る栄養不足、骨折などになります。 寿命についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ジャンガリアンハムスターの種類 ジャンガリアンハムスターの人気の色を紹介します。 品種改良が盛んで、さまざまな体色が生み出されており、珍しい色をみかけることもあります。 ブルーサファイア ブルーサファイアは薄いグレーをしており、淡い色合いが人気の種類です。 パールホワイト パールホワイトはジャンガリアンハムスター特有の背中のラインがなく、全身の毛が真っ白になる種類です。 プディング プディングは全身が黄色になる種類で、店頭でもなかなか販売されていない珍しい色です。 パイド パイドは背中の全面がグレーではなく、白色で模様になっている種類です。 非常に珍しい色で、出会えることはほとんどありません。 ケージ• 回し車• エサ入れ• トイレ• 水入れ ケージ ジャンガリアンハムスターの ケージは水槽か金網の2タイプが一般的です。 水槽は透明度が高いので観察しやすいですが、ケージ内が蒸れやすいので夏は高温に注意しておかなければなりません。 金網タイプは風通しが良いですが、金網を囓ったり、よじ登って怪我をすることがあるので注意が必要です。 ケージの大きさは横幅で40cm、奥行きで30cmもあれば十分ですよ。 ケージの選び方やおすすめ商品についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 回し車 ジャンガリアンハムスターは毎日5kmほど走っているため、ケージの中には回し車が必須です。 夜中にガラガラと音を鳴らすので、気になる方は静音タイプの回し車を設置しておきましょう。 おすすめの回し車についてはで詳しく紹介しているのでご参考ください。 床材 床材はウッドチップや牧草を使います。 口に含むことが多いため、食べても大丈夫な物であることが大切です。 厚みはジャンガリアンハムスターの全身が潜れるくらいにしっかりと敷いておきます。 おしっこをしたら部分的に交換し、1ヶ月に1回は全ての床材を交換するようにしてください。 おすすめの床材や交換頻度などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 エサ入れ 餌を床材の上に置いていると、床材の誤飲の可能性が出てくるため、専用の小皿を用意してください。 囓られたり、ひっくり返されることがあるので、重くて丈夫な陶器タイプの物がおすすめです。 トイレ ジャンガリアンハムスターは決まった場所におしっこをするので、トイレを覚えさせることでケージ内を清潔に保ちやすくなります。 中には消臭用の砂を入れておきましょう。 最初はトイレでおしっこをしてくれない子もいます。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 巣箱 ジャンガリアンハムスターは暗い場所に隠れるのが好きなので、全身がすっぽりと収まる巣箱を用意してあげましょう。 巣箱に餌をため込んで腐ることがあるため、1週間に1回は餌を隠していないか確認してください。 巣箱の選び方についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 水入れ お皿に水を入れておくと、体が濡れる可能性があるため、給水ボトルを使います。 水は2日に1回は交換して、新鮮な状態をキープしてください。 ジャンガリアンハムスターの飼育方法について ジャンガリアンハムスターは人慣れしやすく、丈夫で飼育しやすいので、初心者にもおすすめのペットです。 日々のお世話は餌やりと床材の掃除だけで大丈夫です。 あとはストレスを感じさせない程度に、散歩などふれ合いを楽しみましょう。 飼育難易度 簡単 値段の相場 500円~1,000円 最適な温度 18度~25度 多頭飼い 不可。 子供の時は可能 おすすめの餌 専用のペレット、果物、野菜 値段と販売場所 ジャンガリアンハムスターは 値段は500円~1,000円ほどで、ハムスターの中で最も安価で販売されています。 人気の種類なので、どこのペットショップでも簡単に見つけることが出来ますよ。 春から入荷数が増えて選びやすくなるので、その時期になったらホームセンターなどで探しに行きましょう。 飼育の観点からも、寒くなる冬から飼育を始めると温度管理が大変ですので、気温が上がりはじめる春から飼育するのがおすすめです。 適している温度 ジャンガリアンハムスターに適している温度は18度~25度です。 冬は小動物用のパネル式ヒーターをケージの下に敷いて、床を暖めるようにしてください。 寒さが厳しい夜は暖房をつけて、部屋全体を暖める方が安心です。 夏に30度を超える日が続くようなら、冷房を使って温度を下げて上げましょう。 温度の調整方法などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 多頭飼いできる? ジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強いため、 多頭飼いすることが出来ません。 子供の頃は仲良く暮らしていますが、成長するにつれてお互いに噛み合い、出血するほどの喧嘩をします。 ハムスターの中では唯一、ロボロフスキーハムスターが多頭飼いできる可能性があります。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ケージを噛むときの対策 ジャンガリアンハムスターが ケージを噛む理由は主に次の4つです。 ケージの外に出たい• ストレスを感じている• 構って欲しい• 餌がほしい 一番多い原因が、ケージの外に出たいとアピールすることです。 ジャンガリアンハムスターは一度散歩した場所を縄張りとして、毎日パトロールをしないと気が済みません。 これが原因の場合、毎日散歩することで解決します。 他の原因と対策についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 おすすめの餌と給餌方法 ジャンガリアンハムスターの 餌はハムスター専用のペレットがおすすめです。 栄養バランスが整っているので、これひとつで飼育することができます。 他にもニンジンやカボチャなどの野菜、リンゴやイチゴなどの果物、ニボシ、ミルワーム、ひまわりの種なども食べてくれます。 ペレットだけで飼育することができるので、おやつとして与える程度にしてください。 餌の頻度は1日1回、活動前の19時に与えます。 餌の量はペレットだと3gほどで十分です。 おすすめの餌や与える量についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

