パッチ アダムス 映画。 パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーのレビュー・感想・評価

映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

パッチ アダムス 映画

ネタバレ! クリックして本文を読む 実在するドクター、パッチ・アダムスの人生を基にした伝記映画。 主人公パッチ・アダムスを演じるのは名優ロビン・ウィリアムズ。 パッチのルームメイト、ミッチを演じたのはオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。 パッチ・アダムスとはクリニクラウン 臨床道化師 やホスピタルクラウンという、笑いで病気を治療するという概念を作った偉いお医者さんらしいです。 映画『ジョーカー』の中で、アーサーがやってたヤツですね。 実在の医師パッチ・アダムスをモデルにしてはいるが、物語は創作の部分も多い。 特に大きな変更点は年齢。 映画でパッチが医科大学に入学するのは中年になってからだが、実際は20代前半で医学を学び始めた様である。 このように変更した最も大きな理由は、やはりロビン・ウィリアムズを起用したかったからだろう。 この役のロビン・ウィリアムズは正にハマり役! もうパッチ・アダムス本人だとしか思えない程のリアリティがあります! ロビン・ウィリアムズ以外でこの映画を作ることは考えられなかったのではないでしょうか? 映画の冒頭、精神病院に入院したパッチが院内の患者と交流するうちに医師を志すようになるというシークエンスには感動します。 時間もコンパクトに纏まっており、非常に完成度が高い。 映画開始早々泣かされました…😭 何歳からでも学ぶことは出来るというメッセージは非常にポジティブだし感動的。 パッチの馬鹿みたいに明るい性格も、観ていて爽快感があります。 そして、道化の姿になって病気の子供たちを笑わせる姿にはまたも泣かされました😭 映画の前半は本当に感動的だし面白い。 個人的には満点です。 しかし、後半になるにつれて綻びが… まず、だんだんパッチがウザくなってくる。 流石にやり過ぎだろ。 周りの警告聞けって。 臨床出来るのは3年からって言ってんだろうが!! ミッチも言及していたが、パッチが熱心に勉強している描写がない。 コレで成績トップとか言われても真実味がない。 無免許での診療所開設は流石にまずいだろ。 史実ではちゃんと卒業してから開業しているのに、この改編は頂けない。 だいたい、学生の本分は勉強では? ただでさえ死ぬほど勉強しないといけないのに患者まで診ていたら落第すると思うのですが。 唐突な恋人の死。 あそこ絶対いらんやろ。 というより、この物語に恋愛要素いらんやろ。 やるのなら、恋人を殺した犯人は自殺しようとするも死ぬことが出来ず、その犯人に対する憎しみと医師としての本分との間で悩み苦しむ展開が必要だったのではないだろうか。 クライマックスの審問会も全然興味をそそられなかった。 だって全部パッチが悪いんだもん。 悪者っぽかった学部長もそんなに悪い人じゃないし。 やりたいことは色々あったがそれがうまく噛み合っていない映画という印象を受けた。 笑いによる治療、夢を叶えるのには年齢は関係ないというメッセージ、恋人の死というサスペンス要素、神に対する疑問、権威に対抗する反骨精神、etc。 こんなに詰め込まんでもよかったと思う。 一つ一つの味が薄い… 個人的にはパッチよりも断然ミッチの方に感情移入できた。 天才肌のパッチに対抗心を燃やす男。 自分の信念を持ち、良い医者になることを目指しており、自分の考えと相容れないパッチを嫌悪する。 しかし、最後にはパッチの才能を認め、辞めようとする彼を引き留め、彼から教えを請うまでに成長する。 無茶苦茶ミッチいいヤツ! フィリップ・シーモア・ホフマンの演技と相まって最高のキャラクターになっていた。 もっと出番を増やしてパッチのライバルとして描いていれば、この映画の面白みも増したのではないか。 後半には乗れなかったが前半は良かった。 