ポケモン トゲデマル。 【USUM】トゲデマルの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

【ウルトラサンムーン・ダブル】ツンデマルスイッチ!

ポケモン トゲデマル

トゲデマル まるまりポケモン ぜんこくNo. 777 アローラNo. USUM 292 アローラNo. SM 225 高さ 0. 3m 重さ• 3kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Togedemaru タイプ相性による弱点• 5 0• 25 進化の流れ なし 共通の入手方法• 特になし 生息地 USUM• 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• 主な入手方法 SM• 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトル・バトルロイヤル時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 ダブルバトル用。

次の

【USUM】トゲデマルの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモン トゲデマル

初めまして。 TN「すは。 数時間後200位代まで落ちたけど… こちらが使用した構築になります。 特性:がんじょう 持物:スカーフ 性格:陽気 調整:A252S252余りH 141-150-83-x-93-162 技構成:びりちく アイヘ とんぼ 起死回生 本構築の主軸。 環境に多い初手に対してスカーフで無振りなら確定一発で持っていける。 同じく多いに対してもかなり強く、ックスされたに対して8割以上の削りを行える。 起点作りがメジャーなのかほとんどのダルマは突っ張ってくれるのでありがたかった。 ただ、数値自体はかなり低い為アーマーガアなどにはびりちくに対して受け出しができるほど火力はない…。 相手のパーティに又はがいたら必ず投げるようにしていた。 選出順位:1位 2. タチフサグマ 特性:根性 持物:火炎玉 性格:陽気 調整:A252S204余りH 175-142-121-x-101-155 S:最速抜き 技構成:空元気 はたき インファ 挑発 強い!火炎玉が発動した状態での中速のお掃除又は削り役。 細かい計算はしてないがくらいならワンパンしていた。 選出順位:4位 3. ヌオー 特性:ちょすい 持物:食べ残し 性格:図太い 調整:H252B252余りD 202-x-150-85-86-55 技構成:ねっとう 守る 自己再生 毒 実質特性2つの詐欺。 1000位帯になる頃に天然からちょすいに変更しやウオノラゴンに対して仕方なくできた対面を作り、どくまも自己再生で毒殺した。 キッスパ相手には起点にしかならないので強気に釣り交換を決めた。 選出順位:3位 4. 特性:適応力 持物:気合のタスキ 性格:いじっぱり 調整:A252S252余りB 138-189-106-x-75-107 技構成:アクブレ アクジェ はたき 対面馬鹿火力の鬼。 相手の初手ドリュやカバに対して最低限の仕事しかさせない カバは普通にアクブレ耐えてきます。 オーロンゲなどに電磁波を入れられないという点もかなり強い。 の方が威力は高いがアクブレアクジェで大体火力は足りているので採用は見送った。 選出順位:2位 5. 構築自体は上の3体は確定していて残りの枠に襷で対面性能が高い、浮いている、フェアリーとゴーストを入れたいという条件でなんか入ってきたとりあえず強い。 主な仮想敵はアーマーガア。 雑に使っても強く怯みや放射火傷も結構引くので無難に強かったがやはり達成当日に急遽入れたというのもあり選出は少なかった。 素早さはなぜかインテレオン抜きの調整のつもりだったが2だけ高かったので残りをCに回した方がいいと思います。 選出順位:5位 6. ドラパルト 特性: 持物:弱点保険 性格:陽気 調整:A252S252余りB 163-172-96-x-95-213 技構成:ドラゴンアロー 空を飛ぶ 鋼の翼 仕方なく入れたその2。 タチフサグマと組ませる関係でパーティにゴーストタイプはとにかく入れたいと思い、ボックスにいたマスボ級に上がる前に流行った初手切り弱保ドラパルトを採用。 ただ本当に信頼度は低く、置物になっていたのでこの枠は要検討だと感じた。 ックス前提のは弱い…。 選出順位:6位 感想 今回それなりの好成績を達成できたので純粋に嬉しかった。 というのも、前作のUSUMではシングルレート2000すら達成したことがなく、レートは無いけど二桁順位なら実質2000みたいなもんだろ!と言った感じで潜り続けていたので本当にほんとうに達成できて良かった。 最終日には恐らく200位くらいには落ちるとは思いますが瞬間で行けただけでも満足です。 今後もランクマッチでいい結果が出たら更新しようかと思います。 それでは。 Qeemacurry280.