次の

ハムスターの寿命はどれくらい?ギネス記録の年齢は?

ハムスター速

<目次>• ハムスターの寿命が短いのは心拍数の問題 ハムスターや象などのほ乳類と鳥類は、一生の間に同じ回数だけ心臓を動かし、呼吸をしています。 心臓が動く回数を心拍数(しんぱくすう)というのですが、 ハムスターの短い一生の間の心拍数と象の長い一生の間の心拍数は、どちらも約15億回。 見るからにまったく違う動物なのに、心臓が動く回数はほぼ同じなのです。 また、呼吸数も同じで、 ハムスターも象も一生の間に約3億回呼吸をします。 同じ回数心臓を動かし、呼吸をしているならば寿命の長さも同じになりそうに思えますが、心臓を動かすスピードと呼吸の速さが違うために寿命の長さは変わります。 心臓を動かすスピードは身体の小さい動物の方が速く、逆に身体の大きな動物では遅くなります。 呼吸数も同じで、身体の小さな動物の呼吸は速く、逆に身体の大きな動物ではゆっくりになります。 1分間の心拍数 1分間の呼吸数 ハムスター 約500回 約135回 象 約40回 約6回 ハムスターは心臓の動きが速く、逆に象は心臓の動きが遅いために、15億回心臓が動くのにかかる時間が変わります。 呼吸数も同じで、ハムスターは呼吸が速く、象は呼吸がゆっくりなため、3億回呼吸するのにかかる時間が変わります。 心拍数を増やさないようハムスターには優しくしよう 緊張したときや驚いたときなど、心臓がドキドキして速く動くことがありますよね? こういった心拍数を増やしてしまうことも、ペットの寿命には影響します。 驚かしたり、怖い思いをさせたりしながらペットを飼っていれば、ペットの心臓はドキドキすることが増え、心拍数が増え、寿命が短くなります。 逆に、穏やかな環境でゆったり飼っていれば、ペットの心拍数が増えることがありませんので、寿命をまっとうさせてあげることができます。 寿命を縮めないように、ペットを穏やかな環境で飼うようにしてあげましょう。 【関連記事】•

次の