新型 ハスラー mt。 ハスラー 新型にmtはある?リーク情報を紹介 | 新型車 中古車の最新情報館

ハスラー MTの中古車を探すなら【グーネット中古車】|スズキの中古車情報

新型 ハスラー mt

新型ハスラー、現行型に比べてかなり四角くなってますので室内空間は確実に広がってます。 写真を見る限りでは分かりませんが、恐らく全高も上がってます。 長距離も乗るようでしたら絶対新型ハスラーです。 全車速追従式ACCもターボ車にはつくみたいですし、高速も楽になるかと。 個人的にスペーシアまでの全高は要らないと思いますので、新型ハスラーをお勧めします。 正月には出ると思いますので。 スペーシアギアにはMT、有りません。 新型ハスラーにはMTが存在すると言う噂がありますが、流石に廉価グレードのみで、ACCの付くターボグレードや上級グレードには出ないと思います。 アルトについてですが、結論から申しますと、出来ないことはないです。 ただ車体がかなり小さいので、その分空間は狭いです。 多少の我慢は必要かと。

次の

『スズキ の新型ハスラーかスペーシアギアのどちらがオスス...』 スズキ ハスラー のみんなの質問

新型 ハスラー mt

ガゼルがハスラーMTを購入した理由について MT車は少数派 1990年ごろから爆発的にAT者の割合が増えてきて、現在日本での AT車の普及率はなんと98. 5%にまで達してます。 AT限定の運転免許試験のせいでしょうか? 新車のラインナップもほとんどがAT車になっていてMT車を設定している車種はほとんどありません。 その中にあって軽自動車は特に少ないです。 ハスラーにMT仕様があったのは私にとっては購入の動機に十分なりました。 雪道でMTは有利 ガゼルはスノーボードが趣味でスキー場に1シーズン30回以上行きます。 当然雪道を走らなければなりません。 大体は圧雪してあるのですが、端の方を走ると深い雪が残っていたりします。 離合の時には深い雪にハマってしまうこともあります。 その時MT車だと雪の轍にタイヤを取られても、 ローギアーとバックギアと交互に入れながら脱出する事が出来ます。 しかしAT車ではそれが出来ません。 またMT車はギアが自分で選べるので、ギアを落として エンジンブレーキをどのタイミングでかけるかが調整できます。 ATでは勝手に変速するのでエンジンブレーキが使いにくく、フットブレーキを多用するようになり下り坂ではタイヤが滑って慌てることもあります。 MTだと車体を軽くできる ハスラーG 2WD 5速車 重量770kg ハスラーG 2WD CVT車 重量790kg 車両重量が ATより20kgも軽いです。 ハスラーAはもっと軽量で750kgです。 ハスラーAは装備がプアなので選択肢に入れませんでした。 馬力がノンターボで52馬力なのでできるだけ車両重量は軽いほうが良いです。 おかげで軽快に走ります。 5MTだと加速が良い ガゼルは試乗でハスラーのCVT車に乗っていましたが、はっきり言って最初に アクセルペダルを踏み込んでからの加速が鈍いです。 一呼吸おいてから加速する感じで俊敏ではありません。 5速マニュアルだと自分でギア比を選べるので、適切な車速で変速でき 無駄のない加速が得られます。 第一に運転してその方がストレスがなく気持ちが良いです。 特に坂道での加速で差が出ると思います。 ハスラーMTのターボが欲しい? ハスラーの5速マニュアル車には、ターボの設定がありません。 それは、 エコカー減税に対応できないといった原因があるようです。 フェアレディZの様な環境の事は、問題にしないスポーツカーとは違うのです。 あくまでもハスラーは大衆車ですからね。 確かにターボの設定がないと非力なのは当たり前です。 しかしCVTのオートマと違いMTの5速は非力さを補うような走りを見せます。 購入者のガゼルが言うのですから間違いないです。 適切な車速で適切なギアを選べばCVTのように加速でもたつくことはありません。 ガゼルがCVTに試乗させてもらった時は、アクセルを踏み込んだ時の反応の悪さに驚きました。 そういうものだといったらそれまでなのですが、レスポンスの悪さには閉口します。 5速マニュアルを選ぶことである程度の不満は解消されることでしょう。 スポンサーリンク 実際のところハスラーMTの走りはどうよ? ギアが入りやすく加速が気持ちがいい とにかく ギアの入りがスムーズで気持ちがいいです。 