堂本剛 パニック障害。 堂本剛

KinKi Kids・堂本剛、パニック障害の現状語り「やりたいこと、いっぱいあった」と悔しさ語る(2019/09/05 11:45)|サイゾーウーマン

堂本剛 パニック障害

その症状は芸能活動にも大きな影響を与え、テレビ収録やライブの前に症状が出ていしまうこともあったそうです。 堂本剛さんのパニック障害について、発症のきっかけや症状などをご紹介していきます。 堂本剛がパニック障害を告白! 堂本剛さんは、自身の著書でパニック障害だったことを告白しました。 症状がひどい時は、コンサート中や収録中にも動悸やめまいなどの症状が出て、体重も減ったそうです。 KinkiKidsからソロ活動に転身したことで、パニック障害の症状も緩和しています。 堂本光一の支えも大きかった! 堂本剛さんとは正反対に、堂本光一さんは「仕事が趣味」「仕事以外はおまけの時間」というほど仕事が大好きで、仕事に対しては一切ストレスがないそうです。 そんな正反対の堂本光一さんと一緒にいたことで、堂本剛さんもとても支えられたといいます。 堂本光一さんは、堂本剛さんのことをよく観察し、少しでも異変を感じればすぐにフォローに回ってくれていたといいます。 パニック障害を発症したことを告白している芸能人を、ご紹介していきます。 野球界の英雄である長嶋茂雄さんの息子であるということで大きなプレッシャーを抱え、ストレスがかかり、30歳の時にパニック障害を起こしてしまったようです。 10年間パニック障害と戦っていましたが、ストレスの元となっていた野球界を離れることで、症状が落ち着き回復したそうです。 9歳の時に初めて症状があらわれ、顔面麻痺やめまい、電話恐怖症などの症状があったそうです。 また、閉鎖された空間に恐怖を感じ、飛行機や新幹線に乗ることも難しかったようです。 医者からは精神安定剤を処方されていましたが、なかなか回復しなかったようで、高校時代には外出もできなくなってしまっていたそうです。 しかし、高校時代にクレイジーキャッツの「だまって俺についてこい」という歌を聞いて心が前向きになり、パニック障害も回復していったようです。 テレビ出演や舞台だけでなく、エレベーターに乗ることもできなくなるほどの重症だたそうです。 King&PrinceはCDデビュー曲が初週で50万枚を売り上げ、デビュー後すぐに忙しくなっていったようです。 仕事が順調に見えても、やはりその分プレッシャーも大きく、かかる重圧やストレスでパニック障害を起こしてしまうのかもしれません。 Sexy Zoneもジャニーズで人気のグループで、仕事が忙しいのでしょう。 不規則な生活や仕事に追われる日々でストレスが溜まってしまったのかもしれません。 もともとナイーブな性格だったそうで、医師からは精神安定剤などを処方されていましたが、テレビ出演時には緊張がひどく、音程やリズムを取ることが出来なくなってしまうこともあったそうです。 1日の中で何度もパニック症状を起こすこともあったそうです。 8年間パニック障害と戦い、克服して現在は心理カウンセラーの資格を取得し、公園なども行っているそうです。 パニック障害の効果的な治療方法とは.