次の

トゲデマル|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン トゲデマル

合計種族値は低いが攻撃と素早さが高めで、専用技びりびりちくちくやアイアンヘッドによるまひるみ戦法が強力。 ほっぺすりすり、ねこだまし、とんぼがえり、アンコールといったサポート技も豊富。 特性もどれも優秀で、様々な持ち物と合わせた戦術が考えられ、種族値以上に器用な動きが可能なポケモン。 しかし技威力が全体的に低く、最高火力がギガインパクトを除けば威力90 135 のワイルドボルト止まり。 耐性も優秀ではあるが、低耐久ゆえ活かせる場面が少ないのが正直な所。 耐久の低さはで補えるものの、単純なアタッカーとして運用するには少々癖がある。 第七世代ではダブルにおいてLv. 1トゲデマルとを並べた「ツンデマル」の並びが対策必須の凶悪コンビだった。 第八世代現在、「がむしゃら」は過去作限定なので注意。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 てつのトゲ 接触攻撃を受けた場合に相手にダメージを与える点は優秀。 擬似的な火力補強やタスキ潰しが可能。 トゲデマルの場合は非接触技のじしんが4倍で通るため、接触技を誘いにくいのが欠点。 この特性を使うならきあいのタスキやふうせん、でんじふゆうを使うなど工夫したい。 ひらいしん 特攻上昇の恩恵は薄いが、耐性増加は有用。 ボルトチェンジによるサイクル回しの阻止が可能。 ダブルでは電気技を引き寄せることができるため、ややほうでんを使うポケモンの相方となれる。 このゆびとまれを使っているポケモンが他に場にいる場合、そちらが優先されるため引き寄せられない。 また、相手の特性がだった場合も引き寄せられず無効化もできない の場合も引き寄せられないが直接狙われた場合は無効化できる。 がんじょう 隠れ特性。 がんじょう持ちではのS85を超え最速。 剣盾ではがむしゃらを習得できず、持ちのが流行しているためやや優位性は落ちたが、それでも汎用性では一番で、じゃくてんほけんを発動させやすい。 きしかいせいの相性もバツグン。 3つの中では1番使いやすい特性なので迷ったらこれにしておくと良い。 高い素早さと相性がよい準専用技。 がんじょうと相性が悪い。 タスキ潰しと麻痺撒きを兼ねる妨害技。 高い素早さと相性がよい。 びりびりちくちくと比べ無効タイプがないことが利点。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 タスキ潰しと不利対面回避を兼ねる交代技。 同時に弱点保険の発動もできれば破格の破壊力を持てる。 フェアリーにも。 とびはねる 飛 85 85 溜め技 ダイジェットやダイマックス枯らしに。 ひらいしんで雷無効、うちおとすやたつまきもダメージを抑えられる。 命中と追加効果はアイアンヘッドの下位互換。 等倍で通りやすい。 抜群も半減も多い。 ダブルでは縛り解除も兼ねる妨害技。 がむしゃら 無 - 100 - 削り技。 がんじょうとあわせて。 過去作教え技 いかりのまえば 無 - 90 - 削り技。 がんじょう非採用型ならこちら。 追加効果が優秀。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 交代技 タイプ一致技。 使える局面は少なくない。 てっていこうせん 鋼 140 210 95 HP半減 タイプ一致技。 退場用だが、ひらいしんや弱点保険を発動すればかなりの威力。 くさむすび 草 - 100 - 唯一の対地技。 ひらいしんや弱点保険を発動しないと火力は期待できないが、 ダイソウゲンでじしんを封じる事ができる。 変化技 タイプ 命中 解説 ニードルガード 草 - まもるの上位互換。 接触技対策。 エレキフィールド 電 - 電気技の火力を補強。 眠りも無効になる。 でんじふゆう 電 - 地面技対策。 アンコールやニードルガードと相性がよい。 アンコール 無 100 サポート用。 後続の起点作りに。 ひらいしんやでんじふゆうと合わせて。 リフレクター 超 - サポート用。 物理耐久を強化。 ひかりのかべは覚えない。 ねがいごと 無 - 回復技。 後続サポートにも。 HPは低め。 くすぐる 無 - 低耐久をカバー。 どくどく 毒 90 ダメージ源。 毒や鋼は呼びにくい。 過去作マシン技 みがわり 無 - 状態異常技の回避や、どくどくと合わせて。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 威力 元にする技 効果 解説 ダイサンダー ワイルドボルト びりびりちくちく 130 195 場:EF 一致技。 