日航 ジャンボ機 ufo 遭遇 事件。 日本航空ハイジャック事件

「パイロットは全員UFOを目撃している」は本当なのか?【タブー動画】

日航 ジャンボ機 ufo 遭遇 事件

機長が主張する、「母船型UFO」との遭遇時を再現した映像。 11月17日、発、経由行 JAL1628便、日本航空の-246F貨物機が、の上空の高度約10,000メートルを飛行中に、両端にライトを点灯させた巨大な母船型UFOに遭遇した(ただし、「母船型」と言っているのは機長だけで、副操縦士は「光は見たが、機長の言うような形には見えなかった」と証言している)。 同機機長によると、UFOは自機の大きさの3~4倍にも匹敵する巨大な球形で、1時間弱の間、旋回して逃れようとした同機と併走するように移動し、機内の気象にもはっきりと写ったが、なぜかのような透明状のものとしてレーダー上では写っていたとのことである(金属製の物体なら赤く映るがUFOの像は緑の中であった)。 このUFOについては、アメリカ FAA のアンカレッジ空港の地上とアメリカ軍のエレメンドルフ空軍基地レーダー局でも該当する物体は捕捉されなかった。 後述のキャラハン氏のみが地上レーダーで捕捉されていたと証言している なお、実際はゴーストだったが、レーダーに別のコンタクトがあったのは事実のようである。 地上レーダーで確認できなかったことから、管制局から「調査のため空軍機の飛行を依頼するか」との提案があったが、機長は当該提案を断った(なお、通信記録にこのような会話は無いと言われている)。 この提案を断ったことについては、後に機長自身による「非常に高度に発達した飛行機に対して、あるいは宇宙船に対して行動を取った場合に、彼らはものすごい技術を持っていますんでね。 "なんか変なことでもされたんでは申し訳ない"という気持ちがありますもんで、即座に断りました」という発言があった。 その後、JAL1628便がアラスカ行きの機と行き違ったところ、UFOは反転して今度はユナイテッド機の追尾を始め、同機がアラスカに着陸すると何処かに消失した。 なお、ユナイテッド航空機はUFOらしきものは見ていない。 また、あまり話題にならなかったが、UFO騒ぎを聞きつけた空軍のC-130輸送機が現場に接近しており、日航機は視認したがUFOらしき物体は確認ではなかったとのことである。 なお、このUFO目撃事件については、「航空機の安全運航に影響がある」とされたことから、アンカレッジ着陸後、FAAによって機長の事情聴取が行われ、機長については酩酊などの可能性がないことが報告されている [ ]。 この事件の1ヶ月前に、日本航空の機長が見たとされる同じUFOがブラジルのサンパウロ上空に現れ、大勢の人に目撃されている。 報道 [ ] 後に機長が事件の詳細をに勤務する友人に話したことから、この事件を共同通信社が世界各国に向け配信、事件が公になり、当時日本をはじめとする各国のや、などで大きく報道された。 しかしながら、その直後に「UFOではなく惑星を見間違えたもの」とするマスコミによる解釈が報道された。 この第一報の時点でも、副操縦士は、「光は見たが飛行物体の形は確認できなかった」と証言しており、航空機関士は「何も見ていない」と証言している。 またさらに機長は、「機内が照らされて熱も感じた」と述べているが、副操縦士も機関士も、「そんなことはなかった」と否定している。 なお機長はこの事件の前後にもUFO目撃談を語っており、この事件の後でも再びアラスカ上空で「UFO」を目撃しているが、これに関して機長は、光柱現象の誤認であると認めている。 本件についても、レーダーに雲状のものとして映ったという事実は、光柱現象を起こすような氷晶を含んだ雲であった可能性を示唆している。 機長はその後地上勤務に異動となった。 キャラハンの主張 [ ] この事件は、20世紀末までは「機長の錯覚」として人々の記憶から忘れら去られていた。 しかし、2001年に、かつての関係者や退役軍人、政府関係者、航空メーカーの技術者などが『』というUFOや宇宙人に関する情報公開を目的とした記者発表会をで開催し、本件についてはFAA職員であり事件当時を含む1981年~1988年にかけて事故調査部長だったジョン・キャラハンより、日航機長の報告を裏付ける証言がなされた ただし、証言内容がかなり「盛られている」可能性があるので注意。 「」を参照 キャラハンによると、日航機がアラスカ上空で遭遇したUFOは実際にレーダー上で確認され、機長の要請に呼応する形でFAAがレーダー追跡し管制対応と記録を行っていた。 その後事件がマスコミに漏れて騒ぎになったことから、FAAのアンカレジ支部は業務に支障を来たし、事件翌々月の1987年1月、対処をキャラハンが率いる事故調査部に一任した。 キャラハンは全ての資料と記録をFAAの技術センターに移送させ、模擬管制室を用意して録音やデータを元に管制経過のリアルタイム再現を行った。 これに立ち会って内容を知ったキャラハンは報告のためFAA本部に戻り、当時FAA局長だった退役海軍中将Donald D. Engenに再現時のレーダースクリーン状況を録画したビデオを見せた。 するとEngenはその夜の予定を全てキャンセルし、「大統領に面会する」として出て行った。 この二日後、FBI、CIA、および当時のアメリカ大統領直属の科学調査班が召集され、キャラハン他FAA関係者22名を含めた報告会議が開かれた。 この会議の終わりにおいて、参加者全員に対してCIAから緘口令が宣告され、公式には本事件は存在せず、この会議も開催されなかったこととされた。 このとき、FAAが会議に提出した資料やレーダー記録等はCIAらにより全て持ち去られたが、FAA側は他にも報告書や録音テープ、再現状況録画ビデオの原本等を保有しており、これらは気付かれず特に提出を命じられなかった。 このためキャラハンらはこれらを保管し続け、後に一部を公表した。 また、はこのUFO遭遇事件の報道に関して、アメリカ国内のマスコミに圧力をかけたといわれている [ ]。 による何らかの秘密実験との関連を指摘する説もある [ ]。 補足 [ ]• 民間機のパイロットや航空自衛隊または他国の空軍ではパイロットが飛行中このような未確認飛行物体を目撃した際、正式に記録や報告をしないといわれている。 その理由は様々だが多くは扱いされることへの懸念やUFO対策へ未対応が原因とされている [ ]。 機長は当時、マスコミへの反論のため証言インタビューをおこなったが、結果的には当時の報道機関などに公にされることはなかった。 現在この機長の証言テープはのに保管されている [ ]。 脚注 [ ]• JAL Pilot's UFO Story Surfaces after 20 Years. JapanToday, ufocasebook. 2011年5月8日閲覧。 佐藤健寿『世界不思議地図』、2017年、77頁。 Callahan, John 2013-05 , , Citizen Hearing on Disclosure , 2013年5月4日閲覧。 Callahan, John 2013-05 , , Citizen Hearing on Disclosure , 2013年5月4日閲覧。 Gates, Quentin J. Henley, Carl E. ; Rich, Samuel J. ; Aarnink, John L. 外部サイト [ ]• による機密書類公開• による機密書類公開• - による解説。

