同志社 大学 シラバス。 英語コース|同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部

英語コース|同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部

同志社 大学 シラバス

今日、私たちの周りに起こっている福祉問題といえば、たとえばどのようなものがあるでしょうか。 寝たきりや認知症などにより、日常生活に困難を抱える高齢者やその家族。 社会参加をしようにもさまざまな社会的制約や障壁(バリア)に直面して苦しむ障害者。 子育ての不安や悩みを抱え、誰にも相談できないでいる母親。 いじめや不登校、引きこもりに悩み、あるいは親からの虐待に苦しむ子どもたち。 失業や病気などにより、経済的に苦しい状態にある人々・・・・・。 これらの福祉問題は、決して一部の人に限られたことではなく、多くの人々が現在、そして将来に、少なからず共有する問題です。 そして、それらは果たして、個人や家族だけで解決できる問題なのでしょうか。 人々の安定した生活を脅かすこのような福祉問題の性格や特徴は何か?その社会的な背景や要因は何か?どのような対策や援助が必要なのか?国は、社会は、私たちは何をするべきか? 社会福祉学科では、学生諸君が広い社会的視野に立って人間理解を深め、社会福祉問題の原因・結果と必要な施策・活動を科学的に考察する力を養ってほしいと考えています。 同時に、様々な生活上の問題に直面する人々にかかわり、適切に援助できる能力を身につけてほしいと考えています。 そのため、社会福祉専門科目のカリキュラムについても、次項で紹介するように、総論と各論、政策・制度論と援助方法論とをバランスを保って配置し、幅広い見方と具体的実践の方法とを統合できるようにしています。 そして、特に実習科目を重視し、1年次生から4年次生まで系統的に実習できるように科目を設置し、児童・障害者・高齢者施設などの施設や、公的機関、民間福祉団体等で実習することにより、ソーシャルワーカーに必要な知識や技能の習得を身につけることができます。 このような大学教育としての学問体系の位置づけにおいて、社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験資格、社会福祉主事任用資格、また高校「福祉」科教職免許も取得できます。

次の

在学生の方へ|同志社大学 文学部/文学研究科

同志社 大学 シラバス

本校は、2010年度から中学校、高等学校ともに学校週六日制に移行しました。 また、学習指導要領の全面改訂にともない、中学校は2010度入学生から、高等学校は2013度入学生から(数学及び理科は2012年度入学生から先行実施)新しいカリキュラム(教育課程)を導入しました。 本校は従来から、高等学校3年生の95%以上が同志社大学・同志社女子大学へ内部推薦制度で進学しています。 近年、同志社大学、同志社女子大学では、学部、学科が次々と新設され、カリキュラムの改編や新しい評価制度(GPA)の導入など、教育改革が積極的に進められてきました。 そのため、中高だけでなく、大学での勉強も見通した 10年一貫の教育が求められています。 新しいカリキュラムは、こうした大学での多様な進路にきちんと対応できるよう、また、なによりも大学で専門的、高度な学力を身につけることができるよう、基礎的な学力の定着を目指して作成しました。 シラバスとは、このカリキュラムの学習内容を、各教科、各学年、具体的に示したもので、いわば、生徒の皆さんの学びの羅針盤です。 このシラバスを有効に活用し、皆さんが大きく成長することを願っています。 シラバスに示された学習内容をあらかじめ確認し、これからの学習に目標を持って大いに励んでください。 私たち教職員も、皆さんの「夢」の実現に向けて、できる限りのサポートをしていきたいと思っていますので、ともに頑張っていきましょう。

次の

シラバス変更と春学期科目の履修中止について |2020年度のニュース一覧|同志社大学

同志社 大学 シラバス

本校は、2010年度から中学校、高等学校ともに学校週六日制に移行しました。 また、学習指導要領の全面改訂にともない、中学校は2010度入学生から、高等学校は2013度入学生から(数学及び理科は2012年度入学生から先行実施)新しいカリキュラム(教育課程)を導入しました。 本校は従来から、高等学校3年生の95%以上が同志社大学・同志社女子大学へ内部推薦制度で進学しています。 近年、同志社大学、同志社女子大学では、学部、学科が次々と新設され、カリキュラムの改編や新しい評価制度(GPA)の導入など、教育改革が積極的に進められてきました。 そのため、中高だけでなく、大学での勉強も見通した 10年一貫の教育が求められています。 新しいカリキュラムは、こうした大学での多様な進路にきちんと対応できるよう、また、なによりも大学で専門的、高度な学力を身につけることができるよう、基礎的な学力の定着を目指して作成しました。 シラバスとは、このカリキュラムの学習内容を、各教科、各学年、具体的に示したもので、いわば、生徒の皆さんの学びの羅針盤です。 このシラバスを有効に活用し、皆さんが大きく成長することを願っています。 シラバスに示された学習内容をあらかじめ確認し、これからの学習に目標を持って大いに励んでください。 私たち教職員も、皆さんの「夢」の実現に向けて、できる限りのサポートをしていきたいと思っていますので、ともに頑張っていきましょう。

次の