ロビン・ウィリアムズとフィリップ・シーモア・ホフマンは素晴らしい役者だなぁ。 2人とも2014年に、非業の死を迎えたのが残念でならない… もう、何度も何度も涙が溢れて瞼が腫れてしまってる 彼が元気な時からその後も むしろその後の方がもっと悲しくて、でもあったかくて 今も昔もこの映画を見た時から私の中では1番の作品です 何故なんだろう、確かにロビン・ウィリアムズのことは大好きで他の作品も見ましたし彼が亡くなった時には悲しみと怒りと絶望などとても身近な人を亡くしてしまったような特別な感情になったことは確かです 彼が出る映画はいつも私の心を震わせます 『ジャック』『アンドリュー』『グッドモーニング・ベトナム』や『グッド・ウィル…』などなどなどなど もうキリがない、また泣けてきた 見てると辛くなるのに見ずにはいられません。 『ミセス・ダウト』を見てバカ笑いしなくっちゃ そう、彼の映画は私にとっての処方せんなのですね 思い出しレビュー39本目。 『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』 今入院してると、こういう映画がとても見たくなる。 笑いによる治療を実証させた実在の医師、パッチ・アダムスの伝記作。 入院してるとよく分かる。 明るさがいかに大事か。 いつまでも、痛い痛い、辛い辛い、しんどいしんどいばかり言ってては、治るものも治らない。 日に日に管やチューブが一本一本外れ、少しずつ良くなってるっぽいと感じるだけでも凄く気が楽になる。 また、面会人が来て他愛ない話するだけでも全然違う。 当たり前の事だけど、その当たり前の事がどれだけ大事か。 患者は単なる患者ではなく、人なのだ。 医師も単なる医師ではなく、人なのだ。 人と人が接する。 そこに壁は無い。 医師や看護師の朗らかさ、親しみ易さに患者は救われる。 確かに病気を治すのは、手術とか薬。 でも、その後。 病は気からとよく言う。 明るさや笑いが少しずつ癒していく事に偽りはない。 そして、医師と患者の関係。 周りに異端児と見られながらも、何よりも患者の事を思うパッチ・アダムスの治療法とその功績に、ただただ感服する。 まさしくロビン・ウィリアムスの為の役。 やはり、こういうロビンを今も見ていたかった。 映画はちょっとお涙頂戴に媚びてて、パッチを善、対する医師たちを悪と決め付け過ぎてる気もした。 そこら辺、もっとバランスよく、上手く出来なかったものか。 しかし今は、こういう良作を心地よく受け入れたい。 なので、採点は甘めに。 昼間、BSとかでやってくれないかなぁ~。 自殺未遂で精神病院に数日入院した事から人生の転機が訪れた。 入院患者らと過ごすうちに本当の意味での医療とは?病気ばかりを診て患者を診ない医療のあり方に疑問をもち医者を志すパッチ。 元々成績優秀なパッチは医大に合格したものの3年になるまで患者に接することが出来ない現状に痺れを切らし単独で病室を訪ねていた。 患者を笑顔にしたい!パッチの願いは入院患者にも喜びのある日常を送って欲しいという事だ。 QOLの向上そのものです。 看護師、患者にパッチは受け入れられていたが、担当の医師がパッチを退学に追い込む。 パッチは彼女を亡くし傷心していたが医師になるという強い決意を皆んなに伝え見事無事大学を卒業する。 患者は物ではありません。 きちんと人格に向き合って治療してほしいと思う。 病を治す事が大前提だけれど、いつかはみんな(死)を向かえる。 ならば、生きている間に(歓喜の瞬間)(生きている喜び)をどれだけ体感してもらえる様に導けるのか、嬉しい楽しい時間をどれだけ患者さん自身の中に、増やして行けるのかを、考え実行してしまうDr. パッチ。 患者さんの夢を、夢のままで終わらせない。 目の前の患者さん一人一人に、しっかり向き合ってくれる。 その気持ちは、患者さんだけでなく、周りの人達にもしっかり伝わって行く。 夢物語でもおとぎ話でもなく、実話なんです。 医師という垣根を越えた奇跡の人。 こういう人が本当にいる(いた)んだ。 って事が、もう奇跡だよね。 Life is beautiful!! そう叫びたくなる映画です。