低速域ではもたつく感じがあるのですが、中高速域に入ると気持ち良い加速をしてくれます。 自分でギア比を選べるので、全体的にもたつきのない力強い加速が体感できます。 ただ気持ち良い加速をしてしまうと燃費が悪くなるのが難点ですがこれはしょうがないでしょう。 高速では 高速の合流ではもたつきもなくスピードに乗って合流が出来ます。 坂道が続くとさすがに4速以上では十分な加速を得られない場合もあります。 しかし100kで巡行することは問題は全くありません。 割と急な坂道での追い越しは、 ギアを落とさなければ十分な加速を得る事は出来ません。 馬力がもともとないので、致し方がないところではあります。 はっきり言って普通に高速を走ることにおいては、全く問題はないと断言できます。 たとえ坂道が続く高速においてもです。 ただ多人数を載せる時は加速は期待しないほうが良いと思います。 峠や坂道では 元々峠道ではスピードは出ないので問題はないと思います。 急な坂道でもギアを落とせば力強く上がってくれます。 大人3人で坂道を上がりましたが、ギアを調整しながら上がると全く問題なくスムーズに上がりました。 下り坂でも車体が重くないので、スピードが出過ぎる事もありません。 ですのでブレーキもあまり強く踏むことがなく、 エンジンブレーキで事足りるといった感じです。 これが車体が重い4WDのRV車だったら、エンジンブレーキだけでは間に合わないかもしれません。 4WDは登りは強いですが、下りは2WDと変わりなくむしろ重量増で苦戦をすることが多いです。 これが雪道だったらコントロールが大変です。 街中では 街中では全く問題がありません。 馬力がなくてもちょっとした距離を移動するぐらいでは、ストレスがたまる事はありません。 ただマニュアルの操作になれていないと、市街地では ストップアンドゴーが多いので足が攣る事があるかもです。 渋滞になると結構大変でしょうね。 田舎でしたらそういう心配は全くないと思います。 ハスラーMTを購入された方の口コミ ハスラーにもMTあるんだなーって思ったんだけど、これタコメーターないから回転合わせるのつらいな?? デジタル表示が出る窓があって、そこで燃料計や瞬間の燃費などと切り替えで表示されるようになっています。 MTハスラーはATのシフトあるところが小物入れになってて、地味に便利。 別に小物入れにしようという事ではなかったのでしょうけど、本来ATのシフトノブがあるところです。 スマホとか入れておくのに便利なんですよね。 このツイートの通りなのですが、でもアイドリングストップってうっとうしいと思う事ありますよね。 ハスラー、車高の割にフラつきにくくキビキビと走れて楽しいよね。 あれでターボにMTがあれば完璧だったんだけどな。 — 荒野の鎮痛剤? cinz49 そうなんですよね。 できればターボが欲しいですよね。 — 草野紅壱 kusanokouichi おっしゃる通りで、エコカー減税に対応できないからMTにターボが付かなかったらしいです。 まあハスラーにMTを設定していただいたスズキの英断に感謝ですね。 やっぱハスラー燃費いいですなww カタログ燃費がMTは24. 4kmなんでほぼカタログ通りですかね — K. Sakurai clarinet4129 やはりMTの実燃費はCVTよりいいですね。 ガゼルのハスラーの実燃費もこのくらいです。 フル加速するともちろん燃費は悪くなるのであくまでもエコを気にした運転での計測です。 スポンサーリンク まとめ とにかくMTは運転していて楽しい ハスラーの馬力は 52馬力と非力ですので、スポーツを楽しみたい方には物足りないと思います。 しかしガゼルは操るのが楽しいだけなのでこれで満足です。 ギアはスコンと気持ちよく入りますし踏み込んだ時の加速もスムースです。 力強い加速は望めませんが、 気持ち良い加速をしてくれます。 もちろんギアを落として踏み込めばそれなりに加速しますが、燃費が悪くなるので普段はやめた方がいいかと思います。 昔オープンカーのロードスターを運転してた頃を思い出しました。 運動性能や操作感は全く違うのですが操る楽しさは実感できます。 はっきり言ってハスラーのMT車はありです。 MT車を残してくれたスズキさんに感謝してます。 私の記事が参考になりましたら幸いです。