次の

あのKinKi Kids堂本剛も悩んだ「パニック障害」

堂本剛 パニック障害

2017. 03 エンタメ うゆゆ 堂本剛が抱える重い病気パニック障害等、光一に支えられてのKinkikids20周年!突発性難聴で入院した病院はどこ?原因はストレスなのか デビュー作「硝子の少年」で デビューして20年になるKinki Kids。 そう、2017年はKinki Kidsにとって特別な年なのです。 そんな中、6月28日に 堂本剛さんが突発性難聴という病気で急遽1週間入院することが発表されました。 7月15日、16日には20周年を記念してのコンサートも予定されている中での発症。 多くのファンが心配なさっていると思いますが、原因は何だったのでしょうか? また、剛さんは 過去にもパニック障害や過呼吸といった、重い病気を抱えながらの芸能活動をしてきました。 しかしこうしてデビュー20周年を迎えることができたのも、相方である 堂本光一さんの支えがあったからこそなんだそうです。 今回は堂本剛さんの病気についてや、光一さんをはじめ、ジャニーズのメンバーたちが剛さんを支え愛されているエピソードなどをご紹介したいと思います! Contents• 堂本剛が抱える重い病気パニック障害等、光一に支えられてのKinkikids20周年! Kinki Kids(キンキキッズ)は 堂本光一さん、 堂本剛さんで構成される、ジャニーズとっての初のアイドルデュオです。 姓は同じ堂本ですが、血縁関係はなく、全くの他人だそうです。 なので同じ名字だったのはかなりの奇跡ですよね!• 堂本光一さんは1979年1月1日生まれ。 兵庫県芦屋市出身。 堂本剛さんは1979年4月10日生まれ。 AB型。 奈良県奈良市出身。 お二人が近畿地方出身から、「キンキ」キッズと名付けられました。 ちなみにお二人とも1979年生まれですが、学年としては光一さんが早生まれなため、光一さんの方が学年は1つ上なんです。 かつては2人を「 KANZAI BOYA(カンサイボーヤ)」と紹介されることもあったお二人ですが、1993年4月4日、SMAPの中居正広さんが司会を務める番組『キスした?SMAP』にて、光一さんと剛さんのグループ名を『KinKi Kids』だと正式に発表されました。 KinKi Kidsのお二人は、1994年のドラマ『 人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』や、1996年の 『若葉のころ』、1997年の 『 ぼくらの勇気 未満都市』等、2人で一緒にドラマに出演することもありました。 『 ぼくらの勇気 未満都市』は2017年7月21日に「金曜ロードSHOW! その後も 「愛されるより愛したい」や 「全部抱きしめて」「フラワー」「夏の王様」等、リリースするたびに初登場オリコンチャート1位。 しかし多くの大ヒットソングを歌っているにもかかわらず、 NHKの紅白歌合戦には2016年まで出場していませんでした。 そして2017年、節目の20周年突入しました。 スポンサードリンク 堂本剛が抱えていた思い病気とは? もともと 人前に出ることが苦手だという堂本剛さん。 そんな堂本剛さんですが、ジャニーズ事務所に所属する前も小学生の時から『劇団アカデミー』に所属し、 堂本直宏(どうもとなおひろ)の芸名で子役として芸能活動をしていました。 そして12歳であった1991年5月5日にコンサート会場で堂本光一さんと出会い、事務所入ることを決めました。 当時はバスケットボールに夢中だったにもかかわらず、芸能活動はさらに増え、仕事があるたびに奈良と東京を往復。 14歳になると上京し、合宿所に入り、 同部屋はV6の岡田准一さんだったそうです。 剛さんは16歳でドラマ 『金田一少年の事件簿』(1995年〜)の金田一一役で大ブレイク。 青春時代を超多忙な芸能活動に費やした剛さんは芸能活動のストレスで頻繁に胃薬を飲んでいたようです。 そして18歳になった1997年にCDデビュー。 その頃からストレスがさらに悪化し過呼吸も発症するようになったようです。 当時のことを剛さんは以下のように語っています。 「今では考えられませんけど、本当に死にたいと思ってね、生きていた時期もあって。 でも根性もないし、怖くて死ねなくてくるしくて。 で、毎日空を見て、涙を流して。 本当の自分で生きたいのに、生きることが許されない」 と思い詰めていた日々を思い返しています。 人前に出ることが苦手な剛さんは、特にコンサートが一番精神的に負担を感じていたようです。 それを証明するかのように、 2000年夏のコンサートツアーにて、ナゴヤドームでの第1部公演の途中に、 過呼吸の大きな発作に見舞われました。 そして2003年5月の「Dome F Concert」の途中、 体調不良で倒れました。 当時の様子を見ていたファンの証言によると… 剛君は開始早々に辛そうな感じで笑顔がありませんでした。 