次の

日航ジャンボ機UFO遭遇事件

日航 ジャンボ機 ufo 遭遇 事件

ソース: このUFOについて、近くを飛行中のユナイテッド航空機からは、「確認できない」旨の報告があった。 また、地上のレーダーにも何も捉えられていないことがFAAにより確認されている。 地上レーダー管制との会話において、管制局から「レーダー上には何も見えない。 調査のため空軍機の飛行を依頼するか」との提案があったが、寺内機長は当該提案を断ったという。 提案を断った理由を、後に機長はこう語っている。 「非常に高度に発達した未確認飛行物体になんらかのアクションを仕掛けたら、高度な技術を持っていると予想される飛行物体に変なことをされたら申し訳ないという気持ちになって即座に断った」と。 しかし、交信記録には「空軍機の飛行依頼」に関しての会話は残されていないそうだ。 なお、このUFO目撃事件については、「航空機の安全運航に影響がある」とされたことから、アンカレッジ着陸後、アメリカ連邦航空局 FAA によって機長の事情聴取が行われ、寺内機長については酩酊などの可能性がないことが報告されている。 寺内機長が描いたUFO図 寺内機長が事件の詳細を共同通信社に勤務する友人に話したことから、当時日本をはじめとする各国のテレビニュースや全国紙、週刊誌などで大々的に報道された。 しかしながら、なぜかその直後に「UFOではなく惑星を見間違えたもの」とする解釈が報道がされた。 また、副操縦士は、光は見たが飛行物体の形は確認できなかったと証言しており、航空機関士は何も見ていないと証言しており、寺内機長との話に食い違いがあることから、その信憑性が疑われている。 機長がこの話をしたのは、バーで酒が入った後とも言われており、面白おかしく語った体験談が一人歩きしただけなのではと言われているが、それでも謎の部分は多く、海外では未だこの事件を信じ、検証を続けているという。

次の

日航ジャンボ機UFO遭遇事件

日航 ジャンボ機 ufo 遭遇 事件

【日航ジャンボ機UFO遭遇事件】 1986年、パリ発東京行きの日航機がアメリカのアラスカ州を飛行中にジャンボジェット機のおよそ20倍という巨大な母船型UFOに遭遇。 当機のレーダーでは確認できたが、近くを飛行していたユナイテッド航空機や地上レーダーでは探知できなかったという。 管制塔からはF 15戦闘機のスクランブル発進も打診されたが、機長を務めていた寺内氏が危険回避のために拒否した。 この事件はマスコミにも大々的に取り上げられ、寺内機長はその後、運行任務のない地上職に異動されることになる。 科学者は「惑星との見間違い」と断定したが、真相は果たして…?パイロットが未確認飛行物体を目撃するのは珍しいことでもないといわれ、過去には現役の自衛隊航空幕僚長が記者会見中に思わず、「我々はUFOをしょっちゅう見る」と漏らしてしまったことがあった。 【甲府事件】 1975年、夕方に帰宅していた小学2年生の少年2人が、山の上空にオレンジ色に光る2つの物体を発見。 そのうちのひとつが徐々に近づいてきたため、怖くなった2人は逃げようとしたが、しばらくするとどこかに消えていった。 しかし、今度はその先のブドウ畑に炎のように光る物体を発見し、近づいて見てみると、直径2. 5メートル、高さ1. 5メートルほどの円盤型UFOであることがわかった。 UFOからは銀色に光る服を着て、茶色い顔をした身長約130センチのヒト型の宇宙人が出てきた。 怖くなった少年たちは必死でその場を去り、帰宅して母親を連れて戻ると、母親も飛び去ろうとするオレンジ色の光体を発見した。 翌日、報告を受け現地を訪れた放射能技師がUFOの着陸跡を調べると自然界のものではない残留放射能が検出された。 また少年たちのほかにも同日の同時間帯にUFOや、同一と思われる宇宙人の目撃情報が寄せられた。 子供のたわごととも言われるが、一方で目撃者や物的証拠をもとに信憑性の高い事件と認識されてもいる。

次の