次の

ハスラー 新型にmtはある?リーク情報を紹介 | 新型車 中古車の最新情報館

新型 ハスラー mt

スズキハスラーのMTにはターボはない まず、現行のハスラーにはMTはありますが、 ターボが付いていないエントリーグレードのGとAにしか備わっていません。 しかし、もうすぐフルモデルチェンジされるハスラーなので肝心なのは新型の方です。 でも 新型の方もワゴンRをベース車両にしている事から ハスラーのMTターボの搭載と言うのは望み薄なのかなと考えています。 ただ、ワゴンRとハスラーではハスラーの方が遊び心が多い車なのは間違いないですし、現行のハスラーにターボが付いているグレードがあるだけに完全に一緒かと言われると疑問が残ります。 あくまでもワゴンRってベース車両にするだけですからそこからアレンジをしてターボにしたりMTを増やしたりという可能性は0ではありません。 新型ハスラーのMTの搭載グレードに関しては下記の記事でもお伝えしているので良かったらそちらも読んでみて下さい。 参考記事: アルトワークスみたいな実績はある可能性は0じゃない それを裏付けるようにスズキにはアルトワークスがあります。 アルトワークスエンジンスペックはR06A型のターボ車で 基本をMTで設計している珍しいタイプの車です。 エンジンスペックに関してはハスラーのGターボやJターボと同じ形式なんですよね。 つまり同じエンジンを搭載しているだけに スズキの車内ではMTにするノウハウは確立されているという事です。 新しく型を作る費用もいらないですからMTを作ること自体はそこまで大変ではありません。 後は需要の有無によってMTターボ車のハスラーが販売されるかどうかが決まるという事です。 ハスラーとアルトワークスの特性の差のせいでハスラーのMTターボは厳しい? しかし、需要があるとはいえハスラーがMTターボ車を搭載するのはちょっと厳しいのかなと思います。 それがハスラーとアルトワークスの特性の差です。 ハスラーというのはあくまでもキャンプとか海水浴などの遊びに行く時の足というイメージ。 対してアルトワークスは走りの良さや運動性能と言ったドライビングを楽しむための車と言うイメージです。 ハスラーが単純に道具として見ているのに対してアルトワークスは走りを目的としている為の車なんですよね。 この差がそのままユーザーの購入層に反映されます。 ハスラーの場合は道具としてしか見ていないから運転が面倒なMTを必要としないユーザーが多くなるのは自明の理です。 だからスズキとしても沢山作ろうという感じにはならないのだと考えられます。 メーカーも売れなければ作りませんからニッチなMTターボというのは最初から作るつもりなないのだと考えられます。 スポンサードリンク ハスラーのmtターボは需要がかなりある!口コミ評価を紹介 ハスラーのMTターボってかなり需要があります。 実際、口コミ評価を見てみるとこんな感じです。 まあ、そうは言ってもAT全盛の時代ですし、これから自動運転車になろうかっていうこの時代にまだMTの選択肢があるだけでもありがたいのかなーなんて思ったりもしています。 ただ、スズキの場合はアルトワークスがそうであるようにモータースポーツの需要も一定数あるという事を理解している節が見られるので今後訪れるであろうマイナーチェンジのタイミングでMTターボが出たらいいなとも思っています。 MTのターボが欲しい!代替になる車はコレ かなり需要のあるハスラーのMTターボですが、ターボがない事実は動かせません。 そこで代わりとなる車をいくつかピックアップしてみました。 アルトワークス まずは先ほど上記でも比較対象にしたアルトワークスです。 エンジンはハスラーと同じR06A型のインタークーラーターボとなっています。 全長、全幅も変わらないので取り回しのしやすさはどちらも同じです。 ただ、アルトワークスは走りに特化しているので専用にチューニングされていて走りが更に良くなり、加速が向上しています。 走りに関してはアルトワークスの方が断然気持ちよく走れるのは間違いありません。 しかし、室内の広さ、Sエネチャージによる燃費などはハスラーの方が上になるので日常生活の足として見たらハスラーの方に軍配が上がります。 走りのアルトワークス、使い勝手のハスラーとメリットデメリットがハッキリとしているので選ぶ基準は決めやすいでしょう。 ジムニー アルトワークスがアスファルト路面の走りを重視した車ならジムニーは悪路での走りを重視したモデルです。 エンジンはハスラーと同じくR06A型のインタークーラーターボですが、フレーム、サスペンション、ステアリングダンパーなどとにかく悪路を走る為の装備がこれでもかと充実しています。 国内でも屈指の悪路走破性を誇る硬派な車だけにハスラーとは同じSUVでもその性格はまるで違う物です。 思い切り男性ウケする車で女性ウケはイマイチなので、ハスラーと比べてもいいもんかな?とは思いましたがまあ同じスズキのSUVなんで勘弁してください。 ハスラーのMTターボまとめ ハスラーのMTターボに関しては残念ながら無いという事なので、どうしてもMTターボが良いのであれば代わりの車を選ぶというのが選択肢の1つかなと思います。 他のメーカーを見てもなかなかMTターボが少なくなってきていますし、ましてや軽自動車のMTターボ車なんて絶滅危惧種です。 しかし、それでもMTを作ってくれていますし、スズキはMTに理解のあるメーカーなので今後、ハスラーのMTターボ化に期待したいと思います。 他にもハスラー関係の記事を書いているので良かったらそちらもどうぞ! 参考記事: 参考記事: 車の値引きを成功させるいちばんの方法 新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。 車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには 賢い方法と、損をする方法があります。 たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。 車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。 いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。 しかし 「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。 下取りに比べると 数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。 まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。 きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。

次の