ソロコーナーの時になかなか出てこなくて心配しました。 その後も帽子を目深に被り後ろを向いて歌ったりしていました。 ダンスも踊れないところがあり、私の周りの人は皆心配していました。 光一君は剛君を気遣って誰よりも走り、ファンを煽り、バックについていたKAT-TUNも一生懸命、ステージに出られない剛君をフォローしていました…。 パニック障害の症状として 動機や発作などが挙げられます。 また 一度、発作を起こしてしまった場所では、また発作を起こしやすいのも特徴的です。 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。 剛さんも経験したこの病気の症状として、 異常なまでの死を意識するほどの恐怖感が襲うと言われています。 とても辛かったでしょうね。 しかしそれでもファンのために素敵なパフォーマンスと歌声を披露してくれています。 一方、光一さんは剛さんとは真逆で自他共に認める仕事人間。 「仕事が趣味」「仕事以外の時間はおまけ程度」と発言したことも。 また、 好きで仕事をやっているのだから、ストレスは無いと言い切るほどのメンタルの持ち主。 そんな真逆な2人だったからこそ、20年KInki kidsとして大活躍し、剛さんも病気を克服できたのだと思います。 2003年、病気と闘っていることを告白した2ヶ月後の7月に行われた『ずーっといっしょ。 』出版記念展覧会の記者会見では、 「病気とは長く闘っている。 光一にも助けてもらっている。 」 と剛さんは語っています。 また、1997年の24時間テレビの司会を務めた時には、剛さんは光一さんに対して感謝の気持ちを手紙で伝えていました。 光一さんは剛さんをよく観察し、剛さんの異変に気がついたときや、番組収録中、剛さんが病気のせいで、話せない状態になった時ははすかさずフォローし、常に剛さんを支えていたようです。 そして剛さんは光一さんと音楽に出会えたからこそ、乗り越えることができたようです。 「18歳からの5年間は死にたいと思っていたが、音楽が僕を救ってくれた。 音楽やギターと出会えていなかったら、僕はもう居ない。 」 出典: そして、剛さんはラジオでもパニック障害と闘っていた時のことを語っています。 IKKOさんや、中川家の中川剛さん、安西ひろこさん、長嶋一茂さんなど多くの著名人の方もパニック障害に患っているといいます。 あのテンションの高いIKKOさんや、自由奔放なイメージのある長嶋一茂さんまで…。 本当に、誰がなってもおかしくない、身近な病気なんですね。 スポンサードリンク 突発性難聴で入院した病院はどこ?原因はストレスなのか そして今回、2017年6月28日に堂本剛さんが 突発性難聴を患ったことが発表され、1週間入院することがわかりました。 突発性難聴とは? ・突然、耳の聞こえが悪くなる病気。 ・耳がつまったような感じや耳鳴りがし、ひどい場合はめまいやふらつき、時に吐き気を感じる症状。 ・片方の耳だけが急に聞こえづらくなるのも、その特徴の一つといえる。 残念ながら、 入院先の病院はリサーチしてみましたが見つからず。。。 わかったとしても、ファンがお見舞いに行きたくなってしまうと思いますので、その辺の情報は厳重に明かされないようにしているのでしょう。 また6月28日には 「テレ東音楽祭2017」にKinki Kidsも出演する予定でしたが、剛さんは欠席。 光一さんのみの出演となりました。 しかし剛さんは前日電話で、 20年来の親友であるTOKIOの 長瀬智也さんに代役をお願いし、 光一さんと長瀬さんによる一夜限りのスペシャルデュオで「全部抱きしめて」「フラワー」を熱唱しました。 長瀬さんは剛さんの様子について、 「昨日剛からごめんなーと連絡があって 本人は至って元気なんでファンの皆さん心配せずに!すぐ戻ってくると思いますんで」 と語り、ファンに安心だと伝えてくれました。 今のところ内耳の障害の原因として ウイルス感染説、循環障害説などが考えられています。 出典: 浜崎あゆみさんや、スガシカオさん、坂本龍一さん、サカナクションのボーカル・山口一郎さんなども突発性難聴に患ったことがあるようです。 一般的に、強いプレッシャーを受けていたり、仕事や子育てに忙しい働き盛りの人がかかりやすいのが特徴で、年間で3~4万人ほどが発症するといわれている。 出典: 今回の堂本剛さんも、2017年はKinKi Kids20周年であり、12年ぶりの映画出演・ 映画『銀魂』や、 ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』の撮影等、多忙な日々が続いていたと思います。 さらには身近に迫った7月15、16日に行われる20周年記念コンサートもプレッシャーだったのでしょうか。 「病は気から」以前のパニック障害や過呼吸など症状は違うかもしれませんが、病気は頑張るすぎて自分自身が悲鳴を上げているサインですからね。