フィールド展開で電気技威力1. 防御上昇で確定数ずらしも狙える。 特攻低下で確定数ずらしも狙える。 威力も安定して使いやすい。 追加効果ですばやさ上昇。 最速で実数値243、準速殻破の1つ下。 準速で実数値221、最速龍舞抜き。 ダイサイコ しねんのずつき 130 場:PF 対毒闘。 エレキフィールドを消してしまうが先制技封じの恩恵は自身にも大きい。 通常時有用な技が多いので採用価値は十分にある。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスのターン切れ狙いに。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイソウゲン くさむすび 130 場:GF 特殊技のみ。 範囲が一致技や他技と被りがち。 ダイロック ころがる 90 天候:砂嵐 過去作レベル技。 威力が低いので他技で十分。 ダイフェアリー チャームボイス 90 場:MF 特殊技のみ。 ニードルガードによる様子見兼タスキつぶしやアンコールによる起点作りも可能。 攻撃技が接触技ばかりなので、がんじょう型の持ち物にぼうごパッドを追加。 自分の攻撃で頑丈を潰す恐れが無くなる。 じゃくてんほけん前提なら、特殊技も検討可能。 採用率の高いのじしんをがんじょうで耐えてレッドカードを発動させ、 後続に麻痺を入れることができるため安定した遂行能力が見込める。 後続に複数の電気無効がいる場合、初手ほっぺすりすりが博打気味になる点には注意が必要。 とんぼがえりでの対面操作もできるため、場合によって使い分けること。 特性はが基本。 似たようなのサポートとしては他に・がいる。 あちらもねこだまし、アンコール、ほっぺすりすりなどを使うことができ、なおかつ特攻やボルテッカー、素早さで差をつけられる。 ニードルガードやとんぼがえり、耐性の違いで差別化を図りたいところ。 ボルトチェンジは隣のダイマエースなどの弱保を発動させつつ後続に繋げる技として優秀。 対トゲデマル 注意すべき点 優秀な耐性と特性を持ち、繰り出し性能が高い。 タスキ潰しや麻痺撒き、アンコールなどのサポートに長ける。 がんじょう持ちのポケモンでは最速で、仕事をされやすい。 例え対策していても行動を許せば一体に致命傷を与えられてしまう。 ダブルバトルではがんじょうねこだましの強力なサポート性能に加え、放置すれば超火力がむしゃらが飛んでくる。 対策方法 地面タイプは攻守共に有利。 持ちのやガラガラorのホネブーメランならがんじょう貫通。 先制技も有効。 接触技や補助技を使う際はニードルガードやアンコールに注意。 ねこだましでがんじょうやきあいのタスキを潰される恐れもあるため、それらを所持したポケモンを対面させるのは避けよう。 レベル1がんじょう型対策• ステルスロックなどでがんじょうを潰す。 持ちでがんじょうの上から倒す。 特にとはフェイントでニードルガードも貫通できる。 ダブルの場合ねこだましのケアもしたい。 連続技で複数回攻撃しがんじょうを無効化する。 がむしゃら、ねこだましは接触技であるため、、ゴツゴツメットが有効。 また、タイプには無効。 攻撃先を読んで接触ダメージ持ちを受け出しできれば処理しやすい。 1:1交換となるが、はたきおとすで回復ソースを奪う。 あられやおにびによるスリップダメージでのがんじょう無効化。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 1 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30 5 まるくなる - - ノーマル 変化 40 9 ころがる 30 90 いわ 物理 20 13 じゅうでん - - でんき 変化 20 17 スパーク 65 100 でんき 物理 20 21 ほっぺすりすり 20 100 でんき 物理 20 25 でんじふゆう - - でんき 変化 10 29 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 33 びりびりちくちく 80 100 でんき 物理 10 37 エレキフィールド - - でんき 変化 10 41 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 45 ミサイルばり 25 95 むし 物理 20 49 ニードルガード - - くさ 変化 10 53 とどめばり 50 100 むし 物理 25 技マシン No.

次の