次の

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

パッチ アダムス 映画

【実在のパッチ・アダムスについて】 パッチ・アダムスについては、 パッチ・アダムス(Patch Adams, 1945年5月28日 — )は、アメリカ合衆国の医師。 クラウンドクター。 本名はハンター・キャンベル・アダムス(Hunter Campbell Adams)という。 ワシントンD. の生まれ。 トム・シャドヤック監督で、ロビン・ウィリアムズの主演による映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』の実在のモデルである。 ホスピタルクラウン、クリニクラウン(臨床道化師)を始めた人。 現在も世界中でクラウニング活動の実践や、更なる普及に向けて講演活動をしている。 日本にも講演会の為に何度か来日している。 (Wikipedia) 2019年現在74歳。 1967年、ヴァージニア医科大学入学。 1971年に同医科大を卒業すると、ウェストバージニア州のポカホンタスに、自分の目指す医療のできる、しかも無料で医療サービスの受けられる病院「ゲズントハイト・インスティテュート」を設立する。 「ゲズントハイト・インスティテュート」は「お達者 お元気 で病院」といった意味。 「die Gesundheit」は元は「健康」という意味のドイツ語でまた誰かが突然くしゃみをした時に、そばにいる人が「大丈夫? 」「気をつけて」「お大事に」といったニュアンスで声をかけてあげる時の言葉である。 12年間そこで無料の診療活動を行った。 (当時はかなり奇異に思われてまったく寄付がなかった為、無料診療を続ける為に他で働かざるをえない状況だった。 )(Wikipedia) 上にも書いてあるように、パッチ・アダムスは、 1967年、ヴァージニア医科大学に入学しています。 ですから、1945年生まれのパッチが大学に入学したのは、22歳。 卒業は26歳です。 映画の中では、40歳ぐらいで、学生の中に混じると 先生?とも見えそうなぐらい浮いていましたね。 (ロビン・ウィリアムスは当時47歳でした) なので、映画とは違う点になります。 ただ、この映画ではロビン・ウィリアムスのパッチだからこそ、表現できたことがたくさんあると思いますので、それは仕方がないのかもしれません。 ちなみに、映画の中でのパッチは成績優秀でしたが、普通の成績だったようです。 この点は、本当の話ではないと思いたいのですが、どうだったのかはパッチ本人の言葉からわかります。 パッチ本人へのインタビューの中で ロビン・ウィリアムス主演映画『パッチ・アダムス』は、いかがでしたか? と聞かれ、パッチは以下のように話をしてくれています。 実は、僕の人生を映画化はして欲しくなかったのです。 でも、自分が思い描く病院を建てるためには、資金が必要でした。 あの映画で描かれている、エピソードは本当です。 しかし、僕の人生は面白く楽しいものだけではないんです。 おかしさや楽しさだけに、笑いを使っているのではなく、それは目的の手段として使っているのです。 その辺りを描かれていなかったのが残念です。 僕は、黒澤監督の『赤ひげ』が好きです。 アメリカの赤ひげ・・・のように描かれることを希望していました。 このことからすると、カリンの事件については本当だったことがうかがえますが、カリンの性格は架空のものとはいえ、同様の状況下で殺害されたパッチ・アダムスの友人(男性)に似ているといわれています。 パッチ・アダムスは、映画に対して 批判的ともいえるコメントを残していますが、『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』という映画は、多くの人に感動や影響を与えているのですから、パッチ・アダムス本人が伝えたいことも描かれている映画となると、どんな風な映画になるのでしょうか。 パッチの意向にもっと沿った映画がいつか作製されるかもしれませんね。 映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』の中で、カリンの死後、パッチは自分の志を中断しようとさえしますが、一匹の美しい蝶がパッチのカバンや洋服に止まり、その後 青空に飛んでいくシーンもとても美しかったです。 この蝶についても、カリンが映画の中で自分のことを話しているときに出てくるキーワードですし、無料診療所でのカリンのベットの頭の上につり下がっていたのも蝶ですから、この蝶は カリン だということがわかります。 蝶は、自分の道を断念しようと思い悩んでいるときに パッチのカバンやパッチの胸、そして手にとまり、話しかけてくれているようです。 やがて自然の中、空高く飛んでいく蝶を映し出す映像もとても気にっています。 ちなみにグーグル先生は、<アーサー・メンデルソン>について アーサー・メンデルソン 架空のキャラクター 俳優: ハロルド・グールド 映画: パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー のように、【 架空のキャラクター】とはっきりおっしゃっていました 笑 映画のタイトルに、『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』とあると、【トゥルー・ストーリー】だと真に受けてしまいます。 その点、原題は『Patch Adams』ですから、すべが事実かどうかを曖昧にしてくれています。 所詮、すべてをそのまま書くとなると、色々な問題が起きてしまうこともあるので仕方がありませんが、日本語タイトルの【トゥルー】という言葉は個人的には抜いてほしいなと思うのでした。 ま、この【トゥルー・ストーリー】という言葉に疑問を持ったことにより、もっとパッチ・アダムス本人に興味をもつことができたので、それはそれでまあいいかなとも(笑) ということで、結局 彼の言葉で書かれている本も買うことにしました。 パッチ・アダムス自身が書いたこの本。 ひとをケアする理由はただひとつ。 人間を愛しているからです。 ケアは愛を動詞化する。 ケアは概念ではなく、行動です。 ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と安らぎを得る。 例えば、米国がアフガンに爆弾を落とし始めたとき、私はアフガンの人々を愛したいと思い、即座に現地に飛んだ。 平和のためにクリエイティブになる。 例えば、死の床でアメイジング・グレイスを歌う。 情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。 ひとをケアすることは、科学的見地からしても、あなたのためにいいことがある。 上記は、日本に講演の為来日した際に、ケアに対するパッチ・アダムス本人の発言から。 (Wikipedia) カテゴリー•

次の

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーのレビュー・感想・評価

パッチ アダムス 映画

監督:• 脚本: スティーヴ・オーデカーク• 原作: 、モーリーン・マイランダー『パッチ・アダムスと夢の病院 患者のための真実の医療を求めて』• 製作: バリー・ケンプ、マイク・ファレル、マーヴィン・ミノフ、チャールズ・ニューワース• 製作総指揮: マーシャ・ガーセス・ウィリアムズ、トム・シャドヤック• 撮影監督:• 美術: リンダ・デシーナ• 編集: ドン・ジンマーマン• 共同製作: スティーヴ・オーデカーク、デヴォラ・ムース=ハンキン• 音楽:• 衣装: ジュディ・L・ラスキン 出典 [ ].

次の