次の

パニック障害

堂本剛 パニック障害

King & Prince(キンプリ)の岩橋玄樹(21)が、長年抱えていたパニック障害の治療に専念するため、11月初旬から芸能活動を休止することを発表しました。 岩橋本人が10月19日のドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で「僕、ずっとパニック障害というものと闘ってきて」と告白したことも。 デビューシングル『シンデレラガール』が初週に57万枚以上を売り上げるなど、ジャニーズの新時代を担うグループとして期待が高まっていた矢先だったため、ファンを中心に心配する声が広がっています。 パニック障害とは、突然訪れる恐怖感や不安感により、激しい動悸、めまい、呼吸困難などの症状が出るもので、実は芸能人でパニック障害を患っていたという人は少なくありません。 そこで今回は、パニック障害の過去をカミングアウトした芸能人を紹介。 みんな乗り越えて今も活動しているわけで、きっと岩橋玄樹さんも大丈夫…と希望がわいてきます。 NHK BSプレミアムにて放送されていた『堂本剛のココロ見』を書籍化した本書にも、苦悩が綴られていた(堂本剛著『ココロのはなし』より) ジャニーズ事務所で岩橋玄樹の先輩にあたるKinKi Kidsの堂本剛(39)も、過去にパニック障害を患っていたと告白しています。 15歳で地元・奈良から単身上京した彼は、その頃から精神的に不安定な状態になり、パニック障害や過換気症候群(極度の緊張などから過呼吸状態になること)を患うようになったそうです。 著書では「10代の頃の記憶はほとんどない」、「死にたいと思って生きていた時期があった」といった衝撃的な内容も語っています。 彼が10代の頃と言えば、数多くのドラマに主演し、バラエティ番組では明るい笑顔を絶やさなかった印象がありますが、その裏ではパニック障害に苦しんでいたんですね……。 テレビなどのメディアに多く登場するようになる以前に、パニック障害が発症していたというIKKO(IKKOオフィシャルサイトより) 最初にパニック障害の症状が現れたのは、IKKOがテレビタレントとして活躍するようになる数年前の39歳のときだったそうです。 顔面まひやめまいといった症状が現れ、電話恐怖症のような状態にもなっていたとか。 また、「閉鎖された中にいると、苦しくなったときに、ここから出られるのかな?」といった不安に襲われたそうで、飛行機や新幹線にもなかなか乗れなかったといいます。 ですがその後、友人のやさしさやアドバイスもあり、気持ちにゆとりを持って生活できるようになると、症状も改善していったそうです。 精神安定剤を服用しても症状は治らず、高校生の頃には家から出られなくなり、登校できなくなったとか……。 けれど、そんな高校時代に、クレイジーキャッツの『だまって俺についてこい』という曲の、「そのうちなんとかなるだろう」というフレーズに感銘を受け、心が前向きになれたのだそうです。 クレイジーキャッツの曲で彼が救われたように、今度は彼の歌でパニック障害を患っている方が少しでも快復に向かうといいですね。

次の